ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Compuware」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Compuware」に関する情報が集まったページです。

AndroidとiOSに対応:
モバイルアプリの性能を無償で計測、日本コンピュウェアがツールを提供
日本コンピュウェアは、モバイル端末で稼働するアプリケーションのレスポンスやユーザーの行動を計測するサービスの提供を開始した。無償で利用できる「Free Edition」と、有償の「Premium Edition」がある。(2013/8/26)

SaaS型サービスも拡充:
日本コンピュウェアのAPM新製品、デスクトップ仮想化の性能も監視可能
日本コンピュウェアは、アプリケーションの性能解析に向けたソフトウェア製品とサービスを拡充した。(2013/7/25)

遅延の原因となっている問題を特定可能に:
日本コンピュウェア、システム管理ツールにサーバの遅延分析機能を統合
日本コンピュウェアは6月7日、システムパフォーマンスの管理ツール群に、新たにサーバやリソースを監視して遅延を分析する機能を追加したと発表した。(2013/6/10)

ホワイトペーパー:
アジャイル開発を阻むもの
ビジネスニーズに迅速に対応するという観点から、アジャイル開発は拡大してきたが、想定したほどの効果を得られないケースもある。本書では、開発と運用の障壁をなくす「DevOps」のコンセプトと、それを支援するコンピュウェアのAPMソリューションについて解説する。(2013/6/4)

Hadoopアプリケーションのパフォーマンス最適化:
Compuware APM Dyna Trace Enterprise for Hadoopが新価格を発表
日本コンピュウェアは2012年10月22日、Apache Hadoopアプリケーションのパフォーマンスを最適化する「Compuware APM Dyna Trace Enterprise for Hadoop」について、1台あたり1000USドルという新価格を発表した(2012/10/23)

レポート ITパフォーマンスイベント:
クラウド時代のITインフラに必要なソリューションとは?
6月29日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバホールにて、@IT編集部および@IT情報マネジメント編集部主催の「パフォーマンス最適化セミナー 仮想化・クラウド時代のビジネススピードを加速する」が開催された。当日はアマゾン データ サービス ジャパンの小島英揮氏による基調講演や、NTTデータの馬場達也氏による特別講演のほか、日本ベリサイン、ジュニパーネットワークス、NTTコミュニケーションズ、日本コンピュウェアによるセッションが行われた。(2011/8/3)

日本コンピュウェア 「Webアプリの性能が企業の命運を決める」
Webアプリケーションの稼働を支える全要素をエンド・ツー・エンドで監視するSaaS型製品を日本コンピュウェアが発表した。(2010/10/19)

SaaS型アプリケーション性能管理の新製品を発表:
日本コンピュウェア「Webアプリの性能が企業の命運を決める」
(2010/10/18)

ホワイトペーパー:
ビジネス主導の需要とIT供給のバランス化
IT投資は削減するだけで良いのか? 次なる成長を目指す、戦略的な削減と効率的な投資を日本コンピュウェア両立するためのアプローチとソリューションを紹介する(提供:)。(2010/3/5)

ホワイトペーパー:
アプリケーションパフォーマンス管理:データセンター
メインフレームとWebをベースとした分散型システムとの統合を含む、データセンター運用において、メインフレームで利用されているより構造化されたツールとプロセスに対し、どの様な影響を与えるかについて考察(提供:日本コンピュウェア)。(2009/11/5)

Compuware、Webサイト評価のGomezを約3億ドルで買収
GoogleやAmazonを顧客に持つWebサイトの分析・評価企業がCompuwareに買収された。(2009/10/8)

ホワイトペーパー:
システム障害がもたらす経営リスクを下げる方法とは?
「システム障害が引き起こす影響をいかにコントロールするか」 − これはもはやIT上の課題ではなく、経営上の課題となっている。では、ビジネスの視点からシステム障害のリスクを管理する方法はあるのだろうか? (提供:日本コンピュウェア)(2009/3/9)

顧客サイトを無料で調査、レポートするキャンペーン:
Webに対する「ユーザーの不快指数」示す、コンピュウェア
(2009/1/20)

意味の取り違えを防止:
ユースケースで要件定義を構造化、コンピュウェアが新製品
(2008/10/24)

ホワイトペーパー:
ITIL v3のライフサイクルの5つのフェーズを具体化する方法とは?
ITIL V3で定義されたライフサイクルで求められる要件と、それを実現する日本コンピュウェアのソリューション「Vantage」の概要を紹介する(提供:日本コンピュウェア)。(2008/9/17)

NEWS
日本コンピュウェア、ITシステム状況を可視化するビジネスサービス管理の新製品
ビジネスサービス管理の新製品「Vantage Service Manager」を発売。ITシステムの状態を監視し、実務やサービスへの影響度合いをリアルタイムにグラフや数値で可視化する。(2008/7/16)

ユーザー体験最適化ビジネスに注力:
「もうストップウォッチは要らない」、コンピュウェア
(2008/7/7)

NEWS
日本コンピュウェア、アプリケーション開発ソリューションの新版を発売
SOAおよびモバイル対応アプリケーションの開発を実現する「Compuware Uniface 9.2 Application Platform Suite」を販売開始(2007/11/26)

日本コンピュウェア、Vistaに対応した最新テストツールを発売
日本コンピュウェアは7月24日、Windows Vistaに対応した.NETアプリケーション開発支援ツールの最新バージョンを発売開始した。(2007/7/24)

Visual Studio Team Systemと統合した機能テストツールの新バージョン
日本コンピュウェアは、Microsoft Visual Studio 2005 Team Systemと統合した機能テストツールの最新版「TestPartner 5.4日本語版」をリリースした。(2006/8/4)

ホワイトペーパー:
J2EEアプリケーションを監視しパフォーマンスを改善する
J2EEアプリケーションのパフォーマンスを低下させる原因は多数ある。日本コンピュウェアのVantageファミリーは、J2EEアプリケーションを監視し、パフォーマンスおよび品質を改善するのに役立つツール群だ。(2006/7/26)

コンピュウェア、Webアプリ負荷テストツールの最新版
日本コンピュウェアは、Webアプリケーション負荷テスト自動化ツールの最新版「QALoad 5.5J」の販売を開始した。(2006/7/4)

ホワイトペーパー:
トラブルなしのJavaアプリケーション開発
Javaアプリケーションの導入後に発覚するパフォーマンスの低下や不安定な動作といったトラブルは後を絶たない。日本コンピュウェアの「DevPartner Java Edition」は、アプリケーションの品質および開発生産性を向上させる。(2006/5/24)

ASP.NETアプリケーションの脆弱性を開発時から洗い出す分析ツール
日本コンピュウェアは、ASP.NETアプリケーションの脆弱性をコードレベルで分析し、開発時からのセキュリティ向上を支援する「DevPartner SecurityChecker 2.0 日本語版」の販売を開始した。(2006/4/20)

日本コンピュウェア、メインフレーム向け製品群を刷新しコンプライアンス対応強化
日本コンピュウェアはメインフレーム向け製品群を刷新し、日本版SOX法や個人情報保護法といった法規制への対応を強化した。(2006/4/17)

コンピュウェア、VS2005対応エラーシミュレーションツールを販売
日本コンピュウェアは、エラーシミュレーションツール「DevPartner Fault Simulator 1.5」日本語版の販売を開始した。(2006/3/14)

日本コンピュウェア、.NETアプリ開発支援ツールの最新版を発売
日本コンピュウェアは、例外シミュレーション機能などを追加した.NET対応アプリケーション開発支援ツールの最新版「DevPartner Studio 8.0 英語版」の販売を開始した。(2006/2/6)

日本コンピュウェア、日本版SOX法を見据えた内部統制ソリューションを発表
日本コンピュウェアは、日本版SOX法の成立を見据え、IT業務に特化した内部統制ソリューションを2006年3月から提供すると発表した。(2005/12/21)

日本コンピュウェア、Javaアプリケーション性能解析ツールの最新版を発表
日本コンピュウェアは、Javaアプリケーション性能解析ツールの最新版「DevPartner Java Edition 4.0J」の販売を開始すると発表した。(2005/12/20)

コンピュウェアが「Vantage」新版、J2EEアプリのパフォーマンスも一元的に管理
日本コンピュウェアは、J2EEアプリケーションのパフォーマンス管理ツールも統合したサービス管理ソフトウェアの新版「Vantage 9.8」の販売を開始した。(2005/10/20)

ベストオブブリードを実現するコンピュウェアの戦略
日本コンピュウェアは10月5日に開催したプライベートイベント「Compuware World」において、ベストオブブリード戦略を改めて強調した。(2005/10/6)

オープンソースシステムの開発効率化に向けOSJと日本コンピュウェアが提携
オープンソース・ジャパンと日本コンピュウェアは、オープンソースソフトウェアをベースしたシステムの開発、運用/保守作業の支援に向けて提携を結んだ。(2005/9/13)

2005 JavaOne Conference:
CompuwareなどからJavaOneで新ツール続々発表
モデル駆動開発ツールの新版や、Webアプリケーション用のリッチレンダリング技術、リッチインターネットアプリケーションプラットフォームの新版などが登場。(IDG)(2005/6/28)

日本コンピュウェア、Windowsデバイスドライバ統合開発支援ツールを発売
日本コンピュウェアは、Windowsデバイスドライバ統合開発支援ツール「DriverStudio 3.1」日本語版を発売した。(2005/4/6)

IBMとCompuwareの訴訟が和解
IBMにコードの一部を盗用されたなどとしてCompuwareが起こしていた訴訟が和解で決着した。(2005/3/23)

日本コンピュウェア、ITガバナンスソフトを2005年4月から販売
日本コンピュウェアは、ITガバナンスソフトウェア「Compuware IT Governance by Changepoint」と「Changepoint PSA」日本語版を2005年4月から販売する。(2004/11/10)

米Compuware、米DevStreamの技術資産買収を発表
米Compuwareは、J2EEパフォーマンス分析製品を開発する米DevStreamの技術資産を買収した。(2004/10/8)

Compuware、IBMに対する厳罰を要請
(2004/8/19)

「本番データでシステム開発」に潜む個人情報漏洩の危険性
日本コンピュウェアは先日開催した「情報漏洩対策セミナー」において、重要な情報に触れる情報システム部門における情報漏洩対策の必要性を説いた。(2004/8/11)

JavaOne:BorlandもJavaツールグループに参加へ
サンフランシスコで開催中のJavaOneでは、Sun以外にもBorland、Compuware、BEA、IBM、Nokiaといった主要なプレイヤーが新たな発表を行う。(2004/6/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。