ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DMTF」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Distributed Management Task Force

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(30):
面倒な“Windows 10の更新”をスクリプト化できる新たな選択肢(その2)
前回は、Windows Updateのスクリプトを使用した自動化に利用できる汎用的な方法と、Windows 10 バージョン1607およびWindows Server 2016で利用可能な新しいWMIプロバイダーについて説明しました。今回は、Windows 10 バージョン1709からの新機能を紹介します。(2018/8/22)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(29):
面倒な“Windows 10の更新”をスクリプト化できる新たな選択肢(その1)
企業では、Windows Update/Windows Server Update Services(WSUS)によるWindows 10やWindows Serverの更新処理を、スクリプト化してユーザーの対話なしで自動実行させたいという要望があると思います。Windows 10およびWindows Serverで利用できる方法を幾つか紹介します。(2018/8/6)

サービスをコンテナ化し、セキュリティを強化:
Red Hat、最新のIaaSプラットフォーム「Red Hat OpenStack Platform 12」を発表
Red Hatは、IaaS向けプラットフォームの最新版「Red Hat OpenStack Platform 12」を発表した。サービスをコンテナ化した他、柔軟性やセキュリティを改善し、新たな拡張機能も備えた。(2017/12/6)

大変身した第14世代PowerEdgeサーバの魅力:
PR:これからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由
サーバはデータセンターにおいてますます重要な役割を果たすようになることを意味している。それならば、サーバの運用管理はますます近代化し、さらにこれを支えるべく、セキュリティの強化が図られなければならない。もう、「どんなサーバでも同じ」ではない。(2017/7/24)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(5):
管理負荷を低減する「OpenLMI」を理解する──Linuxシステム管理の標準化とはどういうことか
CentOS 7では、Linuxシステム管理インタフェースを標準化する「OpenLMI」が実装されました。インタフェースが統一されることで、ユーザーにはどんなメリットがあるのでしょう。OpenLMIで、管理負荷を低減させる運用方法を解説します。(2016/3/23)

PowerShell DSCで始めるWindowsインフラストラクチャ自動化の基本:
PowerShell Desired State Configuration(DSC)とは(前編)
Windows OSの設定や構成を変更する場合、GUIの管理ツールを使うのが一般的である。だが台数が多かったり、構成変更や以前の構成への復旧などが頻繁だったりするとGUIでは非常に面倒だし、間違いもしやすくなる。こんな場合はPowerShell DSCを使ってインフラ構築作業を自動化するとよい。(2014/5/22)

製品動向:
アリスタEOSがOMI APIに対応、System Center 2012上での統合管理可能に
アリスタが提供するEOSが最新バージョンでOMI APIをサポート。パブリック/プライベートクラウド管理統合を容易にする。(2013/7/29)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第14回 Windows Server 2012 R2プレビュー版の新機能と削除された機能
次期Server OSであるWindows Server 2012 R2のプレビュー版の機能解説の第2回。今回は、追加/削除された役割と機能についてまとめる。PowerShell 4.0の重要な新機能であるDSCについても解説する。(2013/7/18)

クラウドにオープンスタンダードを取り入れるIBM その狙いとは?
IBMは3月、クラウドサービスとクラウドソフトウェアにオープンスタンダードを採用すると表明した。その狙いや背景を日本IBMが説明。IaaSやPaaSにおける「オープン・クラウド」を推進するという。(2013/5/13)

ベンダロックインのないクラウドの第2ステージへ:
オープンクラウドに舵を切るIBM、OpenStack/TOSCAでIaaS/PaaSの相互運用性を強化
日本IBMは5月13日、同社製品・サービスに対するオープンクラウドの積極的展開に向けた記者説明会を開催した。クラウド間の相互運用性を高めていく狙いだ。(2013/5/13)

ビジネスニュース 企業動向:
通信事業者の競争力を向上、エリクソンのSDN対応SSR
エリクソンは、Software Defined Networking(SDN)で制御対象をデータセンターに限定せず、ネットワーク全体にまで拡張した「サービスプロバイダSDN(SP SDN)」を提唱している。2013年10〜12月にはSP SDNに対応する最初のSSR(Smart Services Router)を出荷する予定だ。(2013/5/7)

「仮想アプライアンス・センター」の設立を発表:
日本IBMはなぜ仮想アプライアンス化を推進するのか
日本IBMは4月15日、ソフトウェアベンダやシステムインテグレータがアプリケーションを仮想アプライアンスとして提供することを支援する拠点、「仮想アプライアンス・センター」を同日に設立すると発表した。ベンダ中立的な標準を、日本IBMが推進する理由は何なのだろうか。(2013/4/16)

日本IBM、「仮想アプライアンス・センター」を開設
ISVやSIerでの仮想アプライアンスを活用したソリューション展開を支援する。(2013/4/15)

クラウドガバナンス現在進行形【番外編2】
【市場動向】着実に姿を現しつつあるクラウド化したIT市場
オープンで相互に接続されたクラウドの実現に向けて、IT市場では何が起きているのか。単一世界政府が存在しない以上、クラウドにおけるエコシステムの形成は共同規制に寄らざるを得ない。(2012/6/19)

