ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Acronis」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Acronis」に関する情報が集まったページです。

バックアップは災害復旧(DR)の要
「クラウドバックアップ」の選定でまず解消すべき“3つの疑問”
クラウドバックアップを軸に災害復旧(DR)を準備したいなら、堅実な計画を立てるべきだ。戦略を考える前に、一般的なバックアップ手法、ツール、レプリケーションに関するよくある疑問を解決しておこう。(2019/5/28)

ローカルバックアップとの併用が鍵
クラウドバックアップの長所と短所、知っておくべき主要ベンダー
利用予定であるクラウドバックアップの種類や長所と短所をあらかじめ把握しておこう。場合によっては、テープベースのローカルバックアップも役立つかもしれない。(2019/3/12)

PR:Windows 10のアップデートでデータが消えた? いざというときのためにNASを使ったバックアップ手順を解説
2020年1月のWindows 7サポート終了に向けてWindows 10への移行が進んでいる中、Windows 10の大型アップデートでユーザーのデータファイルが消失するという問題が発生した。いざというときのためにNASを使ったバックアップ方法を確認しておこう。(2018/12/10)

過信の結果は失敗
ブロックチェーンはセキュリティの「魔法のつえ」ではない
セキュリティ対策にブロックチェーンを応用するというアイデアは有益だ。だがブロックチェーンを過信してはならない。ブロックチェーンを安全に運用するためのベストプラクティスが必要だ。(2018/12/3)

アクロニスが「Acronis True Image 2019」を発売 ブート可能なバックアップディスクの作成が簡単に
アクロニスのデータバックアップソフトウェアの最新バージョンが登場。ブート可能なバックアップディスクの作成を簡単に作成できるようになった他、USBディスクを接続すると自動的にバックアップを開始する機能などを追加した。(2018/9/19)

ADATAから税込み4万円切りの2TB SSD「Ultimate SU800」
3D TLC NAND採用SATA SSDに2TBモデルを追加。(2018/8/10)

AIでランサムウェア対策:
アクロニス、AIベースのランサムウェア対策ソフトを無償で提供
アクロニス・ジャパンは、ランサムウェア対策ソフト「Acronis Ransomware Protection」の無償提供を開始した。同社独自の機械学習モデルを使って実行中のプロセスをリアルタイムに監視し、ユーザーのシステムを保護する。(2018/1/26)

ストレージベンダーの群雄割拠が加速
データストレージ2018年のトレンド:話題を独占する5つのテクノロジーとは
データストレージは着実な進化を遂げている。本稿では2017年を振り返りつつ、2018年に話題となるであろう5つの技術について解説する。(2018/1/8)

アクロニス、ランサムウェア防御機能も備えたバックアップソフト「Acronis True Image 2018」
アクロニス・ジャパンは、同社製個人向けバックアップソフト「Acronis True Image」の最新版を発表した。(2017/9/20)

PR:64層3D NANDをいち早く採用! SSDなら「WD Blue」で間違いなし
HDDのリーディングカンパニーとして知られるWDは、コンシューマー向けで初めて64層3D NAND技術を採用。容量が2TBに到達する最新SSDを投入した。詳しく見ていこう。(2017/9/6)

自分のキャリアと才能まで“仮想化”していませんか
仮想サーバ管理者が今すぐクラウドへ転身すべき理由
熟練の仮想サーバ管理者は、クラウドの登場に伴い、仮想サーバが主流ではなくなっていく現状を見据えるべきだ。先が見えなくなる前に、進路変更を検討してはどうだろう。(2017/8/7)

ビジネスを守るために何ができるか
「WannaCry」事件の“痛み”から考える、ランサムウェアへの予防策とは
「WannaCry」などのランサムウェア攻撃は食い止めることができる。そのためには、適切なデータ保護対策を講じておき、データを詳細に監視する必要がある。(2017/6/1)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(9):
制御の世界の“黒船”、TwinCATでメイドを動かす
SOEMに限界を感じていた私は、ベッコフオートメーションのソフトウェアPLC「TwinCAT3」に手を出しました。そう、文字通り“手を出してしまった”のです。今回は、制御の世界に「黒船」を持ち込んできたTwinCAT3を使ってメイドを動かすまでの、私の苦闘と孤闘の全容をご覧いただければと思います。(2016/3/31)

SOHO/中小企業に効く「ポータブルHDD」の選び方(第3回):
即戦力のポータブルHDDを選んでみた
USBバスパワーで駆動し、大容量データの持ち歩きに活躍するポータブルHDDの選び方を紹介する本連載。第3回目は法人ユースでオススメできる即戦力の製品をピックアップし、それぞれの具体的な特徴を紹介する。(2016/3/9)

大容量SSD時代へ加速:
TLC採用で最安値クラスの容量単価に!! 「Crucial BX200」シリーズSSDを試す
普及価格帯の大容量SSD「BX 200」シリーズを徹底検証。BX100と比較して何が変わったのか。(2016/1/6)

