ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プロセス改善」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロセス改善」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

システム更新でアクセシビリティー向上
SKILCRAFT製造元が「Oracle ERP Cloud」を導入 視覚障害者がより働きやすく
自動化によって仕事を奪うのではなく、守りたい――。多数の視覚障害者を雇用するIBVIの「Oracle ERP Cloud」導入事例から、同社が重視したビジネスプロセス改善のポイントに迫る。(2019/7/19)

アンドリュー・ウン氏のAIプレイブック【前編】
GoogleとBaiduで活躍した先駆者が語る、AI開発の正しい進め方
人工知能(AI)の第一人者でオンライン教育の先駆者でもあるアンドリュー・ウン氏が、企業向けにAIプレイブックを考案している。本稿ではそのエッセンスを紹介する。(2019/7/9)

Mostly Harmless:
「そのRPA、DXの足を引っ張ってない?」――企業が考えるべき現実的な組み合わせとは
「RPA(Robotics Process Automation)」は、うまく活用しなければ、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の足を引っ張ることになりかねません。RPAとDXを理想的な形で推進するために注意すべきポイントとは? 現状の問題を洗い出しつつ、考察してみしょう。(2019/4/24)

エンジニア不足は社内で解決できる 驚きのジョブチェン、営業メンバーをSalesforceの開発者にしたビズリーチの挑戦
Salesforceを導入した企業の多くが悩んでいるのが、アプリの開発者不足。この課題を解決すべくビズリーチが取り組んだのは、営業メンバーをエンジニアにスカウトすることだった……。(2019/2/28)

レガシーデータを自動で整理
低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由
データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。(2019/1/23)

IBMがブロックチェーンを活用する理由
IBMの責任者が語る ブロックチェーン技術の導入を成功に導く要素とは
ブロックチェーンを使ったプロジェクトには、ビジネスのやり方を変えなければならないという信念が必要だ。ブロックチェーンのプロジェクト推進におけるCIO(最高情報責任者)の役割と、成功までの道筋を説明する。(2018/11/20)

重要なのはテクノロジーではなく計画
ERP主要機能一覧 ROIをプラスにする「12のビジネスプロセス」とは
在庫や販売管理、製品開発、市場予測などのプロセスをデジタルによって変えることで、ERPの投資回収までの期間を短縮できるという。(2018/9/6)

選択肢の多さがIT担当者を苦しめる
疲弊するIT担当者のためのERP選定に役立つユースケース10選
ERP選定プロセスでまずしなければならないのは、ERPが本当に必要かどうかを判断することだ。そこで、組織にとって最も効果を発揮するERPを示すためにERPのユースケースを10件選んで紹介する。(2018/4/23)

各機能のさまざまなユースケースをおさらい
人材管理システムの主要コンポーネントと失敗しない選び方
最適な人材管理システムを見極めるには、人事ソフトウェアの機能とメリットを調べる前に、自社の現状と今後のニーズを特定することから着手する必要がある。(2018/3/28)

PR:挑み続けるリクルート ── そのサービスを支える、柔軟、セキュアで持続可能なアプリケーション基盤
企業が生き残るためにはデジタル化とグローバル化が欠かせない。ネットへと主戦場を移してきたリクルートのビジネスでは、アプリケーションをどれだけ安全かつ安定的に配備できるかが成否のカギを握る。(2017/8/7)

複雑なアプリは誰も望んでいない
ワークフローアプリで複数アプリの統合インタフェースを構築、導入の勘所とは
最適なワークフローアプリケーションを導入することで、ユーザーは業務を効率化でき、企業は時間と経費を節約することができる。だがうまく導入するには、押さえるべきポイントがある。(2017/2/14)

業界のトレンドを読む
2017年のUCは「AI」と「メッセージング」に注目せよ
2017年はどのようなトレンドが企業に影響を与えるのか。ユニファイドコミュニケーション(UC)業界のアナリストらによると、AI(人工知能)やメッセージング、クラウドインフラなどに注目する必要がありそうだ。(2017/1/18)

なぜもっと早くからこうしなかったのか
多くの企業が気付いていないコンシューマーテクノロジー活用の効用
さまざまな技術が個人でも利用できるようになった。だが、企業はそれらをほとんど活用していない。コンシューマーテクノロジーが生み出す革新もさることながら、他の価値に企業は気付いていない。(2016/9/8)

デジタル時代を勝ち抜くために:
PR:今、情報システム部門に求められる役割とは?
デジタル時代、情報システム部門(以下、情シス)には単にITインフラを維持・管理するだけではなく、「ビジネスに寄与する」という観点が重要だと指摘されている。だが「ビジネスに寄与する」とは具体的には何をすることなのか、具体的に語られることは少ない。そこで本稿では“情シスの現実”をよく知るお二人の対談を通じて、デジタル時代の情シスの役割を明確化いただいた。(2016/7/27)

コグニティブとデジタル変革で企業に競争力を MSの平野社長
7月1日に新たな会計年度を迎えた日本マイクロソフト。平野社長は2017年度の方針として、デジタルトランスフォーメーションとコグニティブで企業の競争力向上を支援することを挙げた。(2016/7/7)

トヨタ自動車の事例も紹介
「iPad」やスマートフォンを“金のなる木”に変えた4つの事例
モバイルデバイスを本格的に活用するには、会社の業務様式を再考しなければならない。よく練られたモバイル化プロジェクトであれば、IT部門が会社の利益を増やし、従業員の生産性を高める後押しとなるだろう。(2016/5/16)

特集:アジャイル時代のSIビジネス(5):
「共にビジネスを切り開くパートナーになる」組織作りと人材活用が大切――TIS
SIビジネスの地殻変動を直視し、有効なアクションに変えたSIerの声を紹介してきた本特集。今回は大規模SIer、TISへのインタビューを通じて「SIerにとって本当に大切なこと」をあらためて確認した。(2016/4/1)

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(5):
「データレイク」を“澄んだ貯水池”にするために
センサーなどから大量に流れ込んでくるデータをどう蓄積・分析するか――そうした観点で「データレイク」が関心を集めている。だがIoTの取り組みに生かすためには、データレイクにも満たすべき要件がある。(2016/3/31)

欠かせない「解析」「クラウド」「コンテキスト」
モバイルユーザーがそのアプリに満足しない理由とは? 3つの原因を探る
本当にモバイルユーザーを満足させるには、コンテキストデータを活用し、クラウドでコンテキストデータを解析するアプリをIT部門が提供することが不可欠だ。(2016/3/28)

企画倒れを避けるための「目標設定」とは?
次の注目「インダストリアルIoT」を成功させる企業の条件
インダストリアルIoT(産業向けのIoT)は潜在的価値を有するデータを大量に生み出している。企業がこれらのデータを活用するためには、ビジネス価値につなげる目標を明確にすることが肝要だ。(2016/3/2)

ものづくり支援ソフトウェア製品レポート:
複雑化が進むモノづくり、他社の効率化事例がオープンアーキテクチャに?
ソフトウェアそのものは無償で提供するという、サブスクリプション型ビジネスモデルで導入数を伸ばしている米国のPLMベンダーAras。同社では2016年より、パートナー企業での成功事例をベースに開発した一種の“テンプレート”を製品の機能として順次提供していく方針だ。(2016/2/3)

人と高度な対話するAIアシスタント、あいまいな質問もOK NTTコムが開発
コールセンターの一次受付や店頭窓口、オペレーター、販売員の後方支援としても利用できるAI活用のバーチャルアシスタントサービスが登場。高い精度で自然言語を理解し、曖昧な質問に対する問い直しも自動で行う。(2015/10/16)

リリースサイクルを改善し、ビジネス価値を生み出していく:
PR:DevOpsの本質はツールではなく考え方と実践――国内での普及を目指すDevOpsハッカソンの狙いと実態
日本マイクロソフトは9月5日、6日、DevOpsの本質を知るためのハッカソン「DevOpsハッカソン」を開催。本稿では、同ハッカソンを企画し、国内におけるDevOpsの普及に力を注ぐ、米マイクロソフト シニア テクニカル エバンジェリスト DevOpsの牛尾剛氏に「DevOpsの本質とは何か」についてあらためて話を聞き、ハッカソン当日の模様をリポートする。(2015/9/16)

進化する物流ビジネス最前線:
アスクルはなぜ当日配送が可能なのか?
法人向けにオフィス用品などを通信販売する事業からスタートし、今では一般消費者にもネット通販サービスでさまざまな商品を提供するアスクル。何と言っても同社の強みは「物流スピード」だ。その裏側をお伝えする。(2015/5/13)

