ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「cakes」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「cakes」に関する情報が集まったページです。

YouTuber事務所のUUUM、「note」運営元と資本業務提携 “書き手”のサポートも開始
UUUMが「note」を運営するピースオブケイクと資本業務提携。YouTuberのマネジメントで培ったノウハウを生かし、noteで人気の書き手のサポートを行っていく。(2019/7/12)

なぜ出版不況の今、LINEが“小説ビジネス”を始めるのか?
LINEがコンテンツ事業「LINEノベル」をスタート。インターネット上で読める小説を配信する取り組みで、LINEオリジナルの作品を制作・提供する。提携する出版社の既存作品のデジタル版も提供する。一般ユーザーが作品を自由に投稿できる仕組みも設け、小説家志望者の創作活動を支援する。この事業を始める理由を取材した。(2019/4/16)

法人向け「note pro」本格スタート 独自ドメインのオウンドメディア構築、課金システムも使える
ピースオブケイクがコンテンツ配信サービス「note」の仕組みを使ってWebメディアを作れる企業向けサービス「note pro」の正式提供を始めた。(2019/3/13)

noteでファイルのアップロードが可能に PDFやWord、パワポも共有
コンテンツ配信サービス「note」でファイルをアップロードできる機能が追加された。PDFや各種ドキュメントファイルに対応する。(2019/2/28)

「ダウンロード違法化」に意見表明続く AICJ「日常的な行為が広く違法となりかねない」 note「クリエイティブを阻害する」
アジアインターネット日本連盟(AICJ)や、noteやcakesを運営するピースオブケイクが意見を表明しました。(2019/2/22)

「お茶っこ飲むが?」「犬っこ」 北海道・東北地方の方言「〜っこ」の紹介漫画に共感や考察盛り上がる
「〜っこ」がつくとやわらかい表現になる気がします。(2019/2/19)

アニメ化するも作画崩壊、絶版 → 自費出版で根性の復活 苦難を乗り越え描き続ける漫画の作者に話を聞いた
そして2巻も発売。(2019/2/1)

海外でスリに遭い、ダミー財布で事なきを得た体験漫画が役立つと話題 似たような体験談も集まる
やっておこう、スリ対策。(2019/2/16)

日経、noteと「Nサロン」開講 “業界のリーダー”招いて議論
日本経済新聞社は、ピースオブケイクが運営する「note」と共同で、コミュニティーサービス「Nサロン」を来年2月に始める。(2018/12/3)

北海道・東北地方の方言「〜さる」「〜さった」が何だか便利であったかい 見えざる力のせいにできる?
押ささったんならしょうがない。(2018/11/23)

ECプラットフォーム5サービスと提携:
「note」に記事内でのEC表示機能
ピースオブケイクは、メディアプラットフォーム「note」でECの商品を表示できる機能「note for shopping」を提供開始した。(2018/9/11)

人気漫画『やれたかも委員会』がボードゲーム化! “やれたかもエピソード”をみんなで判定
男女の飲み会にピッタリなゲームです。(2018/9/8)

日経、「note」運営元と資本業務提携 若年層の獲得狙う
日本経済新聞社は、コンテンツ配信サービス「note」を運営するピースオブケイクと資本業務提携を結んだ。若いビジネスパーソンなどの読者を獲得する狙いがある。(2018/8/3)

若手社会人の支持獲得が狙い:
日経新聞社とピースオブケイクが資本・業務提携 「note」で情報発信へ
日本経済新聞社と「note」を運営元のピースオブケイクが資本・業務提携。日経は約3億円を出資した。コンテンツ配信、ユーザー開拓、サービスの共同開発などの面で協力する。(2018/8/3)

これはもう芸術作品! 花が咲き、光り輝くアートなケーキが息をのむ美しさ
食べようにももったいなくて。(2018/6/17)

note、書き手を出版社に紹介する「クリエイター紹介プログラム」開始
コンテンツ配信サービス「note」で、書き手を出版社に紹介する「クリエイター紹介プログラム」がスタート。ダイヤモンド社、扶桑社、マガジンハウスとパートナーシップを結んだ。(2018/4/24)

