ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「中絶」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中絶」に関する情報が集まったページです。

ヌード、あるいは手術体験告白で 米国で続々成立する中絶禁止法、エマ・ワトソンら海外セレブの抗議投稿相次ぐ
アラバマ州で同法案に賛成したのは25人の白人男性。(2019/5/19)

もしも妊娠する可能性が男女平等になったら? 神様の気まぐれで妊娠してしまった男性描いた漫画に反響
一夜限りの関係で望まぬ妊娠をした男性の話。(2019/2/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国発「遺伝子操作ベビー」の衝撃 “禁じ手”を使った人類の未来
中国の研究者がゲノム編集した子供を誕生させたと主張し、大きな物議を醸している。「デザイナー・ベビー」については倫理的な批判が大きく、技術が乱用される危険性もある。「禁じ手」として可能性を排除するべきなのか。世界規模で議論が加速しそうだ。(2018/12/6)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

ねとらぼレビュー:
トム・フォード最新作「ノクターナル・アニマルズ」 解釈を観客に委ねるということ
※重大なネタバレあり。(2017/11/19)

「だまされたふり」で逆にだまされる 巧妙化するオレオレ詐欺、最新の手口を解説
終わらないいたちごっこ。(2017/10/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
「人口減少」が続くが、解決策はあるのか
総務省統計局によると、日本の総人口は1億2558万3658人で、8年連続で減少している。また少子化も歯止めがかからず、出生数は98万1202人と過去最少を記録した。日本人がどんどん減っているが、解決策はあるのか。ひょっとしたら「テクノロジーのチカラ」が役立つかもしれない。(2017/7/13)

男性の自慰行為に罰金100ドル 米テキサス州で法案提出
女性の人工妊娠中絶に対する厳しい規制への風刺として提案されました。(2017/3/15)

保守的な人は危機を煽るウソニュースを信じやすい UCLAが研究で明らかに
中絶や同性結婚に関するものなどの社会的問題に対する考え方が影響していました。(2017/2/7)

FacebookのCEOとCOO、トランプ大統領令にそれぞれ懸念表明
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、ドナルド・トランプ米大統領による移民抑制に関する大統領令について懸念を表明し「米国は移民国家であることを誇るべきだ」と主張した。シェリル・サンドバーグCOOも同日、別の大統領令(人工中絶に関するもの)について懸念を表明した。(2017/1/29)

意外と知らない教育現場のいま:
未成年の人工妊娠中絶数、年間約1万8000件 「日本の性教育は不徹底」
人工妊娠中絶数自体は平成初期をピークに減少傾向にあるが、そのうちの10代の割合は相変わらず高いまま――。が、これは個人の責任問題ではない。性教育を系統立てて授けていくシステムを構築できていない国の責任である。(2016/10/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
過去最高の売上! 米国人が銃を“爆買い”するワケ
2015年11月27日の金曜日、米国では恒例の「ブラックフライデー」が盛り上がった。この日からクリスマス・年末商戦がスタートしたわけだが、今年はある商品が過去最高の売り上げを記録した。銃である。(2015/12/8)

新連載・経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
自ら上場させた会社を辞め、2度目の起業を決意するまで
26歳で初めて創業した会社のビジネスが軌道に乗り、30歳で結婚し、3人の子どもの出産、そして上場。公私ともに順風満帆だった私を、ある日突然、悲劇が襲いました。「何とかするしかない!」。そう心に誓って、困難に立ち向かっていったわけですが……。(2015/11/4)

妊娠・出産漫画7選! 泣けて笑えてタメになる!
(2015/9/25)

知っておきたいASEAN事情(22):
変わる中国の現状とASEANとの関係
実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は周辺国に大きな影響を与えている中国の現状について、ASEANへの影響という視点で製造業事情に詳しい筆者が解説する。(2014/11/7)

伊吹太歩の時事日想:
女性蔑視の舛添新都知事にオススメしたい、「男女が逆転した世界」の動画
20年ほど前、女性の政治参加について「女は生理のときはノーマルじゃない。異常です。国政の重要な決定を判断されたくない」と言い放った舛添要一氏。女性への意識は今も変わっていないのだろうか?(2014/2/20)

「産むべきか、産まないべきか」出生前診断で私たちに委ねられる選択
以前より格段に受けやすくなった「新型出生前診断」。検査を受けやすくなったことにより「生命倫理」に直面する可能性も増えたといえます。このテーマを扱った精神科医の香山リカ氏の著書を紹介します。(2013/7/9)

AppleのクックCEO、Siriに関する中絶支持団体の抗議に返答
iPhone 4Sの“バーチャル秘書”Siriが中絶に関する質問に適切に答えないとして抗議した団体に対し、Appleのティム・クックCEOがβ版の問題であり、改善する計画であると返答した。(2011/12/2)

夫婦で始める“エクストリームコミュニケーション”:
教育と育児――わが子の臓器、提供できる?
2つめのエクストリームコミュニケーションは「教育と育児」です。子供をどう育て、どう導くか、そこには親の愛情とエゴが複雑にからみあっています。(2011/1/7)

これからの「正義」の話をしよう:
マイケル・サンデル教授の特別講義「Justice」に出席してきた
ハーバード大で政治哲学を教えるサンデル教授が8月末に来日、東京で2回の“出張講義”を行った。学生との対話形式で進められる講義にはブロガー・小飼弾氏も参戦。2時間の「白熱教室」とはどのような内容だったのか? 本記事で詳しくお伝えしよう。(2010/9/16)

あなたの隣のプロフェッショナル:
ハリウッド・スターの光と影――マイケル・J・フォックス
『バック・トゥー・ザ・フューチャー』『摩天楼はバラ色に』など多くの作品に主演したマイケル・J・フォックス。29歳のときに不治の病・パーキンソン病に冒された彼は現在、どのように生きているのだろうか……?(2010/5/16)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
価値観が異なる人から裁かれるのは不利?
価値観の多様化で、「お金さえあれば大きなクルマに乗りたい」といった“常識”が崩れつつある日本。多様なバックグラウンド、異なる考え方をする人々の共生を模索できるということで、ちきりんさんは裁判員制度の意義を訴えます。(2010/2/1)

藤田正美の時事日想:
サプライズ人事は吉それとも凶? 共和党マケイン候補の賭け
ある調査によると、共和党初の女性副大統領候補となったペイリン氏の好感度が、大統領候補のマケイン、オバマ両氏を上回った。マケイン氏のサプライズ人事はひとまず“成功”したが、果たして11月の大統領選にはどうなっているだろうか?(2008/9/8)

科学なニュースとニュースの科学:
iPS細胞は再生治療の切り札となるか?(その1) 幹細胞って何?
2007年11月、画期的な医学上の研究成果としてマスメディアも大きく取り上げた、京大の山中教授のチームによるiPS細胞の作成成功のニュースですが、何がすごくて、何ができるようになるのでしょう?(2008/1/25)

Googleブログの厚かましさ
Googleが昔と同じくらい焦点を持っていたら、Google幹部はマイケル・ムーア監督の「Sicko」を非難するブログを承認したりはしなかっただろう。(2007/7/18)

DVDレビュー:
れこめんどDVD「スケアクロウ」
1970年代、良くも悪くもアメリカン・ニューシネマの頂点を極めた傑作「スケアクロウ」。全編を貫く無常観は今の日本にぴったり!(2005/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。