製造ITニュース:
設計・開発にソーシャルの力を! PLMにコラボレーション機能を追加するワケ
PLMベンダーのアラスジャパンは、新たにビジュアルコラボレーション機能などを強化したPLMシステム新版のリリースを発表した。(2015/1/29)

運用負荷を軽減してITの戦略活用にリソースをシフト
ルールに従うだけ、「PC運用管理のシンプル化」がもたらす価値とは
IT部門の人手不足が叫ばれる昨今、「PCの運用管理」は頭痛の種となっている。ビジネスへの貢献度の低いこの作業を効率化すれば、より付加価値の高い業務にリソースを注力することができるはずだ。(2014/12/24)

ホワイトペーパー:
中堅・中小企業のIT投資に4年ぶりの劇的変化──仮想化とクラウド導入加速の流れ
米調査会社ESGの調査によると、IT投資を評価する際の考慮事項で「コスト削減」が4年ぶりにトップから外れた。中堅・中小企業がIT投資を最大限活用するためのキーワードは、「仮想化」と「クラウド」だ。(2014/2/4)

Computer Weekly製品導入ガイド
ユーザーエクスペリエンス軽視が招く、収益悪化のスパイラル
劣悪な顧客エクスペリエンスがどのような結果を招くか、誰もが認識している。にもかかわらず、この問題の解決方法については社内でも意見が分かれている。(2014/1/7)

ユーザーの声から探る:
ビッグデータ・プロジェクトを遮る4つの障壁と、その解決法
IBMが開催したビッグデータ・カンファレンスにおけるユーザーの声を基に、ビッグデータに乗り出した企業が陥りがちな4つのパターンとその解決法を提示している。(2013/5/29)

管理すべきは人ではなく「仕事量」
Dellのコンシューマライゼーションを指揮する「偶然の」CIO
看護学校の学費を稼ぐため、一時的に開発の仕事をするつもりだったキャロル・フォーセット氏。今では、米DellのBYOD計画の策定に勤しんでいる。(2013/5/15)

Maker's Voice:
ペーパーレス化は「活用」視点が大事――キャプチャ技術のKofax
米Kofaxはモバイルアプリをリリース。同社EVPのドレイトラー氏は、「コスト削減のためのペーパーレス化というだけでなく、ビジネスの競争力向上という視点が大事」と話す。(2013/1/29)

ホワイトペーパーレビュー
BPMツール選びに役立つ3つのホワイトペーパー
ビジネスプロセスを自動化、効率化し、企業の俊敏性を高める。BPMツールにはそのような期待がある。しかし多機能な製品だけにBPMツールの選択は簡単ではない。BPMツール選びに役立つホワイトペーパーを紹介しよう。(2012/6/26)

アジア進出で勝ち抜く製造業:
PR:製造エクセレンス実現のカギとなる「次世代製造IT」でERPのグローバル展開を加速
市場環境が厳しさを増す中、生産拠点のグローバル化は日本の製造業の切り札だ。だが国内外の拠点間で製造エクセレンスを実現し、市場への製品投入を最適化するには課題も多い。これを解決するには、ERPと次世代MESを組み合わせた最適なアプローチがカギとなる。(2012/5/31)

Gartner Column:
テクノロジでビジネスにイノベーションを興す時代が来た
世界中のCIOが何をしようとしているのか、ビジネスや経営はITに何を期待しているのかを浮き彫りにした。今年の結果はエキサイティングだ。(2012/5/18)

ホワイトペーパー:
iPad および iPhone 向け高速開発に革新的オプション
iPad/iPhoneはその人気と有用性によって、ビジネスプロセスの改善に理想的なプラットフォームとなっています。iPad/iPhoneソリューションの開発、プロトタイプ作成、展開、更新を行うために、コスト効率が高く迅速かつ簡単な方法をご紹介します。(2012/4/5)

松岡功のThink Management:
経営視点でみたCIOの役割
今回は、経営視点でみたCIO(最高情報責任者)の役割について考えてみたい。キーワードは「ビジネスマインド」である。(2012/3/8)