本気のキャスティングだ 漫画『やれたかも委員会』が佐藤二朗、山田孝之、白石麻衣で実写ドラマ化
ロバート秋山さんバージョンもよかったけど、こっちも期待。(2018/3/22)

@cosme運営会社、美容とテクノロジーの専門メディアを3月に正式オープン
@cosmeを運営するアイスタイルが、テクノロジーと美容を組み合わせた製品やサービスを紹介する専門メディア「BeautyTech.jp」を3月1日から本格運用する。(2018/2/1)

異世界転生「JKハル」:
早川書房が「ネット発の官能小説」を書籍化したワケ
早川書房が12月に刊行した『JKハルは異世界で娼婦になった』。ネット発、異世界転生、官能小説という一風変わった小説だ。なぜあの早川書房が『JKハル』を書籍化したのか? 直撃した。(2017/12/12)

スマホサイズの新書レーベル:
「cakes」「note」運営会社、「スマート新書」創刊
ピースオブケイクが新書シリーズ「スマート新書」を立ち上げ。コンセプトは「手のひらにおさまる教養」。オリジナル文具や手帳も同時発売する。(2017/12/6)

細かな凹凸も完全再現 パンケーキの生地で描かれたドクロがリアルすぎて怖い
食べられるアート。(2017/7/5)

デザインで時代が分かる? 「ウェディングケーキ」100年の変化が想像以上
どれがお好み?(2016/8/20)

cakes、noteがWeb発クリエイターを支援 発掘・プロデュースに注力
コンテンツ配信サービス「cakes」「note」を運営するピースオブケイクが、クリエイター支援を掲げ、QREATOR AGENTと事業提携。発掘・プロデュースにも力を入れる。(2016/5/23)

これがイギリスの本気! イギリスのケーキコンテストに登場した等身大ジョージ王子ケーキがとってもリアルだと話題に
動き出しそう。(2015/11/10)

別人のような「アナ雪」エルサのケーキが海外で話題に ケーキの裏には心温まる物語が
「見本と違いすぎる」として掲示板に投稿されたエルサのケーキが話題になりましたが、実は……。(2015/7/8)

cakes、「少年ジャンプ+」連載作を配信
6月5日に『山羊座の友人』『声優ましまし倶楽部』の2作品を配信開始、6月下旬には『5秒童話』の配信を予定している。(2015/6/5)

まるでフィギュアのよう ドリームワークスのアニメーターが作った3Dカップケーキのクオリティが高すぎる
食べるのがもったいないかわいさ。(2015/4/5)

食べるのがモッタイナイ スターウォーズの「ミレニアム・ファルコン」を完全再現したデコケーキがすごい!
再現度が半端ない。(2015/2/14)

『SFマガジン』が隔月化するとき、cakesでは週刊連載が始まる
連載コラム「大森望の新SF観光局」の出張版や、大注目の新刊プレビューなどを毎週掲載していく。(2015/1/28)

ソフトニック:
クリエイティブ作品の発表から販売までここが舞台に――「note」
「note」は、自分の好きなクリエーターのコンテンツを閲覧したり、自分の作ったコンテンツを売ったりできるプラットフォームです。(2014/12/9)

いよいよ12月17日リニューアルオープンのピエリ守山 イメージキャラクターは元AKB光宗薫さんに
「明るい廃墟」と呼ばれた滋賀のショッピングモール、いよいよ再出発へ。(2014/12/3)

Biz.ID Weekly Top10:
みんなと同じじゃつまらない 十人十色の発想力のヒント
ちまたにあふれる「発想術」系のビジネス書。技術も大切ですが、誰にも真似できない「自分だけ」のアイデアを出す秘けつをデジタルハリウッド大学主催のセミナーで学んできました。(2014/11/29)

知的生産の技術とセンス:
知の巨人・梅棹忠夫に学ぶ、「発見」の書き留め方
今の時代は、どんな情報でも一瞬で手に入る便利な時代です。しかしこの状況は、情報の受け手である私たちに限られた時間でどの情報を受け取るべきか、どう取捨選択するかという問題をも引き起こしています。(2014/11/21)

noteに“投げ銭”機能 「クリエイターサポート」
クリエイターに送金できる「クリエイターサポート機能」が「note」に実装された。(2014/10/15)

