ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャッチコピー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャッチコピー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東急が新幹線デザインのラッピング車両を運行 JR東海が全面協力
「西日本へのお楽しみは、新横浜から。」をキャッチコピーとする「enjoy WEST」プロモーションの一環です。(2024/2/27)

「もはや給油!」 カップラーメンの斬新なキャッチコピーにツッコミ相次ぐ メーカー「ここまで反響があるとは」 誕生のきっかけは
「こういうノリ嫌いじゃない」「食べ物で『もはや給油』って(笑)」「もはや給油じゃねぇんだよ!」「胸焼けしそうw」などツッコミが相次ぎました。(2023/12/26)

「イエベブルべ問題」を一発解決? 人気コスメの“斬新すぎるキャッチコピー”にSNS騒然「誤植かと思った」
その手があったか。(2023/10/19)

ピーアップ、テンキー付きのAndroid端末「Mode1 RETRO II」を予告 発売は10月下旬
モーターバイク事業のMoto-UP、携帯電話販売店「テルル」運営元のピーアップなどを傘下に持つP-UP World(ピーアップワールド)は、折りたたみ型かつテンキー付きの携帯電話端末「Mode1 RETRO II」の発売を予告している。Mode1のサイトを開くと現れる広告には「型はガラケー、中身はスマホ」というキャッチコピーに加え、発売時期が10月下旬であることも予告されている。10月9日時点においてニュースリリースの発出は確認できず、スペックなどの詳細は後日明らかになると思われる。(2023/10/9)

社長が15人の会社も!?:
糸井重里74歳、ほぼ日は「僕の最高の作品」 創業した会社をどう残していきたいか?
キャッチコピーからゲーム、メディアから手帳まで多様な作品を生み出してきた糸井重里さんが「最高の作品」と評するもの。それが会社としてのほぼ日だ。「経営者・糸井重里」とは一体どんな人物なのか。糸井さんと、ほぼ日取締役の小泉絢子さんに聞いた。(2023/10/4)

「ドンキはヤンキーのたまり場」なのか それは古い認識、いまや日本の希望に
驚安の殿堂というキャッチコピーで知られる総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が大好きです。学生時代から足しげく通い、これまでに何百万円使ったかわからないほど。同社から1円ももらってはいませんが、熱烈なファンとしてその魅力を語ってみましょう。(2023/9/27)

法務省、過去のジャニーズタイアップポスターを公式X(Twitter)から削除 「守りたい 少年たちの輝く未来」キャッチコピーに「皮肉すぎる」の声
ポスターは2019年に公開したものでした。(2023/9/15)

古田雄介のデステック探訪:
デジタル資産継承サービス「アカレコ」が指し示す半世紀先を見据えた終活という課題
2023年8月に登場したばかりの「akareco」(アカレコ)は、「40代からはじめる、プレ終活 まずは、デジタル資産の整理から」のキャッチコピーを掲げる。その後の人生にずっと付き合うことを想定したサービスだ。月額税込み495円。その狙いと勝算を尋ねた。(2023/8/30)

「パインアメ」広告の制作過程が地道すぎて話題 なめ終わるまでを大量の実物で再現した労作
キャッチコピーの「さいごまでかみたくないアメ」に納得。(2023/8/15)

テレビアニメ「響け!ユーフォニアム3」、2024年4月に放送決定 黄前久美子が描かれたキービジュアル公開
キービジュアルには「私、北宇治が好き」とのキャッチコピー。(2023/8/4)

AIが考えたヨーロッパ史の「キャッチコピー」が話題 1040年は「ノルマン人襲来! イングランドがワクワク大変身!」
「小学生でも分かるように」の指示がミソ。(2023/4/14)

スマートファクトリー:
「人材がいない」を言い訳にしない、工場DXの“とっかかり”を作るFS協会の3年間
「工場にデジタルの眼を」をキャッチフレーズに2020年4月に設立されたファクトリーサイエンティスト協会は、設立3周年の年次活動報告会を開催した。同協会の3年間の軌跡と新たな取り組みについて紹介する。(2023/4/13)

家電をアピール:
「その程度の機能ならドンキで十分」 無難な表現もできたのに、あえて自虐的にしたワケ
ドンキのプライベートブランド(PB)「情熱価格」。新生活向けのキャンペーンで、自虐的なキャッチコピーを使用している。その狙いを担当者に聞いた。(2023/3/29)

清水亮の「世界を変えるAI」:
仕事で使うGPT-4実践テクニック 実際に「AIアートグランプリ」の事務局で使ってみた
第一回AIアートグランプリの興奮もさめやらぬなか、GPT-4があっさりと公開。せっかくなので、まずは第一回AIアートグランプリの報告書をGPT4にまとめてもらってみる。さらにChain of Thoughtでキャッチフレーズを考えさせるなど、事務局の仕事に活用してみた。(2023/3/20)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
トンボ鉛筆のデザインペン「ZOOM」が復活 迷走の末に辿り着いた“1本の美学”とは?
「空白を、ノックする」「いくつもの深さを持つ、透明」「書かなくても触れたくなる」──これらは2月にリブランディングしたトンボ鉛筆「ZOOM」のキャッチコピー。一時は迷走したという人気シリーズは、いかに再生したのか。開発陣に話を聞いた。(2023/3/20)

