ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「会長」に関する情報が集まったページです。

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ジャック・マー氏“失踪”直前のスピーチ全文(後編)
アリババのジャック・マー(馬雲)前会長が、2カ月余り公の場に姿を現さず、消息についてさまざまな憶測が流れている。氏が2020年10月24日のスピーチで、中国の金融当局を批判したため、習近平国家主席らの怒りを買ったとの説もある。今回は、筆者訳のスピーチ全文の後編を紹介する。(2021/1/15)

電動化:
電動化に全振りのGM、全車種の電動化とともに物流向けEVサービスへ参入
GMの会長兼CEOであるメアリー・バーラ氏は2020年1月12日(現地時間)、オンラインで開催中の「CES 2021」(2021年1月11〜14日)の基調講演に登壇し、現在が「歴史的にも社会的に変曲点にある」ということを訴えた。(2021/1/14)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ジャック・マー氏“失踪”直前のスピーチ全文(前編)
2カ月余り公の場に姿を現さず、その消息がさまざまな憶測を呼んでいるアリババのジャック・マー(馬雲)前会長。2020年10月24日に氏が行ったスピーチが、中国の金融当局を批判し、習近平国家主席らの怒りを買ったとの説もあるが、実際の発言と大きくずれた報道も増えている。そこで、筆者訳のスピーチ全文を全2回に分けて紹介したい。(2021/1/14)

世界の投資マネーが「日本に集まる」理由 マネックスグループ社長・松本大
 コロナ禍で世界経済が歴史的な落ち込みを記録した2020年だったが、株式市場では日経平均株価はバブル後の最高値を更新、米国のダウ工業株30種平均も初の3万ドル超えを果たした。コロナとともに迎える21年の市場はどうなるのか。マネックスグループの松本大(おおき)会長兼代表執行役社長CEO(57)は、海外の機関投資家による「日本買い」が市場を支えるとみる。そして気になる暗号資産(仮想通貨)のビットコインの買い方についても語った。(聞き手・中田達也)(2021/1/6)

355万超を回収:
ニトリがアスベスト含有で謝罪、年末年始も相談カウンターは対応
ニトリホールディングス(HD)の似鳥昭雄会長らは12月26日午後、東京都内で会見を開き珪藻土商品に法令の基準を超えるアスベストが含まれていた問題について陳謝。同社は、コースターとバスマット23製品・355万個超を回収するとしている。(2020/12/27)

“ガソリン車禁止”にトヨタ自動車・豊田章男社長反旗の狙い 識者「政府に具体的プランの提示求めたのでは」
日本自動車工業会の豊田章男会長は、2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指す政府目標に関し「エネルギー政策の大変革なしにはできない」と述べた。HVの普及率や雇用などの実情についても考慮した上で議論を進めるべきだと指摘した。(2020/12/23)

DHC会長が自社サイトにヘイトメッセージ掲載で批判 「ドン引き」「おぞましいほど直球の差別」
ハッシュタグ「#差別企業DHCの商品は買いません」もトレンドに。(2020/12/16)

ET&IoT Digital 2020:
withコロナ時代に果たすべきIoTの役割、AIによる「社会の自動運転」を見据えよ
オンライン開催されている「ET&IoT Digital 2020」において、東洋大学 INIAD 学部長の坂村健氏が「ウィズコロナ時代のIoT」をテーマにとする基調講演に登壇。コロナ禍におけるIoTの役割や、坂村氏が会長を務めるトロンフォーラムの活動を紹介した。(2020/11/25)

PTA会長「今年の定例会はZoomで!」 → 試してみたらメリットしかなかった実録漫画が最高にためになる
全国に広がってほしい。(2020/11/2)

島忠へのTOB正式参戦:
ニトリ・似鳥昭雄会長「お値段以上」の買収に自信!
家具大手のニトリホールディングスが、島忠に株式公開買い付けを実施すると発表した。似鳥昭雄会長は記者会見で「島忠ブランドを今まで以上に発展させていくパートナーになりたい」と強調、「お値段以上」の買収に自信をのぞかせた。(2020/11/1)

