ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オートバックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オートバックス」に関する情報が集まったページです。

大手チェーンなのに:
本当に同じ店? 外装をどんどん変える「焼肉きんぐ」の狙い
一般的に、大手チェーンの看板や外装は劇的に短期間で変わらない。しかし、業界大手の「焼肉きんぐ」は20年の間に、外装計画を何度も変えている。「同じ店なの?」と思ってしまうほど変化させる理由とは?(2019/3/18)

SNS依存からの脱却:
ミクシィの木村社長が語る「モンスト」と「Facebook」
SNS依存からの脱却に成功したミクシィ――。2013年にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリ「モンスターストライク」が記録的な大ヒット作品に成長。なぜモンストだけがこれほどまでに人気を得ることができたのか。同社の木村弘毅社長に話を聞いた。(2019/3/14)

クルマだけじゃない「安心・安全」:
杖にIoT? オートバックスが「見守り」を新事業にするワケ
カー用品大手のオートバックスセブンが独自のIoTプラットフォームを構築。高齢者や視覚障害者が使う杖にIoT機器を取り付ける見守りサービスなどを展開する。なぜ自動車分野を超えた新事業に挑むのか。そこには将来を見据えた構想があった。(2019/3/13)

国際福祉機器展:
高齢者見守る「IoT杖」 市販の杖をクラウド連携
GPSで高齢者を見守る「IoT杖」が「国際福祉機器展」で展示された。(2018/10/12)

車種を登録して探せる:
パーツ取り付けもOK アマゾンがカー用品に注力するワケ
Amazonが自分の車に合ったパーツに絞り込んで検索できる新機能「Auto Parts Finder」の提供を開始した。アマゾンがカー用品に力を入れる理由と、それを可能にした背景とは。(2018/3/16)

水曜インタビュー劇場(史上最高額公演):
和歌山発の「電動バイク」がヒットした、4つの理由
電動バイク「glafitバイク GFR-01」が人気を集めている。年間1500〜2000台売れればヒットと言われるなかで、このバイクはわずか4カ月で3000台以上も売れているのだ。多くの支持を集めている要因は何か。生みの親、鳴海禎造さんに話を聞いた。(2018/3/14)

PR:「4万6200時間分の仕事を150時間で」──AIはビジネス活用の検討段階ではなく“実用段階”に入っている
(2017/11/17)

新連載・冴えるクラウドファンディングの育てかた:
「クラウドファンディングで日本一に」──社員わずか20人、和歌山発・乗り物ベンチャーの挑戦
日本のクラウドファンディングで、最も資金を集めた“ハイブリッドバイク”を知っていますか。(2017/9/18)

「4YFN」登壇のベンチャー起業家に学ぶ:
「グローバルファースト」で世界に売り込む方法
世界に対して自らのビジネスを売り込むためにはどうすればいいか。ITジャーナリスト占部雅一が、スペインで開催されたベンチャー企業イベントに登壇したある日本人起業家の軌跡をたどりながら、その方法を探る。(2017/3/23)

メンテナンスに特化:
オートバックス、完全予約制の新業態 女性客取り込みへ
オートバックスが、メンテナンス特化型の店舗を大阪府茨木市に開店する。女性など新たな顧客層の取り込みが狙いだという。(2017/2/3)

知らないとマズいトレンドワード:
3分で分かる「ブロックチェーン」最新事情
今年は国内で仮想通貨の法整備が進んだほか、ビットコインを利用できるサービスも続々と増えてきており、その認知度と期待度は加速している。それと同時に注目を集めているのが、仮想通貨を支えている技術「ブロックチェーン」だ。(2016/12/27)

ブロックチェーンで中古カー用品売買は可能? オートバックスが検証
オートバックスセブンが、P2P型のブロックチェーン技術「Ethereum」を使用した個人間売買サービスの実証実験結果を発表した。(2016/11/16)

オートバックスセブンが「2800万人」の顧客データを分析できた理由
1980年代から会員カードの発行を始め、1990年代にポイント制度を導入するなど、顧客の属性や購買行動を基にしたマーケティング活動を早くから始めてきたオートバックスセブン。近年は約2800万人のデータを分析しているが、分析精度を高める取り組みとともに、データ分析基盤の整備も行ってきた。(2016/6/1)

水曜インタビュー劇場(DM公演):
驚異の67.5%! オートバックスセブンのDMヒット率が、ものすごい理由
カー用品店を展開するオートバックスセブンが、約2800万人の顧客データを分析している。なぜ、そんなことをしているのか。顧客データを分析することで、お客さんと“つながろう、つながろう”としているのだ。詳しい話を同社の担当者に聞いた。(2016/5/18)

Ingressとオートバックスがコラボ 「これまで接点がなかったお客様(徒歩プレイヤー)が来店するきっかけに」
国内自動車関連企業では初の試み。(2016/4/27)

全力でお姉さんを紹介します! 「東京オートサロン2016」が幕張で開幕
今年は出展者数も出展車両台数も展示ブース総数も過去最大。つまり、過去最大のお姉さん祭り!(2016/1/16)

電気自動車:
EVスポーツカー「トミーカイラZZ」をオートバックスセブンが販売、試乗もできる
電気自動車(EV)ベンチャーのGLMが、カー用品店大手のオートバックスセブンと業務提携する。GLMが開発した電気自動車プラットフォームを用いるスポーツカー「トミーカイラZZ」の国内販売網を強化する狙い。(2015/12/18)

監督・主演・撮影全部オレ! 柳沢慎吾さんが全力出しすぎな防犯対策動画「自動車盗難、あばよ!!」
さすがのベテラン芸。(2015/10/8)

docomo Wi-Fi、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などにエリア拡大
ドコモが、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアを、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などに拡大した。(2013/6/28)

docomo Wi-Fi、神戸市営地下鉄西神・山手線、長崎電気軌道などにエリア拡大
ドコモの公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアが、神戸市営地下鉄西神・山手線や長崎電気軌道などにエリアを拡大した。(2013/6/10)

インテリア・防災両方で活用できる――ワイズ、消火器「ファイヤーブリッツ」を9月1日発売
3.11ですっかり霞んでしまいましたが、9月1日は火災が大被害をもたらした「関東大震災」の日。その日にあわせ、カジュアルなデザインの消火器が発売されます。(2011/8/26)

先取り突撃! DMS2010:
計画系の可視化と現場連携強化にプロの知恵を
2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定している日立東日本ソリューションズに展示の見どころを聞いた。(2010/6/11)

事例紹介 キッコーマン株式会社:
PR:業務改善 と企業力強化を実現した“予測力”の秘密に迫る
世界経済が混迷し、先を読むことがいよいよ困難となってきた。コスト削減のために、在庫圧縮も叫ばれている。こんな時代だからこそ、注目を集めているのが需要予測支援システムである。需要予測システム市場において、世界1万2000社以上、日本国内でも350社以上で導入されているのが「ForecastPRO」だ。キッコーマンではForecastPROの可能性にいち早く着目し、活用を始めてから数年がたつ。今回、その使用現場を訪問して、抱えていた課題と解決方法、ForecastPROの効果的な活用方法などを聞いた。(2010/6/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安の再燃、商品市況が軟調となり上値の重い展開
(2010/3/10)

富士通、オートバックスIT子会社を共同運営
富士通がオートバックスセブンのIT子会社株式を取得。顧客のIT部門を共同運営するマネジメントサービスで情シス活用を支援する。(2009/7/16)

チラシをデジタル化してケータイに配信――ペタビットの「携帯デジタルチラシ」
チラシやダイレクトメールをデジタル化してケータイに配信――。ペタビットが「携帯デジタルチラシ」サービスを開始した。(2009/7/15)

オートバックスに試遊台設置――「ニード・フォー・スピード プロストリート」
(2008/1/31)

ユーザー同士で作るオンラインカタログ「Clogger」
インターネット上の気になる商品情報を共有するWebサイト「Clogger」がオープンした。ユーザー同士で情報を登録し、オンラインカタログのように閲覧・管理できるのが特徴だ。(2006/12/12)

国産車の純正カーオーディオにiPodを接続するキット
Cut&PasteはiPodを純正カーオーディオに接続できる米DICE Electronicsの「DICE iPodインテグレーションキット」を発売する。カーオーディオ側からの操作も可能になる。(2006/11/30)

超リアルなお仕事体験パーク「キッザニア」を見てきました
子どもたちが70種類もの仕事を体験できる「キッザニア」が都内にオープンする。実際の企業が“職場”を提供するためリアルな仕事を体験でき、報酬ももらえる。(2006/10/2)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
Web2.0型ビジネス研究 ショッピングSNS編
GMOインターネット証券の今後を占う上で、Web2.0の世界におけるビジネスの特徴について考えてみたい。代表的なものとしてはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が挙げられるだろうが、よく見ると、Web2.0型ビジネスには発想豊かなものがいろいろとある。その一つが、モノが売れるという「ショッピングSNS」である。(2006/7/10)

Jabra、A2DP対応のイヤフォン付きBluetoothレシーバー「BT320s」を発売
Jabraは8月22日から、A2DP対応の音楽携帯で使えるイヤフォン付きBluetoothレシーバー「BT320s」を発売する。(2006/6/28)

33種の着せ替えカバーが付属──JabraのBTヘッドセット「BT160」
1カ月間、毎日変えてもまだ余る──。Jabraが33種の着せ替えカバー付きBluetoothヘッドセット「BT160」を発売する。(2006/5/31)

ヤコブ・ヤンセンがデザイン──JabraのBTヘッドセット「JX10」
デザインはヤコブ・ヤンセン──。JabraがデザイナーズBluetoothヘッドセット「JX10」を発売する。専用のデスクトップ充電器も付属。(2006/3/23)

無料のBluetoothアダプタが付属──Jabraがヘッドセット販売で
Jabraは、Bluetoothヘッドセット「FS258」にBluetoothアダプタを同梱したパッケージを販売する。8000円相当のアダプタを無償で提供。(2006/2/27)

オートバックス、ECサイト分析にOpenOLAPを採用
ECサイト「autobacs.com」でLinux、Tomcat、PostgreSQL、OpenOLAPなどを用い、顧客ニーズの把握を目的としたシステム構築が実施された。(2006/1/31)

Jabra、Bluetoothヘッドセット「BT330」「BT150」を発売
Jabraが後方耳掛け型のBluetoothヘッドセット2モデルを発売する。1月23日から。(2006/1/23)

「P902i」で使える──A2DP対応のBluetoothヘッドセット「BT620s」
Jabra(ジャブラ)は、A2DPプロファイル対応のBluetoothヘッドセット「BT620s」を1月23日に発売する。A2DPプロファイル搭載端末「P902i」での動作確認済み。(2006/1/16)

Xbox 360「ニード・フォー・スピード」が横浜のチューニングカーイベントで先行体験できる
(2005/11/16)

ETCカードをカー用品店の専用端末で即時発行
オートバックスセブンら8社は、ETCカードをカー用品店「オートバックス」などに設置される端末で即時発行するサービスを開始する。(2005/6/16)

東京インターナショナル ギフト・ショー春2005
「実は×××なんです」……というものを集めてみました
贈り物にはサプライズが必要だ。一見、見慣れたもののようで、実は違う。そんなグッズをギフト・ショーの会場で探してきた。(2005/2/16)

「運転中の携帯通話は危険」と約9割が認識
オートバックスの調査によれば、ほとんどの人が車の運転中に携帯電話を利用することは危険だと認識していた。また、回答者の過半数はハンズフリーシステムを所有していることもわかった。(2005/1/5)

iRiverが狙う“次の一手”
成長著しい携帯音楽プレーヤー市場の中でも、特に健闘しているのがiRiverだ。コモディティ化の兆しも見え始めた携帯プレーヤー市場に向けiRiverが狙う“次の一手”について、アイリバー・ジャパン社長の遠藤信久氏に話しを聞いた。(2004/12/22)

携帯を挿すと「カーナビに早代わり」するスタンド
カー・イズは10月から、携帯電話をセットするとカーナビ機能を実現できるスタンド「Drive Station カーナビスタンド」を販売する。本体にGPSレシーバーとハンズフリー機能を内蔵しており、GPSアンテナと接続することで、スピーカー音声による経路案内を行える。(2004/8/4)

ソニー、ECサイトのコンテンツを自動更新・閲覧できる無料サービス
(2004/5/17)

Yahoo!BBモバイル、5都府県でアクセスポイント5カ所追加
(2004/2/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。