レビュー
» 2014年03月07日 08時40分 UPDATE

「dynabook R644」レビュー:第1回 「オフィスで使うので、まだWindows 7構成が必要です。何かいいPCはありませんか?」

スリムで軽量、高性能+最新仕様、長時間動作、そして「Windows 7」──。個人向けにはない「業務効率を追求したビジネス仕様」のPCはないものか。東芝「dynabook R644」はこんな人に向くPCだ。まずは仕様と外観をチェックする。

[ITmedia]
ココが「○」
・14型1600×900液晶+アキュポイント
・最大22時間の長時間動作
・Windows 7構成が選べるビジネス仕様
ココが「×」
・ちょっと大きめ(13.3型も捨てがたい)
・価格はそれなりに高め
・ワイヤレスWANもほしかった

はじめに:法人向け/直販サイトで存続する、薄型長時間のトラディショナルモバイル「R6**」シリーズ

photo Windows 7モデルが選べる「dynabook R644」

 業務で使うのでWindows 7がいい。もちろん軽く、長時間動作で、最新・高性能仕様で。そう思うビジネスユーザーは多いが、こんなこだわり層に適するストイックなビジネスPCはもうないのだろうか。

 いや、東芝「dynabook R6xx」シリーズがある。

 dynabook R6xxシリーズは、Ultrabook国内第1弾としてデビューし、その完成度の高さとバランスのよさにファンも多かった「dynabook R63x」シリーズの直系にあたる、スリム/軽量/長時間を特長とするモバイルノートPCシリーズだ。Webオリジナルモデルとして、13.3型(1366×768ドット)サイズの「dynabook R634」、14型(1600×900ドット)サイズの「dynabook R644」、15.6型(1920×1080ドット)の「dynabook R654」と、画面/ボディサイズとディスプレイ解像度別に全3タイプをラインアップする。

 昨今、個人向け機器においてはタブレット/スマートデバイス普及とともにユーザーの機器利用シーンも変化しつつある。その中で本シリーズは正統派/伝統的なクラムシェルノートPCのスタイルとするストイックな仕様のためか、東芝の個人向けシリーズのラインアップから外れ、法人向けと個人の直販サイト 東芝ダイレクトのWebオリジナルモデルとして存続することになった(光学ドライブ内蔵の長時間モバイル「R734」は個人モデルとしても継続)。

 もう需要がなくなったからなのか、そうではない。2in1デバイスのようにタブレットとPCの機能と特長を兼ねるハイブリッドな機器も増えている状況はともかく、一方ではコンテンツを消費するタブレット、対してコンテンツを“創造”するPCと、役割がこれまでより明確に分かれてきている。PCは“コンテンツを作成する業務”のために特化することで、これまでより濃く「重要な立場やシーンに導入される機器=仕事ツール」として存続するはずだ。

 この状況に当てはめると、dynabook R6xxシリーズの立ち位置は明確。もちろんコンテンツを“創造”することに特化した業務マシンということである。第1世代の「dynabook R631」、第2世代「dynabook R632」から続く、ビジネス業務を想定した仕様やシリーズのポリシーはdynabook R634/R644/R654にきちんと受け継がれている。この点は、ビジネス利用を想定した過去のレビュー記事も併読いただければ幸いだ。


ボディと製品概要:自席でも会議でも出先でも 14型ボディは万能さが魅力、キー入力性、重量、画面サイズのバランスが良好

 今回は全3モデルのうち、サイズ感と画面サイズのバランスを両立した14型モデル「dynabook R644(PR64425KNDSW)」をチェックしよう。

dynabook R644の天面パネルdynabook R644を側面から ボディカラーはコスモシルバーと呼ぶつや消しのシルバーを採用する。どのオフィスにも自然に溶け込めるであろうカラーと、過度な演出を廃したシンプルなデザインは「結果で示すプロのためのツール」である威厳を放つ。サラサラの手触りで指紋や皮脂の付着が目立たない(写真=左) ディスプレイは約135度まで開く。机に置いたまま指1本でスマートに開けられ、開いた状態で手にしてもプラプラ揺れることはない。ヒンジの抵抗感は絶妙だ(写真=右)
dynabook R644の1600×900ドットディスプレイdynabook R644のキーボードとアキュポイント ディスプレイは1600×900ドット表示に対応する14型ワイド液晶。流行のタッチパネルは備えないが「このマシンでは不要」とする人が大多数だろう。そして、ビジネスシーンでは“必須”と想定する「ノングレア」表面である。周囲や天井の光源を拡散してくれるので、なにより作業に集中できる(写真=左)
キーボードは日本語JIS配列87キー仕様でキーピッチ19ミリのゆったりサイズだ。右部のBackSpaceキー、Enterキー、右Shiftキーがやや幅広いが、配列は標準的で違和感はまったくない。キーストロークは1.5ミリと現在の薄型ノートPCの傾向に準じる深さだが、キートップ、キー全面ともにぐらつきやゆがみはなく、打鍵感がやや硬めに調整されているので押し心地がとてもよい。キートップがごくわずかにくぼんでおり、これも入力感の向上に寄与している。1点、カーソルキーのサイズが小さく、半段下げ配置でないため、やや窮屈な操作感であるのが惜しい。キー内部にはホワイトのバックライトを内蔵し、暗所──例えばプロジェクターを使う会議や旅客機内などで効果がある。カーソル操作は、一般的なジェスチャー操作対応のクリックパッドとスティックポインタで操作できる「アキュポイント」によるデュアルポイント仕様なのもうれしい。G、H、Bキーの間にあるブルーの突起がアキュポイント。ホームポジションから手を離さずカーソル操作が行える(写真=右)
dynabook R644の前面dynabook R644の後面 本体前面、後面から。厚さは15.9ミリと昨今の薄型モデルと比べると少し厚めか。ただ、天面、底面ともにフラットな造形なのでビジネスバッグへの収納性にはまったく問題ないだろう
dynabook R644の左側面dynabook R644の右側面 本体左側面は、排熱口、アナログRGB出力、USB 3.0、HDMI出力、SDメモリーカードスロット、右側面はマイク/ヘッドフォン兼用端子、USB 3.0×2、ギガビット有線LANポート、DC入力、盗難防止ロックポートが備わる。マウスやUSBメモリ/HDDといった基本周辺機器を不都合なく使えるのはもちろん、ビジネスの現場へ導入するマシンとして、プロジェクターを使用する会議のための外部映像出力、盗難防止ワイヤーロックの仕様に必要な盗難防止ロックポートも当然のように実装する


