連載
» 2013年03月13日 17時17分 UPDATE

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:「これから買うもん!」というあなたのために──「初回起動」編

Windows 8のインストール作業自体はいたってシンプルだ。インストールから初回起動でやっておきたい設定をまとめてチェックしておこう。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

アップグレードとカスタムの2種類のオプション

 ダウンロード版によるインストールが、アップグレードアシスタントを使って手順を順番に踏んでいくのに対し、DSP版などではDVDなどのインストールメディアから直接インストーラを起動できる。その場合、セットアップの初期画面を表示するので、ここで言語設定と2種類のインストールオプションを選択することになる。

 なお、これらインストールメディアからインストーラを起動した場合は、最初にプロダクトキーの入力を求めてくる。また、アップグレード版のメディアで起動した場合、インストール先のHDDやSSDなどにアップグレード対象となるWindows OSをインストールしていないと、正常な手順でインストールを完了できないので注意したい。

 インストールオプションには「アップグレード」と「カスタム」の2種類がある。前者はアップグレードインストール時のみ利用可能なので、クリーンインストールの場合には「カスタム」を選ぶ必要がある。「カスタム」を選択後、インストール先のHDDを選択して初期化などの作業を行うと、OSのインストール用データを順番に転送して再起動する。

 「アップグレード」の場合は既存の環境を引き継いだ上でインストールを行うが、それまでのWindows環境は「Windows.old」のファイル名でまとめて保存する。そのため、いつでも以前の環境で使っていたデータを復活できるほか、アップグレードインストールであっても「Windows.old」を削除するだけでクリーンインストールとほぼ同等の環境を得ることができる。「アップグレード版でクリーンインストールのように“まっさら”な環境でWindows 8を使い始めたい」と思っているユーザーでも、「何も引き継がない」オプションを使ってアップグレードインストールを行い、「Windows.old」フォルダを丸ごと削除するとクリーンインストールに近い状態にできる。

kn_win8ren0204_01.jpgkn_win8ren0204_02.jpg Windows 8のセットアップ初期画面。まずはここで言語を設定する(写真=左)。続いて2種類のオプション選択する。ここでカスタムを選択するとクリーンインストールと同じ環境を構築できる(写真=右)

Windows 8の基本設定

 必要ファイルの転送が終わって再起動後、Windows 8の基本設定を順番に行っていく。ここから先はすべてのインストール方法(購入直後のWindows 8プリインストールPCも含む)で共通の手順だ。最初にWindows 8で利用する基本色を選び、マシン名を入力する。デフォルトでもいいし、好みの色を選択してもいい。マシン名はネットワーク上に表示するので、ほかのマシンと区別しやすい名称をつけておくといいだろう。

 次にアカウントの設定となるが、「簡単設定を使う」「自分で設定する」のオプションがある。通常は、設定入力を省略できる「簡単設定」を選択すれば問題ない。次に、Microsoftアカウントの入力を求めてくるので、すでにMicrosoftアカウント(Windows Live ID)を取得しているユーザーはそのIDを、そうでないユーザーはここでIDを作成する。確認のためのパスワードと連絡先の入力を求めてくるので、これらの情報を入力してログインする。すると、入力した情報からWindows 8のスタート画面を表示する。

 Microsoftアカウントの入力を求める画面で「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」を選択すると、「ローカルアカウント」でWindows 8にログインすることになる。この場合、PCとMicrosoftアカウントの関連づけは行わない。このあたりは後から設定できるので、ネットワークの接続が不調な場合など、何らかの事情でMicrosoftアカウントにログインできない場合にはローカルアカウントを利用すればいい。

kn_win8ren0204_03.jpgkn_win8ren0204_04.jpgkn_win8ren0204_05.jpg プリインストールモデルを含むWindows 8共通の初期設定画面。まずは基本色とマシン名を入力する(写真=左)。「簡単設定を使う」「自分で設定する」があるが、通常は「簡単設定」で問題ない(写真=中央)。Microsoftアカウントを入力することで、同アカウントと現在設定を行っているWindows 8 PCを関連付ける。このあと、アプリ情報や各種設定、ファイルなどをネットワークを介して同期できるようになる(写真=右)

 なお、これまで紹介してきたWindows 8の各種テクニックや、Windows 8搭載PCの新製品情報なども、こちらの特集ページにまとめているので、あわせて参考にしていただきたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.