ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブロックチェーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブロックチェーン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

自社データの財務的価値を把握している企業は1割以下、機械学習やAIは「重要」と考えている ガートナー調査
ガートナーの調査結果によると、自社の情報やデータ資産の財務的価値を測定している割合は8%。機械学習やAIについては、多くの最高データ責任者が重要だと回答した。(2019/7/19)

ビジネスとブロックチェーンの関係 AWSジャパンに聞く
ソニー・ミュージックがAWSとブロックチェーンを組み合わせた著作権処理・管理システムを発表した。実ビジネスにブロックチェーンを組み込むということはどういうことなのか。AWSジャパンに聞いた。(2019/7/19)

データ活用には「最高データ責任者」(CDO)を:
マスターデータ管理(MDM)の成熟度がビジネスの成果に影響する ガートナー
ガートナーは「第4回最高データ責任者(CDO)サーベイ」の結果を発表した。企業情報管理やBI/アナリティクスと比べて、マスターデータ管理(MDM)の成熟度は低かった。機械学習やAI(人工知能)については、多くのCDOが重要だと回答した。(2019/7/19)

Gartner Insights Pickup(117):
ハイブリッドクラウド時代におけるITインフラストラクチャモダナイゼーションの実像
企業において、クラウド中心の考え方は既に広がっているが、エッジへの注目度も急上昇している。今後のITインフラ最適化に向けて、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジの役割を整理する。(2019/7/19)

エネルギー管理:
再エネをオークション形式で“マッチング”、丸紅がプラットフォーム開発に参入
丸紅が再生可能エネルギーを売買するためのオークションプラットフォームを開発するリトアニアのスタートアップ企業と普通株転換権付融資拠出についての契約を締結。(2019/7/17)

Facebookの仮想通貨「Libra」についての公聴会証言原稿公開
Facebookの仮想通貨「Libra」に関する上院公聴会の証言原稿が公開されたので、ポイントを抜粋した。公聴会は日本時間の16日午後11時からライブ配信の予定だ。(2019/7/16)

IoTがAIより上位に:
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
CompTIAのEmerging Technology Communityは「新興テクノロジーTop 10リスト 2019年版」を発表した。第1位はIoTで、2年連続だった。(2019/7/16)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(13):
DELIAが目指すブロックチェーンで創る「分散型エネルギーの経済圏」とは何か――代表・中村氏に聞く
ブロックチェーンによる分散型エネルギーの情報基盤の開発、およびビジネス応用に関わる技術取得とアプリケーション開発を目的としてユニークな活動している団体がある。一般社団法人「DELIA」である。では、その設立主旨や狙いは何か、また今後の具体的活動はどうしようとしているのかなど、代表理事を務める中村良道氏にインタビューを行った。(2019/7/16)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
Libraは日本で使えるのか? 国家が警戒する理由
世界各国の政治家や金融当局が懸念を表明するLibra。その理由には、プライバシーの問題とアンチ・マネー・ロンダリング対策があるが、最も重要なことは、Libra経済圏が大きくなると、国家の金融政策に影響を与えることだ。(2019/7/13)

ボーダーレスを生む教育:
エストニアが「電子国家」に生まれ変わった本当の理由
5月に行政手続きを電子申請化する「デジタルファースト法」が成立した。マイナンバー制度のロールモデルであるエストニアはなぜ電子政府の仕組みを進めたのか。「e-Residency」(電子居住権制度)公式パートナーであるEstLynxのポール・ハッラステCEOに話を聞いた。(2019/7/18)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
Libraをビジネスチャンスにしたい人が知っておきたい話
Libraが正式に稼働したとき、関連したビジネスとしてはどんなものがあるのか? コンセンサス・ベイスの志茂博CEOの講演から探る。(2019/7/12)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
Libraが投機対象にならない理由
Libraが発表された直後、ビットコインのような値上がりを期待する声がネットで見られた。しかし果たして、Libraを買うともうかるのだろうか? Libraコインだけでなく、もう一つのLIT(Libra Investment Token)についても解説する。(2019/7/12)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
ビットコインとLibraは何が違うのか?
グローバルに使うことを目指した暗号通貨としてFacebookが主導するLibra。技術面ではなく利用用途面から見ると、ビットコインと大きな2つの違いがある。(2019/7/11)

製造業が「オンプレミスERP」を選ぶ理由【前編】
製造業がクラウドERPではなく「オンプレミスERP」を選ばざるを得ない理由
デジタルマニュファクチャリングの実現にはクラウドERPの活用が鍵となる。しかし全ての製造業に当てはまるわけではない。オンプレミスのERP製品を選ぶしか手段がない場合もある。(2019/7/11)

白木智幸のITフィットネス:
パソコンの「GPU」って何のパーツ? “グラボ搭載PC”の存在感が増しているワケ
PCメーカーやIT企業で製品開発やプロダクトマネジャーを務めてきた白木智幸が、最新のテクノロジーやITを楽しみながら、よりよい働き方・ライフスタイルにつながるエッセンスを紹介する連載。(2019/7/9)

ITはみ出しコラム:
Facebookが始める暗号通貨「Libra」 SNSに財務データは結び付けられたりしない?
Facebookをはじめ、28社が参画する新しい暗号通貨「Libra」。個人情報の取り扱いでさまざまな問題を起こしてきたFacebookですが、Libraを通じた財務情報の取り扱いは信用していいのでしょうか。(2019/7/7)

本人情報の真偽判断にブロックチェーン活用 富士通研、「分散型ID」の信頼性向上させる新技術
富士通研究所は、オンライン取引の際、相手の本人情報の真偽を判断するためのアイデンティティ流通技術「IDYX」を開発したと発表した。ブロックチェーンを使った「分散型ID」の上に、ユーザーによる相手の評価を記録した上で、過去の取引の実態を分析し、本人情報の信用度と詐称リスクを割り出す。(2019/7/5)

ブロックチェーンで詐称を見抜く「アイデンティティー流通技術」 富士通研究所が開発
分散型IDの仕組みの上で、オンライン取引の相手が提示する本人情報の信用性を判断する。(2019/7/5)

ラーメン屋・幸楽苑、店長の「シフト作成」をクラウド活用で自動化へ 「バイト入れる?」と聞く手間省く
ラーメンチェーンの幸楽苑が、アルバイトの勤務シフトを自動作成するクラウドサービス「beepシフト」を導入する。アルバイトが働きたい日時を専用のアプリに入力すると、時間ごとに必要な人数を分析した上で、シフトを作成する仕組み。店長が手作業でシフトを決める負担を軽減する狙い。(2019/7/4)

KubeCon + CloudNativeCon + Open Source Summit China 2019:
Kubernetes、オープンソースとチャイナパワー
2019年6月下旬に中国の上海で開催されたコンテナとオープンソース関連のカンファレンス、「KubeCon + CloudNativeCon + Open Source Summit China 2019」で目立ったのは、OSSの世界における中国企業の存在感だ。OSSの消費者というだけでなく、有力なリーダーになりつつある。(2019/7/2)

新プラットフォーム「EdgeVerse」を展開:
NXP、IoT機器向けの新セキュアエレメントを発表
NXP Semiconductors(以下、NXP)の日本法人、NXPジャパンは6月26日、東京都内で、記者説明会を実施し、IoT(モノのインターネット)向けに高性能セキュリティ実装を実現する新製品「EdgeLock SE050 Plug&Trust Secure Element(SE)ファミリー」を発表した。NXPは、2019年7月31日までの量産開始を予定している。(2019/7/1)

Libraの2つの顔 超国家企業連合か、暗号通貨の「伝統」か
Libraが成功した際には、超国家的な通貨ネットワークが実現する可能性がある。それだけに、各国の警戒心は強い。グローバルな巨大企業が多数参加するという非中央集権的な側面と、ビットコインを起源とする非中央集権的なあり方を理想とする側面の2つを持つ。日本での法的位置づけも不透明だが、今後どんなシナリオがあるのかも探る。(2019/6/30)

「朝から晩までLINEで過ごして」──LINEが示した“ワオ”戦略
発表を通して、LINEが一貫して主張したキーワードは「Life on LINE」。ユーザーの日々の生活の中に、LINEが適切なサービスを包括的に提供していくという姿勢を示した。(2019/6/28)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

Facebookの仮想通貨「Libra」の価値は何か 日本の法的解釈は
日本ブロックチェーン協会が開催した勉強会で、ブロックチェーン事業者や弁護士などが、Libraの概要や仕組み、日本国内で展開する上での法的解釈などについて解説した。(2019/6/26)

自動運転技術:
完全冗長EPS、次世代カメラやミリ波が2019年から量産、ボッシュの自動運転戦略
ボッシュは2019年6月25日、東京都内で年次記者会見を開き、2018年の業績と2019年以降に向けた取り組みについて発表した。(2019/6/26)

日本企業は何を学ぶべきか:
デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いどう経営にインパクトを与えていくか。(2019/6/25)

ブロックチェーンで「中古アート」流通促進 業界課題を払拭へ
日本のアート・工芸作品の流通を促進するサイト「B-OWND」が始動し、注目されている。作品を広めたい芸術家と購入したいコレクター、評価するレビュアー(評論家)の3者をインターネット上で直接つなぐもので、ブロックチェーン技術を導入して信頼性を担保するのが特徴だ。(2019/6/25)

Facebookの仮想通貨構想、金融秩序に動揺 各国が警戒感
米交流サイト大手フェイスブック(FB)が独自の暗号資産(仮想通貨)構想を発表し、波紋が広がっている。世界27億人の利用者を抱える同社だけに、独自通貨のサービスが浸透すれば既存の金融秩序を揺るがす可能性がある。(2019/6/24)

日本企業はディスラプションに対応するリーダーシップの欠如が明白――ガートナー
ガートナーの調査によると、日本企業はデジタルビジネスの取り組みで世界の企業に後れを取っていることが判明。要因は、変化に対応する“チェンジリーダーシップ”の欠如やIT人材不足などにあり、日本企業独特の組織文化の障壁が影響しているという。(2019/6/21)

LINE、「国内で近く仮想通貨取引開始」報道にコメント 株価上昇も「決定した事実はない」
「LINEが近く国内で仮想通貨取引を始める」とBloombergなどが報道。LINEの株価は一時、前日比4.6%高の3095円まで上昇した。だがLINEは「当社から発表したものではなく、正式に決定している事実はありません」とのコメントを発表した。(2019/6/20)

キャリアニュース:
プログラミング言語別新規求人案件ランキング――1位は前年同様「Java」
レバテックキャリアが「プログラミング言語別求人案件割合ランキング」を発表した。1位は前年に引き続き「Java」が獲得し、3位「Ruby」は初めてランクイン。また、「Python」が過去調査以来、最大の伸び率を記録している。(2019/6/20)

迷走する日本のデジタル改革:
日本のデジタルトランスフォーメーションは「ディスラプション」に? 今こそ欧州の中堅国に学べ!
国際経営開発研究所(IMD)が発表する「IMD国際競争力ランキング」では、ここ数年、日本は25位前後を推移する。上位を占めるのは北欧の中堅国だ。日本のIT投資額は年間10兆円を超し、その金額は北欧各国が束になってもかなわない額だ。しかし、なぜ世界から思うような評価が得られないのか。(2019/6/19)

Facebook、暗号通貨「Libra」を発表 Visa、Mastercardなども参加
Facebookがかねてよりウワサのあった暗号通貨を発表した。名称は「Libra」。すでにテストネットは稼働しており、2020年前半の運営開始を予定している。VisaやMastercardを始め、各業界から国際企業がLibraを運営する協会に参加している。(2019/6/18)

Facebook、暗号通貨「Libra」とデジタルウォレット「Calibra」を2020年立ち上げ
Facebookがオリジナルのブロックチェーンベースの暗号通貨「Libra」とウォレット「Calibra」を2020年に提供開始すると発表した。VisaやMasterCardなど28社がサポートする。専用アプリだけでなく、Facebook MessengerやWhatsAppでも使えるようになる。(2019/6/18)

年内に渋谷にオープン:
Googleがスタートアップ支援 「Google for Startups Campus」都内に開設
Googleが世界に6拠点展開するスタートアップ支援施設「Google for Startups Campus」を2019年中に都内に開設すると発表した。渋谷駅付近の高層ビル「渋谷ストリーム」内にオープンし、次世代を担う起業家を育てるという。(2019/6/18)

誤解や誤用を避けるには:
ブロックチェーンの「7つの間違い」と回避手法、Gartnerが解説
Gartnerは、ブロックチェーンプロジェクトの一般的な7つの間違いを挙げ、回避手法とともに解説した。例えば分散型台帳技術(DLT)だけにこだわる、本番環境に適用できるかどうかの見極めが甘いといった間違いを指摘した。(2019/6/17)

言語別「エンジニアの求人数」ランキング Ruby・PHPを抑えて1位だったのは……
人材会社のレバテックが、2018年度に企業が募集したITエンジニアの求人(正社員)を、プログラミング言語別に集計した結果を発表。2位はPHP(14.9%)、3位はRuby(8.2%)だった。1位は……?(2019/6/13)

転職求人の多いプログラミング言語、2位は「PHP」 1位は……
エンジニア向け転職サイトを運営するレバテックが、求人数の多いプログラミング言語ランキングを発表した。(2019/6/12)

ソニーミュージック、音楽の権利情報をブロックチェーンで効率管理 音楽クリエイターの生産性向上へ――「Amazon Managed Blockchain」を活用
ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、音楽の権利情報処理のシステム基盤に「Amazon Managed Blockchain」を採用。トランザクションの信頼性と安全性を保証できるブロックチェーン技術を活用し、権利情報処理に関する作業効率と信頼性を高め、音楽クリエイターの生産性向上を支援する。(2019/6/13)

AI時代の人間は「ガンダム」や「聖闘士星矢」のようになる:
パッと見ただけで年収が分かる時代が来る?――DMM亀山会長らが見通す未来
DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏らが未来を見通す――。(2019/6/12)

ソニー・ミュージック、著作権情報管理にAWSのブロックチェーンを採用 「クリエイターの権利を守りながら、煩雑な管理からも解放」
(2019/6/11)

AIで「架空のアイドルの顔」を自動生成できるサービス登場 VTuberデビューも視野
ベンチャーのジーンアイドルが、AIを活用して架空のアイドルの顔画像を自動生成できるサービス「A.I.dols Codebase」のβ版をリリース。架空のアイドル同士がユニットを組んで歌を歌えるようにし、VTuberとしてのライブ活動などを目指す。生成には、画像を生成するAIと画像を評価するAIを“敵対”させ、精度を向上させる技術を活用している。(2019/6/10)

製造ITニュース:
国内ブロックチェーン市場、2022年度に1235億円規模の予測
矢野経済研究所は国内ブロックチェーン活用サービス市場の調査結果を発表した。2019年度の市場規模は171億5000万円の見込み、2022年度には1235億9000万円に達すると予測する。(2019/6/10)

アステリア、株主総会の議決権投票にブロックチェーン活用
アステリア(東京都品川区)は、6月22日に開催する自社の株主総会において、議決権投票にブロックチェーン技術を使った投票システムを利用する。同社によると、上場企業の議決権投票にブロックチェーンを使うのは世界初。(2019/6/7)

LINE Pay内からVisaの「デジタル決済対応カード」を発行可能に、スマホ決済にも対応
LINE PayとVisaは、6月6日に戦略的包括パートナーシップ提携を発表した。「LINE Pay」内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード」を申込み・利用可能となり、既存の「Visaカード」を「LINE Pay」に連携してスマホ決済にも利用できる。(2019/6/6)

Common SQL Engineを更新して多様なデータソースに対応:
IBM、最新DB「Db2 V11.5」でAIやデータサイエンスへの対応を強化
IBMは、RDBMSのメジャーアップグレード版「Db2 V11.5」を発表した。企業がAIやデータサイエンスをデータベース管理プロセスに導入し、AIをより容易にアプリケーションに組み込み、データからより大きな洞察を引き出せるように設計した製品。新たに製品系列を3つのエディションに整理した。(2019/6/6)

日本IBM・山口新社長が抱負語る 「今はまだ通過点。日本社会のデジタル変革をもっと加速させる」
日本IBMの山口明夫新社長が会見を開催。体制のビジョンと注力分野を説明した。今後は「あらゆる枠を超える」をビジョンに掲げ、ITソリューションの展開や、外部との共同研究を推進。社会全体のデジタル変革を目指すという。(2019/6/5)

PR:Python、Git、機械学習──最先端IT技術を学べる人気オンラインコースが【最大95%OFF】
(2019/6/5)

「ブロックチェーン都市」を形成:
行政サービス向け住民ID基盤「GaaS」、スマートバリューが石川県加賀市に導入
スマートバリューは、ブロックチェーン技術を応用した、行政サービスや手続きを電子化する住民ID基盤「GaaS」を石川県加賀市に導入した。2019年度内にGaaSとマイナンバーカードを連携させ、加賀市の行政手続きの一部を電子化する。(2019/6/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。