ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプリ★ゲット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプリ★ゲット」に関する情報が集まったページです。

VRニュースサイト「VR Inside」閉鎖 事業譲渡先と条件面で折り合わず
「合意契約書に基づき検討を進める前提条件を満たしていないと判断」。(2018/2/22)

「アプリ★ゲット」のスパイシーソフト、競合メディア「MoguraVR」の商標取得していた 露骨な“競合つぶし”ではとの声も
スパイシーソフトはVR情報サイト「VR Inside」を運営しており、「Mogura VR」とは競合関係にありました。(2017/11/15)

競合メディアにサイト名を商標登録された――「Mogura VR」が異議申し立て
VR関連メディア「VR Inside」を運営するスパイシーソフトが、競合メディア「MoguraVR」の商標を登録していた件で、Mogura VRが無効審判請求を特許庁に提出。(2017/11/14)

新ゲーム機「ニンテンドー2DS」で遊ぶべきオススメゲーム5選とは? ダウンロードゲーム専門メディア「Nxゲーマーズ」編集部に聞いてみた【PR】
「勇者なのに目立つと死ぬゲーム」や「雪男の子どもを投げてレベルアップするゲーム」など一癖ある隠れた良ゲームを紹介します。(2016/2/26)

まさかの「週休3日制」、ゲーム開発のスパイシーソフトが試験導入
ゲーム開発会社スパイシーソフトが土日に加え水曜日も勤務不要とする「週休3日ぽい制」を試験導入した。(2014/10/3)

なにそれうらやましすぎ! 「週休3日ぽい制」をスパイシーソフトが試験的に導入 毎週水曜は勤務不要
もちろん給料はちゃんと支給されます。(2014/10/1)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
「ドラクエ」関連アプリが快進撃、スマホはゲーム市場の“主役”となるのか?
初代ドラクエを配信したスクエニのポータルアプリが350万ダウンロードを記録し、有料アプリ「ドラクエVIII」も異例の大ヒットとなった。スマホはゲーム市場の“主役”になるのだろうか。(2014/1/6)

セプテーニ・ホールディングス、マンガコンテンツ事業を手がける新会社コミックスマート設立
セプテーニ・ホールディングスが、マンガ家の育成・輩出、専門サイトの運営などを行う新会社のコミックスマートを設立。マンガ家の創作活動を全面的に支援する。(2013/6/6)

MetaMojiとスパイシーソフトの場合:
2画面スマホ「MEDIAS W」にアプリ業界も注目
2画面スマホ「MEDIAS W N-05E」の活用には、対応アプリの存在が欠かせない。プリセットアプリ以外では対応版の登場を待つ必要があるが、いち早く開発を行っているのがMetaMojiとスパイシーソフトだ。(2013/2/20)

コンパクトで大画面を実現:
これからのスマホは2画面・折りたたみがスタンダードに? NECカシオの「MEDIAS」説明会
NECカシオが「MEDIAS」新モデルの商品説明会を開催。折りたたみボディに2枚のディスプレイを搭載した「MEDIAS W N-05E」について、将来のスタンダードを目指したいと意気込みを見せた。(2013/2/20)

「マンガ★ゲット」のiPhoneアプリが登場
スパイシーソフトのマンガ投稿共有ソーシャルサービス「マンガ★ゲット」が快適に利用できるiPhoneアプリが登場した。(2013/1/9)

iPhoneアプリも登場:
スパイシーソフト、マンガ投稿共有ソーシャルサービス「マンガ★ゲット」をリニューアル
「マンガ★ゲット」が大幅にリニューアルされた。iPhone対応や「タイムライン」機能の追加をはじめ、優先接続が可能な「プレミアム会員」の導入、シンプルで直接的な移動ができる「ナビゲーション バー」などを搭載している。(2012/9/10)

スマホアプリ向けソーシャルプラットフォームの「Pankia」、登録ユーザーが2000万人突破
パンカクのスマートフォンアプリ向けソーシャルプラットフォーム「Pankia」の登録ユーザー数が2000万人を突破した。(2012/8/31)

Webで人気のちょい百合学園コメディ「ナン様とレン」が書籍化
Webマンガ投稿共有コミュニティ「マンガ★ゲット」で連載中の“ちょい百合学園コメディ”「ナン様とレン」の単行本第1巻が発売。Webでは10万回以上読まれるなど人気の同作が、電撃コミックスEXから登場する。(2012/7/30)

「まずは読切漫画から」の文化、ネットなら不要? 裏サンデー担当者が議論
4月18日にオープンするWeb漫画サイト「裏サンデー」の担当者が、漫画家の“連載デビュー”のあり方などについてTwitterで議論。ネットに着目した漫画編集者は、どんな未来を考えているのか?(2012/4/11)

