ニュース
» 2013年11月28日 12時56分 UPDATE

富士通、ハイブリッドHDDの搭載にも対応したQuadro搭載モバイルWS「CELSIUS H730」

富士通は、同社製の企業向けWS「CELSIUS」シリーズのラインアップにハイスペック構成のノート型モデル「CELSIUS H730」を追加した。

[ITmedia]
photo CELSIUS H730

 富士通は11月28日、同社製の企業向けWS「CELSIUS」シリーズのラインアップにハイスペック構成のノート型モデル「FUJITSU Workstation CELSIUS H730」(以下、CELSIUS H730)を追加、12月中旬より提供を開始する。価格は33万3800円から。

 CELSIUS H730は、15.6型ワイド液晶を搭載したモバイルワークステーション。最新CPU/GPUの搭載に対応したモデルで、CPUはCore i5-4300M(2.6GHz)〜同 i7-4900MQ(2.8GHz)、グラフィックスコアはQuadro K5100M/同 K1100M/同 K2100Mを選択可能だ。

 メモリは最大32Gバイト、ストレージは500GバイトHDDまたは256GバイトSSDのほかハイブブリッドHDD(750Gバイト)も搭載可能だ。また指紋センサーを標準で装備するほか、カスタマイズにより静脈センサーも選択できる。導入可能OSはWindows 7 Professional/Windows 8.1Proだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.