ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「解約率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「解約率」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
「クラウドログ」のARRが2億円を突破、年間成長率は200%以上
クラウドワークスは、同社が運営するクラウド型工数管理サービス「クラウドログ」の年間経常収益が2022年2月に2億円を突破したことを公表した。なお、直近一年間の成長率は202%に達し、チャーンレート(解約率)は年平均約1.2%と低い水準を維持している。(2022/5/17)

全社カスタマーサクセス体制を採用:
急成長サブスク企業、カスタマーサクセス職採用を断念した3つの”誤算” 応募は180人もいたのに、なぜ?
サブスクはコロナ禍で大きく業績を伸ばしたサービスの一つだ。おやつの定期便サービスを展開するスナックミーも会員数を大きく伸ばしたものの、新規会員を定着させる施策を講じることが急務となった。そこでカスタマーサクセス職の採用に乗り出したが、結果は失敗に終わることに。採用を断念することになってしまった3つの”誤算”とは?(2022/5/12)

【特集】カスタマーサクセスの始め方:
カスタマーサクセスは「顧客の御用聞き」? 顧客との関係構築で陥りがちな”誤解”を解説(前編)
サブスクリプションモデルの広がりに伴い、「顧客の成功」を意味するカスタマーサクセスの重要性が高まり始めている。花王やキユーピーなど大手企業も部署新設に動き出し、盛り上がりを見せる。しかし、顧客の御用聞きやコストセンターといった誤った印象を持つ人もいるようだ。顧客との大事な架け橋となるカスタマーサクセスで陥りがちな誤解を解説していく。(2022/5/9)

経営を動かすファイナンス:
予算達成に“ひとごと”な事業部門 経営陣と危機感を共有してもらうには?
【Q】会議で部門ごとの予算に対する進捗を確認していますが、どこか“ひとごと”な様子です。経営チームはKPIの達成状況を重要視しており、達成のための危機意識がかなり強いのですが、その温度感が全社的に伝わるにはどうしたらいいでしょうか。(2022/4/28)

月会費5万5000円:
2000人が登録待ち! サブスク別荘「SANU」行って分かった人気のワケ
月会費5万5000円でセカンドホームを持てるサブスクが人気を集めている。サービス名は「SANU 2nd Home」。登録待ちは2000人を超えているそうだが、一体どんなサービスなのか。創業者を取材した。(2022/4/28)

SaaSビジネスにおけるユーザーコミュニティーの真価 解約率の改善にはつながる? 継続率99%超を保つSmartHRの考え
ユーザーコミュニティー施策に取り組むSmartHR。同社が期待するユーザーコミュニティー活性化の効果とは。専門チームのメンバーに聞く。(2022/4/11)

Zuoraが「Subscription Economy Index」2022年最新版を公開:
サブスク企業の成長スピードがすごい 波に乗る秘訣は?
過去10年間におけるサブスク企業の成長スピードはS&P 500平均の4.6倍。パンデミックによる生活様式の変化がサブスクリプションの導入を加速させている。(2022/3/30)

経営を動かすファイナンス:
経営会議で毎月の決算報告をしているが、経営チームの反応が薄い……何が足りない?
【Q】毎月の経営会議に経理部門の代表として参加し、決算報告を行っているのですが、聞き手である経営チームの反応が薄いです。【A】経営チームが最も興味を持っているのは、実は……(2022/3/24)

「満足」だけでは不十分?:
PR:顧客満足度調査は「1問」で十分 売り上げに直結するCXの改善方法とは
多くの企業が顧客満足度に関連するCX(顧客体験)の重要性に気付き、調査などを導入している。一方で、顧客が満足しているという結果が出ているにもかかわらず解約をしたりリピートしてくれなかったり、「満足度が売り上げに結び付いていない」点に悩むケースも多い。そうした顧客のCX向上に対する課題を解決する糸口になる、たった「1問」で算出できる指標がNPSだ。(2022/3/28)

MVNOに聞く:
もっとお得に“データ使い放題”サービスを mineoに聞く「マイそく」提供の狙い
5Gの普及に伴い、大手キャリアでは使い放題の料金プランも徐々に浸透している。そんな中、オプテージのmineoが、新たな切り口の料金プラン「マイそく」を提供した。マイそくは、データ容量ではなく、通信速度別に「スタンダード」と「プレミアム」の2種類に分かれる。(2022/3/22)

