連載
» 2014年03月07日 22時43分 UPDATE

週末アップルPickUp!:アップルの「Thunderbolt Display」はそろそろ4K対応するのかな?

開発者向けに配布された「OS X Mavericks 10.9.3β」で4Kディスプレイへの対応強化が図られているとか。

[青山一丁目りんご園,ITmedia]
og_mac35_001.jpg 4Kディスプレイが7万円で買える時代か……

 アップルの注目トピックを取りあげる当連載、今回は4Kディスプレイの話題です。今週は7万円を切るデルの4K液晶ディスプレイ「P2815Q」が大きな注目を集めましたが、年明けの2014 International CES以降、メーカー各社が注力する低価格な4K対応ディスプレイのリリースに期待が高まります。

 さて、このほど開発者向けに配布された「OS X Mavericks 10.9.3β(13D12)」には、4Kディスプレイへの対応強化が含まれていると9to5Macが伝えています(Apple building support for driving 4K displays at ‘Retina’ resolution, 60Hz output from 2013 MacBook Pros)。

 現行のMacで4K出力が可能なのは、2013年10月22日登場したMacBook Proと、12月19日に登場したMac Proの2つ。いずれも最大20Gbpsの転送速度を持つThunderbolt 2を搭載しています。ただ、現時点でサポートしている解像度は「3840×2160@30Hz」と「4096×2160@24Hz」で、リフレッシュレートは60Hzではありません(Mac Proはシャープの「PN-K321」とASUSの「PQ321Q」で、マルチストリームモードを有効にして手動設定することにより変更可能)。

 9to5Macでは、10.9.3にアップデート後、4Kディスプレイに接続したMacBook Proでスケーリング解像度機能が利用できるとともに、(こちらは未検証ですが)60Hzでの出力も可能とする報告を取りあげていました。

 Iris ProやThunderbolt 2でハードウェア面での4K対応を進めつつあるMac。これから登場するであろう低価格な4K対応ディスプレイはもちろん、ここしばらくアップデートのなかったThunderbolt Displayの新モデル登場にも期待したいところです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-