ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アル・ゴア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CA World'16」レポート:
企業の勝敗を分けるのは「ソフトウェア」――CAが唱える”モダンな”ソフトウェア開発の在り方とは
2016年11月14〜18日(米国時間)にかけて開催されたCA Technologiesの年次カンファレンス「CA World'16」。本稿では、11月18日に行われた基調講演のレポートをお届けする。(2016/12/1)

伊吹太歩の時事日想:
ヒラリー、高額な講演料で“ボロ儲け”――米国民がついにキレた?
次期大統領候補と呼び声高いヒラリー・クリントン氏が、今米国中で非難を浴びている。その原因はなんと講演のギャラ。一体いくらもらっているのか。今回は米英における“元官僚”の副業に焦点を当てる。(2014/7/10)

パックンが絶賛するトークが上手すぎる経営者とは?
「パックン」としてバラエティー番組などで人気のパトリック・ハーランさん。彼が圧倒されるほどのトークスキルを持つ経営者とは。書籍『ツカむ!話術』から紹介します。(2014/4/15)

CA World 2013レポート:
基幹系も業務アプリもモバイル時代へ、CAが包括的ソリューションを発表
CA Technologiesは2013年4月21日から3日間に渡って米ラスベガスで年次イベント「CA World 2013」を開催。この場で「CA MDM」やLayer 7 Technologiesの買収など、いくつかの新しい発表を行った。(2013/4/25)

著名人キャリアインタビュー:
「やりたいこと」「やるべきこと」「やっていること」が一致する仕事に就け――SIM-Drive 清水浩名誉教授
32歳の時に研究テーマを変えながらも、今や世界的に有名な研究者となった教授がいる。専門性にとらわれず「何でもあり」の発想で次々に画期的な技術を生み出してきた清水教授が没頭しているのは、電気自動車の研究。電気自動車を普及させることで、地球環境やエネルギーの問題を解決したいと真剣に考える清水教授に、理系のキャリアについて語っていただいた。(2013/4/22)

TIMEの「世界で最も影響力のある100人のリスト」、ザッカーバーグとペイジは選外
TIME誌が毎年発表する「世界で最も影響力のある100人のリスト」の2012年版で、IT業界からはAppleのティム・クックCEOやFacebookのシェリル・サンドバーグCOOが選ばれた。(2012/4/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
グローバル時代に身に付けたい洗練されたビジネス英語の極意
ビジネス英語というと構えてしまうが、海外のエグゼクティブの会話に説得力があるのは使っている単語が違うため。そして上達するためには繰り返すこと。相手の心に届くビジネス英語とは。(2011/12/8)

Apple、新会長にアーサー・レビンソン氏を任命 DisneyのアイガーCEOが取締役に
Appleが、スティーブ・ジョブズ氏の後任として、2000年から同社取締役を務めるGenentech会長のアーサー・レビンソン氏を任命した。また、ジョブズ氏が取締役を務めていたDisneyのロバート・アイガー社長兼CEOを取締役に加えた。(2011/11/16)

スティーブ・ジョブズ氏の追悼式典が開催
アップルは10月19日、本社で開催された社員向けのスティーブ・ジョブズ氏追悼式典「Celebration of Steve Jobs' Life」の写真を公開した。(2011/10/25)

PapercutとUsTwo、マルチメディア電子書籍向けの新たな方法を生み出す
リッチな表現を内包した電子書籍は、これから増えてくると思われるが、まずはオーサリング環境の普及に期待したい。(2011/10/14)

アル・ゴア元米副大統領と地球温暖化を考えよう 「Climate Reality Project」
アル・ゴア元米副大統領らによる、地球温暖化を考えるイベント「Climate Reality Project」を全編英語で、24時間Ustream配信する。配信は9月15日9時0分〜9月16日9時0分。(2011/9/13)