営業視点のカスタマーサクセス【第3回】:
売り上げに貢献するカスタマーサクセス 「エクスパンション」成功の鉄則とは?
これまで日本のカスタマーサクセスの現状や立ち上げの際にエクスパンション(アップセルやクロスセル)が重要なことに言及した。では、そのために具体的には何をしていけばよいのか。(2022/3/3)

先駆者たちの「セールスイネーブルメント」:
コロナ禍で成功パターンが消えた──逆境のベルフェイスを「受注率10倍」に導いた秘策
オンライン営業システムを提供するベルフェイスにとって、コロナ禍は逆境だった。多くの人がWeb会議システムで商談をすることに慣れ、競合は増え、電話商談の機会は減ったからだ。そんな中、セールスイネーブルメントに取り組んだことで、受注率は約10倍になったという。一体どんな取り組みを行っているのだろうか。(2022/2/25)

「個人に数値目標を定めない」がSaaS解約率を抑えるカギに 継続率99%以上のSmartHRに聞くカスタマーサクセス戦略
月3%未満を維持すべきといわれるSaaSビジネスの指標「解約率」を1%以下に維持するSmartHR。組織が急拡大し、試行錯誤が続いているにもかかわらず解約率を抑えられる背景には「個人に数値目標を定めない」などの工夫が隠れていた。(2022/2/25)

経営を動かすファイナンス:
予算案の承認を得るには、どう進めればいい? CFO経験者が教える“数値の奴隷にならない”戦い方
予算策定はどのようなプロセスで進めたらいいのか? ファイナンス部門と事業部が対立したら?──FP&AやCFOのポストを経験してきた鷲巣大輔氏が答えます。(2022/2/24)

楽天モバイルの5Gは“高速”にこだわる 三木谷氏「大阪駅前で驚がくのスピードが出る」
楽天グループの2021年度の連結売上業績は、携帯電話事業で基地局整備などによる投資が響き、2021年度のIFRS営業損失は1947億2600万円となった。楽天モバイルの5G戦略について三木谷氏は、低周波数の5Gにはそれほどメリットがないと話す。新周波数のSub-6やミリ波を使ってスピードを追求していく方針を示した。(2022/2/15)

営業視点のカスタマーサクセス【第2回】:
日本のカスタマーサクセスが世界に後れを取る2つの理由
日本のカスタマーサクセスは米国と比べて3〜5年の後れを取っているとされる。「おもてなし」の文化を持つ日本人はカスタマーサクセスの重要性を肌で理解しているはずだ。それなのに具体的な取り組みが進まないのはなぜか。(2022/2/14)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがDAZNをパックにした新料金プランを投入――通信トラフィック増と解約抑止を狙う
KDDIが2月下旬、スポーツ動画の配信サービス「DAZN(ダゾーン)」をパックにした料金プランをリリースする。ちょうどDAZNの単体契約時の値上げが発表されたタイミングだけに、DAZNを使いたい人にとって非常に魅力的に映る。KDDIがパック(バンドル)プランに注力するのは、5Gプランへの移行を進める材料をそろえるためだ。(2022/2/5)

「BALMUDA Phoneはやって良かった」「Y!mobileが爆発している」 ソフトバンク宮川社長が語ったこと
ソフトバンクの決算会見で、宮川潤一社長が5G、通信サービス、モバイル決済などの戦略を語った。通信サービスは「Y!mobileが爆発している」と好調ぶりをアピールした。PayPayの投資については「もうひと暴れさせてもらいたい」と話した。(2022/2/4)

営業視点のカスタマーサクセス:
カスタマーサクセスが求められる背景 「1:5の法則」とは何か
ビジネスの成長に欠かせないのがLTVの視点。企業のカスタマーサクセスの専任組織は何よりも「継続率」の維持・向上を期待されている。しかし、実は他にもやれることはある。(2022/1/31)

石野純也のMobile Eye:
「使い放題+エンタメ」プランを強化するau 5Gの利用拡大だけでない、もう1つの狙い
KDDIが、DAZNをはじめ、エンタメサービスをセットにしたプランを強化している。いずれのプランも、使い放題MAXと各コンテンツサービスをバラバラに加入していくより、トータルの料金は安くなる。こうしたパックプランには、5Gの利用シーンを拡大するという狙いがある。(2022/1/29)

povoはどのくらいの契約数? パックプランはもっと増やす?――KDDI高橋社長一問一答(2022年1月編)
KDDIが2021年度第3四半期の連結決算を発表した。この記事では、報道関係者向けの決算説明会における注目すべきやりとりを紹介する。(2022/1/28)

BoxとSansanのCSエキスパートが語る:
カスタマーサクセスを成功(サクセス)に導く「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる「テックタッチ」についてエキスパートが語った。(2022/1/27)

SaaS企業が恐れる「解約率」との正しい向き合い方 継続率99%を超えるSmartHRに聞く
月次の解約率を継続して1%未満に抑えるSmartHR。サービス開始時点では2〜3%程度だったにもかかわらず、数値を抑えられた理由とは。CEOに戦略を聞く。(2022/1/21)

石野純也のMobile Eye:
au、ソフトバンクを追いかける「ドコモでんき」の勝算 “10%還元”がどこまで響くか
NTTドコモは、3月1日からコンシューマー向けの電気サービスとなる「ドコモでんき」を提供する。「ドコモでんき Green」では基本料金として500円がかかるが、最大10%のdポイントが還元される。auやソフトバンクが提供している電気サービスとは何が違うのか。(2021/12/25)

プラグイン金融の旗手 FinatextHDが上場
金融インフラをSaaSとして提供するFinatextホールディングス(HD)が12月22日、東証マザーズ市場に上場した。(2021/12/22)

不動産市況:
2021年10月の賃貸物件の成約戸数は前年比24.5%増、ADインベストメント・マネジメント
ADインベストメント・マネジメントは、新型コロナウイルス感染症による保有する賃貸物件への影響について、2021年10月は軽微で、募集条件の緩和により稼働率の減少を抑制したことを公表した。(2021/12/1)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクとNTTドコモは「ゼロ円プラン」に否定的――三木谷楽天会長「povo2.0の影響はない」
KDDIと沖縄セルラー電話が楽天モバイルへの対抗も意図して投入した「povo2.0」。月額0円からという料金設定ということもあり、解約率の低下に貢献しているようだ。NTTドコモとソフトバンクは追随……と思いきや、ネットワークの維持の観点から「月額0円」に否定的な見解を持っているようだ。(2021/11/20)

ドコモ「ahamo」は200万契約突破、井伊社長「0円競争に参画するつもりはない」
ドコモの2021年度上期は増収減益となった。ahamoの契約者は堅調に増えており、200万を突破した。井伊基之社長は、povo2.0のような0円からのプランを提供するつもりはなく、低容量帯は「エコノミーMVNO」でカバーしていく考えを改めて示した。(2021/11/10)

石野純也のMobile Eye:
決算で判明、明暗分かれたpovoとLINEMO “オンライン”以外での差別化がカギに
鳴り物入りで登場した大手キャリアのオンライン専用料金ブランド/プランだが、開始から1年たたずに、サービスの姿を変えつつある。LINEMOは3GBプランを追加し、povoは月額0円からの「povo2.0」にリニューアル。特に支持されているのはpovo2.0のようだ。(2021/11/6)

Gartner Insights Pickup(231):
顧客サービスとサポートテクノロジーのハイプサイクルにおける2021年の主要トレンド
顧客サポートおよびサービス(CSS)のリーダーは、有望なテクノロジーを評価し、投資を再検討する。本稿では、顧客サービスとサポートにおける5つの主要トレンドを紹介する。(2021/11/5)

MVNOに聞く:
OCN モバイル ONEがドコモの「エコノミーMVNO」に参入し、500MBプランを提供する狙いは?
10月21日に、ドコモの「エコノミーMVNO」がスタートし、第1弾としてOCN モバイル ONEが参入した。550円で500MBのデータ通信と10分通話無料が付く新プランも提供開始した。MVNOではシェア2位のOCN モバイル ONEが、なぜエコノミーMVNOに参入したのか。(2021/10/28)

ソフトバンクG、Tモバイルの株式交換でドイツテレコムの2位株主に
ソフトバンクグループが、米Tモバイルの株式交換でドイツテレコムと長期的なパートナーシップを結んだ。ソフトバンクグループは4500万株のTモバイル株と引き換えに、新たに2億2500万株のドイツテレコム株式を取得する。ソフトバンクグループはドイツテレコムの民間第2位株主となる。(2021/9/7)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天、ネット通販と金融は堅調も携帯電話事業が足を引っ張る――KDDIとの「1GB500円」ローミング契約がドツボ
楽天グループが2021年第2四半期決算を発表した。楽天モバイルが主管する携帯電話事業は大幅な赤字で、グループ全体の業績に影響を与えてしまっている。基地局建設の前倒しだけではなく、KDDIへのローミングによる支払いも減益に大きな影響を与えているという。(2021/8/20)

楽天モバイルの黒字化はいつ? カギを握る「人口カバー率」と「楽天経済圏の拡大」
楽天グループ2021年度第2四半期の決算は、モバイル事業への投資が響いて635億円の赤字。2021年内に人口カバー率96%を達成することで、ローミング費用が減り、赤字は大きく改善されるという。モバイル事業で楽天経済圏を拡大することも、収益に貢献するとみている。(2021/8/11)

「LINEMOの契約数は?」「プラチナバンド再割り当てはどう思う?」――ソフトバンク決算説明会一問一答(2021年8月編)
ソフトバンクが2021年度第1四半期の決算を発表した。この記事では、決算説明会における記者と宮川潤一社長との質疑応答の中で、特に注目すべきやりとりを紹介する。(2021/8/5)

【決算発表】コロナ禍で成長率鈍化も、「名刺の次」で見据えるSansanの成長ストーリー
クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは7月14日、2021年5月期通期の決算を発表した。新型コロナウイルスの影響を受けながらも粘り強く成長を続けた名刺交換サービス「Sansan」の実績と、クラウド請求書受領サービス「Bill One」の順調な立ち上がりが見られた。(2021/7/15)

MVNOに聞く:
nuroモバイルに聞く、新料金プラン「バリュープラス」の狙い 5GやXperiaの展開は?
MVNO各社が新料金プランを打ち出す中、ソニーネットワークコミュニケーションズのnuroモバイルも「バリュープラス」を打ち出した。新料金プランでデータ容量8GB以下のユーザーにターゲットを絞り、低価格を実現。音声通話付きの3GBプランはわずか792円。5GBと8GBのプランには、「Gigaプラス」という仕組みも用意した。(2021/7/14)

MVNOに聞く:
新料金プラン「マイピタ」が好調のmineo 1.5Mbps使い放題のサービスに踏み切った狙いは?
MVNOの中でいち早く料金値下げに踏み切った「mineo」。6月からはデータ容量超過後の通信速度を1.5Mbpsに高め、以降を使い放題にする「パケット放題Plus」を導入した。新料金プラン「マイピタ」からパケット放題Plusの狙いまで、mineo事業を統括する福留康和氏に聞いた。(2021/6/29)

サブスクサービス成功の必須条件【後編】:
サブスク磨き上げサイクル 顧客とつながりサービスを改善し続ける活動とは
サブスクサービス成功への第一歩は、顧客とつながり、データを活用してニーズを把握すること。では、どのような指標に基づいてデータを取得すべきか。取得したデータを基にどのように改善策を検討し、実施すべきか。(2021/6/28)

石野純也のMobile Eye:
弱点解消でY!mobileに対抗、MVNO並みの安さに UQ mobile「でんきセット割」の狙い
KDDIが、UQ mobile向けに「でんきセット割」を導入した。セット割適用後の料金は、3Gプランが990円(税込み)となり、MNOが回線を貸すMVNOと同水準の料金になる。料金プラン改定後の動向や、新サービス導入の狙いを聞いた。(2021/6/19)

SmartHRがARR初公開 45億円で成長率は106% 人事労務SaaSの次の一手
HRテックスタートアップのSmartHRは6月8日、事業戦略説明会を実施し、SaaS企業の実質的な売上高評価にあたるARRが45億円であることを明かした。前年同期から106.2%の伸びとなっている。(2021/6/8)

au、MUFGグループとのシナジーをどう生かす? auカブコム証券、石月貴史新社長
ネット証券大手のauカブコム証券が、17年ぶりに社長交代した。新社長はKDDI傘下のauフィナンシャルホールディングス専務も務める石月貴史氏だ。(2021/6/8)

“顧客との付き合い方”のデザイン法(4):
健康なTHE MODEL型組織、どう作る? 「戦略・人材・オペレーション」の基礎
THE MODEL型組織の立ち上げ・運営の中で重要な点を「戦略・人材・オペレーション」の3つの観点から考える。(2021/5/27)

金融にSaaSモデルで挑むウェルスナビ 国内ロボアドで一人勝ち
ロボアドバイザーサービスを提供するウェルスナビが好調だ。預かり資産額は1年間で倍増し4025億円となり、一人勝ちという状況だ。実はウェルスナビの決算資料には、ARR、チャーンレートといった指標が並び、一般的な金融事業とは異なった表現がされている。これらは、いわゆるSaaS企業が好んで使うKPIであり、ウェルスナビは自社をSaaS的な企業だと位置づけているからだ。(2021/5/19)

3年で2.4倍の売上高 ラクスのSaaS最強決算
国内SaaS領域で最高益を叩き出した企業がある。経費精算システム「楽楽精算」や電子請求書発行システム「楽楽明細」などのSaaSプロダクトを提供するラクスだ。5月13日に公表した2021年3月期決算発表では、売上高153億円(前年同期比32.6%増)、営業利益38億円(前年同期比232%増)と他社を圧倒する利益水準となった。(2021/5/18)

携帯料金値下げで−700億円の影響も、増益を目指すソフトバンク PayPayの収益化も近い?
ソフトバンクが5月11日、2021年3月期の決算説明会を開催した。今回は宮川潤一氏が4月1日に社長に就任してから初の決算会見となり、同氏が今後10年の中長期ビジョンを語った。2021年度は携帯料金値下げの影響で約700億円の減益も、他の領域でカバーして増益を目指す。(2021/5/12)

データ統合に「trocco」を活用:
データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。この基盤を迅速に構築し、ビジネスに生かしたまでの取り組みについて、クリーニングサービス「Lenet」を運営するホワイトプラスのCTOに話を聞いた。(2021/4/16)

“顧客との付き合い方”のデザイン法(2):
カスタマーサクセス立ち上げ、どうしてつまづいた? “3つの失敗”から学ぶ心得
サブスクリプション型の事業を持つ企業にとって、顧客の解約率を下げて売り上げを最大化するため、カスタマーサクセスの考え方は重要だ。カスタマーサクセスの立ち上げ経験を持つ筆者が、立ち上げの際に陥りがちな3つの失敗とその理由について解説する。(2021/3/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
楽天で相次ぐ“ポイント改悪”……それでも顧客は流出しない?
楽天ゴールドカードのポイント還元率が減少するまで、あと3週間を切った。楽天がポイントにメスを入れる背景には、国際会計基準(IFRS)ではポイント還元のカットは売上高を直接押し上げる効果があるからだ。一方で、このようなポイント還元のカットが今後幾分か重なったとしても、急激な顧客離れは起きにくいと考えている。なぜなら、顧客のスイッチングコストが大きいからだ。(2021/3/12)

“顧客との付き合い方”のデザイン法(1):
「THE MODEL」型営業組織の落とし穴 「自社にあったTHE MODELを作る」が失敗しがちな理由
法人向けの営業・マーケティング部隊の体制を作る時、「THE MODEL」を参考にする企業は多い。「営業部隊をマーケティング・インサイドセールス・フィールドセールス・カスタマーサクセスの4部署に分けて運営する体制」というのが一般に認知されているTHE MODELの解釈だが、筆者はTHE MODELを通して事業運営のリーダーが理解すべきポイントは別にあると考えている。(2021/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。