ニュース
» 2014年12月11日 13時05分 UPDATE

東芝、ビジネス向けアプリも搭載した法人向けの8型/10.1型Windowsタブレット

東芝は、法人向けモデルとなるペン入力対応の8型/10.1型WindowsタブレットPC「dynabook Tab S68」「dynabook Tab S80」の販売を開始する。

[ITmedia]

 東芝は12月11日、ビジネス向けのペン入力対応8型/10.1型WindowsタブレットPC「dynabook Tab S68」「dynabook Tab S80」を発表、12月下旬より法人向けに順次販売を開始する。

photophoto dynabook Tab S68(左)、dynabook Tab S80(右)

 今回のモデルでは、ビジネスシーンでの利用を想定し同社製のビジネスアプリ「Tru」シリーズ(手書きノート「TruNote」/キャプチャメモ「TrueCapture」/ボイスレコーダー「TruRecorder」の3タイトル)を標準で収録した。ディスプレイは、dynabook Tab S68が1280×800ピクセル表示対応の8型ワイド液晶、dynabook Tab S80が1280×800ピクセル表示対応の10.1型ワイド液晶を内蔵。ともにタッチパネル入力のほか、ワコム開発の「アクティブ静電結合方式」を導入したペン入力にも対応しており、高精度のペン入力を行うことが可能だ。

 CPUはAtom Z3735F、メモリは2Gバイト、ストレージは32Gバイト/64Gバイトフラッシュメモリを搭載、OSはWindwos 8.1 Pro 32ビット版を導入した。またdynabook Tab S80はカスタマイズオプションによりNTTドコモの高速データ通信サービス「Xi」対応モデルも選択できる。ほかオプションとしてOffice Home and Business 2013、専用のBluetoothキーボードカバーなども用意した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.