ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シチズン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シチズン」に関する情報が集まったページです。

「iMessage」に脆弱性、スパイウェア「Pegasus」の感染から発覚 AppleがiOSやmac OSなどに対策アップデート配信
カナダのセキュリティ機関「The Citizen Lab」がスパイウェア「Pegasus」に感染したデバイスを調べたところ、Appleのメッセージアプリ「iMessage」に脆弱性を確認した。Appleは対策として、iOS/iPad OS/mac OSなどでアップデートを配信した。(2021/9/14)

iOS、iPadOS、watchOS、macOSの緊急更新 “既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正
Appleは“既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正するアップデートをiPhone、iPad、Apple Watch、Mac向けにリリースした。これらの脆弱性をAppleに報告したCitizen Labは、至急更新することを強く勧めている。(2021/9/14)

iPhoneの「BlastDoor」も破るゼロクリック攻撃を研究者が確認
セキュリティ研究所Citizen Labは、バーレーン政府がNSOのスパイウェアで複数の人権活動家のiPhoneにゼロクリック攻撃を仕掛けていたと報告した。iOS 14.6搭載のiPhone 12 Pro Maxも侵入されていた。iMessageのエクスプロイト対策「BlastDoor」も回避された。(2021/8/25)

「wena 3」で家電操作、「アテッサ」に電子マネー ソニーとシチズンがスマートウォッチで協力
ソニーとシチズン時計がスマートウォッチ分野で協力。「wena 3」がシチズン時計のIoTプラットフォームに対応し、シチズンは「アテッサ」のバックル部にwena 3を組み込むサービスなどを展開する。(2021/6/16)

シチズン、バックルにスマートウォッチ「wena 3」を搭載した6モデルを発売
ソニーのスマートウォッチ「wena 3」が、シチズンのIoTプラットフォーム「Riiiver」に対応。シチズンからバックルにwena 3を搭載した6モデルが発売となる他、シチズンの「アテッサ」のバックルをwena 3に交換できるようになる。(2021/6/15)

導入事例:
鹿島の“シチズンデベロッパー”実践例、協力会社の生産性向上と技能伝承を「Power Platform」で実現
協力会社の非効率な生産性と技能伝承の壁が建設業界の課題として存在する中、鹿島建設 横浜支店では、協力会社の作業効率を改善することで解決を目指すべく、Microsoft Power Platformを活用して、「工事進捗管理システム(内装・建具)」を自社の事務系社員が開発した。さらに、技能伝承をデジタル技術で代替することも見据え、2021年から現場適用を予定する「建設資材運搬システム」では、ベテラン調整係の暗黙知をデータ化する基盤の整備も検討している。建設業でのDXとシチズンデベロッパー実践のケーススタディとして、鹿島建設の事例を紹介する。(2020/12/8)

業績悪化を受け:
シチズン時計が希望退職募集の結果を発表 予定を上回る応募
シチズン時計が子会社で実施していた希望退職募集の結果を発表した。当初の予定を上回る応募があった。(2020/11/21)

宇宙開発:
「HAKUTO-R」で月面着陸に挑むランダーの最終デザイン公開、シチズン独自素材を用いた試作品も
月面開発ベンチャーのispaceは、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のMission1で、月面着陸ミッションに挑戦するランダー(月着陸船)の最終デザインを公開した。また、コーポレートパートナーであるシチズン時計は、ランダーの着陸脚の一部パーツに採用予定である独自素材「スーパーチタニウム」を用いた試作品が完成したことを発表した。(2020/7/31)

シチズン、550人の希望退職者を募集 アナログクオーツ時計の需要減少を受け
シチズン時計は7月28日、550人の希望退職者を募集すると発表した。対象者は同社の連結子会社であるシチズン時計マニュファクチャリング(埼玉県所沢市)の従業員。募集期間は10月14日から11月18日までで、退職日は12月31日としている。(2020/7/29)

WHOとレディー・ガガ、新型コロナ対策支援オンラインライブを4月19日に開催
世界保健機関(WHO)、レディー・ガガ、国際擁護団体Global Citizenが、日本時間の4月19日午前9時から新型コロナ対策支援のオンラインライブを配信する。エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ジョン・レジェンドなど多数のアーティストが参加する。(2020/4/7)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
30年前に予見した「有人化工場」、機械データサービス定着を目指すシチズンの挑戦
製造業においても「モノからコトへ」のサービス化が加速する中、30年前からデータサービスのビジネス化に取り組んできたのが工作機械メーカーのシチズンマシナリーである。なぜ30年前からデータサービスに取り組んできたのか。現在はどのような状況なのか。データサービス事業を主導するシチズンマシナリー 執行役員の柳平茂夫氏に話を聞いた。(2020/3/5)

盲学校の生徒や教員と一緒に考えた腕時計、シチズンが発売
シチズン時計は、盲学校の生徒や教員の意見を取り入れてデザインした「視覚障がい者対応腕時計」を3月19日に発売する。(2020/2/4)

工場ニュース:
シチズンマシナリーが中国に新工場建設、日本製工作機械への引き合い増加に対応
シチズンマシナリーは、重要製造拠点の1つである中国の西鉄城精密机械を拡張のため移転し、新工場を建設する。日本メーカーの工作機械へのニーズが高まる中国市場へ向けて、製品を安定して供給できるよう、生産能力を倍増する。(2019/12/4)

シチズン、腕時計のAR試着サービスを公開 ARマーカーを腕に巻いて実寸大表示
腕時計の試着体験ができるARコンテンツをシチズン時計が公開した。店頭での試着に抵抗がある客のニーズに対応するのが狙い。(2019/11/28)

「拡張分析」の用途5選【後編】
「拡張分析」で全社員がデータサイエンティストになる?
拡張分析はユーザー企業にどのような恩恵をもたらすのか。今回は代表的な5例の中からシチズンデータサイエンティスト、組織内の知識活用、洞察の自動化について紹介する。(2019/10/30)

宇宙開発:
世界初民間月面着陸を諦めない、ispaceがシチズンやスズキなど新パートナー発表
月面開発ベンチャーのispaceは2019年8月22日、東京都内で会見を開き、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」の計画変更と、シチズン時計、スズキ、住友商事などの新パートナーを加えたことを発表した。(2019/8/23)

シチズン時計がコネクテッドウォッチのVELDTに資本参加、腕時計を基軸にするIoTプラットフォームを開発
シチズン時計は、コネクテッドウォッチを手掛けるベンチャー企業のVELDT(ヴェルト)に資本参加し、新たなIoTプラットフォーム「Riiiver」(リヴァー)を開発すると発表した。3月の「SXSW 2019」でRiiiverと対応する腕時計を披露する。(2019/1/21)

ほどよい電話時間は増加:
社会人にとって「ほどよい残業」は月10〜15時間 過去30年間で微減、働き方改革効果か
平成の始めと終わりで、働く人の時間に対する感覚はどう変わったのか。シチズン時計が調査結果を発表した。現代の社会人にとって「ほどよい残業」は月10〜15時間であり、平成元年から微減していることが分かった。(2018/12/6)

工場ニュース:
フィリピンの自動旋盤組み立て工場を拡張、需要増に対応
シチズンマシナリーは、フィリピンの連結子会社CITIZEN MACHINERY Philippinesの自動旋盤組み立て工場を拡張する。自動旋盤の生産能力を現状の月産40台から80台に倍増し、世界的に拡大する自動車や建設機械、医療機器関連の需要にも対応する。(2018/4/23)

2位は「お茶くみ」:
新入社員が「時間のムダ」だと思った仕事 1位は……
新入社員が「時間のムダ」だと思った仕事は? シチズン時計の調べ。(2017/12/6)

“110番”情報から事件・事故を抽出──米国を安全にする画期的アプリ「Citizen」
もしも今、自分のすぐそばで事件が起きていたら、それにすぐ気付けるだろうか。身の回りで起きている事件をいち早くユーザーに知らせるアプリが、今米国で注目を浴びている。(2017/11/30)

FAニュース:
シチズンマシナリー、中径材料加工向け自動旋盤にも低周波振動切削技術搭載
シチズンマシナリーは、同社の低周波振動切削技術を、新たに重切削、中径材料加工向けの主軸台固定形自動旋盤「Miyano BNA42GTY」に搭載した。中径材料加工向けの機械がもつ、切りくずに関する多くの課題を解決できるという。(2017/9/28)

FAニュース:
低周波振動切削技術を搭載した自動旋盤を拡大、切りくずを細かく分断
シチズンマシナリーは、低周波振動切削(LFV)技術を搭載した自動旋盤の機種を、2017年度中に7機種へと拡大する。LFV技術は難削材旋削加工の切りくず容量を大幅に縮小し、小径深穴加工の効率を向上するなど、長時間の高精度加工を可能にする。(2017/7/18)

