ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャッチコピー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャッチコピー」に関する情報が集まったページです。

「ないものはない」どっちとも取れるスーパーのキャッチコピーに反響 店に真相を聞いてみた
サンフレッシュを運営する三田商店に話を聞きました。(2022/5/9)

実証実験の結果は良好:
ローソン、レシート広告にAIを活用 消費者に合わせたデザインやコピー
ローソンはAIを活用したレシート広告を2022年3月から配信する。消費者に合わせたデザインやキャッチコピーを提示する。実証実験では購入率が上がる結果となった。(2021/10/27)

「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」レビュー 忍者と極道がバイクと日本刀で戦う超絶アクション問題作
「未曾有の忍者テロを阻止せよ!」というキャッチコピーは本当だった。(2021/10/22)

製造現場向けAI技術:
ディープラーニングを組み込んだ工場向け画像処理ツール、欠陥分析などを容易に
コグネックスは2021年7月28日、ビジョンソフトウェアの新バージョン「VisionPro 10.0」を発表した。「生まれ変わるVisionPro」をキャッチフレーズに開発20年を迎えた同ソフトをさらに訴求していく。(2021/8/3)

広告効果は1000万円? Twitterで商品キャッチコピーを募集する法人向けサービス 入賞者には賞金も
キャッチコピー制作を手掛けるコピーライターコピーライター(東京都渋谷区)が、企業や商品のキャッチコピーをTwitter上で募集するサービス「コピーワングランプリ」の正式版を法人向けに提供する。基本料金は20〜30万円(税別)。(2021/7/21)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ミッドレンジだけど“カメラで選ばれたい”スマホ 「OPPO Reno5 A」の実力は?
オウガ・ジャパンが6月11日に発売したスマホ「OPPO Reno 5 A」。「カメラで選ばれたい5Gスマホ」というキャッチコピーで販売していて、実際、それにふさわしい性能を備えていた。日中の風景や人物撮影はもちろん、高機能な夜景モードで夜間の撮影もばっちりだ。実際の写真とともに、じっくり紹介する。(2021/7/8)

「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう。」 息子からの“父の日”駅広告が衝撃的な内容で話題
キャッチコピーは「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう」。(2021/6/20)

ケンタッキーが「他社の宣伝文句を勝手に使いまくるキャンペーン」開催 「翼をさずける」→「手羽をさずける」
自社のキャッチフレーズ「it's finger lickin' good(指までしゃぶりたくなるほどおいしい)」が使えなくなったため。(2021/4/4)

サーティワンが史上初の「フレーバー総選挙」を開催! 王座に君臨するのはどのフレーバー?
キャッチコピーがクスッと笑える。(2021/4/2)

映画「ゆるキャン△」は2022年ロードショー なでしこ&リンの“大人びた”コンセプトビジュアルが公開
「これからも、わたしだ。」とのキャッチコピーも。(2021/4/1)

シリーズ18作目は「トロピカル〜ジュ!プリキュア」  化粧と南国イメージがキーワード?
略して“トロプリ”? キャッチコピーは「メイクでチェンジ!ムテキのやる気!」。(2020/11/27)

「サクラ大戦」シリーズのスマホRPG「サクラ革命」発表 セガとディライトワークスがタッグ
プロジェクトのキャッチコピーは「日本、奪還。」。(2020/9/2)

「つまようじ屋の非接触棒」に詰め替えタイプ“おかわり”が新登場 キャッチコピーは「さあ、もっともっとつつくがよい!」
つつきおかわり。(2020/6/30)

「アラサーチェリーボーイ」など男性17人が集結 「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1、2020年夏配信へ
男性陣のキャッチフレーズが……。(2020/3/17)

PR:ウコンの力の語彙力がさらに消失 キャッチコピーが「いい感じの力のやつ」から「超いい感じの力のやつ」に進化
力こそパワー。(2019/12/11)

今日のリサーチ:
「テレビで紹介された」が意外に効くのはどの世代?――ドゥ・ハウス調べ
生活者が引かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションとはどのようなものでしょうか。(2019/10/31)

『左ききのエレン』が神尾楓珠&池田エライザでドラマ化 原作ファン「激アツすぎ」、岸あかり役を予想する人も
キャッチコピーは「天才になれなかった全ての人へ」。(2019/9/8)

初代PSの名作「moon」が22年ぶり復活! Nintendo Switchで10月10日発売
「もう、勇者しない。」のキャッチコピーでゲーマーに衝撃を与えた問題作。(2019/9/5)

