トップ10
» 2015年01月19日 00時30分 UPDATE

PC USER 週間ベスト10:Windows 7のメインストリームサポートが終了、延長サポート期間へ(2015年1月12日〜1月18日)

今回のアクセスランキングは、2015年1月13日にWindows 7のメインストリームサポートが終了したことを受け、Windowsのサポート期限をまとめた記事が再浮上しました。

[ITmedia]

 PC USERで1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする「PC USER 週間ベスト10」。今回は2015年1月12日から1月18日までを集計しています。

 Windows 7のメインストリームサポートが1月13日(米国時間)に終了したことを受け、Windows XPのサポート終了前に掲載した記事「あなたのOSはいつまで現役?――Windowsのサポート期限をまとめてみた」が首位に再浮上しました。MicrosoftはWindows OSのサポート方針として、「メインストリームサポート期間」(製品の発売後最低5年間)に「延長サポート期間」(最低5年間)を加えた、最低10年間以上のサポートを掲げています。

 このほど法人を中心にユーザー数が多いWindows 7は、延長サポート期間に移行しました。延長サポート期間では、仕様変更や新機能のリクエスト、無償サポートライセンスなどは打ち切られていますが、セキュリティ更新プログラムの配布は行われるため、現役のOSとして使い続けられます。ただし、Windows 7の延長サポート期間は2020年1月14日に終了する予定なので、それまでに最新OSへの移行が必要です。

 さて、2位は「Dell Chromebook 11」のレビューとなりました。デルが販売するコンパクトボディで日本語キーボードが使いやすいChromebookの使い勝手やパフォーマンスについて、じっくりレビューしています。

 3位は連載『鈴木淳也の「Windowsフロントライン」』から「Internet Explorerは廃止されるのか?――ウワサから考えるWindows 10の姿」が入りました。Windows 10にはInternet Explorerと違う新開発のブラウザが搭載されるというウワサをもとに、Microsoftのブラウザ戦略を考察しています。

 続く4位は、日本ヒューレット・パッカードが発表した2万円台の超小型デスクトップPC「Stream Mini」など2015年春モデルの発表記事でした。PC新モデルとしては、レノボ・ジャパンが限定500台で発売する「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」の発表記事も9位につけています。

 アキバのPCパーツ情報は2本の記事がランクイン。1万6980円に値下がりした480GバイトSSDなどを紹介した「週末アキバ特価リポート(1月17日版)」は5位、連結可能なキューブ型ケースに注目した「古田雄介のアキバPickUp!(1月13日版)」が6位に入りました。

 そのほか、新連載の『SOHO/中小企業に効く「ビジネスインクジェット」の選び方(第1回)』が7位、2015年に登場するとみられるAppleの新製品群についてまとめた連載「週末アップルPickUp!」が8位、マウスコンピューターが発売する低価格ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i610BA2」のレビューが10位となりました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.