さまざまな媒体に点在する「自分の情報」を要約:
ChatGPT(と同じモデル)で職務経歴サマリーを自動生成する機能 ファインディが提供開始
ファインディは「ChatGPTエンジニアキャリアまとめ(β)」機能の提供を開始した。ChatGPTの内部で利用されているgpt-3.5-turboを活用することで、自身のキャリアについてのキャッチコピーや紹介文を自動生成できるという。(2023/3/7)

SNSには惜しむ声 東海道新幹線の車内チャイムが「AMBITIOUS JAPAN!」から新曲「会いに行く」に 俳優・賀来賢人を起用したキャンペーンも
キャッチフレーズは「会いに行く、が 今日を 変えていく。」です。(2023/2/17)

“2億画素”はダテじゃない 普段見えていないものまで撮れるXiaomi「12T Pro」
「神充電」というキャッチフレーズで登場した中国Xiaomiの「12T Pro」。今回はそれを主に写真目的としてテストしました。この2億画素のカメラを搭載したXiaomiの12T Proは伊達ではありませんでした。(2023/1/28)

物議を醸した「生理中に使える真っ赤な入浴剤」販売元にインタビュー 「社内でも色やキャッチコピーに否定的な意見があった」
販売元に開発の経緯について取材しました。(2022/12/1)

「OPPO Reno7 A」は何が変わったのか 先代の「Reno5 A」と比較する
OPPOの日本向け最新スマートフォン「OPPO Reno7 A」が6月23日から順次、発売される。「ときめき、長持ち。」というキャッチコピーを採用しており、長く使えることを目指した。Reno5 Aよりも薄くて軽くなり、バッテリー容量も増加。Reno5 Aでは液晶だったディスプレイは有機ELに変更した。(2022/6/16)

これが次世代チョロQ:
チョロQ、ゼンマイからモーターへ 進化のきっかけは自動車EV化
タカラトミーは、ゼンマイを搭載せず、モーター駆動で走る「チョロQ」を今夏発売する。“チョロチョロ走るキュートなクルマ”をキャッチコピーに、1979年に誕生、80年に発売を開始した看板商品は、実際の車さながらの劇的な進化を遂げていた。6月16日に開幕した玩具の展示会「東京おもちゃショー2022」(東京ビッグサイト)で、実演担当者に話を聞いた。(2022/6/16)

「たぎり散らかってるオトコ」など男性17人 「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン2、キャッチコピーイジりがもはや伝統芸
くせの強い参加者にくせの強いキャッチフレーズを付けていくスタイル。(2022/6/16)

エンタメ作品に見るテクノロジー:
「俺とマナーバトルで勝負だ!」 ネットミームから生まれたフリーゲームが話題 開発者に制作背景を聞く
「マナーは人を傷つけるものじゃねぇ! オレとマナーバトルで勝負だ!」──こんなキャッチフレーズのフリーゲームが話題だ。架空の勝負「マナーバトル」のトーナメントで勝利を目指す内容という。開発者に制作の背景を聞いた。(2022/6/3)

小寺信良のIT大作戦:
iPodは「Goodbye, MD」し、世界を変えて、Goodbyeした
iPod miniを売り出したときの日本でのキャッチフレーズは「Goodbye, MD」だった。それ以外にもiPodは多くのものを変えてきた。その歴史を小寺信良さんが振り返る。(2022/5/26)

「ないものはない」どっちとも取れるスーパーのキャッチコピーに反響 店に真相を聞いてみた
サンフレッシュを運営する三田商店に話を聞きました。(2022/5/9)

実証実験の結果は良好:
ローソン、レシート広告にAIを活用 消費者に合わせたデザインやコピー
ローソンはAIを活用したレシート広告を2022年3月から配信する。消費者に合わせたデザインやキャッチコピーを提示する。実証実験では購入率が上がる結果となった。(2021/10/27)

「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」レビュー 忍者と極道がバイクと日本刀で戦う超絶アクション問題作
「未曾有の忍者テロを阻止せよ!」というキャッチコピーは本当だった。(2021/10/22)

製造現場向けAI技術:
ディープラーニングを組み込んだ工場向け画像処理ツール、欠陥分析などを容易に
コグネックスは2021年7月28日、ビジョンソフトウェアの新バージョン「VisionPro 10.0」を発表した。「生まれ変わるVisionPro」をキャッチフレーズに開発20年を迎えた同ソフトをさらに訴求していく。(2021/8/3)

広告効果は1000万円? Twitterで商品キャッチコピーを募集する法人向けサービス 入賞者には賞金も
キャッチコピー制作を手掛けるコピーライターコピーライター(東京都渋谷区)が、企業や商品のキャッチコピーをTwitter上で募集するサービス「コピーワングランプリ」の正式版を法人向けに提供する。基本料金は20〜30万円(税別)。(2021/7/21)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ミッドレンジだけど“カメラで選ばれたい”スマホ 「OPPO Reno5 A」の実力は?
オウガ・ジャパンが6月11日に発売したスマホ「OPPO Reno 5 A」。「カメラで選ばれたい5Gスマホ」というキャッチコピーで販売していて、実際、それにふさわしい性能を備えていた。日中の風景や人物撮影はもちろん、高機能な夜景モードで夜間の撮影もばっちりだ。実際の写真とともに、じっくり紹介する。(2021/7/8)

「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう。」 息子からの“父の日”駅広告が衝撃的な内容で話題
キャッチコピーは「お父さん、オレの奨学金を使い込んでくれてありがとう」。(2021/6/20)

ケンタッキーが「他社の宣伝文句を勝手に使いまくるキャンペーン」開催 「翼をさずける」→「手羽をさずける」
自社のキャッチフレーズ「it's finger lickin' good(指までしゃぶりたくなるほどおいしい)」が使えなくなったため。(2021/4/4)

サーティワンが史上初の「フレーバー総選挙」を開催! 王座に君臨するのはどのフレーバー?
キャッチコピーがクスッと笑える。(2021/4/2)

映画「ゆるキャン△」は2022年ロードショー なでしこ&リンの“大人びた”コンセプトビジュアルが公開
「これからも、わたしだ。」とのキャッチコピーも。(2021/4/1)

シリーズ18作目は「トロピカル〜ジュ!プリキュア」  化粧と南国イメージがキーワード?
略して“トロプリ”? キャッチコピーは「メイクでチェンジ!ムテキのやる気!」。(2020/11/27)

「サクラ大戦」シリーズのスマホRPG「サクラ革命」発表 セガとディライトワークスがタッグ
プロジェクトのキャッチコピーは「日本、奪還。」。(2020/9/2)

「つまようじ屋の非接触棒」に詰め替えタイプ“おかわり”が新登場 キャッチコピーは「さあ、もっともっとつつくがよい!」
つつきおかわり。(2020/6/30)

「アラサーチェリーボーイ」など男性17人が集結 「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1、2020年夏配信へ
男性陣のキャッチフレーズが……。(2020/3/17)

PR:ウコンの力の語彙力がさらに消失 キャッチコピーが「いい感じの力のやつ」から「超いい感じの力のやつ」に進化
力こそパワー。(2019/12/11)

今日のリサーチ:
「テレビで紹介された」が意外に効くのはどの世代?――ドゥ・ハウス調べ
生活者が引かれ、購買行動を起こすキャッチコピーやプロモーションとはどのようなものでしょうか。(2019/10/31)

『左ききのエレン』が神尾楓珠&池田エライザでドラマ化 原作ファン「激アツすぎ」、岸あかり役を予想する人も
キャッチコピーは「天才になれなかった全ての人へ」。(2019/9/8)

初代PSの名作「moon」が22年ぶり復活! Nintendo Switchで10月10日発売
「もう、勇者しない。」のキャッチコピーでゲーマーに衝撃を与えた問題作。(2019/9/5)

神田明神と“異色”のコラボ:
ジブリ展で鈴木敏夫Pの書画120点公開! 専門家が見るその腕前は?
現在開催中の「鈴木敏夫とジブリ展」では鈴木氏の書画約120点や映画企画書、宣伝用キャッチコピー案、作業予定表など500点以上の資料が展示されている――。(2019/5/2)

単なるバズワードではない
「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力
「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。(2019/3/24)

月刊乗り鉄話題(2019年2月特別編):
電車が「笑う」、そして「照れる」! 西武鉄道の新型特急「ラビュー」の隠し機能が超かわいい
西武鉄道のキャッチフレーズは「スマイル」ですから。(2019/2/15)

劇場版コナン「紺青の拳」メインビジュアル公開! キャッチコピーは「真実vs奇術vs蹴撃 雌雄を決する三位一体バトルミステリー」
コナン&キッド&京極がじゃんけんする“フィストビジュアル”も(フィストビジュアルって何……?)。(2019/1/16)

苦戦する電通、ホワイト化するワタミ:
「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか
平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。(2018/12/30)

SEMICON Japan 2018:
ミニマルファブ、半導体チップの試作も活発に
ミニマルファブ推進機構は、「SEMICON Japan 2018」で、「ミニマルファブ、先端へ」をキャッチフレーズに、新開発のミニマルファブ向け製造装置や、ミニマルファブ装置で製作した実チップなどを展示した。(2018/12/18)

プリキュア第16弾タイトルは「スター☆トゥインクルプリキュア」 ロゴから内容を予想するファンも
キャッチコピーは「宇宙(そら)に描こう!ワタシだけのイマジネーション!」。(2018/11/29)

LINEで女子高生AI「りんな」と通話可能に 恋愛相談や寝落ち通話に付き合ってもらえるぞ
ほかにも就活用のキャッチコピーを考えてもらえたり、雑談してもらえたり。(2018/10/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。