ニュース
» 2013年09月18日 17時14分 UPDATE

ドコモ、法人向けFOMA対応トランシーバーサービスを9月24日から提供

ドコモは、9月24日からFOMAエリアで利用できる法人向けパケット対応トランシーバーサービスを提供する。サービス開始にあたり、富士通テン製とモバイルクリエイト製の端末を発売する。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは、9月24日にFOMAエリアで利用できる法人向けパケット通信対応トランシーバーサービス「ドコモビジネストランシーバ」の提供を開始する。

photophoto 左からモバイルクリエイト製端末と富士通テン製端末

 ドコモビジネストランシーバは、業務用無線を利用し、トラックやバスの運行管理、タクシー無線などを利用している法人向けのサービスだ。半二重通信の音声通話だけでなく、全国のFOMAエリアでトラックやバス等の運行管理、配車システムなどとデータ連携できる機能を用意する。設置時に無線免許申請や無線資格従事者による工事も不要で、基地局の構築・運用コストも抑えられる。

photo 「ドコモビジネストランシーバ」利用イメージ

 9月24日にモバイルクリエイト製端末を、10月に富士通テン製端末を発売する。富士通テン製の操作機マイクは11月の発売を予定している。トランシーバー端末の価格はオープンで、初期費用として契約事務手数料が3150円かかる。

 専用の料金プランは月額3885円で、40万パケット(8400円相当)の無料通信分が付く。通信料は1パケットあたり0.021円。料金は2年契約の「トランシーバ割」を適用すると、3150円に割り引かれる。トランシーバ割は解約の申し出をしない場合は2年ごとに自動更新され、契約期間内に解約すると、9975円の解約金がかかる。

 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.