ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャッチコピー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャッチコピー」に関する情報が集まったページです。

神田明神と“異色”のコラボ:
ジブリ展で鈴木敏夫Pの書画120点公開! 専門家が見るその腕前は?
現在開催中の「鈴木敏夫とジブリ展」では鈴木氏の書画約120点や映画企画書、宣伝用キャッチコピー案、作業予定表など500点以上の資料が展示されている――。(2019/5/2)

単なるバズワードではない
「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力
「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。(2019/3/24)

月刊乗り鉄話題(2019年2月特別編):
電車が「笑う」、そして「照れる」! 西武鉄道の新型特急「ラビュー」の隠し機能が超かわいい
西武鉄道のキャッチフレーズは「スマイル」ですから。(2019/2/15)

劇場版コナン「紺青の拳」メインビジュアル公開! キャッチコピーは「真実vs奇術vs蹴撃 雌雄を決する三位一体バトルミステリー」
コナン&キッド&京極がじゃんけんする“フィストビジュアル”も(フィストビジュアルって何……?)。(2019/1/16)

苦戦する電通、ホワイト化するワタミ:
「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか
平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。(2018/12/30)

SEMICON Japan 2018:
ミニマルファブ、半導体チップの試作も活発に
ミニマルファブ推進機構は、「SEMICON Japan 2018」で、「ミニマルファブ、先端へ」をキャッチフレーズに、新開発のミニマルファブ向け製造装置や、ミニマルファブ装置で製作した実チップなどを展示した。(2018/12/18)

バラエティー番組などでも活躍:
「名物社長」過去にも摘発 暴力団とのつながり表面化 スーパー玉出創業者逮捕
赤や黄色の看板に派手なネオン。「日本一安売王」のキャッチコピーで、今や大阪名物ともいえる知名度を誇る「スーパー玉出(たまで)」の創業者に、暴力団幹部側から犯罪収益を受け取っていた疑いが浮上した。大阪府警が3日、組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕した「株式会社スーパー玉出」社長、前田託次(たくじ)容疑者(74)。自らもCMやバラエティー番組に出演し、「スーパー玉出」をPRしてきたが、過去には警察に摘発され、暴力団とのつながりが表面化したことも。今年7月には、長年育ててきたスーパー事業を売却していた。(2018/12/4)

プリキュア第16弾タイトルは「スター☆トゥインクルプリキュア」 ロゴから内容を予想するファンも
キャッチコピーは「宇宙(そら)に描こう!ワタシだけのイマジネーション!」。(2018/11/29)

LINEで女子高生AI「りんな」と通話可能に 恋愛相談や寝落ち通話に付き合ってもらえるぞ
ほかにも就活用のキャッチコピーを考えてもらえたり、雑談してもらえたり。(2018/10/31)

「SUPER☆GiRLS」から一気に5人が卒業 浅川梨奈「アイドルとしてこれは正解だと思っています」
“1000年に1度の童顔巨乳”のキャッチフレーズでグラビアでも活躍した浅川さん。(2018/10/1)

「テスラキラー」続々:
高級SUVにもEV化の波「V8 SC並みの加速」「運河も渡れる」 ジャガー初のEV「I-PACE」日本でも発売
悪路走行・タフ性能+富裕層も狙うSUV型EV。日本のキャッチコピーは「シビれる電気ジャガー」。(2018/9/27)

SpigenのiMac G3風ケース「Classic C1」にiPhone 8/8 Plus版登場
SpigenがiMacの20周年を記念して開発したiPhoneケース「Classic C1」に、iPhone 8用とiPhone 8 Plus用が登場した。全7色展開で、ケースの内側にはiMac G3発表時に使われたキャッチコピー「hello(again)」の文字を刻んでいる。(2018/8/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツの未来を決めるミラ・トコット
2017年3月にリブランディングを敢行したダイハツは、「Light you up」をキャッチコピーに掲げた。そうした中で発売されたのがミラ・トコットだ。初めてそのデザインを見たときに衝撃を受けた。その理由は……。(2018/8/6)

【マンガ】「うなぎパイ=エッチなお菓子」といううわさ、どこまで本当なの?
キャッチコピーは「夜のお菓子」。(2018/7/30)

ヤンジャンが「平成最後の奇跡の原石」とうたう19歳の十味、いきなり巻末グラビアで輝きはじめる
強いキャッチコピーに負けない美少女。(2018/7/26)

講談社が「STOP! 海賊版マンガサイト」キャンペーン 雑誌広告やテレビCM展開
「マンガに、未来を。」がキャッチフレーズ。(2018/7/12)