ピースオブケイクの「note」で『週刊女性』の購読サービスがスタート
リリース時には「ジャニーズ」関係の記事や「人間ドキュメント」のアーカイブス、木村藤子の『幸せの詩が聞こえる』をラインアップ。(2014/9/3)

“コンテンツ”がコミュニティーを作る――Casa BRUTUS編集長・松原亨とピースオブケイク・加藤貞顕が考える未来の雑誌
8月8日、新宿で「編集のミライを考える」と題したトークイベントが開催。雑誌好きの学生を中心に40人以上が参加した。(2014/8/12)

「おもしろいものを、おもしろいと思った人に届ける」ことが難しい時代に それを最短距離で届ける「電子」の試み
「売れる」「売れない」で二極化する現代の娯楽産業は、「おもしろいものをおもしろいと思ってくれる人に届ける」ことがもはや難しくなってしまったが、電子ならそれができるのでは――作家発の電子書籍「AiR(エア)」を主宰する堀田純司さんの論。(2014/8/8)

ピースオブケイク&コルク、平野啓一郎の新作小説をプロデュース――noteに公式アカウントを開設
芥川賞作家・平野啓一郎の新作小説をピースオブケイクとコルクが共同プロデュース。7月30日にウェブサービス「note」の公式アカウントを開設した。(2014/7/30)

クリエイター向け電子フリマ「note」に著名な漫画家や作家が集まってきてて面白そうな件
CLAMP先生もいるぞ!(2014/4/17)

個人がコンテンツを販売できるネットサービス「note」リリース 有名人もさっそく参加
テキストや写真、音楽、動画を気軽に販売できます。(2014/4/8)

個人クリエイター向けプラットフォーム「note」 テキストや写真、任意の価格で有料販売も
テキストや写真、音楽などを公開し、ファンとの交流もできる個人クリエイター向けプラットフォーム「note」がオープンした。アップしたコンテンツは任意の価格で有料販売できる。(2014/4/7)

「働く」ことを真剣に考える人は今すぐ買うべき:
堀江貴文氏が初めて語った本心、働く人に伝えたいこと
刑期満了を迎えた前夜、堀江貴文氏は都内で「出版記念講演会」を開催した。新刊『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』で伝えたかった本心とは?(2013/11/10)

タイムアウト東京のオススメ:
パンケーキ・ブームの次はカップケーキをチェック!
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2013/8/13)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/17)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(2):
企業帝国の弱点とは? そこで働く人たちの悲哀
莫大な資産を蓄え、世界を支配しつつように見える企業帝国。一方で、社会福祉の増大にあえぎ、弱体する国家はこうした企業に対して何ができるのか。一方で、帝国の中枢で働く幹部は果たして「幸せ」なのか。そして帝国にあった「意外な弱点」とは?(2013/6/21)

定額制配信「cakes」運営会社が3億円調達
定額制コンテンツ配信の「cakes」を運営するピースオブケイクが、磯崎哲也氏と新生銀のファンドなどから総額3億円を調達。(2013/4/24)

グリー、有名人の連載を配信する有料メルマガ「Magalry」スタート
田村淳さん、中川翔子さん、眞鍋かをりさんなどのコンテンツを配信する。(2013/2/19)

おいしそうな豚の丸焼き……にしか見えないケーキがすごすぎる
肉々しいのにスイーツとは……。(2013/1/1)

触手がうにょうにょ クトゥルフのウェディングケーキ
とっても名状しがたいです。(2012/11/25)

激論・最終審査会:
誠 ビジネスショートショート大賞、応募129作品の頂点はこう決まった
「ビジネスがテーマの短編小説を募集します!」。そんな誠 ビジネスショートショート大賞の呼びかけに応じて、129もの作品をご応募いただきました。この記事では応募作品の頂点を決めた審査会の模様を詳しくお伝えします。(2012/11/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。