ニュース
» 2013年05月13日 11時29分 UPDATE

ソニー、“A4ノート相当”の13.3型デジタルペーパーを開発――早稲田大学などで実証実験を実施

ソニーは、大学やオフィスなどで「紙のデジタル化」を実現できる「デジタルペーパー」端末を開発した。

[ITmedia]
photo 試作機のイメージ

 ソニーは5月13日、「紙のデジタル化」を実現できる「デジタルペーパー」端末を開発したと発表した。製品化は2013年度内を目指すとしている。

 今回開発された端末では、1200×1600ドット/16階調グレースケール表示に対応した13.3型フレキシブル電子ペーパーを採用。厚さ約6.8ミリ、重量358グラムの薄型軽量デザインを実現している。また光学式/電磁誘導式によるタッチパネル操作もサポートしており、付属ペンまたは指でのタッチ操作も行える。ファイル形式はPDFに対応。手書きやハイライト/付箋メモ保存なども可能だ。

 内蔵メモリは4Gバイトを搭載。またmicroSDカードスロット、microUSB端子も備えたほか、IEEE802.11b/g/n無線LANも利用できる。バッテリー駆動想定時間はWi-Fi機能オフ時で約3週間だ。


 また2013年後期より、早稲田大学、立命館大学、法政大学の3大学にて今回のモデルを用いた実証実験を順次行うとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう