レビュー
» 2014年10月02日 14時40分 UPDATE

動画で360度チェック:おれたちの「R」が生まれ変わって戻ってきた!! 「Let'snote RZ4」のコンパクトさとカラーにしびれる

パナソニックが「Core M」採用の2 in 1ノートPC「Let'snote RZ4」を発表した。小型PCの登場を待っていた人には、まさに待望の1台となりそうだ。

[田中宏昌,ITmedia]

 パナソニックの「Let'snote RZ4」は、インテルが14ナノメートルプロセスルールを採用した初めての製品「Core M」プロセッサを搭載したモデルだ。開発コード名「Broadwell-Y」ことCore Mは、従来の第4世代Coreプロセッサー・ファミリー(Haswell)のマイクロアーキテクチャを改良/微細化することで、高い性能とパッケージ面積の縮小、そして電力効率が大きく向上している。

 「Let'snote RZ4」もそのメリットを最大限に生かしており、厚さ19.5ミリのスリムな2 in 1ノートPCに仕上がっている。1920×1200ピクセル表示に対応した10.1型液晶と最長10時間駆動(JEITA 2.0測定時)のバッテリーを搭載しながら、約745グラムと抜群の携帯性を誇る。加えて、今回から登場した新色のカラーリングにも注目だ。

 詳細はCore MやLet'snoteシリーズの関連記事や、付属品の重量を細かく量った動画は下記を参照してほしい。

Core MやLet'snoteシリーズの関連記事

ht_ml01.jpg 新たにCore Mを搭載して復活を果たした「Let'snote RZ4」
ht_ml02.jpg シルバー(左)とブル−&カッパー(右)が用意される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.