ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「抗生物質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「抗生物質」に関する情報が集まったページです。

医療技術ニュース:
死滅した上気道常在菌や培養の口腔菌が経鼻ワクチンの効果を高める
東京大学は、上気道常在菌を死滅させると、その死滅した常在菌が免疫応答を増加させ、経鼻ワクチンの効果が上がることを明らかにした。また、培養した口腔菌をワクチンに混ぜて経鼻投与した場合、経鼻ワクチンの効果が上がることが分かった。(2021/9/7)

医療技術ニュース:
腸内細菌が人工甘味料の過剰摂取による下痢を抑制する
慶應義塾大学は、人工甘味料として知られる糖アルコールの過剰摂取による下痢を、腸内細菌が抑制することを明らかにした。微生物が糖アルコールを消費することで、下痢の発症を抑えていることが示唆された。(2021/7/6)

「限界突破のフルパワー尿意」「極太の針を出すような激痛」 膀胱炎の体験を描いた漫画が想像を超えるツラさ
気をつけねば。(2021/5/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本が誇る「トイレ」は人類を救う、本当か
海外に行くと「日本のトイレは清潔だなあ」と感じる人も多いかもしれないが、今後もトイレはどんどん「進化」しそうである。どんな製品が登場しそうかというと……。(2021/5/27)

キンタロー。ビタミンD注射で肌が赤く腫れ炎症 “よかれと思って”が「こんな事になったら元も子もない」と反省
気を付けたい。(2021/2/19)

人工チキンの販売が世界で初めて許可される クリーンな高級肉として提供へ
安全で栄養が高い食品だと判断されました。(2020/12/4)

スピン経済の歩き方:
「唐揚げバブル」の行末に不安を感じる、2つの理由
コロナ禍で外食産業がダメージを受けているなかでも、「唐揚げ専門店」は好調だ。次々に新しい店が誕生しているが、筆者の窪田氏は「唐揚げバブル」を懸念している。どういうことかというと……。(2020/9/29)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがHPVワクチンを打った理由――ハヤカワ五味と語る「感染しない、感染させない、感染源にならない」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。後編では、子宮頸がんワクチンの定期接種が再開されない中で、ビジネスを通して予防と検診を呼びかける具体的な方策を語り合った。(2019/11/28)

飼い主死亡で放置され…… 約4キロの毛をまとったワンコが保護されてスッキリきれいに大変身
ペットがいる人は万が一の事態に備えておいて。(2019/9/28)

医師「我慢するしかない」→我慢してたら盲腸が破裂寸前になった話 実録漫画が教えてくれる、「痛みを我慢しない」という教訓
痛みが続いていたら我慢しちゃダメ!(2019/9/17)

忙しい人にはありがたい 処方箋なしで医薬品が買える「セルフケア薬局」チェーンが誕生
医療費の削減にもつながります。(2019/8/31)

医療技術ニュース:
遺伝情報、脂質膜、エネルギー供給を備えた人工細胞を開発
九州大学は、脂質膜の境界を持ち、エネルギーのやり取りをしながら自律的に遺伝子発現するバイオリアクター「オンチップ膜融合型人工細胞」をミネソタ大学と共同で開発した。(2019/8/14)

“メシ”を通して危険な相手を取材する 「ハイパーハードボイルドグルメリポート」と「ウシジマくん」が描く“ヤバいやつらの世界”
「個人がSNSで訴えても届かない声を伝える力が、自分達にはあるじゃないですか」(2019/7/15)

病気のノラ猫が新しい家に迎えられるまで 献身的なサポートでみるみる元気になっていく姿を記録した映像
広がれ、優しい世界!(2019/5/19)

「人類は恐竜と同時代に生きていた?」の正答率は40% 簡単そうなのに全問正解できない「国際調査に使われた“科学クイズ”」
「地球の中心部は高温?」「「電子は原子より大きい?」など全11問。2001年時点の平均正答率は54%。(2019/3/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国発「遺伝子操作ベビー」の衝撃 “禁じ手”を使った人類の未来
中国の研究者がゲノム編集した子供を誕生させたと主張し、大きな物議を醸している。「デザイナー・ベビー」については倫理的な批判が大きく、技術が乱用される危険性もある。「禁じ手」として可能性を排除するべきなのか。世界規模で議論が加速しそうだ。(2018/12/6)

高熱が1カ月続く“地獄の日々” 特効薬のない「菊池病」のつらさ、体験漫画で知る
特効薬はいまのところないそうです。(2018/11/2)

医療技術ニュース:
薬剤耐性大腸菌の種類をレーザー光でほぼ100%判別、薬剤耐性検査の簡素化に
理化学研究所は、大腸菌にレーザー光を照射した際に散乱する光を利用して、薬剤耐性大腸菌の種類を非染色・非侵襲・短時間で、ほぼ100%判別する方法を開発した。(2018/8/6)

飛び散る骨の破片:
米国の「死体実習」、舞台は高級ホテル宴会場
その「手術劇場」となった会場のすぐ外にいた医学会議の主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。(2018/1/11)

未来の食糧難に耐えられるか
「IoT畜産業」が世界を救う理由
IoTの普及が進む今日、農業や畜産業への導入が注目を集めている。今後増大を見込む食肉需要を背景に、IoTは畜産農家をどう支えられるのか。(2017/9/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「自分」という商品をつくれ!
あなたは誰に価値を提供していますか? と聞かれたときに答えられるだろうか。(2017/8/17)

来週話題になるハナシ:
ドイツのスーパーが、かなりの勢いで世界中に広がっている秘密
ドイツのスーパー「ALDI(アルディ)」が、ものすごい勢いで成長している。英国や米国などでも店舗数を増やしていて、現在、世界18カ国で1万店以上を展開。日本では聞き慣れないこのスーパー……なぜ世界の人に支持されているのか。(2017/5/29)

感染症でボロボロだった子猫 手厚い治療できゃわわに変身!
同じ猫とは思えないほど、劇的に変わりました。(2017/5/25)

食事栄養の専門医師に聞く! 「ストレス食い」の3つの原因と対策
ストレス解消のために「食」に走ってしまう人は、ぜひ原因を知り、対策を行いましょう。(2017/2/3)

名古屋の東山動植物園で鳥インフルエンザの疑い 横浜市では対策でイベントの変更も
世界各地で発生後、渡り鳥によって国内への侵入が危惧されていました。(2016/12/7)

ファストフード業界に一石を投じた「スーパーサイズ・ミー」の監督がファストフード店を開店
なんで?(2016/11/19)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
シェイクシャックは日本で「第二のスタバ」になれるのか?
昨年11月に日本初上陸したニューヨークの人気ハンバーガーショップ「シェイクシャック」が国内出店を加速させている。本国でもいまだ行列ができるシェイクシャックの強さとは一体何だろうか?(2016/8/31)

平飼い、ビタミン強化、赤卵――何が違うの? 卵の選び方
平飼いやビタミン強化、赤卵など、卵を買うときに目にするさまざまな表示。それぞれどのような意味があるのか見ていきましょう。(2016/7/23)

違った傾向:
年齢や食事によって変わる腸内細菌、では100歳以上の人の腸内は?
「腸内細菌」とか「腸内フローラ」という言葉をご存じでしょうか。最近、腸内細菌を整えることで健康に大きく貢献することが知られており、話題になっています。では、100歳以上の人の腸内はどうなっているのでしょうか。(2015/6/12)

来週話題になるハナシ:
“ジャンクフードの聖地”で何が起きているのか? 食の浄化に目覚めた米国
米国でナチュラル・オーガニック業界が成長している。2014年のオーガニック食品の売り上げは、過去最高を記録。“ジャンクフードの聖地”ともいえる米国で、いったい何が起きているのか。(2015/5/28)

新たな治療に期待高まる 慶應、アトピー性皮膚炎が「黄色ブドウ球菌を含む異常細菌巣」に起因するとマウスで解明
治療戦略に変化か。(2015/4/23)

医療技術ニュース:
膜輸送バランスが抗真菌薬の活性発現に重要であることを解明
京都大学の研究グループが、細胞膜ステロールを標的にする抗真菌薬の作用には、細胞膜を構成する成分の膜輸送のバランスが重要であることを明らかにした。(2015/1/7)

風邪にかかりたくなければ、つり革やドアノブに要注意!
風邪に気をつけたいこれからの季節、少しでも風邪をひきにくくするために注意すべきポイントとは。(2014/11/6)

人に話したくなるコラム:
ファストフードの時代は終わった? 変わりゆく米国の食事情
米国のファストフードと言えば「マクドナルド」を思い浮かべる人も多いのでは。米国のみならず、世界中の食文化に大きな影響を与えてきたファストフード・ビジネスが、いま大きく変わろうとしている。(2014/10/30)