PR:「お世辞抜きで、とにかく速い」――使って分かった「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」の“ここがスゴイ”
1.5GHzデュアルコアCPU、4.5インチHD液晶、最薄部8.9ミリの防水防塵薄型ボディ、そしてAndroid™ 4.0の採用――基本性能の高さがスペックから垣間見える「AQUOS PHONE SoftBank 104SH」だが、実際の使い勝手はどうか。日々Android端末に接している「アプリ★ゲット」の菅原編集長に104SHを使ってもらい、その感想を聞いた。(2012/3/7)

YouTubeのような埋め込みタグを発行:
“サイトに貼れる”漫画リーダー、「マンガ★ゲット」が提供
スパイシーソフトが漫画共有サイト「マンガ★ゲット」の漫画リーダーをバージョンアップ。YouTubeのような感覚で漫画をサイトに埋め込めるようになった。画像変換エンジンの改良も図っている。(2012/1/18)

漫画共有サイト「マンガ★ゲット」、配信数が1億件突破
スパイシーソフトが運営する漫画の投稿・共有サイト「マンガ★ゲット」で、漫画の配信数が1億件を突破した。2008年8月にオープンし、3年6カ月での達成となる。(2012/1/17)

App Town ゲーム:
スパイシーソフト、iOS向けアクションゲーム「仮面ライダーフォーゼ×チャリ走」
シリーズ累計1500万ダウンロードを超えたワンキーアクションゲーム「チャリ走」と、人気キャラクター「仮面ライダーフォーゼ」がコラボしたアクションゲームが登場。(2011/12/13)

【夏の編集部便り】民族衣装でスーパークールに仕事してみるテスト
どうせスーパークールビズを取り入れるなら楽しまないと損! ということで民族衣装で仕事をしてみることに。ねとらぼ編集部の戦いの模様をなぜかプロジェクトX風に熱くお届けします。(2011/8/12)

マンガ投稿サービス「マンガ★ゲット」が刷新 携帯、スマホ、PCに対応
スパイシーソフトのマンガの投稿&共有プラットフォーム「マンガ★ゲット」がリニューアル。ケータイに加え、PCやスマートフォンでも閲覧できるようになった。(2011/6/2)

ゲームポータル「アプリ★ゲット」の公式Androidアプリが登場
スパイシーソフトは、Android向けゲームアプリのポータルサイト「アプリ★ゲット」の公式アプリ「アプリ★ゲット」の配信を開始した。(2011/4/27)

そろそろ“いっき”をしようじゃないか――「いっき みんなで米騒動の巻」モバゲータウンで配信決定
スパイシーソフトとサン電子がアライアンスを締結。「いっき」のソーシャルゲームを共同で企画開発。モバゲータウンで配信する。(2011/3/7)

Mobile World Congressにジャパン・パビリオン、日本の携帯コンテンツを紹介
スペイン・バルセロナで開催されるモバイル関連イベント「Mobile World Congress」に、ジャパン・パビリオンが登場。日本のモバイルコンテンツを紹介する。(2011/2/14)

スマホ向けソーシャルプラットフォームの「Pankia」、利用者数が500万人突破
パンカクのスマートフォン向けソーシャルプラットフォーム「Pankia」の利用者数が500万人を突破した。(2011/2/10)

スパイシーソフト、Androidゲームのコンテスト「アプリオブザイヤー」を開催
スパイシーソフトが2011年の最優秀Androidゲームを決める「アプリオブザイヤー」の開催を発表。これまではフィーチャーフォン向けアプリを対象にコンテストを開催していたが、今年はAndroidが対象となる。(2011/2/7)

Androidアプリを配信するアプリ★ゲットが誕生――「アプリ★ゲットFor android」
スパイシーソフトが、新たなAndroidアプリ配信サービス「アプリ★ゲットFor android」を公開した。(2010/9/8)

ベンチャー社長からの学生へのメッセージ:
第1回 技術者としての「ヒポクラテスの誓い」を持て
ITエンジニアを目指す学生に向けて、自らもITエンジニアであるベンチャー社長がメッセージを送る。自分の「道」を選ぶうえで、参考にしてほしい。(2010/9/7)

iアプリをAndroidアプリに自動変換――スパイシーソフトの「Microemulator Doja」
スパイシーソフトが、iアプリやS!アプリをAndroidアプリに自動変換するソリューション「Microemulator Doja」を開発した。(2010/7/27)

ノベルゲームを携帯電話から作成・投稿できる「みんなのノベル」
スパイシーソフトは、同人小説やノベルゲームを携帯電話から作成・投稿できる「みんなのノベル」をスタートした。(2009/8/6)

リリースダイジェスト(6月1日)
iアプリ「直江兼続〜義勇伝〜」の配信開始や、Yahoo!ケータイ公式サイト「デコデコ★アニメ」の新規オープンなど。(2009/6/1)

リリースダイジェスト(4月15日)
「百ます計算」に関する人気書籍の携帯ゲーム化や、携帯向けマンガ投稿・共有サイト「マンガ★ゲット」でのアフィリエイトのスタート、実際の発掘研究で発表されている100種類以上の恐竜や古生物のハンティングを楽しめる携帯ゲーム「ディノゲット」の配信開始など。(2009/4/15)

リリースダイジェスト(4月9日)
EZweb向け公式サイト「ミクと歌おう♪」のオープンや、携帯向け法律専門家口コミ比較サイトの開設、「不思議のダンジョン はじめてのシレン」の配信など。(2009/4/9)

リリースダイジェスト(3月6日)
ゼンリンの「お花見特集」、AKB48小林香菜の携帯向け写真集、「赤い糸通し完全版」、「OH!NEW?」のFlash作成サービスなど。(2009/3/6)

個人のゲーム開発で年収1000万――「アプリ★ゲット」のゲーム作者が達成
(2008/12/4)

「マンガ★ゲット」にマンガのセリフ文字をアレンジできる機能を追加
(2008/11/25)

「マンガ★ゲット」の「国際ケータイマンガアワード2008」にワコムが協賛
(2008/11/17)

ソフトバンクモバイル向け公式ゲームサイト「アプリ★ゲットDX」を開始
(2008/11/11)

『iBOMB』が最優秀賞と新人賞をダブル受賞――アプリ・オブ・ザ・イヤー2008トライアルseptember
(2008/10/16)

10月4日〜10月10日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
10月9日、幕張メッセで「東京ゲームショウ2008」が開幕。ドコモやKDDIもブースを展開し、ケータイゲームの楽しさをアピールした。10月7日にはTCAが9月の契約数を発表。ソフトバンクモバイルが純増首位を守ったものの、ドコモもそれに迫る純増数を獲得した。(2008/10/14)

東京ゲームショウ2008:
新作ゲームの試遊や来場者限定アバターのプレゼントも――DeNAブースほか
ドコモとKDDIを除く携帯ゲーム関連のコーナーには、DeNA、アンビション、スパイシーソフト、ケムコなどが出展。新作ゲームを公開するほか、来場者限定のコンテンツを用意するブースも。(2008/10/9)

スパイシーの「マンガ★ゲット」、モバイルコンテンツアワードのモバイルサービス部門で2位に
(2008/9/29)

個人クリエイターに収益を――「面白いもの、広めたい」とスパイシーソフト
「3年は収益ゼロでいい」――個人が漫画を配信できる「マンガ★ゲット」は、収入を100%クリエイターに還元している。「面白いものを広めたいから」と、スパイシーソフト社長は言う。(2008/9/22)

ケータイカメラで“戦闘力”を測定する「iスカウターNEO」
(2008/9/19)

携帯アプリを作って学ぶJava文法の基礎(最終回):
携帯アプリを無料で公開して使ってもらうには?
(2008/9/17)

スパイシーソフト、個人アプリ作家と独占配信契約
(2008/9/5)

同人漫画をケータイで無料配信、報酬もらえる「マンガ★ゲット」
PCからアップロードした漫画を配信できる携帯サイト「マンガ★ゲット」の正式版がオープンした。(2008/8/19)

3日で閲覧数1万の作品も――コミック投稿サイト「マンガ★ゲット」、正式オープン
マンガ家の卵を支援するスパイシーソフトのケータイコミック投稿サイト「マンガ★ゲット」がβ版を経て正式オープンした。β版では1カ月で300の作家が登録し、公開マンガは900話に到達。正式版では作家登録の招待制をなくし、投稿のすそ野を広げる。(2008/8/19)

ケータイコミックでデビューを目指せ:
マンガ家デビューの手段は“紙のコミック誌”だけじゃない――スパイシーソフトの山田氏
個人のアプリ作家を支援する「アプリ★ゲット」の運営が好調なスパイシーソフトが、今度は、個人のマンガ家を支援するケータイ向け投稿サイトを立ち上げた。“紙のマンガ雑誌でデビュー”する以外にも、マンガ家として認められる手段を提供したいと同社の山田社長は意気込む。(2008/7/7)

“ケータイコミック”で、あなたもマンガ家デビュー――コミック投稿サイト「マンガ★ゲット」β版テスト開始
描いたマンガをケータイコミックに変換して投稿――スパイシーソフトが、マンガ家の卵を支援するコミック投稿サイト「マンガ★ゲット」のクローズドβ版テストを開始した。ケータイ向けコミックへのフォーマット変換や投稿は無料。投稿されたコミックは無料で読むことができる。(2008/7/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。