楽天モバイルが11月4日に発表会 YouTubeでライブ配信も
楽天モバイルが、11月4日11時にプレスカンファレンスをオンラインで開催する。三木谷浩史会長兼CEOや山田善久社長が登壇する。当日はYouTubeでライブ配信も行う。(2020/10/29)

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】:
「シンギュラリティはSFめいた話」──人工知能学会会長が切る“間違ったAIのイメージ”と正しいAI研究の姿
「シンギュラリティはSFめいた話」という人工知能学会の野田五十樹会長。これまでのAI研究の歴史と、今のAIの研究テーマについて野田会長が解説した。(2020/10/29)

菅氏はスイーツ写真に「かわいい」の声、岸田氏・石破氏は炎上……自民党総裁選3候補のネット活用を比較する
14日投開票の自民党総裁選に向け、立候補中の菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長。3候補のネット活用を比較すると明暗が分かれる形となった。(2020/9/11)

バフェット氏の商社株取得 国際的認知度向上に期待
 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏による出資を受け、三菱商事など総合商社5社の31日の株価は急上昇した。丸紅が一時前週末終値比14%上昇したほか、終値でも住友商事が9%超の大幅上昇となった。これまで総合商社の海外での知名度は低かったが、新型コロナウイルス禍でも堅調に利益を出している点が評価されたとみられる。伊藤忠商事の岡藤正広会長は「業界活性化の起爆剤になると確信する」と歓迎した。(2020/9/1)

剛力彩芽、オスカー退社報告 「父のような強くも温かい」会長への感謝つづる
所属事務所は「私どもにとっても誇らしく宝物」。(2020/8/31)

Altair 2020 Global Experience:
PR:アルテアCEOが語る、シミュレーション×データ分析×HPCの融合がもたらす価値
Altair Engineeringは、全世界に向け「Altair 2020 Global Experience」をオンラインで開催。同社の創業者であり、会長 兼 CEOを務めるジェームズ・スキャパ氏が、シミュレーションやデータ分析、HPCにおける最新トレンドや同社の戦略について語った。また、新たなライセンスモデルおよびクラウドプラットフォームに関する発表も行われた。(2020/8/18)

楽天モバイルは2021年夏に人口カバー率96%へ、5Gは「大々的に発表する」と三木谷氏
楽天の三木谷浩史会長兼社長が、8月11日の決算説明会で、MNOサービス「楽天モバイル」の現状を説明した。基地局は2021年3月までに70%、2021年夏頃までには96%の人口カバー率を達成する見込み。9月末に提供予定の5Gサービスの料金プランは「驚きもある」という。(2020/8/11)

スピン経済の歩き方:
日本電産永守会長が炎上! 「即戦力になる新卒」を求めることは、罪深いのか
カリスマ経営者が「炎上」してしまった。日本電産の永守重信会長・CEOである。「カンブリア宮殿」(テレビ東京)に出演したときの言動が問題視されているわけだが、どのようなコメントをしたのか。(2020/8/4)

冷静な判断奪う:
「2800億円を提供」 大手チェーン会長が魅了された「M資金」の魔力
先の大戦に敗れた日本を統治したGHQが接収したとされる巨額資産「M資金」を提供すると持ち掛け、多額の現金をだまし取った男らが、神奈川県警に逮捕された。大手飲食チェーンの運営会社会長が狙われ、30億円以上を詐取されたとみられる。(2020/8/3)

スピン経済の歩き方:
古典的な手口で「30億円」! なぜコロワイドの会長はコロッと騙されたのか
また、企業の経営者が詐欺にだまされてしまった――。外食チェーンを展開するコロワイドの蔵人金男会長である。詐欺の手口は「古典的」なものなのに、なぜだまされてしまったのか。その背景に迫ってみたところ……。(2020/7/28)

「UFF」は過去最大の出荷台数:
日本電産、売り上げ減でも営業増益、利益率も8.3%に
日本電産は2020年7月21日、2021年3月期第1四半期(2020年4〜7月)の決算説明会を行った。売上高は前年同期比6.6%減の3368億円だった一方、独自の収益構造改善策「WPR4プロジェクト」による原価改善などによって営業利益は同1.7%増の281億円、営業利益率も同0.6ポイント増の8.3%に向上した。日本電産 代表取締役会長兼CEO、永守重信氏は、「営業利益281億円のうち100億円はWPR4によるものだ。Q2以降もさらに改善が進むと自信を持っている」と語っている。(2020/7/22)

渋谷の一等地:
在宅勤務が進んでも、月3億円の家賃でも「オフィスは必要」 GMO熊谷社長の哲学
オフィスは武器だ──。テレワークの普及でオフィス需要の低迷のみならず、場合によっては不要論すら叫ばれるなか、GMOインターネットグループの熊谷正寿会長兼社長は必要性を説く。その理由は。(2020/7/8)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「孫正義氏はアリババへの投資で運を使い切った」中国メディアが分析するソフトバンク低迷の要因
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長が6月25日、中国EC最大手のアリババの取締役退任を表明した。5月にはアリババ創業者のジャック・マー氏が、SBGの取締役を退くと発表。一方SBGは、2020年3月期の連結決算で過去最大の最終赤字を計上しており、中国メディアでは「孫氏はアリババへの投資で運を使い果たした」という辛辣な分析も出ている。(2020/7/2)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
最終赤字6700億円でも「手元資金は十分」とうそぶく日産 問われる内田社長のリーダーシップ
日産自動車は最終損益が6712億円の赤字になった。赤字額としてはカルロス・ゴーン元会長が改革に乗り出した2000年3月期の6843億円に次ぐ規模。内田誠社長は「現時点では十分な資金が確保できている」と言うが、日産の求心力は失われ、幹部の流出も続いている。(2020/6/23)

モノづくり最前線レポート:
“ニューノーマル”でモノづくりはどう変わるか、ロックウェルとPTCの取り組み
米PTCは2020年6月9日(現地時間)、同社初となるバーチャルライブイベント「LiveWorx 20 Virtual」を開催した。本稿では「Expanding Human Possibility(人の可能性の拡張)」をテーマとした、米Rockwell Automation会長兼CEOのブレイク・モレット氏による講演の内容を紹介する。(2020/6/22)

サイバーエージェントと「EXILE」のLDH、動画事業で合弁 コンサート映像など配信
サイバーエージェントが、音楽ユニット「EXILE」などが所属する芸能事務所LDH JAPANと合弁会社「CyberLDH」を設立した。新会社はLDH JAPAN所属アーティストのコンサート映像や、メンバーが生出演するWeb番組を配信する動画サービス「CL」を運営する。会長はLDH JAPANの森雅貴CEO、社長はサイバーエージェントの藤田晋社長が務める。(2020/6/15)

踊れない会長、嫌われる石上、キレる藤原書記「かぐや様は告らせたい?」10話 体育祭前狂想曲
ちゃらんぽらんな藤原書記でも譲れないものがある。(2020/6/14)

電子化を阻んでいた要因は?:
GMO「脱はんこ」即断の背景 そのとき、社内で何が起きていたのか
GMOインターネットグループの熊谷正寿社長兼会長が4月15日にSNSで「脱はんこ」を宣言。直ちにグループ各企業の幹部に押印の実態調整を命じ、翌々日の17日には「印鑑レス」「ペーパーレス」を発表した。スピード対応の裏側は。(2020/6/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
「シリコンバレーは中国に屈する」 Google元会長のエリック・シュミットが声高に唱える“危機感”
トランプ大統領が中国の脅威を煽っているが、Googleのエリック・シュミット元会長も、AIの分野で中国への危機感を主張する。中国は人権を無視したデータ収集や企業への巨大投資によって、スマートシティ構想を加速。日本も含めて、研究開発を進めないと追い付けなくなる。(2020/5/28)

BIM:
Revitユーザー会「RUG総会」、新体制で共有パラメーターを標準化し横の連携を
Revitユーザー会のRUG 2020年度総会がオンラインで開催され、吉原和正氏が会長に就任し、新体制が発表された。2020年度の方針では、意構設でのBIMデータ連携の具現化を進め、その先には施工への展開も視野に入れるとした。(2020/5/27)

産業用ネットワーク:
PR:産業用ネットワークはどうあるべきか、「TSN」が起こす製造業の革命
産業用オープンネットワーク団体のCC-Link協会では、新たにOPC Foundationの前会長兼事務局長であるトーマス・J・バーク氏をGlobal Strategic Advisorとして招聘し、グローバル化やオープン化を加速させる方針を示す。バーク氏のインタビューから“これからの産業用ネットワーク”に求められるものを解き明かしていく。(2020/5/26)

「楽天モバイル」の課題は“認知不足”? 三木谷氏がサービス開始後の1カ月を振り返る
楽天の三木谷浩史会長兼社長は、4月8日に本格サービス開始した「楽天モバイル」について「順調な門出をした」と評価した。契約獲得の進展は想定通りだという。2021年3月までに楽天エリアの人口カバー率70%を目指す。(2020/5/13)

孫正義氏、新型コロナの抗体検査キットを無償提供 医療機関など向け
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は5月9日、自身のTwitterへの投稿で、医療機関などに向けて新型コロナウイルスの抗体検査キットを無償で提供することを明かした。新型コロナの感染拡大を巡っての対応。(2020/5/9)

2019年度決算も減収減益:
新型コロナ影響で2020年度は減収減益に、村田製作所
村田製作所は2020年4月30日、2020年3月期(2019年度)通期決算および、2021年3月期(2020年度)通期業績見込みを発表した。同社は2020年度、売上高は前年度比6.8%減の1兆4300億円、営業利益は同17.1%減の2100億円、純利益は同18%減の1500億円の減収減益を見込んでいる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響などを踏まえたもので、同社会長兼社長の村田恒夫氏は、「極めて先行きが不透明な中、短期的な経営のインパクトの最小化と、中長期的な成長機会の備えの両面を意識しながら事業運営を行っていく」と述べた。(2020/5/1)

FAニュース:
CC-Link協会にOPC Foundation創設メンバーが加入、オープン化をさらに加速
産業用オープンネットワーク「CC-Linkファミリー」の普及を行うCC-Link協会は2020年4月21日、OPC Foundationの前会長兼事務局長で、創設メンバーの一人でもある、Thomas J. Burke(トーマス・J・バーク)氏を、Global Strategic Advisorとして招いたと発表した。グローバル化やオープン化をさらに加速させる方針だ。(2020/4/22)

GMO、印鑑を廃止へ IT担当大臣(はんこ議連会長)の「しょせんは民間の話」コメント受け社長が即断
「決めました。GMOは印鑑を廃止します」。(2020/4/17)

はんこ出社、「しょせんは民・民の話」──物議を醸したIT担当相の発言全文
IT担当大臣ではんこ議連の会長も務める竹本直一氏の発言が物議を呼んでいる。竹本大臣は記者会見で、「(はんこがテレワークで問題になるのは)民間同士の話。役所でそういう問題は起きない」と話した。(2020/4/16)

製造マネジメントニュース:
新型コロナ対策でマスクを月3億枚調達、ソフトバンクグループがBYDとの協力で
ソフトバンクグループの孫正義社長兼会長は2020年4月11日、中国の電池および電気自動車(EV)メーカーである比亜迪(BYD)と提携し、国内向けにマスクを月3億枚のマスクを調達することを明らかにした。(2020/4/13)

製造マネジメントニュース:
新型コロナ対応で自動車4団体、技術や人材を守る“互助会的ファンド”創設へ
日本自動車工業会(自工会)と日本自動車部品工業会、日本自動車車体工業会、日本自動車機械器具工業会は2020年4月10日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、医療への貢献や日本経済の維持に向けた自動車産業の役割について説明した。自工会 会長の豊田章男氏(トヨタ自動車 社長)がWeb中継で語った。(2020/4/13)

孫正義氏、マスク「月産3億枚」供給へ 中国BYD社と提携
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は自身のTwitterへの投稿で、月産3億枚のマスクを製造し、供給していくことを明かした。新型コロナウイルス感染拡大を巡っての対応。中国の電気自動車大手BYD社と提携して製造ラインを設立する。(2020/4/11)

MozillaのCEOにまたミッチェル・ベイカー氏が就任「この危機を乗り越えて未来へ」
Mozilla Corporationの正式CEOに、Mozilla Foundationのミッチェル・ベイカー会長が就任した。昨年8月のクリス・ベアード氏の退任以来、内外で候補を探してきたが、ベイカー氏がMozillaの正しいリーダーであるという結論に達したとしている。(2020/4/9)

自粛要請で大打撃か:
緊急事態宣言で居酒屋はどうなる? ワタミ渡邉美樹会長がブログで“緊急提言”を発表、その内容とは
緊急事態宣言を受けて、自治体から居酒屋などに営業自粛要請が出そうな見込み。大規模チェーンと比較すると余力のない中小店舗にとっては厳しい状況となりそうだ。こうした状況を受けてワタミ会長がブログを更新。発表した緊急提言の内容とは?(2020/4/8)

東京五輪は2021年開催に 安倍総理、バッハ会長との電話会談で合意
合意が取れたとの発表がありました。(2020/3/24)

ディズニー、動画配信サービスで「スプラッシュ・マウンテン」の原作映画を配信せず 「時代にそぐわない」と会長
挿入歌「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー」はディズニーの代表曲として知られています。(2020/3/16)

製造マネジメントニュース:
村田製作所の新社長に専務の中島規巨氏が就任、村田恒夫氏は会長職に専念
村田製作所は、同社の代表取締役社長に現代表取締役 専務執行役員 モジュール事業本部 本部長の中島規巨(なかじま・のりお)氏が就任する人事を決めた。現在、代表取締役会長と社長を兼任する村田恒夫氏は、代表取締役会長に専念する。創業家以外から同社の社長に就任するのは今回が初めて。(2020/3/16)

村田恒夫氏は引き続き会長に:
村田製作所の新社長に中島氏、創業家以外から初
村田製作所は2020年3月13日、会長兼社長を務める村田恒夫氏が同年6月下旬に社長を退任し、現専務執行役員 モジュール事業本部長の中島規巨氏が新社長に昇格すると発表した。村田恒夫氏は、引き続き会長を務める。(2020/3/13)

孫正義氏「マスク100万枚、介護施設と開業医に寄付」宣言 既に発注済み
「やりましょう」――ソフトバンクグループの孫正義会長が「マスク100万枚を介護施設と開業医に寄付する」とTwitterで宣言した。フォロワーからは賛否両論だ。(2020/3/13)

孫正義氏、「新型コロナの簡易PCR検査を100万人に無償提供」とツイート 「医療崩壊させる気か」リプライで批判噴出【追記あり】
ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が3月11日に、「新型コロナウイルスに不安のある方々に、簡易PCR検査の機会を無償で提供したい。まずは100万人分。申込方法等、これから準備」と、新型コロナウイルス感染症に対する具体的な方針をTwitterに投稿した。一方、医療関係者とみられるTwitterアカウントなどからは批判の声が上がっている。(2020/3/11)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
55億円をだまし取られた「地面師事件」が発端 積水ハウスで勃発した“ガバナンス巡る激突”の深層
東京・西五反田の土地に絡んで、積水ハウスが偽の所有者との売買契約を結び、55億円をだまし取られた「地面師事件」――。この事件を発端として和田勇・前会長兼CEOと現経営陣との間で“ガバナンス巡る激突”が繰り広げられている。経営権を争う戦いから浮かび上がる「経営者の条件」とは。(2020/3/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。