世界的著名人の講演が手のひらに 「TED Air」
世界的に有名な政治家や作家、実業家、ミュージシャン、科学者、デザイナーらの講演を手のひらで視聴できるのが「TED Air」だ。(2011/8/31)

Facebook、電子書籍出版のPush Pop Pressを買収
「Facebookが電子書籍出版を始めるわけではないが、われわれの技術でユーザーはコンテンツをより豊かな方法で共有できるようになる」とPush Pop Pressは説明する。(2011/8/3)

海外の皆さん、ありがとう:
米国で感じた支援の心
オバマ米大統領の「日本の皆さん、あなたたちは1人じゃない」の演説とともに、全米で震災支援が行われている。ここではMicrosoftの拠点であるシアトルの活動を紹介しよう。(2011/4/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
英語を学び直す人も押さえるべきは本質
企業の英語公用語化元年といわれる2010年、さまざまな企業が英語への取り組みを発表した。何から始めればいいのかと途方に暮れているビジネスマンのための「えいごのつぼ」。(2011/4/14)

最強フレームワーカーへの道:
なぜ、プレゼンの達人たちは「3」の魔術にこだわるのか?
「なぜ永田さんは、ポイントをまとめる場合に3つなんですか?」――。わたしがプレゼンテーションした後によく聞かれる質問です。実はポイントを3つに絞ることは意識してやっているのです。その理由を紹介しましょう。(2010/12/2)

Apple、元Northrop GrummanのCEO、ロナルド・シュガー氏を取締役に任命
エリック・シュミット氏、ジェリー・ヨーク氏が抜けて6人になっていたAppleの取締役会に、軍需大手のCEOの経験を持つ工学博士、ロナルド・シュガー氏が加わった。(2010/11/18)

200人のCIOに聞いてみた
コストとコンプライアンスを踏まえたクラウド戦略の策定
クラウドコンピューティングは単なる流行ではなく、広く普及する技術だ。コストやコンプライアンスといった要件を検討し、導入に踏み切る企業が増えている。(2010/8/2)

課題はコストとセキュリティ、コンプライアンス
米HeadwatersのCIOが推進するクラウドコンピューティング戦略
わたしのCIO仲間のかなり多くが、メールとスパムフィルタリングをクラウドに移行し、正規のメールトラフィックのためにストレージの帯域幅を節約している。(2010/6/2)

米Zazzleが日本語版を開始:
さらに進化するインターネットビジネス
米国から従来とは少し毛色の異なるビジネスが日本に持ち込まれ始めた。オリジナルTシャツなどをインターネット上で売買する米Zazzleやバーチャルイベントの例から、変化について考えてみる。(2010/5/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「あなたのBest」でなく結果を出して――ビジネス英語に必要なネイティブ感覚
「洗練された英語を話したいがどうすればいいのか……」と考えたことがあるビジネスマンは多いだろう。一流のビジネスマンのように話したければ、一流のビジネスマンのスピーチをまねることから始めてみてはいかがだろうか。(2010/4/8)

何かがおかしいIT化の進め方(45):
持続可能社会とITシステムはどう在るべきか(前編)
年々、関心が広がっている地球温暖化問題。日本は「2020年までに1990年比でCO2を25%削減する」と国際社会の場で世界から突出した約束をした。しかし、それをそのまま受け入れてしまっても良いものだろうか? CO2削減の動きを作り出している“背景”について、われわれが自ら考えてみる必要があると思う。(2010/4/7)

Microsoftの検索エンジンBingで、有名人のTwitterが検索可能に
Bingでアル・ゴア元米副大統領など有名なTwitterユーザーを検索できる。(2009/7/2)

SAPPHIRE 09 Orlando Report:
ソフトウェア企業が「環境対応」を訴求する理由
SAPは、環境関連のソフトウェアを提供する企業を買収すると発表した。さまざまなソフトウェア企業がサステナビリティを強調し始めている。(2009/5/18)

テクノロジーにまつわる「わたしがむかつく20のこと」
「あなたがわたしについて知らない25のこと」というお題がはやっているようだが、誰かのことを知りたいと思ったら、その人が嫌いなことを知るべきだ。(2009/2/17)

ITはこれからもイノベーションの代名詞
クラウドコンピューティングでさらなるITイノベーションを!
イノベーションが新技術を生み、その波及効果でさらなるイノベーションが実現される。ITはこれまでそうして発展してきたし、これからもそうあるべきだ。特にクラウドコンピューティングには、大きな可能性がある。(2009/2/6)

神尾寿のMobile+Views:
5年後には確実に世界は変わり、ケータイは新たな成長期に入る──NTTドコモ 辻村清行副社長
2009年は、NTTドコモが2010年以降に展開予定の「スーパー3G(LTE)」を控えた重要な準備期間。そんな年に、ドコモはどのような戦略を持って臨むのか。そして携帯電話の可能性は今後どこまで広がるのか。辻村清行副社長のビジョンを聞いた。(2009/1/6)

モノづくり最前線レポート(7):
外国人にカモられない国際交渉力を身に付ける!
グローバル化が進むモノづくりで、外国企業との交渉は避けられない。ところが日本人は絶望的なほど国際交渉が苦手である(2008/12/22)

環境ビジネス基礎講座:
環境問題と経済成長をつなげる「エコファンド」とは?
地球温暖化など環境問題への関心は、投資の世界にも広がっている。「投資」と聞けば自分の利益だけ、ともとらえがちだが、環境のために投資することもできる「エコファンド」。環境問題に取り組んでいる企業の株式などに投資するという、エコファンドについて考察してみた。(2008/9/30)

環境ビジネス基礎講座:
地球温暖化が問いかける“環境問題”の意味
環境問題は、これまで主要なトピックが公害問題から廃棄物問題へと時代とともに移り変わってきた。そして今、最も注目のテーマとなっているのが地球温暖化問題。地球温暖化問題は、これまでの環境問題のように一部の企業だけの問題なのではなく、全ての企業に責任がある問題なのだ。(2008/9/5)

グリーンITのこと、IBMに聞いてみた:
暑い夏に考える――データセンターを冷やす取り組み
グリーンIT元年の今年はIBMが熱い、いや涼しい。グリーンIT化を支援するアセスメントやコンサルティングはもちろん、ハードやソフト、ファシリティまで幅広い内容のサービスや製品を取りそろえ、自社のみならず多くの顧客企業で省エネやコスト削減、CO2排出量削減の効果を挙げているという。(2008/8/21)

サバイバル方程式:
今日から君がCIOだ。辞令はないけどね
「君は、当社のCIOだ」とトップから言われても、辞令が伴うものでなければ、任命された側はどうすればいいのか、当然戸惑ってしまう。重要性が叫ばれているCIOの周辺でそんなことが頻発している。(2008/8/19)

プロジェクトマネジャーのあるべき姿
すべての人を満足させるプロジェクトマネジャーなどいない
これまではビジネス分野で貢献するプロジェクトマネジャーとして自分の仕事のことだけを考えていればよかったが、最近はそれだけでは駄目らしい。(2008/8/6)

洞爺湖サミット直前だからこそ読んでほしい本:
『地球と一緒に頭も冷やせ!』とは?――訳者・山形浩生氏に聞く
「温暖化による熱波の被害者より、寒波が減少して助かる人の方が多い」「京都議定書の効果は、21世紀末の気温を0.18度押し下げる程度しかない」……ビョルン・ロンボルグ氏の『地球と一緒に頭も冷やせ!』は、豊富なデータ分析から導かれた、驚くべき提言に満ちている。地球温暖化に対し、我々がCO2削減より先に、今すべきこととは?(2008/7/4)

iPhone 3G講演詳報――ジョブズと仲間たちが伝えた「iPhoneプラットフォーム」
アプリを作りやすいiPhone SDKと、その配信インフラとしてのApp Store。サードパーティーによる多彩なデモで、PCの次代を担うプラットフォームとして強力にプッシュした。(2008/6/10)

