ニュース
» 2012年09月06日 15時53分 UPDATE

Cooler Master、拡張性重視のXL-ATXマザー対応ゲーミングケース「CM Storm Stryker」など2製品

Cooler Masterは、フルタワー型筐体を採用したゲーミングPCケース「CM Storm Stryker」など計2製品を発売する。

[ITmedia]

 Cooler Masterは9月6日、フルタワー型筐体を採用したゲーミングPCケース「CM Storm Stryker」、およびミドルタワーPCケース「HAF XM」の2製品を発表、9月14日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はCM Storm Strykerが2万1000円前後、HAF XMが1万8000円前後。

photophotophoto CM Storm Stryker

 CM Storm Strykerは、XL-ATX/ATX/microATXマザーボードの装着に対応したフルタワー型のPCケース。拡張性を重視した設計で、ドライブベイは5インチ×9、2.5インチシャドー×4、および2.5インチSATAドライブ用のスロットインベイ「X-Dock」×1を装備。また2.5/3.5インチドライブ4基を装着できるHDDベイ(5インチベイを3段占有)を2台備えており、構成に応じてモジュールの変更を行える。

 冷却ファンは標準で計4基(前面12センチ角×2、背面14センチ角×1、天板20センチ角×1)を装備するほか、最大で7基までのファンを装着可能となっている。フロントインタフェースはUSB 3.0×2、USB 2.0×2、オーディオ入出力を利用可能だ。本体サイズは250(幅)×578.5(奥行き)×605.6(高さ)ミリ、重量は約13.7キロ。


photophotophoto HAF XM

 HAF XMは、同社製フルタワーPCケース「HAF X」をベースに小型化を行ったミニタワー型モデルで、E-ATX/ATX/microATXマザーボードに対応。ドライブベイは5インチ×3、2・5/3.5インチシャドー×6、2.5インチシャドー×1、2.5/3.5インチドライブ対応リムーバブルドック×2を利用可能だ。

 冷却ファンは標準で3基(前面20センチ角×1、背面14センチ角×1、天板20センチ角×1)を内蔵、最大搭載ファン数は9基となっている。本体サイズは252(幅)×579(奥行き)×530.5(高さ)ミリ、重量は約10.5キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう