連載
» 2016年02月05日 14時54分 UPDATE

週末アップルPickUp!:人気アプリを無料でゲット! ちょっぴり複雑な「Apple Store」のアプリセールを解説

Apple Storeアプリ内で実施される人気アプリの無料配布は、App Storeアプリ内の「今週の無料 APP」とは入手方法が違う。何を言ってるか分からない人は熟読!!

[らいら,ITmedia]

 Appleが「Apple Store」アプリ内にて、動画編集アプリ「Videoshop」を無料配信中です。

og_applepickup_001.jpg 撮影したビデオや写真を切り貼りしたり、音楽をつけたり、フィルタをかけられたりできる編集アプリ

 iOSのアプリには、「App Store」アプリ内と、「Apple Store」アプリ内の2カ所でのセールがあります。「App Store」では「おすすめ」タブの「今週の無料 APP」をタップすれば、そのまま「入手」からすぐにダウンロードできるので分かりやすいですね。名前の通り、週に一度、App Storeスタッフが選んだおすすめの有料アプリが無料で配布されています。

og_applepickup_002.jpg アプリの更新は毎週金曜日。最近はゲームアプリが取り上げられることが多い印象

 ちょっと工夫が必要なのが、「Apple Store」内のセールです。実はこのアプリは、MacやiPadなどのApple製品を購入できるだけでなく、特典ページからギフトコードを取得し、有料アプリを無料で手に入れることができます。「Apple Store」アプリ利用者限定セールのため、App Storeのアプリページから直接無料でダウンロードすることはできません。

og_applepickup_003.jpg 冒頭の「Videoshop」をApp Storeでダウンロードしようとすると、「240円」と通常価格が請求されてしまう

 このように「Apple Store」のセールはダウンロード方法が少しややこしいのですが、そのぶん普段無料化されないレアなアプリが配信されていることもあります。さらに約1カ月サイクルで毎月上旬ごろに公開されるため、配布期間が長い点も特徴です(アプリにより異なる)。冒頭に紹介した「Videoshop」を例に、手に入れる方法をおさらいしておきましょう。

1、「Apple Store」アプリを手に入れる

 まず「Apple Store」アプリを持っていない人は、「App Store」からダウンロードします。アプリではプレゼント用のiTunesギフトカードが買えたり、アップル製品が故障したときにアップルストア店舗で見てもらうための「ジーニアスバー」を予約する機能もあるため、持っておいて損はありません。

og_applepickup_004.jpg アップルストア店舗で開催される無料のワークショップ情報も知ることができる

2、「おすすめ」タブから「無料でダウンロード」を選ぶ

 「Apple Store」アプリを立ち上げたら、「おすすめ」タブを選択。ページ下までおりていくと、ダウンロードリンクがあるのでタップします。今週は「Videoshop - Video Editorを無料でダウンロード。」とあるはずです。

og_applepickup_005.jpg もしくは「ストア」タブにあるApple Watchの画像を左へスワイプしてもよい

 アプリの紹介ページが表示されるので、画面下の「今すぐ無料でダウンロード」を選び、「続ける」をタップしましょう。

og_applepickup_006.jpg ダウンロード期限もここで確認できる。無料なので迷ったらとりあえずダウンロードしておいてOK

3、無料ダウンロードのコードを使ってダウンロード完了

 Apple IDのパスワードを入力すると、自動的にギフトコードが入力された画面が表示されるので、右上の「コードを使う」をタップ。「コードの引き換えに成功しました」となり、アプリが無料でダウンロードされたら「完了」を押して終了です!

og_applepickup_007.jpg あとはアプリを思いっきり楽しもう

 「Apple Store」のセールでは過去に、写真を水彩画風に加工する「Waterlogue」やランニングアプリ「Runtastic PRO」、天体ガイド「Sky Guide」などの有名アプリも紹介されました。無料であれば気軽にさまざまなアプリを試せるので、「今週のAPP」と合わせてチェックしておくと、素敵なアプリとの出会いがあるかもしれません。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-