加工食品だけじゃない。体に悪い食べ物は、実は意外なところにも……
体に悪い食べ物から体を守るには? 意外なところに隠れている体に害を及ぼしそうな食品を紹介。(2014/7/31)

現役医師が訴えるワクチンの恐ろしさ
子どもにワクチン接種を受けさせるリスクとは? 書籍『子どもを病気にする親、健康にする親』から紹介します。(2014/4/30)

真っ赤でおいしそうなりんご。実は農薬を37回もまかれていた……
わたしたちが気をつけていても普段口にしてしまっている、体に害があるかもしれない薬品を使っている食物とは。書籍『まだまだあった!知らずに食べている 体を壊す食品』から、その例を幾つか紹介します。(2014/3/6)

かぜ薬と一緒に飲むと危険なもの
わたしたちが風邪をひいたときによく服用する薬には、リスクのあるものがあるといいます。薬剤師の深井良祐さんの著書『なぜ、あなたの薬は効かないのか? 薬剤師しか知らない薬の真実』から、2つの意外なリスクを紹介します。(2014/2/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/24)

9月1日は防災の日:
防災グッズに加えるべき「感染症対策のための三種の神器」とは?
防災の日を機に、家庭用の防災用品を整えている人も多いのでは。GHCでは東日本大震災の経験を踏まえ、災害発生時に感染症を防ぐための3種の神器を防災用品に加えてほしいと呼びかけている。(2012/8/31)

松田雅央の時事日想:
欧州を震撼させている、O104の猛威
北ドイツを中心に新型の病原性大腸菌O104が猛威を振るっている。感染者は3500人、死者は39人。感染源も北ドイツで生産されたモヤシと特定されたが、事態が収束するのはまだまだ先のようだ。(2011/6/21)

何かがおかしいIT化の進め方(50):
「想定外」から脱却できる、真の対策を
16年前、阪神淡路大震災の渦中に筆者はいた。当時を思い出し、今回の東日本大震災で亡くなられた方々、被災された方々の状況を想うと本当に心が痛む。謹んでご冥福、お見舞いを申し上げたい。(2011/4/7)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
毒入り食品が世界中を駆け巡る
流通のグローバル化によって、さまざまな食べ物が世界中を駆け巡る現代。しかし、そんな状況に衛生面や安全面で対応できるような国際的なルール作りがなされていないのではないか、とちきりんさんは主張します。(2010/12/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用指標の改善が見られるが反応は鈍く方向感のない展開
(2010/10/29)

何かがおかしいIT化の進め方(43):
変化の中で、自らを制御できるものが生き残る
「環境」を作るのは自然だが、「社会環境」を作るのは人間である。しかしこの四半世紀、経済性・便益性を最優先してきた結果、われわれの心理や肉体は、自らが作り出した環境変化の波に、かえってほんろうされているようだ。(2009/6/23)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
ツキを研究する――「命のツキ」編
夢の中で思いついた発想を書き留めるべく、書斎に向かったその瞬間、大地震が発生。後ろを振り向くと寝ていた布団には仏壇が倒れこんでいた。危機一髪である――。そんな「命のツキ」を研究してみたい。(2008/9/26)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
海外出張でツラい歯痛――対処法と普段からのオススメグッズ4点
日本全国を歩いた伊能忠敬による地図測量の旅でも、歯痛は大問題。筆者も大きな旅に出る直前になると決まって、歯の具合がおかしくなる。事前に歯医者で診てもらったり、現地の歯医者を確認することはもちろん、予防も怠りなくしよう。(2008/8/28)

百日ぜきが大人に流行、その原因と対策は?
(2008/5/27)

松田雅央の時事日想:
安全なものが食べたい!――ドイツ・ビオ食品事情
ドイツでもときどき、食の安全に関する事件が発覚する。そのたびに市民の関心は、安全な食品「ビオ食品」に向かうが、ビオ食品といえど環境問題を解決するための万能選手ではないのもまた現実だ。(2008/5/7)

何かがおかしいIT化の進め方(34):
“シックオフィス”で健康を損なっていませんか?
ITが社会インフラとして浸透してきたが、一方で新しい犯罪の温床になるなど、マイナス面も現れてきた。また、日ごろ働いているオフィス環境も、さまざまなリスクをはらんでいる。今回はオフィスやIT機器などに潜む問題を考える。(2007/12/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。