工場ニュース:
世界最大級の時計用組み立て工場が完成、長野県佐久市に
シチズン時計マニュファクチャリングが長野県佐久市に建設中のミヨタ佐久工場が竣工した。シチズングループの各工場に分散していた製造ラインを集約させ、リードタイムの短縮や生産性の向上を図る。(2016/12/20)

「光発電」で充電不要な“アナログ”スマートウォッチ シチズンから
スマートフォンと連動するアナログ腕時計「エコ・ドライブ Bluetooth」がシチズンから。光発電で駆動し、電池交換や充電が不要だ。(2016/11/11)

FAニュース:
演算処理速度が向上した高精度CNCチャッカー機を発売へ
シチズンマシナリーは、高精度CNCチャッカー機「Miyano GN3200」シリーズをモデルチェンジし、2017年4月から販売を開始する。主軸の回転角度制御ができるC軸を標準搭載している。(2016/10/24)

FAニュース:
従来比約25%小型化した主軸台移動形CNC自動旋盤4種を発売
シチズンマシナリーは、主軸台移動形CNC自動旋盤「シンコム R」シリーズを刷新し、新たに4機種を発売した。主軸を従来モデルより25%小型化し、出力を最適化した回転工具モーターと切削油ポンプを搭載している。(2016/7/27)

薄さ1ミリのムーブメント! 世界最薄のエコ・ドライブウオッチを発売、シチズン
シチズン時計は世界最薄の光発電エコ・ドライブウオッチ「Eco-Drive One(エコ・ドライブ ワン)」を今秋、発売する。(2016/3/17)

1000分の1秒を計測するシチズンの「エコ・ドライブ レーシングクロノグラフ」
シチズン時計は「シチズン PROMASTER(プロマスター)」のLANDシリーズから、アナログとデジタルのコンビネーションによる「エコ・ドライブ レーシングクロノグラフ」を発売する。(2015/5/27)

どこが違う?:
セイコー、シチズン、カシオから出揃った、最新GPSソーラーウオッチを使ってみた
腕時計が一年で最も売れる、クリスマス〜年末年始の商戦期が始まる。2014年の男性向け腕時計で最もホットなジャンルの一つが「GPSソーラーウオッチ」。安倍首相が愛用するセイコーの「アストロン」に第2世代が登場したのに加え、シチズン、カシオも参戦したのだ。そもそもGPSウオッチってどういうモノ? 3社の違いは? など、気になるポイントをまとめた。(2014/12/22)

LINEだけではない注目アプリ、巨額買収続出の背景は
メッセージングアプリの流行をIT部門が喜ぶべき理由
企業のCIOが今後着目すべきは、コンシューマー向けメッセージングアプリ市場と、エンタープライズサーチを駆使したエンドユーザーによるビッグデータ活用だ。また、「シチズンデベロッパー」の台頭も押さえておきたい。(2014/11/20)

シチズン、「ミラノサローネ2014凱旋展」南青山で開催 11月14日から
ミラノで行われたデザインの祭典のコンペで2冠を獲得した、シチズン時計のインスタレーション“LIGHT is TIME”が東京に凱旋。東京・南青山で展示イベントを行う。開催は11月14日から28日。(2014/10/20)

FAニュース:
シチズンマシナリーミヤノ、主軸台移動型CNC自動旋盤3モデルを追加
5軸機とくし刃刃物台を持つVIII型、くし刃刃物台回転工具にB軸を搭載したIX型、Y2軸を搭載した対向刃物台とくし刃刃物台を持つX型の3モデルを追加。B軸・Y2軸搭載のXII型と合わせ、4モデルになった。(2014/10/17)

腕時計にFPGAが搭載された!:
「ウェアラブルは最も強みを生かせる分野」――ラティスCEO
ラティスセミコンダクター(Lattice Semiconductor)は、東京都内で記者説明会を開催し、ウェアラブル機器に向けた取り組みなどについて語った。シチズン時計の新型腕時計に同社のFPGAが採用されるなど、日本での事業にも弾みをつける。(2014/10/3)

「シチズン アテッサ」に新色、ミッドナイトをイメージしたネイビー文字板モデル
ビジネスパーソン向け腕時計ブランド、シチズン アテッサ ダイレクトフライトシリーズにネイビー文字板を採用したモデルが追加された。価格は13万円から。(2014/9/26)

「シチズン×BEAMS」、光発電エコ・ドライブ搭載のコラボウオッチ
シチズン×BEAMSコラボウオッチの2014年版が登場。電池交換不要の光発電エコ・ドライブで機能性を高めつつ、肉厚の本革バンドでミリタリーテイストを演出。クロノグラフ仕様のモデルも用意する。(2014/9/9)

