ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カセットテープ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カセットテープ」に関する情報が集まったページです。

3分インタビュー:
タイパ重視じゃないの? “音楽を持ち歩く”キーホルダーがZ世代にウケた理由
(2024/2/19)

グッドパッチとUXの話をしようか:
なぜ、人は飲み会後にカラオケに吸い込まれるのか 「7つの欲求」から分析
なぜ、人は飲み会後にカラオケに行きたくなるのでしょうか? そして、なぜカラオケはこんなにも人々を魅了するのでしょうか? 人間が持つ「7つの欲求」から分析していきましょう。(2023/12/26)

『信長の野望』誕生秘話 “斜陽産業の社長”が1000億円企業を生み出すまで
『信長の野望』はなぜ誕生したのか。どのような戦略が、後の1000億円企業への誕生につながったのか。シブサワ・コウことコーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長に聞いた。(2023/12/15)

息子が突然「静かにして!」 → 最新テックを使ってアナログな方法で録音していた話に私もやっていた」「懐かしい」
お母さんの「ごはんよー」で台無しになってしまったり。(2023/11/17)

金型技術:
PR:クラウニングなど特殊ギア金型で、EVなどの軽量化や静音化に貢献
精密金型専業メーカーとしてギア(歯車)などのエンジニアリングプラスチック部品の金型を製作している第一精密産業。同社は1973年の創業以来、プラスチック成形金型および成形技術の研究に取り組んできた。現在も、先端技術を生かした金型設計、部品設計などに取り組み、需要の伸長が期待されるEV(電気自動車)向けの静音化、低振動などの特徴を持つ製品を中心にさらなる飛躍を目指している。(2023/11/17)

AIがサポートしたビートルズの新曲「Now And Then」リリース(動画あり)
“ビートルズの最後の新曲”、「Now And Then」がYouTube MusicやApple Musicなど、各種ストリーミングサービスでリリースされた。故ジョン・レノンがカセットテープに録音した音質の悪いデモから生成AIが“クリスタルクリアに”抽出したボーカルとピアノに、ポールとリンゴが演奏を加えた。(2023/11/3)

「木更津キャッツアイ」黄金タッグが再び! 新ドラマ「不適切にもほどがある!」、昭和のダメおやじが時をかける
主演は阿部サダヲさん、脚本は宮藤官九郎さん、プロデューサーは磯山晶さん。(2023/10/27)

カセットを入れるとギミックが作動……! 本当に録音・再生ができちゃうカプセルトイが「すごい」と話題に
カセットを入れないと録音・再生ができないのが良き……。(2023/9/8)

カセットテープで絵を描く!? ボブ・マーリーやジョン・レノン、テープで描いた肖像画がレトロで渋い
古き良き時代が垣間見れるアート。(2023/8/23)

令和に「ラジカセ」の新製品発売 ノスタルジーを感じるデザインにBluetooth機能を搭載
カセットテープの人気再燃でラジカセにも出番が……!(2023/8/22)

TDKカセットテープの全て、本になる 7日発売
双葉社は7日、TDKのカセットテープとその歴史を網羅した本「TDKカセットテープ・マニアックス」を発売した。B5判112ページで価格は1980円。(2023/8/7)

経済の「雑学」:
「ファミリーベーシック」って知ってる? ファミコン関連機器と『カービィ』『スマブラ』の関係
40周年を迎えた家庭用ゲーム機「ファミコン」は関連商品の豊富さでも知られる。その代表格がプログラミング可能な機器「ファミリーベーシック」。当時としては異色の商品で、後の人気ゲームの“生みの親”という輝かしい功績を持つ。(2023/7/22)

半世紀前に作られた「20連装カセットデッキ」が話題 「実在したのか」「初めてみた」の声
う、動くんだ……!?(2023/7/3)

「見た瞬間に『これだ!』」 オリラジ藤森、40年前の国産カーへ首ったけ 走行中に注目集めご満悦「めちゃくちゃ見られますよ」
前オーナーが大事に乗っていたことがわかる。(2023/6/17)

ポール・マッカートニー、ジョン・レノンの音源からAIで“ビートルズ最後の曲”を完成させたと明かす
あきらめてきたことがどんどん可能に。(2023/6/14)

ポール・マッカートニー、AIでビートルズの“新曲”作成中
ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンが死の直前に録音した曲をビートルズの“新曲”として年内にリリースするとBBCに語った。低品質録音からAIでレノンの声を抽出する。(2023/6/14)

週末に「へえ」な話:
なぜ「サンドイッチマン」は復活したのか 辞書から消えた言葉が面白い
『三省堂国語辞典から消えたことば辞典』という書籍が登場した。辞書から消えた言葉を紹介しているわけだが、読者に好評のようで。SNSで話題になっているだけでなく、発売1週間で重版も決定。担当の編集者に、辞書ができるまでの裏話を聞いたところ……。(2023/4/22)

Z世代が選ぶ「大人は懐かしいけどZ世代は知らないモノ」 3位「フラワーロック」、2位「MD」、1位は?
バイドゥは、Z世代を対象に「大人は懐かしいけどZ世代は知らないモノ」に関するアンケート調査を実施。結果をランキング化した。(2023/2/23)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
12mmの激薄『80年代風ラジカセ』を作り上げる、モノづくりってオモシロ!
モノづくりの楽しさが伝わってくる、面白い製品に出会いました。(2023/1/19)

「平成の匂い」「マジで買う!」 キャンプ芸人・たけだバーベキュー、往年の人気四駆「日産・テラノ」に大興奮
買っちゃえ!(2022/12/29)

12月6日は「音の日」:
「ミリオン」はもう古い? CD売り上げが減る中、音楽のヒットは「ビリオン」になるかもしれない
エジソンが錫箔蓄音機を発明した日とされることから、12月6日は「音の日」に制定されている。オーディオレコード市場を見れば、CD売り上げが減りつつも、アナログディスクの売り上げが伸びているようだ。また、昨今は音楽配信の市場も伸びており、これからは「ミリオン」より「ビリオン」がヒットの証となるかもしれない。(2022/12/6)

VHSテープを見た男の子「これらの本はなに?」 昔のメディアを見て驚く子どもの反応にクスッとする【海外】
言われてみれば……。(2022/11/21)

フラッシュメモリ「35年」の進歩と歴史【第2回】
NAND型フラッシュメモリがこれまでも、これからも使われ続ける理由
1987年に東芝が発明したNAND型フラッシュメモリは、現代に欠かせない記憶媒体になった。35年にわたって進化を続けてきた、その歴史を振り返る。(2022/11/2)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第22回):
“シンセの名機”を3D空間で演奏できるWebアプリ テクノ版「かえるのがっしょう」を聴いてほしい!
“シンセサイザーの名機”を3D空間上に配置して演奏できるWebアプリがある。懐かしい電子楽器を触りながらテクノ版「かえるのがっしょう」を演奏したので、ぜひ聴いてほしい!(2022/10/15)

福田昭のストレージ通信(238) フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表(19):
(番外編)携帯型オーディオプレーヤーの歴史年表(1979年〜1993年)
今回は番外編として、携帯型オーディオプレーヤー(携帯型音楽プレーヤー)の主な歴史をたどる。(2022/10/7)

SFプロトタイピングの事例を紹介:
2100年までぶっ飛ぶ――日本科学未来館がSF作品を創作 参加型イベントで「SFプロトタイピング」を使ったワケ
日本科学未来館が「未来の暮らし」を考えるイベントを開催しました。2100年という遠い未来を描くに当たり、SFプロトタイピングを活用しています。同館の科学コミュニケーターに、イベントの背景を取材しました。(2022/10/7)

「ビデオテープケース入りの同人誌」を作りたい → 2.6万いいねで商品化決定 印刷会社の中の人に経緯を聞いてみた
ビデオテープケースと同人誌、奇抜だけど親和性が高いかもしれない組み合わせ。(2022/9/15)

法改正でオンライン申請促進:
脱フロッピーディスク? デジタル庁、行政手続きでの記録媒体の指定撤廃へ
フロッピーディスク(FD)、CD-ROMなどの記録媒体が、民間企業からの申請手続きを煩雑にしているとして、デジタル庁が行政手続き時に使用媒体を指定する法令について、撤廃する方針を示した。(2022/8/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Aaron Farney(前):
大きいサーバって小さいエアコンだけだと熱暴走するんですね
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はUnwired LogicのAaron Farney(アーロン・ファーニー)さんにお話を伺う。農家に生まれ、忙しくも楽しい10代を過ごしたアーロンさんが日本に憧れたきっかけは「ナショナル ジオグラフィック」だった?(2022/7/26)

初めてカセットテープを見た娘、「これは何?」と困惑して…… ジェネレーションギャップを痛感する姿に共感の声【米】
これぞ世代の違い……!(2022/6/27)

アラフィフ新人アイドル「GoziU」2期生加入インタビュー 小6が“おばさんになった”と嘆く時代に「楽しく年取っていけるんだぞって見てもらいたい」
会いに行けるアイドルではなく、会いに行くアイドル。(2022/6/16)

聖飢魔II、23年ぶりのオリジナル大経典発布 地球デビューした全構成員が参加しゼウスへ反撃
8月にはデーモン閣下の説法も入ったカセットテープ版を発布。(2022/6/6)

