ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「共益費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共益費」に関する情報が集まったページです。

遊休地を活用:
テレワークに使える「もう一つの家」 西武グループが賃貸ユニットハウスを提供
西武プロパティーズは2月25日、テレワーク用の空間や第2のリビングとして活用できる賃貸ユニットハウス「エミキューブ武蔵関」の入居募集を開始する。新型コロナウイルスの影響で大きく変化している働き方や暮らし方の需要に対応する。(2021/2/20)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
顔認証でマンションのエントランスと自宅ドアを解錠するNECの新サービス
NECは、マンションの住民がスマートフォンの専用アプリに顔データを登録することで、専用デバイスの顔認証でマンションのエントランスと自宅のドアを解錠できるクラウドサービスを2021年度にリリースする。(2021/1/6)

オタクの夢「オタク仲間とルームシェア」を叶えた“先輩”の記録 『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』が参考になる
「いつかオタク仲間と暮らしたい」、そんな夢を見たことがある人へ。【試し読みあり】(2020/9/18)

最大3カ月:
大東建託が家賃の支払い猶予 新型コロナ関連の支援策
大東建託が新型コロナ関連の支援策を発表。経済的に苦しい入居者を対象に賃料の支払いを猶予する。(2020/4/17)

ZEH:
北陸初の「高層 ZEH-M」認定取得の環境配慮型分譲マンション、大和ハウス
大和ハウス工業は、「高層ZEH-M」認定を取得した環境配慮型分譲マンション「プレミスト西金沢ステーションフロント」の販売を2020年2月から開始した。マンション設備には、高効率エアコンなどを採用し、一般的なマンションと比較して、エネルギー消費量を30%削減する。(2020/3/9)

水曜インタビュー劇場(狭い公演):
「7畳の学生寮」に住む大学生が増えている、いくつかの理由
首都圏を中心に、「学生寮」がじわじわ増えていることをご存じだろうか。どんな間取りなのか気になって取材したところ、そこはとても「狭く」て……。(2020/2/19)

製品動向:
分譲マンションの共用部サブスク、月額500円で設備やオカムラの家具を更新
日鉄興和不動産は、subsclifeのサブスクリプションプラットフォームを活用したマンション共用部の家具や設備をニーズに合わせて更新できるサブスクリプションサービスを開始する。入居者は月額500円の共益費で、共用部のコーヒーマシンやWi-Fi機能、ネットワーク複合機、オカムラのオフィス家具が設置されたワークスペースを利用することができる。(2020/2/3)

初期費用0円・2年契約なし、アプリで契約完了 “旅するように”引っ越せる賃貸「OYO LIFE」スタート
初期費用が不要で家具・家電付き物件に住める賃貸住宅サービス「OYO LIFE」がスタート。通常2年の契約期間も廃し、“旅するように”部屋を住み替えられる点が特徴。その仕組みとは――。(2019/3/28)

スマホだけで物件探し&入居可能な「OYO LIFE」 家具家電付きで初期費用無料
スマートフォンだけ物件探しから入居まで行えるアパートメントサービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」が開始。 Webサイト上で住みたい物件を探し、予約・契約・支払いをオンライン上で完結できる。敷金・礼金・仲介手数料は無料。(2019/3/28)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(42):
石川編:勉強会天国「金沢」のエンジニア交流事情を紹介しよう
「地方は都会に比べて、ITエンジニアが交流できる場所が少ない」「田舎だから技術者の交流ができない」と諦めていませんか?――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実:石川編」、第2回は金沢に住むエンジニアの交流事情を、Iターンエンジニアがお届けします。(2018/5/21)

共有スペースはライトノベルだらけ! 「ラノベ制作のプロを目指している人」しか住めないシェアハウスがオープン
関連雑誌の定期購読、入居者アンケートによる書籍購入も。(2017/8/23)

未来の作家、イラストレーター:
ラノベ志望者専門のシェアハウス、西日暮里に 600冊常備
「ライトノベル制作に関わりたい」人を対象とした西日暮里のシェアハウスが入居者を募集開始。「よりプロに近づける、クリエイターの成長につながるシェアハウスを目指す」という。600冊超のライトノベルをそろえる。(2017/8/23)

