ニュース
» 2014年02月18日 14時30分 UPDATE

2014年PC春モデル:ソニー最後のVAIOノートを発表――「VAIO Fit 13A/14A/15A」

ソニーの主力ノートPC「VAIO Fit A」シリーズが最後のモデルチェンジを行った。発表済みの11.6型に加えて、13.3型、14型、15.5型も2014年春モデルを3月8日に発売する。

[ITmedia]

13.3型/14型/15.5型のVAIO Fit Aも春モデル仕様に

 ソニーは2月18日、2層構造の天板中央から折れ曲がって液晶ディスプレイが回転する変形型ノートPC「VAIO Fit A」シリーズの追加モデルを発表した。13.3型の「VAIO Fit 13A」、14型の「VAIO Fit 14A」、15.5型の「VAIO Fit 15A」をモデルチェンジし、2014年3月8日に発売する。1月28日に発表済みの11.6型モデル「VAIO Fit 11A」は併売。価格はいずれもオープンだ。

 既報の通り、ソニーはVAIOブランドのPC事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに譲渡すると発表しており、今回のモデルがソニーとして最後に発表するPC新製品となる。

tm_1402fita_01.jpg
tm_1402fita_02.jpg 左からVAIO Fit 11A(1月28日に発表済み)、今回春モデルが発表されたVAIO Fit 13A、VAIO Fit 14A、VAIO Fit 15Aの2014年春モデル

 これらは2013年秋冬モデルのハードウェア構成を継承しつつ、主にソフトウェア面を強化している。プリインストールOSを64ビット版Windows 8.1にアップデートし、フォトレタッチソフトのPhotoshop Elements 12を標準搭載した。カメラやペンを活用して情報を整理する独自アプリ群「VAIO Inspiration Suite」も他のVAIO春モデルと同じ最新版に更新している。付属のオフィススイートは従来同様、Office Home and Business 2013だ。

 VAIO Fit Aシリーズは、独自のマルチフリップ方式ヒンジを採用したノートPC。通常の「キーボードモード」ではクラムシェルノートPCと遜色ない使い勝手のキーボード入力環境を提供しつつ、映像の表示では液晶ディスプレイを反転させてスタンド付きタブレットのように使う「ビューモード」へ、タッチ操作では反転したディスプレイを閉じた「タブレットモード」へと、利用シーンに応じて最適な3つのモードに変形できる。筆圧対応のデジタイザスタイラス(別売)にも対応する。

tm_1402fita_03.jpg VAIO Fit Aシリーズの変形機構

VAIO Fit 13A――11acの高速無線LANも装備

 VAIO Fit 13Aの店頭販売向け標準仕様モデルは、「SVF13N29EJS」の1モデルを用意。本体色はシルバーだ。実売価格は17万5000円前後(税込/以下同様)の見込み。このモデルだけ、IEEE802.11a/b/g/n/acの高速無線LAN機能が追加された。

 主なスペックは、Core i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)、4Gバイトメモリ、128GバイトSSD、1920×1080ドット表示の13.3型ワイド液晶、799万画素のアウトカメラなどを搭載。本体サイズは約325.4(幅)×223.4(奥行き)×14.3〜17.9(厚さ)ミリ、重量は約1.31キロだ。公称バッテリー駆動時間は約12時間としている。

tm_1402fita_04.jpgtm_1402fita_05.jpg 「SVF13N29EJS」(シルバー)

VAIO Fit 14A――従来通りPentium搭載で抑えめの価格に

 VAIO Fit 14Aの標準仕様モデルは、本体色がシルバーの「SVF14N29EJS」とピンクの「SVF14N29EJP」を用意。色以外の仕様は共通だ。実売価格は14万5000円前後の見込み。

 主なスペックは、Pentium 3556U(1.7GHz)、4Gバイトメモリ、1TバイトHDD、1920×1080ドット表示の13.3型ワイド液晶を搭載。本体サイズは336.1(幅)×234.9(奥行き)×18〜19.8(高さ)ミリ、重量は約1.96キロだ。公称バッテリー駆動時間は約8.5時間としている。

tm_1402fita_06.jpgtm_1402fita_07.jpg 「SVF14N29EJP」(ピンク)

VAIO Fit 15A――Core i7とCore i3の2モデル展開

 VAIO Fit 15Aの標準仕様モデルは、Core i7搭載の上位機「SVF15N28EJS・B・P」と、Core i3搭載の下位機「SVF15N27EJS・B・P」を用意。いずれもシルバー(モデル名末尾:S)、ブラック(B)、ピンク(P)の3色から選べる。実売価格は上位機が19万5000円前後、下位機が17万円前後の見込み。

 上位機の主なスペックは、Core i7-4500U(1.8GHz/最大3.0GHz)、8Gバイトメモリ、1TバイトハイブリッドHDD(16Gバイトフラッシュメモリ内蔵)、1920×1080ドット表示の15.5型ワイド液晶を搭載。本体サイズは377.1(幅)×253.8(奥行き)×18.4〜20(高さ)ミリ、重量は約2.29キロだ。公称バッテリー駆動時間は約8.5時間としている。

 下位機はCore i3-4005U(1.7GHz)、4Gバイトメモリ、1TバイトHDDを搭載する。それ以外の仕様は上位機と共通だ。

 なお、2013年秋冬モデルに用意されていた2880×1620ドット表示の15.5型ワイド液晶を備えた最上位機は店頭向けのラインアップから外された(同液晶は直販モデルで選択可能)。

tm_1402fita_08.jpgtm_1402fita_09.jpg 「SVF15N28EJB」(ブラック)
VAIO Fit 13A/14A/15A店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO Fit 15A SVF15N28EJS・B・P (3色) 2in1 (1スピンドル) Windows 8.1、VAIO Inspiration Suite、Photoshop Elements 12搭載 Core i7-4500U (1.8GHz/最大3.0GHz) 8GB (DDR3L) 1TB ハイブリッドHDD (16GBフラッシュメモリ内蔵) 64ビット版 Windows 8.1 19万5000円前後
SVF15N27EJS・B・P (3色) 2in1 (1スピンドル) Windows 8.1、VAIO Inspiration Suite、Photoshop Elements 12搭載 Core i3-4005U (1.7GHz) 4GB (DDR3L) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 17万円前後
VAIO Fit 14A SVF14N29EJS・P (2色) 2in1 (1スピンドル) Windows 8.1、VAIO Inspiration Suite、Photoshop Elements 12搭載 Pentium 3556U (1.7GHz) 4GB (DDR3L) 1TB 64ビット版 Windows 8.1 14万5000円前後
VAIO Fit 13A SVF13N29EJS (1色) 2in1 (ゼロスピンドル) 11ac対応、Windows 8.1、VAIO Inspiration Suite、Photoshop Elements 12搭載 Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 4GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 17万5000円前後
VAIO Fit 13A/14A/15A店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO Fit 15A SVF15N28EJS・B・P (3色) 15.5型ワイド 1920×1080 (タッチパネル搭載、デジタイザペン別売) CPU統合 CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約2.29キロ
SVF15N27EJS・B・P (3色) 15.5型ワイド 1920×1080 (タッチパネル搭載、デジタイザペン別売) CPU統合 CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約2.29キロ
VAIO Fit 14A SVF14N29EJS・P (2色) 14型ワイド 1920×1080 (タッチパネル搭載、デジタイザペン別売) CPU統合 CPU統合 (HD) Office Home and Business 2013 約1.96キロ
VAIO Fit 13A SVF13N29EJS (1色) 13.3型ワイド 1920×1080 (タッチパネル搭載、デジタイザペン別売) CPU統合 CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約1.31キロ

直販モデルはPCIe SSDや2880×1620液晶も用意

 ソニーは、購入時に仕様を選択できるソニーストア直販のVAIOオーナーメード(VOM)モデルも同時発売する。直販価格はVAIO Fit 13A(SVF13N2A1J)が13万4800円から、VAIO Fit 14A(SVF14N2A1J)が10万4800円から、VAIO Fit 15A(SVF15N2A1J)が10万9800円からだ(いずれも税込)。

 3モデルとも64ビット版Windows 8.1 Proをはじめ、Office 2013のエディション、アドビシステムズやセルシスのクリエイティブ系アプリ、Core i7やSSDなどハイスペックなパーツ、本体色、英字配列/バックライトキーボード、筆圧対応デジタイザスタイラスなどを選べる。

 VAIO Fit 13AはPCI Express接続の256Gバイト/512GバイトSSD、VAIO Fit 15Aは2880×1620ドット表示の15.5型ワイド液晶、外部GPUのGeForce GT 735M(グラフィックスメモリ2Gバイト)、最大16Gバイトメモリといった高性能なメニューも用意している。VAIO Fit 14A/15Aは店頭モデルにないアウトカメラも追加可能だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.