シチズン、新ブランドステートメント「BETTER STARTS NOW」
シチズンの新ブランドステートメント「BETTER STARTS NOW」を示す特設サイトと紹介ムービーが公開された。(2014/7/24)

受信範囲は“空がある限り”:
シチズン、シリーズ最薄+最速受信の最上位「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100」
「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100」の発売日と価格が決まった。発売は2014年10月10日、価格は17万円から。独自機能「ライトレベルインジケータ」が動く様子も動画で公開。(2014/7/16)

シリーズ初:
「シチズン アテッサ」に、“宇宙とつながる”サテライトウエーブモデル
「シチズン アテッサ」シリーズに衛星電波受信機能「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」搭載の新ラインアップが登場。2014年9月に発売する。(2014/7/16)

さらにタフネス:
「シチズン シリーズエイト」第8弾新作 シリーズ初20気圧防水仕様に
光発電エコ・ドライブ電波ウオッチ「シチズン シリーズエイト」の新作「808」が登場。独自の8体構造による高品質でタフネスな外観はそのままに、シリーズ初の20気圧防水仕様に進化した。(2014/7/3)

シチズン「エクシード」に上質なペアモデル ワールドタイム+耐金属アレルギー仕様
シチズン・エクシードに上質なデザインを特徴とするペアモデルが登場。光発電・エコドライブ電波仕様+ワールドタイム機能、さらに小キズを防ぎ、耐メタルアレルギー仕様とする独自の表面技術加工を施した。(2014/6/5)

BASEL WORLD 2014:
シチズン、より性能を高めた衛星電波ウオッチの世界最薄モデル「サテライトウェーブ F100」
シチズンが衛星電波ウオッチの旗艦モデル「サテライトウェーブ F100」をバーゼルワールド2014で発表。人工衛星をモチーフにした先進的なデザインとともに、時刻受信速度をより高め、全世界40タイムゾーンへ対応する進化を遂げた。(2014/4/1)

シチズン×トヨタ86、1/1000秒が計測可能なクロノグラフ
シチズン時計は、トヨタ「86」とコラボした腕時計の第2弾を2014年1月10日に発売します。ラップ計測ができる「レースモード」を搭載しています。(2013/11/25)

週末散歩:
シチズンの秋の新作時計をテーマにした期間限定カフェ
シチズン時計が六本木ヒルズに期間限定カフェ「シチズン グローバル タイム カフェ 2013」をオープンしています。期間は11月24日まで。(2013/11/22)

どんな困難でも突き進む力を表現:
シチズン、2つの世界を操る「アテッサ」に黒×ピンクゴールドの限定版
シチズンが、逆境でも信念を失わないビジネスパーソンのために生み出したビジネスウオッチ「アテッサ」の2013年秋モデルに、ラグジュアリー感を増した1300本の限定モデルが登場する。(2013/10/10)

ダブルダイレクトフライト搭載:
シチズン アテッサ、2つの都市時刻を同時に表示する新モデル
シチズン時計は、デュアルタイム機能を備えた「ダブルダイレクトフライト」モデル2種を10月に発売する。6時位置のサブダイヤルに2つめの時刻を表示する。(2013/10/1)

シチズン「カンパノラ」、星の起源を表現した「宙叢雲」と「黒橡」
シチズン時計は、高級ウオッチブランド「カンパノラ」から、光発電エコ・ドライブを搭載した新モデル「宙叢雲(そらのむらくも)」と「黒橡(くろつるばみ)」を9月27日に発売する。価格は39万9000円。(2013/7/23)

サテライト ウエーブ エアにアルティクロン:
ファンミーティングでシチズンの新作腕時計を一足早く体験してきた
シチズン時計は6月8日、東京・表参道にある「CITIZEN DESIGN STUDIO」で、「ファンミーティング」を開催した。バーゼルで発表した新作を実際に体験した。(2013/6/13)

シチズン「シリーズエイト」、ケース厚9.6ミリの電波時計「807」
「引き算の美意識」を追求する腕時計シリーズエイトの新作は、厚さ9.67ミリという薄型ケースが特徴の「807」。8月中旬発売で、価格は23万1000円〜。(2013/6/12)

シチズン「カンパノラ」、職人の漆塗りで星が生まれる瞬間を表現
独創的なデザインと、クオーツによる複雑機構を提案する腕時計ブランド「カンパノラ」。新作「宙叢雲」と「黒橡」が2013年秋に登場する。(2013/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。