ニュース
» 2014年01月23日 12時22分 UPDATE

横浜F・マリノス、チーム強化策としてSurface/Windows Azureによる動画共有サービスを採用

日本マイクロソフトは、横浜F・マリノスとのスポンサー契約を締結したと発表した。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは1月23日、Jリーグ加盟クラブの横浜F・マリノスとスポンサー契約を締結したと発表した。

 今回の締結にともない、横浜F・マリノスではタブレット端末の「Surface」とクラウドサービスの「Windows Azure」、および「Windows ストア アプリ」を活用した動画共有サービスをチーム内に導入。ユースカテゴリなどの育成世代からサービスの利用が開始される。

 同サービスの導入により、選手やコーチはWindows Azureに保存した試合や練習映像などを、Surfaceを用いてどこでも確認することが可能となる。これにより、個人のスキルアップやチームの戦術確認をより効率的に実現できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう