ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「会長」に関する情報が集まったページです。

日本HPが社長交代を発表 岡戸伸樹氏が11月1日に就任 岡隆史氏は会長に
日本HPが11月1日付けで社長を交代すると発表した。新代表取締役 社長執行役員は、現常務執行役員 デジタルプレス事業本部長の岡戸伸樹氏だ。(2021/10/14)

DMM亀山会長、“コミケ代行”記事について謝罪 「生み出す苦労知りながら配慮に欠けた発言」
DMM.comの亀山敬司会長が、Webメディア「cakes」に掲載された、転売を容認するかのような内容の記事が批判を浴びている件を巡り「多くの方に不快感を与えてしまったこと大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。(2021/10/12)

DMM亀山会長、cakesの“転売容認”記事について謝罪 「配慮に欠けた発言をしてしまった」
「DMMの会長」がトレンドワードに上がるほどの事態となっていました。(2021/10/12)

ヤンキーが「段ボールの縛り方」を教える漫画が超タメになる 町内会長も「相当デキるッ!!」
なんてわかりやすいんだ……!(2021/10/10)

岸田氏2度目の”インスタライブ” 家族の絆アピール
自民党総裁選に立候補した岸田文雄前政調会長が、2度目となるInstagramのライブ配信に挑戦した。この日は妻の裕子さん、長男の翔太郎さんと共演し、息の合った掛け合いで家族の絆を披露。岸田氏は「欠点ばかりですが、力を合わせ頑張っていきたい。そして今は何より総裁選を頑張りたい」と力を込めた。(2021/9/22)

三木谷氏の「新経連」 若者への接種促進などを要望
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める新経済連盟は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に関する提言をとりまとめた。若者へのワクチン接種を加速し、都道府県をまたぐ移動やイベントへの観客制限、飲食店への規制を撤廃するよう求めた。(2021/9/13)

岸田氏、インスタライブに挑戦 河野氏を意識
自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への立候補を表明している岸田文雄前政調会長が、Instagramのライブ配信に初挑戦した。視聴者からの私的な質問に答え、若年層に浸透するのが狙い。同日に出馬を表明した河野太郎ワクチン担当相はTwitterを駆使し、人気を高めていることもあり、今後も会員制交流サイト(SNS)を積極的に活用していく考えだ。(2021/9/13)

千秋、芸歴30周年迎えNG事項を一部解禁 日本板硝子元会長の父のエピソード明かす「寝言でもいつも、化学式とか」
NG事項であった家族の話題について少しだけ解禁した千秋さん。(2021/9/10)

勃発「山口の変」:
山口FG「CEO電撃解任」で見えた 地銀改革を阻む金融行政の「置き忘れ荷物」
「山口の変」が勃発した。多角経営など、地銀改革を進める山口フィナンシャルグループで会長兼CEOが電撃解任された。改革の進む山口FGで何が起こったのか。背景には金融当局の失政も透けて見える。(2021/8/27)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「トロピカル〜ジュ!プリキュア」前半戦を振り返る 人気になった意外なキャラクターたち
「トロピカル〜ジュ!プリキュア」、生徒会長や桜川先生などのサブキャラクターもとても魅力的なのです。(2021/8/26)

街を走る違法な電動キックボードの正体 危険車両が出回る理由
規制緩和に伴い、街中でも見掛けることが増えた電動キックボード。販売事業者が集う業界団体「JEMPA」の会長によれば、その多くが国交省が定める保安基準を満たしていないという。基準を満たさない車両の特徴や、そういったキックボードが出回る理由とは。(2021/8/23)

首相、経済界にテレワーク徹底を要請 経団連十倉会長と会談
菅義偉首相は東京都千代田区の経団連を訪問して十倉雅和会長と会談し、新型コロナウイルス感染拡大防止策として在宅勤務などのテレワークの徹底を要請した。自ら経団連に出向くことで対策強化への意欲をみせたとみられ、十倉氏は会員企業への呼び掛けを行うと応じた。(2021/8/19)

孫氏の投資に、中国などの政治リスクが顕在化
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は10日の会見で、中国当局の規制強化で株価が下落する中国の投資先企業に引き続き投資していく姿勢を示した。同時に、韓国やインド企業などにも分散して投資していく方針を掲げるなど、米中対立の影響もあって先鋭化している中国企業への投資リスクを回避していく姿勢も強くにじませた。(2021/8/11)

推しは推せるときに推す! 卒業ライブ直前に完成した「ホロライブ」4期生・桐生ココ仕様のダイハツ ミラがカッコイイ
会長、フォーエバー。(2021/7/24)

Facebook幹部のシモ氏をInstacartがCEOとして引き抜き
Facebookのベテラン幹部でアプリ責任者を務めるフィジー・シモ氏が退社する。食品配達サービスのInstacartがCEOに迎え、共同創業者の現CEOは取締役会長に退く。(2021/7/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アマゾン創業者退任、どんな影響が? 国内外の「退任劇」を振り返る
米国のIT大手、アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス氏が6日、CEOを退任し取締役会長となった。後継には、AWSを率いるアンディ・ジャシー氏が就任している。企業の顔ともいえる創業者がCEOや会長の座を降りた時、市場にはどのような影響があるのだろうか。国内外の事例を確認していきたい。(2021/7/9)

経団連の前会長、中西宏明氏が死去 日立製作所のITシフトをけん引
日本経済団体連合会(経団連)前会長の中西宏明氏が、6月27日にリンパ腫のため亡くなった。75歳だった。2019年に病状を公表し、治療に専念するため21年6月に会長を退任していた。日立製作所が7月1日に発表した。(2021/7/1)

リンパ腫のため:
経団連前会長・中西宏明氏が死去 デジタル社会・脱炭素社会の実現に尽力 現会長の十倉氏「意志受け継ぐ」
経団連前会長の中西宏明氏が、リンパ腫のため亡くなった。75歳だった。中西氏は、デジタル社会や脱炭素社会の実現のため、エネルギー政策や教育などについて提言を行うなど、功績をのこしている。(2021/7/1)

株主総会で孫正義節「情報革命の資本家」
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は23日に開催した定時株主総会で、「人工知能(AI)を使った情報革命に注力したい」と述べ、同社や同社の傘下ファンドが進めている各国のAIベンチャー企業への投資を今後も続ける方針を強調した。(2021/6/24)

日本電産永守会長「これ以上の人物いない」 株主総会で新CEOの関氏を評価
日本電産は22日、京都市内で株主総会を開き、総会後の取締役会で創業者の永守重信会長から関潤社長に最高経営責任者(CEO)を引き継ぐことを決めた。(2021/6/23)

株主総会で:
日本電産永守会長「これ以上の人物いない」 新CEOの関氏を評価
日本電産は22日、京都市内で株主総会を開き、総会後の取締役会で創業者の永守重信会長から関潤社長に最高経営責任者(CEO)を引き継ぐことを決めた。(2021/6/22)

Microsoft、サティア・ナデラCEOを兼任会長に選出 現会長は主任取締役に
Microsoftのサティア・ナデラCEOが取締役会長を兼任することになった。現会長のジョン・トンプソン氏は筆頭独立取締役に就任。同社のCEOが会長を兼任するのはビル・ゲイツ氏以来だ。(2021/6/17)

DHC、会長のヘイトメッセージをサイトから削除 半年にわたり掲載、ネットでは「差別企業」と批判も
文章は削除されたものの、発言の撤回・謝罪などは確認できず。(2021/6/4)

化学企業トップが目指す「グロース企業」カギを握るOODAカルチャーとは
「グロース企業の文化を見習え」――。半導体材料などで知られる化学メーカー、JSRの会長が語ったのは、成長の仕組みや戦略ではなく、企業文化の作り方だった。「脱PDCA」で飛躍を目指す。(2021/5/21)

ビル・ゲイツ氏、Microsoft従業員との不適切な関係が会長辞任の一因との報道
Microsoftの女性エンジニアが2019年、ビル・ゲイツ氏との不適切な関係について取締役会に申し立て、取締役会が調査している中、ゲイツ氏が会長を辞任したとWall Street Journalが報じた。ゲイツ氏の広報担当はそうした関係があったことを認めた。(2021/5/17)

政府の対応は「10点中、2点」:
五輪断行は「自殺行為」 楽天・三木谷氏
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が14日に公開された米CNNテレビ系のインタビューで、東京五輪の開催を「正直に言って自殺行為のようだ」と話し、新型コロナウイルスの流行が加速する中で断行することに強い反対を表明した。(2021/5/15)

忖度し過ぎ:
スギ薬局会長夫妻のワクチン優先、背景に何が
新型コロナのワクチン接種で、愛知県西尾市の近藤芳英副市長が担当部局に指示し、市民で薬局大手スギ薬局を経営する「スギホールディングス」の創業者、杉浦広一会長と妻の昭子相談役の予約を優先的に確保していたことが発覚した。(2021/5/14)

製造マネジメントニュース:
日立の社長兼COOにLumada立ち上げの小島氏が就任「徹底的にスピードアップ」
日立製作所は、同社 取締役会長 執行役の中西宏明氏の退任に合わせて、社長兼CEOの東原敏昭氏が会長兼CEOに、代表執行役 執行役副社長 社長補佐を務める小島啓二氏が新たに社長兼COOに就任する人事を発表した。「Lumada」の立ち上げに尽力したことで知られる小島氏は、今後の方針として「徹底的にスピードアップしていく」ことを掲げた。(2021/5/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「グローイング・サイクル」を回すことで組織の全員が戦力になる
かつて日本マクドナルドの「ハンバーガー大学」で学長を務め、「ユニクロ大学」でも実績を残した有本均氏。現在はホスピタリティ&グローイング・ジャパン会長として、多くの企業の人財育成をサポートする。目指すのは「全員を戦力にする」こと。そのための方法について、一端を紹介してもらおう。(2021/5/13)

「秘書が使命感ゆえに問い合わせ」「会長自身は希望していない」――スギHD、会長へのワクチン便宜で謝罪
スギホールディングスが5月11日、愛知県西尾市の副市長が新型コロナウイルスのワクチンを優先的に確保した問題についてコメントを発表した。(2021/5/11)

Subscribed Instituteトップが語る:
成功するサブスクリプションビジネスに必要な5つの条件とは?
「所有」から「利用」への変化はますます加速し、サブスクリプションビジネスの成長は続く。成功の条件とは何か。ZuoraバイスプレジデントでSubscribed Institute会長のエイミー・コナリー氏が語った。(2021/4/26)

日本電産・永守会長がCEO退く 日産出身・関社長に権限委譲
 日本電産は22日、関潤社長が最高経営責任者(CEO)を兼務する人事を発表した。これまで創業者の永守重信会長がCEOを兼務してきた。関氏が経営責任を持って意思決定を速め、永守氏は代表権を持つ会長として中長期的な経営に専念する。6月の株主総会と取締役会で正式決定する。(2021/4/23)

ベゾスCEO最後の株主年次書簡で「プライム会員2億人超」「従業員をロボット扱いなどしていない」
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが1997年から続けている株主向け年次書簡を公開した。これが最後になる書簡で、会長就任後のビジョンを語った。労働問題で注目されているが「地球最高の雇用主を目指す」としている。(2021/4/16)

製造マネジメントニュース:
東芝の社長に綱川氏が再登板、電撃辞任の車谷氏は「再生ミッションやり切った」
東芝は2021年4月14日、同社 代表執行役社長 CEOの車谷暢昭氏が辞任し、代わって取締役 会長を務める綱川智氏が新たな代表執行役社長 CEOに就任すると発表。同日オンライン会見を行い、辞任の経緯や今後の経営の方向性などについて説明した。(2021/4/15)

バリアのように人が寄り付かない―― “世界から距離を置かれた少女”が再び世界と向き合う漫画
孤独な少女の前に現れたのは、みんなから好かれる生徒会長でした。(2021/4/15)

アニメ「やくも」の舞台裏【前編】:
多治見が舞台の陶芸アニメ『やくならマグカップも』、“原作者”は東京ディズニーランド生みの親! 仕掛け人が明かす観光戦略の裏側
聖地巡礼の元となる地域住民がコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――そんな地方創生戦略のもとに動いていた作品がある。漫画『やくならマグカップも』だ。陶芸に打ち込む女子高生を描いた作品で、「美濃焼」で知られる岐阜県多治見市を舞台にしている。仕掛け人のIT企業「プラネット」の小池和人会長によると、その背景には東京ディズニーランドの生みの親である故・堀貞一郎さんとの切っても切り離せない関係があるという。東京ディズニーランドと『やくも』はどうつながっているのか。なぜ、コンテンツで地方創生を志そうと思ったのか。小池さんに聞いた。(2021/4/5)

自信満々のバトンタッチ――富士通クライアントコンピューティングが社長を交代 Lenovo出身の大隈氏が就任
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、創立以来初めて社長を交代した。新社長は、Lenovoでアジア太平洋地域におけるSMB事業を担当していた大隈健史氏で、前社長のの齋藤邦彰氏は代表権のない取締役会長となる。(2021/4/1)

