ニュース
» 2015年07月07日 13時30分 UPDATE

いよいよ開発も大詰め:Windows 10最新プレビュー「Build 10162」がSlow Ringユーザーでも利用可能に

最終版に向けての調整が行われている「Build 10162」が、Windows Insider Program参加者の「Slow Ring」選択ユーザーにも公開された。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月6日(現地時間、以下同)、次期Windowsプレビューである「Windows 10 Insider Preview」の最新版「Build 10162」をWindows Insider Program参加者の「Slow Ring」選択ユーザーに向けて公開した。同社OSグループでエンジニアリンググループマネージャーを務めるガブリエル・オウル氏がTwitterで告知している。

Build 10162 「Windows 10 Insider Preview」の「Build 10162」

 Build 10162は7月2日に「Fast Ring」選択者に向けて公開され、7月3日にはクリーンインストールが可能なISOファイルでの提供も開始していた。

 7月29日のWindows 10一般公開に向け、Build 10162は不具合の修正や性能の改善を図った内容だ。過去のBuildに比べて、安定性、パフォーマンス、バッテリーライフ、互換性が向上したとしている。

 Windows 10 Insider PreviewはWindows Updateを通じて更新できるが、Fast RingとSlow Ringの2段階で更新タイミングを設定可能だ。Fastは「更新スピード」優先、Slowは「安定性」優先とされており、最初にFast選択ユーザーへ提供した最新Buildで大きな不具合が発見された場合、その対処後にSlow選択ユーザーへ提供する流れになっている。

Microsoft Edge 新ブラウザの「Microsoft Edge」を搭載
ロック画面 Build 10162のロック画面

関連キーワード

Windows | Windows 10 | Microsoft | Microsoft Edge | Windows Update


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう