ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「朝青龍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「朝青龍」に関する情報が集まったページです。

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「蒙古タンメン中本」“からうま”ブームの真相 激辛に徐々に慣れさせる仕掛けとは?
セブン‐イレブンの「蒙古タンメン中本 北極ブラック」が人気だ。ラーメンチェーンの蒙古タンメン中本はなぜここまで支持されるのか。同店の歴史から分析してみよう。(2019/4/2)

「コロコロ」最新号で「チンギス・ハーンに対する不適切な表現」について編集部から読者へのコメント掲載
「編集部は、そのことに気づくことが出来ず、大きな間違いをしてしまいました」(2018/3/15)

フリマ・オークションサービスに『コロコロコミック』3月号多数出品 定価の2倍以上で売り切れも
来週にも次号が発売されますが……。(2018/3/6)

「別冊」での連載は継続:
小学館、「コロコロ」3月号を販売中止に 「書店の混乱避ける」
小学館が、「コロコロコミック」3月号の販売を中止すると発表。読み切り作品にチンギス・ハーンに対する不適切な描写があり、批判が殺到していた。小学館は「書店の混乱を避けるため」と説明している。(2018/3/6)

『コロコロコミック』3月号が販売中止 小学館「書店での混乱を避けるため」
書店に対しても返品するよう申し出るとしている。(2018/3/6)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
Cygamesは黒字133億円、AbemaTVは赤字191億円 サイバーエージェント子会社決算まとめ
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/18)

AbemaTVが大みそかに特番 「朝青龍を押し出したら1000万円」
AbemaTVが12月31日午後8時から「朝青龍を押し出したら1000万円」と題する生放送を配信する。(2017/12/5)

「朝青龍を押し出したら1000万円」AbemaTVで大みそかに放送決定 挑戦者を募集中
7年ぶりに土俵に帰ってくる!(2017/12/4)

人と木が融合する地点 阿蘇山に踊る「フルーツ屋のトピアリー」
阿蘇の高原に居並ぶ奇妙な植木達の影。半世紀に渡って生み出し続けられる古くて新しい生命体。(2016/9/19)

「君は俺と同じ日本中騒がした男や!」朝青龍が発見された男児にエール ピュアな励ましでほっこりすると話題
かわいいな朝青龍。(2016/6/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
前人未到のV36に“いちゃもん”……横綱・白鵬の苦悩
またしても横綱・白鵬の行為が物議を醸している。大相撲春場所で前人未到の36度目となる優勝を果たしたものの、Vを決めた千秋楽の横綱・日馬富士との結びで見せた立ち合いの変化に批判が集中しているからだ。(2016/3/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
横綱・白鵬は本当にヒールなのか “第二の朝青龍”にしてはいけない
横綱・白鵬の発言が世間をにぎわせている。初場所の優勝後に審判部を批判したことで、各メディアは猛バッシングを開始。審判批判を口にしたのは大きな問題だが、横綱は叩かれ過ぎではないだろうか。(2015/2/19)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ひろゆき、土俵に立つ!――異様な熱気の「大相撲超会議場所」1日目密着リポート
すごい光景だった。(2014/4/26)

エイプリルフールより「エリンギプール」? Twitterトレンド入りした謎ワードの正体
「エリンギプールって何?」――4月1日未明からTwitterでトレンド入りしている単語が注目を集めている。「エイプリルフール」とよく似たこの言葉は一体?(2014/4/1)

6秒で世界を笑顔に Vineで話題の「おもしろすぎるJK」の日常
「このJKがおもしろすぎる」――国内外で話題を集める日本人の女子高生、大関澪花さん。6秒動画サービス「Vine」にあげる完成度の高い「あるある」ネタが笑いと共感を呼んでいる。「普通の高校生ですよ」と笑う彼女の日常や、スマホやネットとの付き合い方を聞いた。(2014/3/3)

あの騒動の真相とは? 貴乃花親方がすべてを明かす
現役時代より多くを語らなかった貴乃花親方が、子どものころから今に至るまでの半生を振り返った自伝を出版。(2012/12/17)

まとめ読み!誠 PDF:
相撲に八百長はあったのだ! 戦う『週刊現代』の元編集長
相撲界が“八百長問題”に揺れている。『週刊現代』は2007年、この疑惑を報道したことで、裁判に巻き込まれてしまう。その当時の思いなどを、元編集長が語った。(2011/2/16)

まとめ読み!誠 PDF:
週刊誌が衰退した理由
景気低迷などの影響を受け、雑誌の売り上げが伸び悩んでいる。厳しい状況を打破するために開かれた“週刊誌サミット”。各誌の編集長の前で、田原総一朗氏と佐野眞一氏はどんなことを語ったのだろうか。(2011/2/15)

エデンシステムを見てきた
東のエデンに登場するAR「エデンシステム」を再現したARを見てきた。(2010/2/22)

景気探検:
大相撲やプロ野球は水面下の景気回復を下支え
今年は野球が景気にプラス要因として働いている。最も人気のある巨人がV9(65〜73年)以来のセ・リーグ3連覇を成し遂げた。さらに7年ぶりに日本一を奪回したことで景気の下支えとなりそうだ。(2009/11/17)

どうなる? 紙メディア:
なぜ総合週刊誌は凋落したのか? 出版社を取り巻く3つの課題
「電車の中で、週刊誌を読んでいる人が少なくなったなあ」と感じている人も多いのでは。なぜ人は政治家や芸能人のスキャンダル記事を読まなくなったのだろうか。『週刊現代』などで編集長を務めた、元木昌彦氏が出版界の現状などについて語った。(2009/10/28)

上杉隆×ちきりん「ここまでしゃべっていいですか」:
石原慎太郎、筑紫哲也、猪瀬直樹……彼らを批判したら、こんなことがあった
ジャーナリスト・上杉隆氏と社会派ブロガー・ちきりんさんの対談5回目。自称“混乱Lover”のちきりんさんは、衰退する新聞業界のことが「面白く」て仕方のない様子。一方の上杉氏は、新聞というメディアをどのように分析しているのだろうか?(2009/7/31)

“週刊誌サミット”番外編・元木昌彦氏に聞く:
週刊誌ジャーナリズムの役割とは? 裁判員制度との関係(前編)
苦境に立たされている出版業界だが、中でも週刊誌の部数の落ち込みが激しい。週刊誌ジャーナリズムを取り巻く環境について、元『週刊現代』編集長を務めた元木氏は、どのように見ているのか? 話を聞いた。(2009/6/16)

集中連載・週刊誌サミット:
朝日を襲撃した実行犯、相撲の八百長……。それでも週刊誌が売れなかったワケ
「スクープは編集者が決めるものではない。読者が決めるもの」というのは、『週刊ポスト』の海老原元編集長。かつてアニータのヌードであれば「絶対に売れる」と判断したが、それは編集者の独りよがりだったようだ。(2009/5/28)

集中連載・週刊誌サミット:
裁判だけではない……写真週刊誌を追い込む脅威とは?
1980年代に世間をにぎわせた写真週刊誌。大手出版社が相次いで写真週刊誌に参入したが、現在では『フライデー』と『フラッシュ』しか残っていない。厳しい状況が続いている中、今年の2月に就任した『フラッシュ』の青木編集長が心境などを語った。(2009/5/26)

集中連載・週刊誌サミット:
なぜ週刊誌は訴えられるようになったのか?
『週刊朝日』の山口一臣編集長はこれまで、何度も訴えられてきたが、一度も“負けた”ことがない。かつては記事のクレームに対し、話し合いで解決してきたが、最近はいきなり訴えられるという。その背景には何が潜んでいるのだろうか?(2009/5/22)

集中連載・週刊誌サミット:
相撲八百長疑惑の記事に4290万円。しかしまだ戦える――『週刊現代』加藤晴之前編集長
スクープを追い続ける週刊誌にとって、訴えられることは“日常茶飯事”の出来事なのかもしれない。賠償請求総額が24億円を超える『週刊現代』の加藤前編集長は、訴えられることについてどのように考えているのだろうか?(2009/5/21)

集中連載・週刊誌サミット:
弾圧を恐がり、“感度”が鈍い編集者たち――週刊誌が凋落した理由(後編)
週刊誌が売れない原因は、どこにあるのだろう。そのヒントを見つけ出そうと、“週刊誌サミット”が5月15日、東京の上智大学で開かれた。第1部の座談会に登壇した、田原総一朗氏や佐野眞一氏らは何を語ったのだろうか?(2009/5/20)

集中連載・週刊誌サミット:
編集長は度胸がない+愛情がない……週刊誌が凋落した理由(前編)
発行部数の減少、名誉棄損訴訟、休刊……雑誌を取り巻く環境はますます厳しくなっている。そんな状況を打破しようと、“週刊誌サミット”が5月15日、東京・四谷の上智大学で開催された。第1部の座談会に登壇した、田原総一朗氏や佐野眞一氏らは何を訴えたのだろうか?(2009/5/19)

ねとらぼ:
ねとらぼが1周年だった 年間アクセストップ100
おかげさまでねとらぼが先週、1周年を迎えていました。アクセスの多かった記事を中心に、この1年を振り返ります。記事の最後に年間アクセストップ100の一覧表あり。(2009/4/24)

景気探検:
史上最悪の事態が続く日本経済、「坂の上の雲」に景気回復を託す
今年の大河ドラマは最終回が11月に前倒しとなり、日本人に愛される作品の1つである司馬遼太郎「坂の上の雲」のドラマが放送される。強い時代の日本に思いをはせ、景気回復を祈る人も多いだろう。(2009/2/20)

オルタナブログ通信:
あなたは携帯電話に縛られていないか
ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」では、180組を超えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。今週は、その中から「携帯電話」「ソーシャルメディア」「クラウド」「オバマ大統領」「不況」などを紹介する。(2009/2/6)

Google検索の不具合で大混乱 “依存”を自覚した週末
Googleの全結果結果に「コンピュータに損害を与える可能性」と表示された週末の深夜。検索をGoogleに依存していた記者は、「いったいどうすれば」と大混乱した。(2009/2/2)

ねとらぼ:
モンゴルの朝青龍、背景に浜ちゃん? 毎日新聞の“不自然写真”が話題に
モンゴルを歩く朝青龍親子の背景に、ダウンタウンの浜田雅功さんが写り込んでいる――毎日新聞のWebサイトに載った一見不自然な写真がネットで話題だ。(2009/1/27)

「実は麻雀が弱かった」と告白する和田アキコさん――「朝青龍はジェロを見習え」
サクセスはニンテンドーDSゲーム「アッコでポン! 〜イカサマ放浪記〜」発表会を開催。会場にはキャラクターとして登場する和田アキコさんが姿を見せ、本作の魅力について語るともに、最近の芸能情報についても意見を聞かせてくれた。(2008/2/28)

景気探検:
悪いのは本当にサブプライム問題か?――景況感悪化の別の理由
サブプライムローン問題の全貌がなかなか分からず、暗雲が世界中を覆っているが、日本の株価が大きく下落している要因には幾つかの理由がある。(2008/2/15)

景気探検:
「不運」の連鎖は大相撲にも――懸賞本数の伸び悩みに見る消費者心理
景気の判断材料には明るい話題もあったが、11月は結果的に話の腰を折られることが多かった。大相撲でも人気力士の休場により多数の懸賞が消えた。(2007/12/14)

オルタナブログ通信:
報道メディアは“中立”なのか――ブロガーの見解
進化するケータイは、いったいどこへと向かうのか。会社更生法の適用を受けるNOVAの今後は? これらを伝える報道メディアの中立性とは――オルタナティブ・ブロガーは、ITの時事ネタから、「頑張れ」など日本語の使い方に至るまで、独自の視点から発信していく。(2007/11/13)

オルタナブログ通信:
マスコミvs集合知、正しいのはどっち?――個人が情報選別能力を高める時代へ
亀田騒動、初音ミク、製造日偽装、システムトラブル……、さまざまな事象が、マスメディアを通じて報道されている。しかし、その報道姿勢は正しいのだろうか。 オルタナティブ・ブロガーは、ITの時事ネタを独自の解釈から発信し、提案している。(2007/10/22)

オルタナブログ通信:
スポーツから政治まで――“責任”はいろいろ
問題が発生した時、誰がどう責任を取るのか。朝青龍、織田信成、そして安倍首相。電話でなくなったケータイ、ラジオ体操の進化系とは……。オルタナティブ・ブログはITの時事ネタを始めさまざまな情勢を独自な視点で発信する。(2007/8/11)

景気探検:
「ハケンの品格」で占う――強い女性ドラマがヒットすると景気は?
IT関連の在庫調整や米国経済の減速の影響で製造業中心にもたつき感はあるが、個人消費の推移などから、景気の底堅さを示唆するものも多い。身近なデータからも景気の流れを追ってみよう。(2007/5/2)

IT変革力【第32回】
Web2.0型消費者主導の口コミ広告に規制の動きが始まる米国
2006年末に、ついに消費者主導広告(CGCM)に対する規制が動き始めました。ブログやSNSが増え続ける今、消費者主導型の口コミマーケティングは、これからますます増えていくことでしょう。ただ一方で、倫理上の問題が指摘されています。(2007/1/10)

宮崎あおい編やシャア(?)編も公開──「だから私はドコモです」CM
ドコモの企業テレビCM「だから私はドコモです」シリーズに、宮崎あおい編も加わった。(2006/10/19)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
ゲルにITはあるか?──モンゴルで見たIT事情
「青い空と緑の大地をはるかかなたで区切る見渡す限りの地平線」というイメージのモンゴル。その首都ウランバートルのIT事情は実に面白いのだ。(2006/6/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。