攻めの姿勢:
ワタミ渡邉美樹会長が見据える“コロナ後のマーケティング戦略”
外食チェーンのワタミ渡邉美樹会長兼グループCEOが語る“コロナ後のマーケティング戦略”とは?(2021/3/31)

“いま”が分かるビジネス塾:
「仕事中に下品なことを言う」人の未来がない、これだけの理由
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長による女性蔑視発言、テレビ朝日「報道ステーション」のCMなど、このところジェンダー問題が噴出している。この問題を回避する方法はあるのか。筆者はシンプルな方法を考えていて……。(2021/3/30)

電気自動車:
電池メーカーなど28社が「電池サプライチェーン協議会」、日本の国際競争力を強化
電池メーカーや素材メーカーなど28社は2021年3月8日、「電池サプライチェーン協議会(Battery Association for Supply Chain、BASC)」を同年4月1日付で設立すると発表した。材料や原料を含めた電池のサプライチェーンにおいて健全な発展と国際競争力の強化を図る。会長には、住友金属鉱山 執行役員 電池材料事業本部長の阿部功氏が就任する。(2021/3/9)

自動車業界の1週間を振り返る:
ホンハイがEV参入、シャオミも? 「私たち以外」にとってのクルマとは
1週間おつかれさまでした。2月が終わってしまいますね。月並みですが「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という表現の的確さを実感します。ここ何年か、私の周囲ではメンバーがガラッと変わることがないので忘れがちですが、春は異動の季節でもありますね。先週末のホンダの社長交代に続き、今週はスズキ 代表取締役会長の鈴木修氏が退任することが発表されました。トップの交代や、長く自動車業界の最前線にいた人の退任は、大きな節目ですね。(2021/2/27)

結局、2月24日に:
妻への暴行容疑で「休職」していた原田泳幸氏、ゴンチャジャパンを「一身上の都合」で辞任
妻への暴行容疑で逮捕された原田泳幸氏。ゴンチャジャパンは原田氏が代表取締役会長兼社長兼CEOを辞任したと発表した。グローバルシニアリーダーシップのチームメンバーも辞任した。(2021/2/25)

製造マネジメントニュース:
鈴木修氏が会長退任、2025年までに「電動化技術そろえる」
スズキは2021年2月24日、代表取締役の異動と2025年度(2026年3月期)を最終年度とする中期経営計画を発表した。(2021/2/25)

サンシャイン池崎、感謝の“ネテロ会長コス”に「涙出る程、爆笑」 「感謝のジャスティス1万回」の生配信予告も
感謝するぜ お前と出会えた これまでの全てに!!!(2021/2/19)

スピン経済の歩き方:
「女性社外取締役」が増えると、男女格差が広がる皮肉なワケ
オリパラ組織委員会の会長人事の議論が盛り上がるなか、民間企業では着々と女性の経営参画が進んでいる。不二家が女優の酒井美紀さんを社外取締役に大抜てきしたが、筆者の窪田氏は「女性社外取締役が増えれば増えるほど、男女格差が広がっていく」という。どういう意味かというと……。(2021/2/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
森喜朗氏、菅義偉氏から逆説的に学ぶ、正しい謝り方
森喜朗会長や菅義偉首相の「謝り方」について、厳しい批判の声が飛び交っている。謝罪しているのに、なぜその意図が伝わらないのか。ビジネスパーソンにとって、正しい謝り方は……。(2021/2/16)

本人から申し出:
わいせつ行為の疑いで逮捕されたアルペンの創業者が代表取締役会長を辞任 「職責を十分に果たせない」
逮捕されたアルペンの創業者が代表取締役会長を辞任した。本人から「取締役としての職責を十分に果たすことができないため、取締役を辞任したい」と申し出があったという。(2021/2/12)

SBG孫社長、失踪報道のジャック・マー氏とは「個人的な趣味の話をしている」
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は、失踪報道のある中国Alibaba創業者のジャック・マー氏と連絡を取り続けていることを明かした。(2021/2/8)

おわびも:
暴行容疑の原田泳幸氏は「調査が完了するまで休職」 ゴンチャジャパンが発表
ゴンチャジャパンの会長兼社長兼CEOである原田泳幸氏が暴行容疑で逮捕されたとの報道があった。同社は一連の報道を受けて声明文を発表した。(2021/2/8)

田村淳、東京五輪の聖火ランナーを辞退 森喜朗会長の姿勢にも疑問「強引にオリンピックをやって、それで誰が幸せに」
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大の影響も踏まえて自身の考えを伝えています。(2021/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。