ニュース
» 2009年06月05日 15時30分 UPDATE

ドコモの3G、5000万契約目前に――5月契約数

電気通信事業者協会(TCA)が6月5日、2009年5月末の携帯・PHS契約数を発表した。携帯・PHSの累計契約数は1億1268万7700。ドコモの3Gの累計契約数は5000万が目前に迫った。

[ITmedia]
グループ名 2009年5月純増数 累計(携帯シェア)
NTTドコモ 6万1700
 2in1:−1万2300
5475万1700(50.6%)
 2in1:44万500
KDDI 5万1900 3095万2200(28.6%)
ソフトバンクモバイル 10万5000
 ダブルナンバー:1100
2084万3300(19.3%)
 ダブルナンバー:1万7700
イー・モバイル 6万7700 158万0700(1.5%)
携帯総計 28万6300 1億812万7900

 電気通信事業者協会(TCA)が6月5日、2009年5月末の携帯・PHS契約数を発表した。携帯電話は28万6300件、PHSは7000の純増で、携帯・PHSの累計契約数は1億1268万7700となった。

 各キャリアごとの純増数を見ると、10万5000契約を獲得したソフトバンクモバイルがトップで、連続25カ月首位を守った。2位は6万7700契約のイー・モバイルで、6万1700契約のドコモがこれに続く。KDDIは5万1900契約と僅差ながら4位となった。

 唯一、二桁の純増を獲得したソフトバンクモバイルは「料金・ネットワーク、端末の総合力が評価されたことと、iPhoneをはじめとする各種キャンペーンが好評なことが純増につながった」と分析。KDDIは「6月以降の夏モデルの投入効果に期待する」としている。

 ドコモKDDIソフトバンクモバイルはすでに夏モデルを発表しており、6月から新機種ラッシュが始まる。夏モデルの魅力で、どれくらい契約数を上積みできるかが、各キャリアの腕の見せどころになりそうだ。

Photo 純増数の推移
Photo 純増シェアの推移
MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −2万
KDDI 2100
ソフトバンクモバイル 1万7900
イー・モバイル 0

 番号ポータビリティは、ソフトバンクモバイルが1万7900、KDDIが2100の転入超となった。ドコモは−2万の転出超過で、イー・モバイルは差し引き0だった。

 転出超過となったNTTドコモは、「前年同月は6万の転出超過で、(2万にとどめた)現在は回復基調にある」と説明。5月は解約率が過去最低水準で推移するなど、明るい面もあったと強調した。なお、ドコモの3Gの累計契約数は、5月末で4993万6400に達し、5000万契約突破が間近にせまっている。

Photo MNPの利用状況

PHSは7000の純増、個人の音声セグメントが好調

グループ名 2009年5月純増 累計
ウィルコム 7000 455万9800
PHS総計 7000 455万9800

 ウィルコムの契約数は1万5100の純増で、7000契約を獲得したPHSが純増に転じた。PHSはコンシューマーの音声セグメントが好調で、「各種キャンペーンの後押しもあって順調に契約数を伸ばした」(ウィルコム広報)という。8100がドコモのFOMA回線を利用した「WILLCOM CORE 3G」は8100契約を獲得している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.