ニュース
» 2009年11月02日 15時10分 UPDATE

デジタルサイネージでケータイ情報を配信――KDDI、auショップに試験導入

KDDIとNECが、auショップでのデジタルサイネージの効果を検証する共同実験を実施。顧客満足度向上につながる活用方法を探る。

[ITmedia]

 KDDIは11月2日から2010年1月中旬まで、auショップでのデジタルサイネージの効果を検証する共同実験を実施する。NECと共同で実施するもので、実験には同社のデジタルサイネージソリューション「PanelDirector」を採用。実験を通じて、顧客満足度の向上につながるデジタルサイネージの活用方法を探る考えだ。

 実験は、auショップ池袋東口とauショップ光が丘IMAで行い、各店舗には情報配信用のディスプレイを店外と店内向けに各1台設置。店内向けディスプレイでは来店者を対象に、サービスやコンテンツなどの情報を配信する。ディスプレイには視認効果測定機能が搭載され、表示されたコンテンツに対する関心の度合いも測定可能。ショップ周辺の飲食店情報の配信も行い、FeliCaリーダー/ライターやQRコードを併用して店舗情報の詳細やクーポン情報へのアクセスにつなげるとしている。

 店外向けに設置したディスプレイには、その地域の人々に向け、auケータイやKDDIのサービス関連の情報、生活に役立つ地域情報を配信する。

Photo auショップへの設置イメージ
Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.