ニュース
» 2009年05月19日 17時27分 UPDATE

Android携帯「国内のメーカーにも作ってほしい」とドコモ山田社長

「まさに携帯するGoogle」――18機種が登場した新製品発表会で山田社長は、Android携帯の紹介に最も時間を割き、スマートフォンの位置付けを語った。

[岡田有花,ITmedia]
画像 HT-03Aを紹介する山田社長

 5月19日に国内初のAndroid携帯「HT-03A」を発表したNTTドコモの山田隆持社長は、Android携帯をラインアップに加えたことについて「スマートフォンにとって大きな前進」と話した。HT-03Aは台湾HTC製だが、「国内メーカーにもAndroid携帯を作ってほしい」と期待している。

 18機種が登場した新製品発表会で、最も時間を割いたのがAndroid携帯の紹介。「まさに携帯するGoogle」――山田社長は、Gmailやストリートビューが快適に利用できたり、「Androidマーケット」でアプリを購入・インストールできる点などをアピール。「iPhoneとは少し違った位置付けだ」とも話し、“iPhone対抗”もにおわせた(iPhoneっぽい? 国内初Android携帯を写真でチェック)(ドコモ、国内初のAndroid携帯を発表)。

 AndroidやWindows Mobileを搭載したオープン仕様のスマートフォンは、iモードのようなクローズドサービスを搭載した従来のドコモ端末と競合する恐れもある。山田社長は、「どちらかが成ってどちらかが成らない、というものではない。スマートフォンの勢力が増しているのは事実だが、うまく融合していきたい。スマートフォンにiモードを載せるという議論も出てくる」と話した。

 スマートフォンは世界共通仕様の端末が多く、ドコモの独自性は打ち出しにくいが、「スマートフォンは“全世界ケータイ”でドコモだけに閉じないのが特徴。独自性というより、便利なものをリーズナブルに提供する」と山田社長は位置付けていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.