“イノベーション思考”で発想が変わる!(1):
発想はセンスでも運でもない、技術だ
目まぐるしく変わっていく時代の中で、“新しい価値”を生み出すことを求められる世界のビジネスパーソン、そして、これからのエンジニア。今までにないサービスを生み出すためには新たな“発想”が必要です。演習と解説の“実践”を通し、“発想力”を強化する“イノベーション思考”を身に付けていただく連載がスタートします!(2016/9/15)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
無名な店ばかりなのに、客が集まる商業施設が浅草にあった
消費者の目が厳しくなった今、単に安くて良いものが買えるというだけでは繁盛店にはなりません。そうした中、昨年12月に開業したばかりの東京・浅草の商業施設は、なぜ連日のように大勢の人たちで賑わっているのでしょうか。その理由を探ります。(2016/7/28)

やったー毎日サバゲーできるぞ! たまプラーザに「サバゲーできるシェアハウス」オープン
チアリーダーによる美BODYレッスンなども体験可能。(2016/5/28)

シュタゲの公式コラボ賃貸、関西に初登場! 近畿大学徒歩1分の立地で月額4万8500円
入居者を募集中です。(2016/3/3)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(2):
高知編:はちきん娘がプライベートを大公開――高知の家賃、生活費
都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝えていく本連載。高知編 第2弾は、家賃や食費など生活面で掛かる費用について、はちきん娘(土佐弁で男勝りでハツラツとした女性)がセキララにお伝えする。高知をはじめたとした地方への移住を検討するエンジニアの参考になれば幸いだ。(2015/12/15)

シュタゲの公式コラボ賃貸、東京都杉並区で入居募集開始 月額7万8000円
方南町から徒歩3分の場所。(2015/9/8)

エネルギー管理:
省エネ設備の導入で不動産価値を高める
エネルギーの効率的な利用の必要性が叫ばれているにもかかわらず、BEMSの導入は思うように進んでいない。「環境不動産(グリーンビルディング)」として不動産価値へ転嫁でき、デマンドレスポンスの制度普及によって新たな収入源をもたらすような変革が必要だ。(2013/3/4)

意外にも(?)健康的:
ギークだらけのシェアハウス「ギークハウス」に潜入してきた
ギーク(技術オタク)のためのシェアハウス「ギークハウス」を訪れた。ギークが10人集まった住まいは一体どんなところなのだろうか……?(2012/5/31)

家賃並みで買えるマンションってあるの?
「今の家賃並みの支払いでマンションが買えます!」――。こうした広告を目にしたことがある人も多いのでは。実際、家賃並みの支払いでマンションは買えるのだろうか。答えは……。(2012/5/14)

「大阪はお迎えします。着の身着のままでお越しください」――“疎開作戦”広がる
東北関東大震災を受け、全国で被災者の受け入れ態勢が広がりつつある。3月17日時点で、被災者の受け入れを発表した都道府県は35に達した。(2011/3/18)

高級賃貸に2年間タダで住める権利、暗号解読者1人にプレゼント――ネクスト
(2010/7/30)

ねとらぼ:
住めるの!? 広さ1畳の“ワンルームマンション”
「どうやって住むの!?」――畳約1畳分の洋室が1つあるだけの「ワンルームマンション」がTwitterなどで話題になっている。(2009/12/21)

ソーシャルアパートメントに住んでみた:
賃料は高い? 高くない?
Mayaさん手作りのエビシチューにすっかり舞い上がってしまったタカキ。大事な賃料のことを書き忘れてしまった。果たして高いのか、安いのか――。(2009/5/19)

1-4.住まいの選択、完全理解!:
賃貸 VS. 購入はどちらが合理的?――1年間の支出で比べてみる
1年間の支出で比べると、毎月一定額の家賃を支払う「賃貸」に対して、「購入」では月によって支払う金額に大きな差が出る傾向があります。いきなりの支出増にあわてないよう、あらかじめ出費額を把握して、準備しておきましょう。(2009/1/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。