dynabook R644の主な仕様
製品名 dynabook R644/W5K (PR64425KNDSW) dynabook R644/W5K (PR64425KNESW) (参考)dynabook R654/W5K (PR65426KNDSW) (参考)dynabook R634/W4K (PR63424KNDSW)
メーカー 東芝
OS Windows 7 Professional(32/64ビット選択可能 Windows 8 Proダウングレード権を行使)
本体サイズ(幅×高さ×厚さ) 338×236×15.9-20.4ミリ 379×252×15.9-20.4ミリ 316×227×13.9-17.9ミリ
重量(実測値) 約1.51キロ(1.434キロ) 約1.75キロ(─) 約1.219キロ(─)
画面サイズ(液晶方式) 14型ワイド 15.6型ワイド 13.3型ワイド
アスペクト比 16:9
タッチパネル
デジタイザ
ディスプレイ解像度 1600×900ドット(約131ppi) 1920×1080ドット(約141ppi) 1366×768ドット(約118ppi)
CPU(コア数/スレッド数) Core i7-4600U vPro(2/4) Core i7-4500U(2/4)
動作周波数 2.1GHz/最大3.3GHz 1.8GHz/最大3.0GHz
vPro 対応
GPU CPU内蔵(HD Graphics 4400)
メモリ 8Gバイト(DDR3L-1600 4Gバイト×2/最大8Gバイト) 8Gバイト(DDR3L-1600 8Gバイト×1/最大8Gバイト) 8Gバイト(DDR3L-1600 4Gバイト×2/最大8Gバイト)
メモリスロット(空きスロット数) 2(0) 1(0) 2(0)
ストレージ(評価機実装) 256GバイトSSD(Toshiba「THINSNJ256GMCT」) 256GバイトSSD
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(Intel Dual Band Wireless-AC 7260)
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC
センサー 輝度
有線LAN 1000BASE-T準拠有線LAN
ワイヤレスWAN
キーボード 87キーJIS配列 106キーJIS配列、テンキー付き 87キーJIS配列
キートップ仕様・形状 アイソレーション
キーピッチ 19ミリ
キーストローク 1.5ミリ
キーボードバックライト 搭載
ポインティングデバイス タッチパッド+アキュポイント
主なインタフェース USB 3.0×3、HDMI出力(4K/30Hz出力対応)×1、アナログRGB出力×1、マイク/ヘッドフォン入出力×1、有線LAN、92万画素Webカメラなど USB 3.0×3、USB 2.0×1、HDMI出力(4K/30Hz出力対応)×1、アナログRGB出力×1、マイク/ヘッドフォン入出力×1、有線LAN、92万画素Webカメラなど USB 3.0×3、HDMI出力(4K/30Hz出力対応)×1、アナログRGB出力×1、マイク/ヘッドフォン入出力×1、有線LAN、92万画素Webカメラなど
メモリカードスロット SDメモリーカード(SDXC対応/標準サイズ)
SIMカードスロット
その他カードスロット
スピーカー(音質補正ソフトウェア) ステレオ(DTS Studio Sound)
マイク モノラル
指紋センサー
セキュリティチップ TPM 1.2
セキュリティロックポート 搭載
バッテリー動作時間 約22時間 約15時間 約22時間
バッテリー仕様 約60.96ワットアワー (未調査)
ACアダプタ実測サイズ(幅×奥行き×高さ) 45×106×30ミリ
ACアダプタ実測重量(本体のみ/ケーブル込み) 236グラム/296グラム
ACアダプタ出力仕様 19V/3.42A
ACアダプタ対応電圧 100〜240ボルト(50/60Hz)
DC端子形状 専用ピン端子
プラグケーブル端子形状(ACアダプタ側) 2ピン標準
防水/防滴
カラーバリエーション コスモシルバー
オフィススイート Office Home and Business 2013
価格 16万8800円から 18万4800円から 17万8800円から 17万1800円から
発売 2013年11月

dynabook R644(PR64425KNDSW)のデバイスマネージャ画面dynabook R644(PR64425KNDSW)のデバイスマネージャ画面dynabook R644(PR64425KNDSW)のデバイスマネージャ画面 dynabook R644(PR64425KNDSW)デバイスマネージャ画面の一部

 (続く)


東芝ダイレクト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.