マルウェアを「検知」せず、「アプリの不正動作をブロックする」という新発想:
PR:米国防機関を18年間以上守り続けている「AppGuard」の仕組みとは?
サイバー攻撃が年々巧妙化し、被害を受ける企業も相次いでいる近年、多くの企業がセキュリティ対策の在り方をあらためて見直している。これを受けて、さまざまなセキュリティ対策製品が登場している中で、「米国政府機関で採用され18年間破られたことがない」「外部からのマルウェアなどの脅威から完璧に守る」といったキャッチコピーとともに、社会一般の注目を集めているのがエンドポイントセキュリティ製品、「AppGuard」だ。では具体的に、どのような仕組みを持ち、どのようなメリットを企業に提供してくれるのだろうか? 注目される理由を探った。(2018/7/25)

常見陽平のサラリーマン研究所:
NewsPicksの広告「さよなら、おっさん」はいけない。「こんにちは」である
意識高い系ニュースキュレーションサービス「NewsPicks」が、ちょっと珍妙な広告を出していた。日本経済新聞に、カラー全15段で「さよなら、おっさん。」と書いていたのである。刺激的なキャッチコピーであるが、この言葉に対して、筆者の常見陽平氏は違和感を覚えたという。なぜかというと……。(2018/6/29)

72時間連続で働け:
日本以上のブラック労働でも悲壮感はない、中国のある事情
かつて日本では「24時間戦えますか」をキャッチフレーズにした商品がヒットしたが、現在の中国は、その3倍の72時間働き続ける執着心が必要だと言われている。猛烈に働けば必ず成功するという信念は、かつての日本を彷彿とさせる。「工作狂」(中国語でワーカホリックの意)は決して悪い意味ではなく、できるビジネスマンの必須条件のように扱われているのだ。(2018/6/7)

少年ジャンプ編集部がユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」配信 広告収益は100%投稿者に還元
キャッチフレーズは「マンガのミライがここにある。」。(2018/5/7)

キャッチコピー「℃℃℃」も登場:
広島電鉄、「カープ電車」18年バージョンを発表
広島電鉄が2018年バージョンの「カープ電車」を発表。広島東洋カープの応援企画の一環で、18年のキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」や球団キャラクターをラッピングした。(2018/3/6)

ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」 展覧会のアイドルなキャッチコピーに賛否
ねらいは伝わってくる。(2018/2/6)

休まない日本人:
厚労省「1月5日は休みましょう!」 現実は……
厚生労働省が「1月4日と5日を休んで11連休に!」というキャッチコピーで、年末年始休暇に有給休暇を組み合わせるように呼び掛けた。政府は20年までに有給取得率を70%に引き上げる目標を掲げているが、現実は……。(2017/12/28)

「太ってから痩せろ。」 破壊力のあるコピーでかつ丼を売るTwitter映えスーパー、ニチエーに話を聞いた
ほかにも「豚肉をころも着けて揚げて、玉子と玉ねぎと出汁でとじたやつ。」「ぶひー!ぶひ!ぶひ!」など、挑戦的なキャッチコピーが多数。(2017/11/6)

カワウソの頂点を決める総選挙 中間発表1位はサンシャイン水族館の「やまと」
キャッチフレーズは「あざとさ100% すべてが計算」。(2017/9/20)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
トレーニングは手段にすぎない! ライザップが提供するのはお客さまの自己実現
「結果にコミットする。」をキャッチコピーに、日本のみならずアジアにも店舗を展開している。お客さまに選ばれ続ける理由について話を聞いた。(2017/7/19)

新潮社、すごすぎてコピーが書けない「すごい小説」を発売前に異例の全文公開 Twitter等でのキャッチコピー案募集へ
「ルビンの壺が割れた」という新人作家の小説のコピーを募集しています。(2017/7/15)

『銀魂』69巻の告知ポスターがまさかの「いらすとや」製 誰だこれ作ったのは!
「あついバトル!」「たのしいギャグ!」なる素朴なキャッチフレーズを連発。(2017/7/12)

すずさんをお家で 「この世界の片隅に」Blu-ray&DVDが9月15日発売 100Pブックレット付きの限定版も
キャッチコピーは「あなたのおうちでいつでも会える。」(2017/6/1)

アニメ「サンリオ男子」2018年1月に放送決定! サンリオキャラ登場の第1弾PV公開
キャッチコピーは「男子でなにが悪いのさ」。(2017/5/23)

池田園子の「マーケ目線」 第4回:
「ボケない大阪移住プロジェクト」に学ぶ、“ツッコミ”から始まる好感度アップの方法
「ボケない大阪へ、ツッコメ」のキャッチコピーと、文字通り大阪の大地に頭から突っ込んだ人々を描いたインパクトあるポスターが話題を呼んだ「ボケない大阪プロジェクト」。企画に携わったNPO法人に話を聞いた。(2017/3/31)

映画「ドラえもん」のグッとくるポスターはなぜ生まれた? ストーリーボードポスター誕生の経緯を取材
「10万年後に助けてくれ。」などのキャッチコピーが話題になっていました。(2017/3/11)

