ニュース
» 2010年09月03日 16時41分 UPDATE

小樽商科大学がAR観光の実験、NTTコムウェアの技術を利用

小樽商科大学がNTTコムウェアの画像認識技術を活用してAR(拡張現実)観光情報提供システムの実験を行う。観光案内地図に掲載された写真を撮影すると、画像を認識して写真に合った動画が再生されるという。

[山田祐介,ITmedia]

 小樽商科大学商学部社会情報学科の深田ゼミナール(准教授 深田 秀実、ビジネス創造センター主任)が、NTTコムウェアの画像認識技術を活用してAR(拡張現実)観光情報提供システムの実証実験を始める。実験期間は9月18日〜26日。JR小樽駅周辺および小樽運河周辺エリアの観光客に専用アプリの入ったスマートフォンを貸し出し、AR観光を体験してもらう。

photo 実験のイメージ

 ARとは、デジタルデバイスを通じて現実環境にデジタル情報を重ね合わせる技術のこと。今回の実験では、NTTコムウェアの画像認識技術を使い、撮影した写真にひも付いた動画が再生されるアプリを用意した。被験者に提供する観光案内地図にいくつかの写真が掲載されており、それらを撮影すると、画像を認識して写真に合った動画が再生されるという。

 実験では、同システムによって小樽市周辺での観光が楽しくなったかや、実験に協力した観光客があらかじめ計画していた観光ルートがARアプリによってどのように変化したかなどをアンケート調査する。調査結果は、小樽の観光の課題検証や今後の改善に役立てる。

 また、NTTコムウェアでは今後、雑誌広告などの静止画像から関連動画を再生するといったARサービスを目指し、画像認識精度の向上や、位置情報も活用したARサービスの開発などを検討していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう