ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブロックチェーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブロックチェーン」に関する情報が集まったページです。

シリコンバレーから見た風景:
Blockの「Cash App」で体験する、日本がまだ知らないP2Pペイメント 根性バーガーから広がった未知の世界
Twitter共同創業者であるジャック・ドーシー氏の会社Block(旧Square)の「Cash App」は日本未導入。このサービスを使ってみた。(2022/5/19)

メルカリがNFT事業に本気 その目的と「その次」の事業展開を聞いた
フリマアプリを提供する「メルカリ」はブロックチェーン技術の大衆化に取り組んでいる。その鍵を握るのは、メルカリが提唱するWeb2.5というハイブリッドなサービス形態だ。(2022/5/19)

Payments Dive:
Mastercardがスタートアップを支援 フィンテック有望企業8社をみる 
Mastercardは2014年からスタートアップのフィンテック企業を支援している。今年選出された8社をみれば、今後のフィンテックの方向性を知る一助となるはずだ。(2022/5/19)

ITワード365:
【ITワード365】ブロックチェーン/DX/オープンデータ/データレイク/Arm/Windows 365/フェムテック
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/19)

手間をかけずに安全に始めるには:
PR:中小企業テレワークの“現実解” ガイドライン準拠でコストをかけずに実現する方法
テレワーク実施には複数の方式が考えられる。だが、コストや手間などを考慮すると中小企業が選択できる施策は限られる。テレワーク実施のセキュリティガイドラインに準拠しながら、低コストで効率良く運用できる方法を探る。(2022/5/18)

ウクライナ侵攻の影響で成長する分野も IDCが「国内第3のプラットフォーム市場」を予測
IDCは、国内の第3のプラットフォーム市場について2022〜2026年の予測を発表した。2022年の市場規模は、対前年比4.3%増の20兆2479億円となる見込みだ。2026年の市場規模は24兆3883億円に達すると予測する。(2022/5/16)

金融DX:
なぜスタートアップが一国の「デジタル通貨」を構築できたのか? ソラミツ 宮沢氏に聞くBakong開発の経緯
中国の「デジタル人民元」をはじめ、中央銀行が発行するデジタル通貨に注目が集まっている。カンボジアはデジタル通貨「Bakong」(バコン)を2020年から正式運用しているが、実は技術を提供しているのは日本のスタートアップ企業であるソラミツだ。ソラミツはどんな経緯から参画することになったのか。開発ストーリーに迫る。(2022/5/13)

時価総額4兆円のルナ、一夜で価値ゼロに ステーブルコインUSTはなぜドル連動が崩壊したのか
時価総額4兆円を超える仮想通貨でも、一夜で価値がゼロになることがある。今回、韓国のソウルに本社を置くテラフォームラボの仮想通貨「ルナ(Luna)」に起こったことがそれだ。(2022/5/13)

IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第4回】
「新技術の宣伝文句はどうせ盛っている」と考える企業がチャンスを逃す理由
新技術の宣伝文句には美辞麗句が並びがちだ。経歴の長いIT担当者の中には、あえて冷静に捉えようと考える人もいる。だが初めから「新技術は自社には関係ない」と考えるとチャンスを逃す可能性がある。(2022/5/12)

SaaS企業になったLayerXが経費精算サービスに参入 競合ひしめく市場に今から参入するワケ
LayerXが経費精算SaaS「バクラク経費精算」の提供を始めた。利用料は年額24万円(税別)から。すでに複数の競合が存在するにもかかわらず、同社が経費精算サービスに踏み込む理由とは。(2022/5/10)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

Meta傘下のInstagram、NFTの投稿・共有機能のテストを開始 手数料は無料
Meta傘下のInstagramは、NFTを投稿する機能のテストを開始した。一部のクリエイターが対象。NFTは無料で投稿・共有できる。(2022/5/10)

トーンモバイル、5G SA対応の「TONE e22」を約2万円で発売 5G時代の無料試験サービスも
トーンモバイル向けの新型スマートフォン「TONE e22」が6月1日から発売される。トーンモバイルのスマートフォンとして初めて5Gに対応した。5G時代の新しいスマートフォンの活用法を検証する実験型サービス「TONE Labo」を無料で提供する。(2022/5/9)

スクエニ、「トゥームレイダー」など手放す 北米の開発スタジオとゲームIP売却 約390億円で
スクウェア・エニックス・ホールディングスは2日、カナダや米国にある3つの開発スタジオと「TOMB RAIDER」シリーズなどのゲームIP(知的財産)をスウェーデン企業に売却すると発表した。(2022/5/2)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

「アバターの肖像権」はどうする? メタバースなどで整理すべき課題をまとめたガイドライン公開
KDDIが代表幹事を務め、東急、みずほリサーチ&テクノロジーズ、渋谷未来デザインなどが参画するバーチャルシティコンソーシアムが、“都市連動型メタバース”における課題や論点をまとめた「バーチャルシティガイドライン ver.1」を公開した。(2022/4/27)

テレワーク未実施中小企業の駆け込み寺になるか:
PR:コストも人も足りない中小企業のテレワーク、4大課題の解決策を聞いた
中小企業にとってテレワークは「導入したいけれど、できない」ものになっていないだろうか。人材がいない、セキュリティが不安、労務管理はどうするのか……など悩みは尽きない。今回は、テレワークソリューション「Jasmy Secure PC」を提供するジャスミーの田中氏に、これらの悩みを解決する方法を聞いた。(2022/4/26)

日銀がCBDCの実証実験フェーズ1の報告書を発表、クロスボーダー決済も念頭にフェーズ2へ
日本銀行がCBDCの基本的な取引処理性能などを検証するPoC第1段階の完了を報告書を発表した。CBDCシステムの基盤となる「CBDC台帳」の性能などを評価する内容だ。通常時スループット数万件/秒、ピーク時10万件以上/秒、レイテンシ数秒以内で決済処理は実現したのだろうか。(2022/4/26)

北朝鮮が支援するAPTグループが暗躍 ブロックチェーン関連企業を標的に
CISAらは、北朝鮮が支援するAPTグループがブロックチェーンを標的としたサイバー攻撃を実行していると注意喚起を促すアラートを発行した。複数の企業や取引所、個人が標的にされており注意が必要だ。(2022/4/20)

「メタバース推進協議会」発足 文化形成とルール作り目指す 業界団体は乱立状態
任意団体として活動していた「メタバース推進協議会」一般社団法人として正式に発足した。メタバースを巡る文化やコミュニティーの形成とビジネス促進に向けた業界ルール作りを目指す。(2022/4/19)

国内初のグリーンボンド(環境債)発行へ 日本取引所や日立らがブロックチェーンを活用
日本取引所グループと日立製作所、野村證券、BOOSTRYの4社は、公募ホールセール向けグリーンデジタルトラックボンドの発行に向けて協業を開始する。同ボンドで調達した資金は、バイオマス発電や太陽光発電の設備に充当される。(2022/4/19)

「Axie Infinity」のチェーンから6億ドル超を盗んだのは北朝鮮のLazarus──FBI
人気ゲーム「Axie Infinity」のサイドチェーン「Ronin」から6億2500万ドル相当の資金を盗んだのはLazarus GroupだとFBIが特定した。Lararusは北朝鮮政府と関係があるハッカー集団として知られる。(2022/4/15)

「LINE NFT」 吉本、パトレイバーなど限定NFT動画、約4万点を順次販売
 LINEの暗号資産やブロックチェーン関連事業を展開するLVC(東京都品川区)は、4月13日よりNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」の提供を開始したと発表した。(2022/4/15)

デジタル重点計画6月改定 安全保障対応など盛り込む方針
ウクライナ情勢などを踏まえた「安全保障に必要なデジタル政策」や、ブロックチェーン技術を基にした新しいインターネット技術「Web(ウェブ)3.0の研究」などを盛り込む方向だ。(2022/4/15)

デジタル重点計画6月改定 安全保障対応など盛り込む方針
デジタル庁が、2021年末に策定した政府全体のデジタル政策の方向性を示す「重点計画」を6月までに改定する方針を示した。ウクライナ情勢などを踏まえた「安全保障に必要なデジタル政策」や「Web3.0の研究」などを盛り込む方向だ。(2022/4/15)

ITワード365:
【ITワード365】エモテット/Web3/GameFi/Amazon Corretto/メタバース/モバイルウォレット/CCoE/チャットコマース/NFT/パワー半導体
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/4/14)

IPメタバースの構築を目指す:
バンダイナムコエンターテインメント、スタートアップ投資ファンドを新設
バンダイナムコエンターテインメントはスタートアップ投資ファンド「Bandai Namco Entertainment 021 Fund」を立ち上げた。(2022/4/12)

カーボンニュートラル:
會澤高圧、2035年までに温室効果ガスのSC排出量を実質ゼロに
會澤高圧コンクリートは、温室効果ガスのサプライチェーン排出量を2035年までに実質ゼロにする目標を発表した。保有する脱炭素化技術の活用や大型風力発電事業への参入などを組み合わせた「NET ZERO 2035 ロードマップ」を策定している。(2022/4/11)

人類には早すぎるメタバース「ハトバース」爆誕 平和と平等を体現しすぎた結果が「参加者全員ハト」「ジャンプをするとプルップゥ」
平和と平等が行き着く先のさらに先のそのまた先ぐらいの極地。【更新】(2022/4/7)

持続可能性向上のためにIT部門が知っておくべきこと【前編】
AI万能論に警鐘も IDCに聞く、「サステナビリティ」向上に貢献するIT分野とは
企業の評価軸の一つとして、「持続可能性」(サステナビリティ)が注目を集めている。サステナビリティの向上を目的として、ニーズが上昇しているIT分野は何か。(2022/4/7)

ブロックチェーンで来歴をリアルタイム追跡、ユニリーバがパーム油サプライチェーンにGreenTokenを試験導入
ユニリーバは、「GreenToken by SAPソリューション」をパイロット導入した。世界的なパーム油サプライチェーンのトレーサビリティーと透明性の向上を図る。(2022/4/6)

ブロックチェーン:
コンクリの製造などで生じるCO2排出量を可視化するプラットフォームを開発、鹿島建設
鹿島建設は、コンクリートの製造・運搬におけるCO2排出量をブロックチェーン技術により見える化するプラットフォームを開発した。プラットフォームは、導入することで、コンクリートを現場で受け入れるまでに各所で排出されたCO2排出量を可視化し、サプライチェーン全体のCO2排出量を顧客に提示できるようになる。さらに、環境配慮型コンクリートの使用を踏まえて、CO2排出削減量をJ-クレジットに変えられる。(2022/4/6)

白熱するステーブルコイン法の議論 消費者保護とテクノロジーの発展を守ることができるのか
ステーブルコインをめぐる議論が熱くなる中、2022年2月、米下院議員がステーブルコイン法案のディスカッションドラフトを公表した。連邦政府が新しいテクノロジーを恐怖心から規制することはあってはならない、と訴える。(2022/4/5)

Arcファミリー「A-シリーズ」:
インテル、ノートPC向けGPUファミリーを発表
インテルは、ノートPCに向けたGPUファミリー「Arc A-シリーズ」を発表した。同社として初めてとなる外付けGPU製品。デスクトップPCやワークステーション向けGPU製品も2022年内に発売する予定である。(2022/4/1)

NFTゲーム「Axie Infinity」のサイドチェーン「Ronin」から6億ドル相当のイーサリアム盗難
人気のブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」のサイドチェーン「Ronin」がハッキングされ、6億2500万ドル(約770億円)相当のイーサリアムとドルが盗まれた。現在Roninでの取引は凍結されている。ゲームを提供するSky Mavisは、回収に努めていると発表した。(2022/3/30)

新たなビジネスになるか:
Zホールディングス川辺、出沢CEOに聞くメタバース、Web3、NFT 「大きなチャンスになる」
前編【Zホールディングス川辺、出沢CEOが語る展望 ヤフーとLINEの相互理解を深めて世界の“第3極”に】では、経営統合のシナジーやメディア事業好調の理由を聞いた。現在、3次元の仮想空間である「メタバース」が、世界的なトレンドになっている。中編では、同社がいかなるビジネス展開を考えているのかを聞く。(2022/3/30)

「Web 3.0」を狙う“古い手口”【後編】
攻撃者自身もはまる? 「ソーシャルエンジニアリング」を軽視してはいけない
「Web 3.0」の脅威として、人間の脆弱性を悪用する「ソーシャルエンジニアリング」が挙げられる。最近は攻撃者自信がソーシャルエンジニアリングの餌食になることもあるという。何が起きているのか。(2022/3/30)

NFTをめぐる知財訴訟【後編】
「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張
高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。(2022/3/29)

ウクライナ、軍事資金調達のための“NFT戦争博物館”立ち上げ
ロシアに侵攻されているウクライナのフェドロフ副首相は、資金調達のためにNFTコレクションを立ち上げたと発表した。侵攻開始からの事象を表現するアート作品を時系列に並べた博物館になっている。売上はウクライナDX省のウォレットに送られる。(2022/3/28)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
NFT人気は一過性? なぜか関心が急下降している件
デジタル資産に唯一性を保証するNFT(非代替性トークン)に注目が集まっています。しかし、検索トレンドの推移を見てみると、意外な傾向が……。(2022/3/28)

ウクライナ、ロシアによる侵攻のタイムラインをNFT化し資金調達へ
得られた資金はウクライナの軍や国民の支援に使用。(2022/3/27)

NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」、4月13日提供開始 吉本興業など17コンテンツと連携
 LINEの暗号資産およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC(東京都品川区)は3月23日、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」の提供を4月13日より開始すると発表した。(2022/3/24)

ロシアのネット遮断で“別のビットコイン”が生まれるは本当? 分断が生むブロックチェーンへの影響
ロシアによるウクライナ侵攻を受け、西側諸国による経済制裁が強まる中、ロシアによるインターネット遮断の可能性が浮上している。これの影響を受けるのではとSNSで叫ばれているのがビットコインを始めとしたブロックチェーンだ。ロシアによるネット遮断が実現するとどうなるのか解説する。(2022/3/24)

「LINE NFT」始まる スクエニやB.LEAGUE、機動警察パトレイバーなどと連携 Web3.0に本腰【追記あり】
LINEがNFTの総合マーケットプレース「LINE NFT」を4月13日に提供すると発表した。吉本興業など17コンテンツと連携し、7ジャンル100種類以上のNFTを販売する。(2022/3/23)

「Web 3.0」を狙う“古い手口”【前編】
NFTや仮想通貨を盗む「ソーシャルエンジニアリング」はWeb 3.0でも“最恐”か
Cisco Systemsのセキュリティ研究機関によると、次世代Web「Web 3.0」の構成技術を狙った攻撃の手口は驚くほど古い。だからこそ油断は禁物だ。Web 3.0を狙った攻撃に企業はどう備えるべきか。(2022/3/23)

安心、安全を手軽に実現:
PR:ぼっち情シスの課題「安くて楽で安全なテレワーク環境」はかなうのか
デバイス管理ツールの導入やセキュリティ製品の見直し、配布PCの刷新などテレワーク環境の整備には手間も予算も掛かるのが常識とされてきたが、まったく別のアプローチで課題を解決する方法が提案されている。どんな技術をどう使っているかを取材した。(2022/3/23)

Coincheck、年内にもNASDAQ上場目指す 「さらなる成長には世界戦略が重要」
マネックスグループは、年内にも完全子会社のオランダCoincheck Groupを米NASDAQ市場に上場する予定と発表した。「さらなる成長には世界戦略を推進することが肝要」として、米国で資本やグローバル人材の確保を進める。(2022/3/22)

コインチェック、持株会社を設立しナスダック上場へ SPAC上場により
コインチェックは3月22日、持株会社を設立しSPAC上場の仕組みを用いて米ナスダック市場に上場することを発表した。2022年中を目処に、ティッカーシンボル「CNCK」として上場する予定。株式評価額は17.5億ドル(約2100億円)となっている。(2022/3/22)

NFTをめぐる知財訴訟【中編】
「NFT」が引き起こす知財問題 企業に立ちはだかる「法的な曖昧さ」の影響は
活用が広がりつつある「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)。一方で企業が無視できない課題として、NFTによる権利侵害がある。法律専門家は問題の核心をどう見るか。(2022/3/22)

Adobeが考える「メタバース・レディな世界」の可能性 AR室長にインタビュー
あちらこちらで聞こえてくる「メタバース」だが、クリエイティブツールの最大手である米Adobeも注視する領域だ。実際にどのような取り組みを進めているのか、米Adobeのステファノ・コラッツァ氏に聞いた。(2022/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。