アクロニス、個人向けバックアップソフト「Acronis True Image」最新版を発表――“容量無制限”クラウドストレージ付属版も
アクロニス・ジャパンは、同社製バックアップソフト「Acronis True Image」の最新版を発表。新たに年間更新制の「Acronis True Image Cloud」がラインアップに加わった。(2015/9/9)

BaaS普及を妨げる、バックアップベンダー「3つの誤解」
「クラウドバックアップ」はSIerから買いたくない――調査で見えたIT幹部の本音
バックアップベンダーのパートナーに関する誤解が、Backup as a Service(BaaS)の普及を妨げるハードルとなる可能性がある。(2015/8/11)

FAニュース:
Intel Celeron J1900プロセッサ搭載のコンパクトファンレスボックスPC
アドバンテックは、Intel Celeron J1900プロセッサ搭載のコンパクトファンレスボックスPC「ARK-5261」を発売した。USB 3.0/USB 2.0ポート、PCI/PCIe拡張スロットなど、豊富なフロントサイドI/Oを備えた。(2015/6/24)

OCZ、東芝NANDフラッシュ採用の2.5インチSSD「Vector 180」
アスクは、OCZ Storage Solutions製の2.5インチ内蔵型SATA SSD「Vector 180」シリーズの取り扱いを発表した。(2015/3/25)

Acronis、「True Image Ultimate for PC and Mac」のラインアップにアップグレード版/アカデミック版を追加
アクロニスは、同社製イメージバックアップソフト「Acronis True Image Unlimited for PC and Mac」の販売ラインアップにアップグレード版およびアカデミック版を追加した。(2015/2/5)

HDDメーカーならではの安心感:
外付けHDDに「My Book Duo」を選ぶ8つ理由
大容量化するデジタルコンテンツを保存するために外付けストレージが欲しい、そんな人は外付けHDDながら高速かつ大容量の「My Book Duo」に注目!!(2015/1/21)

PC USER 20周年特別企画:
年末年始の運試し! 特大・読者プレゼント【第2弾】――人気ノートPCやタブレットなど豪華20賞品が当たる
PC USER創刊20周年の感謝を込め、2回に渡ってお届けする「特大・読者プレゼントキャンペーン」の第2弾です。奮ってご応募ください!(2014/12/26)

「自分だけは大丈夫」←アウト:
NASのバックアップを真面目に考えてみた
ASUSTOR製NAS「AS-202TE」の活用方法を取り上げる当連載。今回はバックアップについて考えていく。加えて、新OS「ADM2.3」の新機能も紹介。(2014/12/25)

容量無制限で「Acronis Cloud」を利用できる1年更新モデルも:
アクロニス、Windows/Mac両対応のバックアップソフト「Acronis True Image 2015」
アクロニス・ジャパンは、イメージバックアップソフト「Acronis True Image」の最新版「Acronis True Image 2015」を発表した。WindowsとMacの両方に対応し、最上位版はクラウドストレージを容量無制限で利用可能な1年更新のサブスクリプションモデルとなっている。(2014/9/17)

アクロニス、クラウド保存も可能なMac用バックアップソフト「Acronis True Image for Mac」
アクロニス・ジャパンは、同社初のMac OS用バックアップソフト「Acronis True Image for Mac」を発表した。(2014/7/30)

デバイスからコンテンツへ:
モバイルをめぐる活用と管理の最前線・前編
企業のモバイル活用ではデバイス管理から、ファイルやアプリなどを安全かつ便利に使いたいというフェーズに移行しつつある。前半では日本と米国の現状とソリューショントレンドについて考察していく。(2014/5/26)

ADATA、Marvell製コントローラ採用の2.5インチSSD「SP920」
マスタードシードは、台湾ADATA Technology製となるSATA 6Gb/s対応の2.5インチSSD「SP920」シリーズ2製品の取り扱いを開始する。(2014/4/4)

AD連携がキモ:
今あるファイルサーバーを生かしてスマホやタブレットから操作する「Acronis Access」
資料をDropboxに保管させないルールを徹底するには、それ以上のユーザビリティを利用者にも管理者にも提供するしかない? ファイルサーバーの延長としてのモバイル活用製品が登場した。(2014/3/6)

モバイルからファイルサーバを安全利用するMCM、アクロニスが発売
モバイル端末から社内のファイルサーバへのアクセスや社内外でのファイル共有を可能にする「Mobile Content Management」製品を発表した。(2014/3/5)

840 EVOを追撃:
“東芝印”の新生OCZが普及価格帯のSSDに殴り込み――「Vertex 460」徹底検証
東芝グループ傘下で新たにOCZ Storage Solutionsへ生まれ変わったOCZが東芝製Toggle NANDを採用する「Vertex 460」を投入。その性能やいかに?(2014/2/12)

OCZ、東芝製NAND採用の2.5インチSSD「Vector 150」
アスクは、OCZ Technology製となる2.5インチSSD「Vector 150」シリーズの取り扱いを発表。東芝製となる19ナノメートルプロセス採用MLC NANDを搭載した。(2014/1/16)

