ニュース
» 2009年11月06日 12時00分 UPDATE

DeNAの出資企業Aurora Feintが提供する「OpenFeint」をハドソンのiPhoneアプリが採用

DeNAの出資企業Aurora Feintの提供するソーシャルゲーミングプラットフォーム「OpenFeint」が、ハドソンのiPhone向けゲームアプリ3タイトルに採用されることが決定した。

[房野麻子,ITmedia]

 DeNAが資本/業務提携している米国Aurora Feintの提供するソーシャルゲーミングプラットフォーム「OpenFeint」が、ハドソンのiPhone向けゲームアプリ3タイトルに採用されることが決まった。日本の大手ゲーム会社がOpenFeintを採用するのは今回が初となる。

 ソーシャルゲーミングプラットフォームは、iPhoneゲーム向けのSDK(Software Development Kit)サービスの1つ。ゲームデベロッパーがゲームアプリにユーザー同士の交流を促進させる機能(ランキングやスコアの表示、アチーブメント、友人との対戦・チャット、マルチプレイヤー機能など)を実装できるソフトウェアで、ゲームにコミュニティ機能を追加できる。

 今回、OpenFeintが採用されるのは、「BOMBERMAN TOUCH」「BOMBERMAN TOUCH 2」「ELEMENTAL MONSTER TD」の3タイトル。OpenFeintの特徴であるソーシャルコミュニティ機能を活用し、ゲームの中で一定条件をクリアするとアイテムがもらえるアチーブメントや、ゲームのスコアランキングを表示するリーダーズボードなど、各タイトルの内容に合わせてコミュニティ機能が利用できるようになる。今後は、OpenFeint内にDeNAによる「モバゲータウン」のノウハウが活かされたコミュニティ機能が展開されるごとに、随時対応していく予定だ。なお、現在OpenFeintの利用が可能なのは、英語版のタイトルのみとなり、日本語版では利用できない。

af_BOMBERMAN.jpg
af_BOMBERMAN2.jpg
af_EMTD.jpg

 

 ハドソンは、OpenFeintを採用することにより、ゲーム内にコミュニティ機能を追加して新たなユーザーを獲得し、ユーザー同士の交流を活性化させることで、ゲームへの定着化を目指す。また、今後もiPhoneマーケットにおいて、OpenFeintを利用したゲームをリリースしていく考えだ。

 DeNAは、モバゲータウンで培ったコミュニティ運営ノウハウをOpenFeintと融合させることで、グローバル市場でのiPhone向けサービスの拡大を図っていくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.