ニュース
» 2009年07月09日 14時35分 UPDATE

「E05SH」を内線電話機に――KDDI、構内PHSカードを7月14日に発売

出先でケータイ、社内で内線――。KDDIが、法人向け携帯電話「E05SH」を社内で内線電話として使えるようにする構内PHSカードを7月14日に発売する。

[ITmedia]

 KDDIは、シャープ製の法人向け端末「E05SH」を社内で内線電話として使えるようにする「構内PHSカード01」を7月14日に発売する。「無線LANカード01」は8月の販売を予定している。

Photo E-05SHはボディカラーにブラックとシルバーを用意。SDIOスロットを備え、専用の構内PHSカードや無線LANカードを装着できる。グローバルパスポート CDMAに対応し、CDMA圏の海外でも利用できる

 E05SHは、IPX5/IPX7に準拠した防水機能を備え、衝撃から本体を保護するプロテクターを装備したストレート型の法人向け端末。端末上部にSDIO拡張スロットを装備しており、加賀電子製の構内PHSカードやミツミ電機製の無線LANカードを装着することで、KDDIの内線ソリューション「OFFICE FREEDOM」用端末として利用できる。

 BREWに.NET Frameworkとの互換性を持たせる「.net by au」にも対応し、.NET Framework環境でのアプリ開発を通じて蓄積されたさまざまなノウハウやソフト資産を、au端末向けアプリに流用することもできる。

 KDDIは、7月22日から7月24日にかけて東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン 2009」の同社ブースでE05SHを利用した内線ソリューションのデモを行う。

sa_au07.jpgPhoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.