データも、OSも、あるんだよ:
もうなにも怖くない――シチュエーション別「TurboNAS」活用法(バックアップ編)
前回に引き続き、TurboNASの基本的な使い方をシチュエーションごとに紹介する。(2013/10/31)

ウエスタンデジタル、USB 3.0対応の外付けHDD「My Book」新モデルを発売
ウエスタンデジタルジャパンは、同社製のUSB 3.0外付け型HDD「My Book」シリーズをリニューアルした。(2013/10/11)

Barefoot 3 M10採用+20ナノMLC NAND採用:
OCZ、リード最大540Mバイト/秒のSSD「Vertex 450」シリーズを発売
アスクは、OCZ製SSD「Vertex 450」シリーズを6月上旬に発売する。ラインアップは128Gバイトと256Gバイトの2モデル。(2013/6/3)

アイ・オー、環境移行ソフト付きの2.5インチSSD「SSDN-3V」
アイ・オー・データ機器は、内蔵型の2.5インチSATA SSD「SSDN-3V」シリーズを発表した。(2013/5/15)

アイ・オー、“Acronis True Image”付きの1ドライブNAS「HDL-AS」
アイ・オー・データ機器は、ドライブバックアップソフトを付属した1ドライブ型NAS「HDL-AS」シリーズを発表した。(2013/1/30)

アイ・オー、シンプルデザインの小型NAS「HDL-CES」
アイ・オー・データ機器は、1ドライブ仕様のスタンダードNAS「HDL-CES」シリーズを発表した。「True Image 2013」が付属する。(2013/1/16)

「彼らはコントローラ、自分で作れないからね」:
OCZが訴える“自社開発”Barefoot 3の優位性
OCZの最新SSD「Vector」シリーズは、自分たちで開発した新しいコントローラを採用する。その「Barefoot 3」がもたらすパフォーマンスのメリットとは?(2012/11/29)

VMware vSphere向けバックアップ・リカバリソフトがvCenterに統合
小規模なサーバ仮想化環境でもバックアップやリカバリの環境が充実してきた。増分復元や遠隔地へのバックアップにも対応する。(2012/11/28)

OCZ、“Barefoot 3”コントローラ採用のSATA 6Gb/s対応SSD「Vector」
アスクは、OCZ Technology製となるSATA 6Gb/s接続対応の2.5インチSSD「Vector」シリーズ3製品の取り扱いを開始する。(2012/11/28)

アクロニス、バックアップ/リカバリ製品の最新版発売 物理・仮想対応を強化
Acronis Backup & Recoveryの新バージョンではディザスタリカバリやデータ保護機能が強化されている。(2012/11/21)

導入事例:
宮崎大学、バックアップ環境を刷新
アクロニスの「Acronis vmProtect7」を導入して、バックアップのデータ量を約10分の1に削減した。(2012/8/14)

小規模仮想環境に特化したバックアップソフト「Acronis vmProtect 7」
アクロニス・ジャパンは、VMware vSphereで構築した小規模仮想環境向けのバックアップソフトウェア「Acronis vmProtect 7」のパッケージ版を発売した。価格は1CPU当たり6万円。(2012/5/21)

仮想化環境用バックアップツールを比較検討する(後編)
比較表で解説! 仮想化バックアップツールの特徴と価格体系の違い
DR戦略の一環として導入が進む仮想化環境のバックアップツール。6つの主要なサードパーティー製品について、その導入検討に役立つ特徴やシステム要件、価格体系などを一覧表にまとめてみた。(2012/5/21)

ノートPCの容量不足を解消:
バッファロー、バックアップソフトを同梱した2.5インチ内蔵HDD
バッファローは、SATA接続対応の2.5インチ内蔵用HDD「HD-IN1.0TS」を発売する。容量は1Tバイトで、さまざまなバックアップソフトが付属する。(2012/4/25)

アクロニス、VMware vSphereに特化したバックアップソフトの新版を発売
VMware vSphereによる仮想化環境に特化したバックアップ・リカバリソフト「Acronis vmProtect 7」を、中堅・中小企業を主要ターゲットとして販売していく。(2012/4/24)

DRツールは特効薬にあらず
復旧プランで異なる 仮想ディザスタリカバリツールの選択基準
以前はコスト面で難しかったディザスタリカバリ(DR)だが、仮想DRツールを利用することで実装しやすくなった。しかし、ツールの特性とDRプランのニーズを把握して導入する必要がある。(2012/4/18)

バッファロー、バックアップソフト付属の無線LANルータ5製品
バッファローは無線LANルータとバックアップソフト「Acronis TrueImage HD」のセットモデル5製品を発売する。(2012/2/29)

バッファロー、リード最大513Mバイト/秒の2.5インチSSD
バッファローは、SATA 6Gb/s接続に対応した2.5インチSSD「SSD-NS/PM3P」シリーズ3製品を発売する。(2012/2/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。