Gartner Column:
ビジネスプロセスを改善する――コストは結果的にしか削減されない
ビジネスプロセス改善に取組むことはいいのが、「無駄を発見する」とか「コストを削減する」などが主目的になっていないだろうか。完全な間違いではないものの、勘違いをしているように思えてならない。(2012/2/27)

ホワイトペーパー:
事例で分かった! BPMに成功している企業が必ずやっている3つのこと
ビジネスの俊敏性や従業員の生産性の向上を目的に導入されたBPM。多くの企業が使う中で成功するための教訓も見えていた。企業の事例を紹介し、成功のためのポイントを説明する。(2012/1/24)

ホワイトペーパー:
3つのステップで解説――BPMを次のレベルに移行させる方法とは
これまで限定された分野でBPMを活用してきた企業が、より大規模なビジネスプロセス改善に取り組もうとしている。その際の重要なポイントは何なのか。3つのステップで解説する。(2012/1/23)

インフォマティカ、マスターデータ管理ソフト「Informatica MDM」を発売
「Informatica MDM」を利用すれば、顧客データや商品データなど、複数の業務システムに分散したデータを統合的に管理できる。(2011/11/15)

「SAS Forum Japan 2011」イベントリポート
ビッグデータ時代に必要な企業の「予見力」とは
SAS Institute Japanの年次イベント「SAS Forum Japan 2011」から、オープニングセッションをリポート。同社のいう「予見力」とは何か、同社トップが具体的な事例を交えて語る。(2011/9/1)

失敗しないためのコラボレーション製品選び:Web会議編
これだけは押さえておきたい、Web会議製品の見極め方
Web会議システムは、働く場所の変化やチームワークを前提とした企業内コラボレーションを支援するツールへと変化してきている。これを踏まえて、Web会議製品の選定ポイントを解説しよう。(2011/2/10)

CIOが納得するBlackBerryを目指す――RIMのCEOが表明
Research In MotionのラザリディスCEOが来日し、NTTドコモとともに企業ユーザーを対象にしたBlackBerryの戦略を明らかにした。(2010/11/18)

“業務改善型”UCを導入する【最終回】
業務改善型ユニファイドコミュニケーション、その導入に向けてすべきこと
ユニファイドコミュニケーション(UC)の本来の導入目的は、生産性やビジネスプロセスの改善。業務を改善するためのUCソリューションを検討、導入する際に求められる視点、実施すべきことをまとめた。(2010/9/17)

IT投資額の減少に歯止めの兆し
IDC Japanの調査によると、2010年度のIT投資額を前年度よりも増やすと答えた国内企業が3ポイント増えた。同社は「投資額の減少幅が小さくなり、IT投資が回復に向かう兆しがある」と指摘している。(2010/7/8)

Process World 2010 Report:
NECが披露したビジネスプロセス改善の勘所
ドイツで開催された独Software AGのユーザーカンファレンス「Process World 2010」において、NECは全社的に取り組んでいるビジネスプロセスマネジメントの取り組みを紹介した。(2010/6/22)

Weekly Memo:
DellのCIOが語るIT部門の役割
先週来日したDellのロビン・ジョンソンCIOに、同社のIT化における最新状況やIT部門の役割、CIOに求められる資質について話を聞いた。(2010/6/14)

IBM Impact 2010 Preview:
PR:企業の次なる成長戦略を導くビジネス・アジリティ
日本IBMは7月6日に「IBM Impact 2010」を開催する。ビジネスプロセスの変革やSOAによるIT基盤を活用したビジネス・アジリティ(俊敏性)の獲得が、変化する環境の中で企業の競争力を高めることにつながるという。(2010/6/10)

Process World 2010 Report:
ビジネスとITが融合する時――Software AG
WebMethods、IDS Scheerの獲得により、BPMの包括的なソリューションを提供できるようになった独Software AGは、「ビジネス部門とIT部門の融合」が企業のビジネスを変えると提唱。これを「ビジネスプロセスエクセレンス」と定義し、ユーザー企業に訴求を図っている。(2010/6/9)

IBM Impact 2010 Report:
「ビジネスにさらなるアジリティを」── 業務プロセス改善で競争力を高める米企業
ネバダ州ラスベガスの「IBM Impact 2010」では、SOAのシステム構築アプローチや業務プロセス改善によってビジネスの「アジリティ」を獲得し、それを競争力につなげている先進企業らがその取り組みを紹介した。(2010/5/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。