小寺信良のIT大作戦:
iPodは「Goodbye, MD」し、世界を変えて、Goodbyeした
iPod miniを売り出したときの日本でのキャッチフレーズは「Goodbye, MD」だった。それ以外にもiPodは多くのものを変えてきた。その歴史を小寺信良さんが振り返る。(2022/5/26)

CDや配信の「次の一手」:
仲間の死、脳梗塞に倒れたドラマーの復活 ラウドネスが切り開くビジネスモデルの「誕生前夜」
デビューから41周年を迎えた日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」。所属事務所の社長に、コロナ禍以降のラウドネスの活動、ビジネスモデルについて聞く。(2022/5/22)

B'zの新アルバム、特典はまさかの“カセットテープ” 「カセットって、あのカセット?」「予想の斜め上」と驚く声
カセットテープ未体験の世代でも楽しめそう。(2022/5/13)

これでサブスクは不要? PCなしでCD楽曲をスマホに取り込める「CDレコ6」徹底レビュー
Apple MusicやAmazon Music Unlimitedなどをはじめ、サブスクサービスによってこれまで聞かなかったジャンルの音楽を気軽に聞けるようになった。とはいえ昔から気に入っている曲をCDで持っているなら、スマホでも聞きたい。PCなしでCDの音源を取り込める「CDレコ6」を紹介する。(2022/5/16)

「カセットテープ」トレンド入り B’zの新アルバム発表で マクセルも便乗「60周年です」
12日夜、Twitterでは「カセットテープ」がトレンド入りした。人気アーティスト「B'z」が8月に発売する新アルバム「Highway X」の初回生産限定版にカセットテープが付属するという。(2022/5/12)

「星のカービィ」が30周年 生みの親の桜井政博さんをはじめお祝いが多数寄せられる
もう30年かぁ……。(2022/4/27)

立ちどまるよふりむくよ:
Macが生まれた年からの贈り物は、逆回転で「タイム・アフター・タイム」と囁く
カセットテープから逆回転の歌が聴こえたら、それは良いニュースかもしれない。(2022/4/14)

「好きすぎます」「綺麗な音色が聴こえてきそう」 春夏秋冬を“記録”した透明なカセットテープがすてき
春夏秋冬のベストアルバム。(2022/3/31)

レトロモダンなラジカセが登場 哀愁漂うアナログスイッチ搭載だけどBluetoothにも対応した充実機能
懐かしさあふれるデザイン。(2022/2/22)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
競合ひしめく音楽サブスク、どう使い分けてる? IT系編集者2人の場合
複数加入している人も多いであろう音楽サブスクサービス、使い分けはどうしているのか。2人のIT系編集者が振り返る。(2022/1/18)

「こんな形の同人誌、創れます」カセットテープのような同人誌の投稿に「めっちゃ素敵」「エモい」
創作意欲が刺激された人多数。(2022/1/18)

悲観的に捉えるな:
BABYMETALのプロデューサー「KOBAMETAL」に聞くライブエンタメビジネスの展望
BABYMETALをプロデュースしたKOBAMETALさんにコロナ禍のライブ・エンタテインメントビジネスの展望を聞いた。(2022/1/13)

“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る:
カセットからフロッピー、そしてハードディスクを制御するSASI、SCSI、IDE、ATA、SATA――さまよえるストレージ用インタフェース標準を語る
PCの源流を辿っていく大原雄介さんの連載第15回は、ちょっと目先を変えて、ストレージ用インタフェースの進化について。(2022/1/12)

100年後の世界はどうなっていると思う? “魔法のアイテム”スマホを握って未来を考える展覧会を見てきた
スマホは、過去の人にとっては“魔法のアイテム”だ。カメラも電話も音楽再生もできるなんて信じられないだろう。でも、僕たちだって100年後の世界を想像するのは難しい。そんな未来を考えるヒントをくれる展覧会を見てきた。(2022/1/6)

ハンバーガーちゃんの「存在しないアニソンCD」22年4月29日リリース 誰も原曲を知らないキャラソンのカバーも
どういうこと?(2021/12/12)

カセットテープ自体がひっくり返るのかよ! 知る人ぞ知る「半世紀前のオートリバース」が魅惑の変態機構
人力でやっていた作業を。そのまま機械が代わりに。(2021/12/7)

スーパーの「ポポーポポポポ♪」をいつでも聞けると話題の「呼び込み君ミニ」 誕生の経緯をメーカーに聞いた
発売は12月ですが、既に相当数の予約が入っているそうです。(2021/10/21)

「ビクター」の昭和家電がミニチュアに! ブラウン管テレビやVHSビデオレコーダーなど
昭和レトロな名機のミニチュア。(2021/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。