神田明神と“異色”のコラボ:
ジブリ展で鈴木敏夫Pの書画120点公開! 専門家が見るその腕前は?
現在開催中の「鈴木敏夫とジブリ展」では鈴木氏の書画約120点や映画企画書、宣伝用キャッチコピー案、作業予定表など500点以上の資料が展示されている――。(2019/5/2)

単なるバズワードではない
「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力
「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。(2019/3/24)

月刊乗り鉄話題(2019年2月特別編):
電車が「笑う」、そして「照れる」! 西武鉄道の新型特急「ラビュー」の隠し機能が超かわいい
西武鉄道のキャッチフレーズは「スマイル」ですから。(2019/2/15)

劇場版コナン「紺青の拳」メインビジュアル公開! キャッチコピーは「真実vs奇術vs蹴撃 雌雄を決する三位一体バトルミステリー」
コナン&キッド&京極がじゃんけんする“フィストビジュアル”も(フィストビジュアルって何……?)。(2019/1/16)

苦戦する電通、ホワイト化するワタミ:
「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか
平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。(2018/12/30)

SEMICON Japan 2018:
ミニマルファブ、半導体チップの試作も活発に
ミニマルファブ推進機構は、「SEMICON Japan 2018」で、「ミニマルファブ、先端へ」をキャッチフレーズに、新開発のミニマルファブ向け製造装置や、ミニマルファブ装置で製作した実チップなどを展示した。(2018/12/18)

プリキュア第16弾タイトルは「スター☆トゥインクルプリキュア」 ロゴから内容を予想するファンも
キャッチコピーは「宇宙(そら)に描こう!ワタシだけのイマジネーション!」。(2018/11/29)

LINEで女子高生AI「りんな」と通話可能に 恋愛相談や寝落ち通話に付き合ってもらえるぞ
ほかにも就活用のキャッチコピーを考えてもらえたり、雑談してもらえたり。(2018/10/31)

「SUPER☆GiRLS」から一気に5人が卒業 浅川梨奈「アイドルとしてこれは正解だと思っています」
“1000年に1度の童顔巨乳”のキャッチフレーズでグラビアでも活躍した浅川さん。(2018/10/1)

「テスラキラー」続々:
高級SUVにもEV化の波「V8 SC並みの加速」「運河も渡れる」 ジャガー初のEV「I-PACE」日本でも発売
悪路走行・タフ性能+富裕層も狙うSUV型EV。日本のキャッチコピーは「シビれる電気ジャガー」。(2018/9/27)

SpigenのiMac G3風ケース「Classic C1」にiPhone 8/8 Plus版登場
SpigenがiMacの20周年を記念して開発したiPhoneケース「Classic C1」に、iPhone 8用とiPhone 8 Plus用が登場した。全7色展開で、ケースの内側にはiMac G3発表時に使われたキャッチコピー「hello(again)」の文字を刻んでいる。(2018/8/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツの未来を決めるミラ・トコット
2017年3月にリブランディングを敢行したダイハツは、「Light you up」をキャッチコピーに掲げた。そうした中で発売されたのがミラ・トコットだ。初めてそのデザインを見たときに衝撃を受けた。その理由は……。(2018/8/6)

【マンガ】「うなぎパイ=エッチなお菓子」といううわさ、どこまで本当なの?
キャッチコピーは「夜のお菓子」。(2018/7/30)

ヤンジャンが「平成最後の奇跡の原石」とうたう19歳の十味、いきなり巻末グラビアで輝きはじめる
強いキャッチコピーに負けない美少女。(2018/7/26)

講談社が「STOP! 海賊版マンガサイト」キャンペーン 雑誌広告やテレビCM展開
「マンガに、未来を。」がキャッチフレーズ。(2018/7/12)

マルウェアを「検知」せず、「アプリの不正動作をブロックする」という新発想:
PR:米国防機関を18年間以上守り続けている「AppGuard」の仕組みとは?
サイバー攻撃が年々巧妙化し、被害を受ける企業も相次いでいる近年、多くの企業がセキュリティ対策の在り方をあらためて見直している。これを受けて、さまざまなセキュリティ対策製品が登場している中で、「米国政府機関で採用され18年間破られたことがない」「外部からのマルウェアなどの脅威から完璧に守る」といったキャッチコピーとともに、社会一般の注目を集めているのがエンドポイントセキュリティ製品、「AppGuard」だ。では具体的に、どのような仕組みを持ち、どのようなメリットを企業に提供してくれるのだろうか? 注目される理由を探った。(2018/7/25)

常見陽平のサラリーマン研究所:
NewsPicksの広告「さよなら、おっさん」はいけない。「こんにちは」である
意識高い系ニュースキュレーションサービス「NewsPicks」が、ちょっと珍妙な広告を出していた。日本経済新聞に、カラー全15段で「さよなら、おっさん。」と書いていたのである。刺激的なキャッチコピーであるが、この言葉に対して、筆者の常見陽平氏は違和感を覚えたという。なぜかというと……。(2018/6/29)

72時間連続で働け:
日本以上のブラック労働でも悲壮感はない、中国のある事情
かつて日本では「24時間戦えますか」をキャッチフレーズにした商品がヒットしたが、現在の中国は、その3倍の72時間働き続ける執着心が必要だと言われている。猛烈に働けば必ず成功するという信念は、かつての日本を彷彿とさせる。「工作狂」(中国語でワーカホリックの意)は決して悪い意味ではなく、できるビジネスマンの必須条件のように扱われているのだ。(2018/6/7)

少年ジャンプ編集部がユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」配信 広告収益は100%投稿者に還元
キャッチフレーズは「マンガのミライがここにある。」。(2018/5/7)

キャッチコピー「℃℃℃」も登場:
広島電鉄、「カープ電車」18年バージョンを発表
広島電鉄が2018年バージョンの「カープ電車」を発表。広島東洋カープの応援企画の一環で、18年のキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」や球団キャラクターをラッピングした。(2018/3/6)

ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」 展覧会のアイドルなキャッチコピーに賛否
ねらいは伝わってくる。(2018/2/6)

休まない日本人:
厚労省「1月5日は休みましょう!」 現実は……
厚生労働省が「1月4日と5日を休んで11連休に!」というキャッチコピーで、年末年始休暇に有給休暇を組み合わせるように呼び掛けた。政府は20年までに有給取得率を70%に引き上げる目標を掲げているが、現実は……。(2017/12/28)

「太ってから痩せろ。」 破壊力のあるコピーでかつ丼を売るTwitter映えスーパー、ニチエーに話を聞いた
ほかにも「豚肉をころも着けて揚げて、玉子と玉ねぎと出汁でとじたやつ。」「ぶひー!ぶひ!ぶひ!」など、挑戦的なキャッチコピーが多数。(2017/11/6)

カワウソの頂点を決める総選挙 中間発表1位はサンシャイン水族館の「やまと」
キャッチフレーズは「あざとさ100% すべてが計算」。(2017/9/20)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
トレーニングは手段にすぎない! ライザップが提供するのはお客さまの自己実現
「結果にコミットする。」をキャッチコピーに、日本のみならずアジアにも店舗を展開している。お客さまに選ばれ続ける理由について話を聞いた。(2017/7/19)

新潮社、すごすぎてコピーが書けない「すごい小説」を発売前に異例の全文公開 Twitter等でのキャッチコピー案募集へ
「ルビンの壺が割れた」という新人作家の小説のコピーを募集しています。(2017/7/15)

『銀魂』69巻の告知ポスターがまさかの「いらすとや」製 誰だこれ作ったのは!
「あついバトル!」「たのしいギャグ!」なる素朴なキャッチフレーズを連発。(2017/7/12)

すずさんをお家で 「この世界の片隅に」Blu-ray&DVDが9月15日発売 100Pブックレット付きの限定版も
キャッチコピーは「あなたのおうちでいつでも会える。」(2017/6/1)

アニメ「サンリオ男子」2018年1月に放送決定! サンリオキャラ登場の第1弾PV公開
キャッチコピーは「男子でなにが悪いのさ」。(2017/5/23)

池田園子の「マーケ目線」 第4回:
「ボケない大阪移住プロジェクト」に学ぶ、“ツッコミ”から始まる好感度アップの方法
「ボケない大阪へ、ツッコメ」のキャッチコピーと、文字通り大阪の大地に頭から突っ込んだ人々を描いたインパクトあるポスターが話題を呼んだ「ボケない大阪プロジェクト」。企画に携わったNPO法人に話を聞いた。(2017/3/31)

映画「ドラえもん」のグッとくるポスターはなぜ生まれた? ストーリーボードポスター誕生の経緯を取材
「10万年後に助けてくれ。」などのキャッチコピーが話題になっていました。(2017/3/11)

「曲線を愛せ」のキャッチコピーにスリムなモデル ZARAの広告にネットで批判
スリムなモデルを起用した広告に「曲線……どこ……?」の声が。(2017/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。