ニュース
» 2015年05月18日 11時00分 UPDATE

2015年PC/タブレット夏モデル:ハイレゾ対応スピーカーを搭載した狭額縁デザインの一体型PC――「FMV ESPRIMO FH」

富士通の液晶一体型PC「ESPRIMO FH」がデザインを一新。ハイレゾ対応の「Sound by Pioneer」スピーカーを内蔵した。

[ITmedia]

狭額縁の23型ワイド液晶ディスプレイとハイレゾ対応スピーカーを搭載

 富士通は5月18日、2015年PC夏モデルとして液晶一体型デスクトップPC「FMV ESPRIMO FH」シリーズを発表した。店頭販売向けのラインアップは3波対応テレビチューナーを2基(1つは視聴専用)を搭載する上位モデル「FH77/UD」と、下位モデルの「FH52/U」。実売予想価格は順に22万円前後、16万円強で、6月26日に発売される。

og_fh_001.jpg FMV ESPRIMO FH77/UD

og_fh_002.jpg FMV ESPRIMO FH52/U

 FH77/UDは23型ハイスペックモデル「FH78/RD」(2014年5月発売)、FH52/Uは21.5型エントリーモデル「FH52/S」(2015年1月発売)の後継機となる。

 今回の夏モデルでは、狭額縁デザインの23型ワイド液晶ディスプレイ(1920×1080ピクセル)に刷新したほか、ハイレゾ対応のSound by Pioneerスピーカーを搭載。新デザインの採用に伴い、本体前面にUSB 3.0やSDメモリーカード、電源ボタンを配置したフロントインタフェースに改善されているのがトピックだ。また、上位モデルのFH77/UDは、リモート視聴が可能になっている。

 主なスペックは、FH77/UDがCore i7-4712MQ(2.3GHz/最大3.3GHz)、8Gバイトメモリ、2TバイトHDD、Blu-ray Discドライブという構成、FH52/UがCeleron 2950M(2GHz)、4Gバイトメモリ、1TバイトHDD、DVDスーパーマルチという構成になる。このほかワイヤレス機能としてIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANとBluetooth 4.0を内蔵する。

 カラーバリエーションは、FH77/UDがオーシャンブラック、FH52/Uがスノーホワイト。OSは64ビット版Windows 8.1 Update。FH77/UDはOffice Home and Business Premium プラス Office 365サービスを、FH52/UはOffice Personal Premium プラス Office 365サービスがプリインストールされる。

 なお、BTOに対応するWeb専売(富士通 WEB MART)のカスタムメイドモデル「WF1/U」は、ノングレア液晶や最大16Gバイトメモリ、最大3TバイトHDDなどが選べるほか、カラーバリエーションも2色から選択できる。

 一方、タッチ入力に対応する液晶一体型PC「FMV ESPRIMO WH」シリーズは、新モデルの投入が見送られ継続販売になる。

FMV ESPRIMO FH店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売(税別)
ESPRIMO FH FH77/UD (B 1色) 液晶一体型 フルモデルチェンジ Core i7-4712HQ (2.3GHz/最大3.3GHz) 8GB (DDR3L) 2TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 22万円前後
FH52/U (W 1色) 液晶一体型 フルモデルチェンジ Celeron 2950M (2.0GHz) 4GB (DDR3) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 16万円強
FMV ESPRIMO FH店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット GPU 光学ドライブ オフィス テレビ機能
ESPRIMO FH FH77/UD (B 1色) 23型ワイド 1920×1080 HM86 CPU統合 (HD 4600) BDXL対応Blu-ray Disc Office Home and Business Premium + Office 365(1年間) 3波デジ×2 (1基は視聴用)
FH52/U (W 1色) 23型ワイド 1920×1080 HM86 CPU統合 (HD) DVDスーパーマルチ Office Personal + Office 365(1年間)

富士通 LIFEBOOK GH 富士通 FMV LIFEBOOK SH

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.