連載
» 2015年07月01日 15時58分 UPDATE

Apple Watchガールズトーク:Apple Music×Apple Watchで何ができるか試してみた

はじめてラブしました。

[らいら,ITmedia]

 7月1日(日本時間)に始まったアップルの定額制音楽配信サービス「Apple Music」。最初の3カ月は無料トライアル期間ということで、さっそくiOS 8.4にアップデートしました。iPhoneやiPadでの操作感は悪くなさそうです。

og_aw_001.jpg どの音楽配信サービスをメインで使っていこうか、また1つ選択肢が増えてうれしい悩みに

 そこで著者のApple Watchでも試したところ、サービスの一部機能を使うことができました。それどころかApple Watchのメリットが、レコメンド機能で最大限に生かせそう! さっそく「Apple Music」×「Apple Watch」で何ができるかレッツトライ!

RadioとApple Watchの連係で新たな音楽との出会いがはかどる!

 Apple Musicにはラジオステーションサービスがあり、アップルの音楽エキスパートがキュレーションした曲をジャンルごとに楽しむことができます。途中で何曲でもスキップできるので、ラジオ番組というよりは24時間聴けるプレイリストのようなイメージです。

 ただ、曲をスキップできるネットラジオはすでにありますよね。そこでApple Watchの出番です!

 Apple Music Radioを流しているときは、Apple Watchのミュージックアプリにこのような画面が表示されます。再生/一時停止/先へスキップ/ボリュームのほかに、ハートマークがありますね。

og_aw_002.jpg 前へ戻るボタンがハートマークに変わっています

 このハートマークをタップすると、「いいね!」「今後再生しない」「ウィッシュリスト」の項目が現れます。

og_aw_003.jpg 「いいね!」「今後再生しない」「ウィッシュリスト」の意味とは?

  • いいね!:お気に入りの曲という意思表示。おそらくApple Musicの楽曲レコメンド「For You」に反映され、より自分好みのおすすめプレイリストが表示されるようになる。
og_aw_004.jpg iPhoneで最初にハートマークをタップすると、「はじめてラブしました。」と表示される。ラブしました(赤面)

  • 今後再生しない:文字通りラジオでこの曲を今後再生しない。楽曲レコメンドに反映されるかは不明?
  • ウィッシュリスト:iTunesアプリの「ウィッシュリスト」に曲が追加され、iTunesで曲が購入できたりレビューをチェックできる。

 つまりApple Watchを使うことで、ピンときた音楽をウィッシュリストにポイポイ放り込んでおき、時間のあるときにiPhoneやMacのiTunesで曲を詳しく調べるといった使い方ができます。より簡単にオススメの音楽を自分好みにブラッシュアップできるのも最高ですね。これは“音活”がはかどる!

 改善点としては、ハートマークから「ウィッシュリスト」ではなく、自分のプレイリストにそのまま曲を加えられるようになればベターです。Apple Musicで自由に聴けるのなら、今後iTunesで曲を購入する機会はほぼなくなりそうなので。

 もちろんラジオステーションだけでなく、これまでのApple Watchミュージックアプリとして、アルバムやプレイリストを操作できます。ただ反映されるのはローカルに保存した曲のみなので、必要な音楽があればダウンロードしておくほうがよさそうです。

MacやWindows PCのiTunesもApple Watchでリモート操作!

 実は「Remote」アプリを使えば、iOSデバイスだけでなくMacやWindows PCのiTunesも操作できます。パソコンでApple Musicを使いたいのよーというときは、iTunesとApple Watchを連係だ! (注:今回はApple Music対応のiTunes 12.2で検証)

 まずApple Watchで「Remote」アプリを、MacではiTunesを起動します。パソコンはApple WatchをペアリングしたiPhoneと同じWi-Fiネットワークに接続している必要があります。

og_aw_005.jpg ブルーの「Remote」アプリをタップ。Apple TVもリモコン操作できるが今回は割愛

 次に「Remote」アプリで「デバイスを追加」をタップすると、4ケタの数字が表示されます。

og_aw_006.jpg パスコードとなる4ケタの数字

 MacのiTunesにはRemoteのボタンが現れるので、これをクリック。4ケタのパスコードを入力すれば設定完了です!

og_aw_007.jpg Remoteボタンを押す

og_aw_008.jpg その後4ケタのパスコードを入力するだけ。所要時間は1分ほど

 Apple WatchのRemoteアプリに戻ると、Macのライブラリが追加されました。Remoteアプリのプレーヤーでは、iTunesで流している曲の一時停止やスキップ、音量調節などの基本操作はできるようになっています。

 しかし残念ながら、Apple WatchからMacのプレイリストを選ぶといった使い方には対応しておらず、あくまで簡単なリモコン操作のみです。MacのiTunesからApple Musicを使う機会が増えそうなので、今後のアップデートで機能拡張を期待したいですね。

 今回サービスイン初日にもかかわらず、Apple MusicとApple Watchとの連係という変化球で書いてしまいました。Apple Musicそのものも音楽ファンにとっては、触りだすと止まらない素晴らしい出来なので、改めてまたご紹介できればと思います。さて、今日のBGMは何にしようかな?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-