特別企画 超常識シリーズ:
あどみちゃんの超常識キーワード 2008
今年もあとわずか。そこで今年、注目されたキーワードを振り返りながら、あどみちゃんといっしょに来年を展望してみましょう。(2007/12/27)

その道のプロが選んだのは“ビリー”――All About 話題 of the Year 2007
All Aboutはこの1年間で話題になったモノとして、「ビリーズ・ブートキャンプ」を大賞に選んだ。2008年はエコとオトコ市場を、注目株として見ているようだ。(2007/12/21)

AOLの年間検索ランキング、セレブ部門はブリトニーが首位
AOLが、検索エンジンおよび動画検索「Truveo」の年間ランキングを発表した。(2007/12/13)

検索で環境保護活動に寄付 「緑のgoo版Firefox」
「緑のgoo」の検索バーを備えたFirefoxが公開された。検索から得られる広告収益の15%を、環境保護活動に寄付する。(2007/12/11)

Googleは方向性を誤ったのか
地域密着型のサービスは確かに注目されているが、My LocationがGoogleの新たな成功につながるかどうかは、まだ未知数だ。(2007/11/30)

ベビーブーマー世代向けSNS「Eons」、大統領選挙専用サイトを新設
Eonsは大統領候補者について情報を入手し、意見や情報交換が可能なサイトを設立した。(2007/7/27)

HP、新たに取締役を2人任命
昨年の情報漏えい問題で空席となっていたHPの取締役に、Current MediaのCEOと投資会社の幹部が任命され、取締役は10人となった。(2007/5/22)

新作DVD情報:
地球が本当にヤバい!?――「不都合な真実」
地球の未来を信じているからこそ立ち上がった元副大統領、アル・ゴア。誰がなんと言おうと温暖化問題と闘い続ける彼の世界行脚のドキュメンタリー。(2007/5/14)

IT変革力【第39回】
Web2.0大統領選挙が始まった!
2008年米国大統領選挙の立候補者たちは、SNSでファンコミュニティーを作ったり、ブログサイトに広告を出稿したりと、さまざまな手法で有権者の注目を集めています。さながら「Web2.0大統領選挙」といったところでしょうか。候補者それぞれのWeb2.0活用を見ながら、それが今後の企業のWeb活用戦略にどのような影響を与えるのかを考えてみましょう。(2007/2/28)

Appleが調査報告書を提出、ジョブズCEOへの疑惑を払拭
ストックオプション付与に関連した疑惑で株価が乱高下していたが、「潔白である」とする調査報告書を米証券取引委員会に提出した。(2006/12/31)

Yahoo!、アル・ゴア氏のCurrent TVと提携
アル・ゴア氏の「投稿型」TVがインターネットにも登場。優秀作品はテレビ番組でも放映されるほか、賞金も用意されるという。(2006/9/21)

ホーキング氏がYahoo! Answersに登場
理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏が「人類はどうしたら次の100年を生き延びることができるのか」と問い掛けた。(2006/7/8)

米国版Yahoo!知恵袋の宣伝キャンペーン開催
ニューヨークのタイムズスクエアに巨大頭脳が登場。U2のボノや理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏が投げ掛ける質問に、ユーザーの知恵を結集して回答する。(2006/6/14)

モバイルミュージックの世界を変革する――iTunes携帯「ROKR」
米Apple Computerのスペシャルイベントで、ついにiTunes携帯「ROKR」が姿を現した。Apple CEOのスティーブ・ジョブズ氏は「モバイルミュージックの世界を変革する」と自信を見せた。(2005/9/8)

「Java 10周年」以後のSunの未来
オープンソース版JavaプロジェクトはSunにとってどんな意味を持つのか? Sunソフトのほとんどをオープンソースにする構想は? 上級副社長ジョン・ロイアコノ氏に聞いた。(2005/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。