「曲線を愛せ」のキャッチコピーにスリムなモデル ZARAの広告にネットで批判
スリムなモデルを起用した広告に「曲線……どこ……?」の声が。(2017/3/3)

CeBIT 2017:
ドイツの中心で「Society 5.0」を叫ぶ!? 「CeBIT 2017」に日本企業118社が出展
開催まで約1カ月に迫った世界最大級の国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」では、パートナー国である日本の118の企業/団体が「ジャパン・パビリオン」に出展。日本政府が掲げる科学技術計画のキャッチフレーズ「Society 5.0」の実現につながる、日本の技術や製品、サービス、最先端のソリューションを発信する。(2017/2/16)

「サンリオ男子」アニメ化は2018年冬に決定! キャストは江口拓也、内田雄馬などゲーム版から続投
キャッチフレーズは「男子でなにが悪いのさ」!(2017/2/3)

「ニコニコ超会議 2017」は4月29日、30日の2日間 キャッチコピーはジブリ鈴木敏夫Pの書き下ろし
キャッチコピーは「この景色の中にあたらしい『いま』。」(2017/1/17)

「真田丸」振り返り4コマ(12月18日放送分最終回)
最初に発表されたキービジュアルとキャッチコピー。ようやく納得することができましたね。(2016/12/20)

2017年の新作プリキュアは「キラキラ☆プリキュアアラモード」 キャッチコピーは「つくって! たべて! たたかって!」
ロゴにはお菓子のモチーフがいっぱい!(2016/11/28)

埼玉県熊谷市、キャッチフレーズ「あついぞ!熊谷」を今年からやめていた 市民から疑問の声受けて
日本有数の暑い街・熊谷……行政として「あついぞ!」推しは今後やらないそうです。(2016/9/14)

かっこよすぎ? 歴代iPhoneのキャッチコピーを振り返る
(2016/9/11)

パンツじゃないから恥ずかしくないもん! アニメ「ストライクウィッチーズ」2期&劇場場がAbemaTVで一挙配信
もはや懐かしさすら感じるキャッチフレーズ。(2016/8/26)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第518話 世界の中心でAIを叫ぶ
世はAIフィーバーまっただ中! よし、うちもAI活用に乗り出すぞ。分かりやすいキャッチフレーズを考えてくれたまえ!(2016/8/23)

みんな“恋するお人形”になっちゃった? 映画「燐寸少女」先行上映イベント
それ佐藤すみれさんのキャッチフレーズじゃないのか。(2016/5/17)

ESEC2016:
「10分でARMの世界に」アドバンテックがARM開発初心者に向けたパッケージ
アドバンテックがESEC2016で、「10分でARMの世界に」をキャッチコピーとした、ARM&Linuxアーキテクチャの開発を支援する「ARMスターターキット」を展示している。ボードからOS、開発環境、I/Oボード、PssSのAPIまでも含まれたオールインワンパッケージだ。(2016/5/12)

新海誠監督「言の葉の庭」、NHK BSプレミアムで3月25日放送
キャッチコピーは「愛よりも昔、孤悲(こい)のものがたり」。(2016/3/23)

“Let us loop you in.”ってどういう意味?
3月11日にAppleが公開した、3月のイベントのキャッチコピーは、“Let us loop you in.”でした。いつも謎かけのような言葉を記載するAppleですが、今回はどのような意味が込められているのでしょうか。(2016/3/14)

スマートエネルギーWeek 2016:
イナバの倉庫は太陽光発電システムが載っても大丈夫
「100人乗っても大丈夫!」というキャッチフレーズで知られる稲葉製作所の「イナバ倉庫」。ユアサ商事は「第6回 エコハウス&ビルディング EXPO」で、イナバ倉庫と太陽光発電システムをパッケージ化した製品を披露した。(2016/3/3)

安全システム:
スバル「アイサイト」でも交通事故はゼロにはならない、しかし6割は減らせる
「ぶつからないクルマ?」をキャッチコピーに拡販を続けてきた、富士重工業のステレオカメラを用いた運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」。2010年5月から10万円で販売を始めた2代目の「EyeSight(ver.2)」の搭載車は、非搭載車よりも人身事故発生件数が約6割少ないことが分かった。(2016/1/27)

Surface Pro 4完全検証(最終回):
「Surface Pro 4」さえあれば、何もいらないは本当か?
5回に渡ってお届けした「Surface Pro 4」の特大レビューもいよいよ最終回。結局のところ、「これさえあれば、何もいらない」のキャッチフレーズは本当なのだろうか。(2015/12/26)

こだわりバカ:
自治体のキャッチコピーは、なぜ“メルヘン化”してしまうのか
自治体のキャッチコピーといえば、あってもなくても同じ空気のような存在の言葉ばかり。筆者の川上氏は、自治体のコピーは空気化し、メルヘン化するケースがあるという。その理由は……。(2015/12/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。