クラウドガバナンス現在進行形【番外編1】
エンドユーザーによるクラウド設備実査要求は百害あって一利なし
クラウドキャリアに要求されるディペンダブル設計、クラウドブローカーに適したロバスト設計、今後普及が期待されるレジリエンス設計を解説するとともに、クラウドにおける本質的な安全確保の方法を再考する。(2012/5/8)

VMware“インフラ管理ツール”を理解する(後編)
vSphereベースのクラウド構築・運用を簡素化 〜ハイブリッドも視野に
VMware vSphere上でIaaS環境を構築・運用する「VMware vCloud Director」。プロバイダーが提供するvCloud DirectorベースのパブリックIaaSと連携し、ハイブリッドクラウドへと発展させる。(2012/4/9)

イベント情報:
クラウドネットワークシンポジウム2012 〜「最先端のグリーンクラウド基盤構築に向けた研究開発」の可能性〜
高品質、高信頼、省電力の実現を目指す最先端研究の成果を披露。パネルディスカッションでは、ポストクラウド時代に日本が取り組むべきICT技術を有識者が議論する。(2012/2/15)

クラウドガバナンス現在進行形【第3回】
クラウドは安全か? 事業者との責任分界点、注目すべき安全基準とは
「クラウドはオンプレミスに比べて安全ではない」は本当か? そもそも「安全」とは何か、そしてクラウド利用における利用者と事業者の責任分界点、事業者の安全基準を測るポイントを解説する。(2011/11/17)

クラウドガバナンス現在進行形【第2回】
クラウドは本当にコストダウンになるのか
オンプレミスシステムと比較してクラウドは本当にコストダウンになるのか。両者を単位能力当たりの費用で比較した。(2011/10/20)

クラウドガバナンス現在進行形【第1回】
“オレオレクラウド”にはこりごり、クラウドの本質を知る
ベンダー独自の“オレオレクラウド論”が横行している。企業利用者の多くはこれに懐疑的だ。本稿ではクラウドの本質を理解すべく、従来のホスティングサービスとの違い、NISTによるクラウドの定義を解説する。(2011/9/22)

Red Hat、クラウドAPI「Deltacloud API」の標準化を申請
Red Hatが統合クラウドパッケージ「Cloud Foundation」のアップデートと、「Apache Deltacloud API」の標準化を申請したことを発表した。(2010/8/27)

IntelのMcAfee買収に一部アナリストは疑念も
IntelのMcAfee買収計画には、Intel製品にセキュリティを深く統合できるというメリットもあるが、疑問を持つアナリストもいる。(2010/8/20)

情報システム用語辞典:
仮想アプライアンス(かそうあぷらいあんす)
virtual appliance / バーチャルアプライアンス(2010/8/14)

Novellとクラウド事業者連合、ベンダー中立のセキュリティプログラムを発表
NovellとCloud Security Allianceは、ベンダー中立のクラウド事業者向けセキュリティプログラム「Trusted Cloud Initiative」を発表した。(2010/3/3)

クラウドバブルはまだはじけない
2010年のクラウドコンピューティングを展望する
新プラットフォームやAPI、セキュリティ問題など、クラウドコンピューティングをめぐる状況について具体的な予測を立ててみた。(2010/2/4)

富士通、クラウド連携のAPI仕様を提案
富士通は、クラウドコンピューティング間の連携に必要なAPIの仕様を国際標準化団体「DMTF」に提案した。(2009/11/19)

Xen Cloud Platformに込めるCitrixの野心
エンタープライズのデータセンターではVMwareに後れを取ったCitrix。しかし、クラウドではさまざまな手段を講じて先行しようとしている。米Citrix Systemsのバーチャライゼーションマネージメント部門でCTOを務めるサイモン・クロスビー氏はXen Cloud Platformに重要な意味があると話す。(2009/9/11)

パブリックとプライベートをつなぐ:
Xen.org、クラウド採用促進イニシアチブ「Xen Cloud Platform」を発表
Xen Cloud PlatformにはIntel、AMD、Oracle、富士通など多数の企業が賛同を寄せている。(2009/9/1)

Apple Snow Leopardにも対応:
Sun、無料仮想化環境「VirtualBox」の新版でOVFをサポート
標準規格OVFをサポートすることにより、VMware、Microsoft、Parallels、XenSourceなどの仮想化技術と互換になった。(2009/4/9)

CIOの悩みのタネ
SOA、SaaS、SOAP――アルファベット略語の海で溺れないために
日々誕生するIT業界のアルファベット略語に追い付くのは、専門家にとってさえ難しい。それに対処する最善の方策は?(2009/1/8)

仮想化が開く新たなセキュリティモデル:
「私物PCも職場に持ち込めます」、Xen創始者
(2008/11/25)

構成管理データベースの標準化も視野に:
Systemwalkerに構成管理データベースを搭載、富士通
(2008/7/4)

Beginner's Guide:
仮想アプライアンス入門
仮想マシンにOSやアプリケーションといったソフトウェアを組み合わせた仮想アプライアンスがソフトウェア配布の実質的な手段になりつつあり、仮想アプライアンスベンダーという新たな業種が生まれている。ここでは、さまざまな仮想アプライアンスを一挙に紹介する。(2008/6/21)

マルチベンダー環境でのDB統合を推進 富士通
ITシステムにおける運用管理情報の統合技術の開発と標準化を進める富士通が、自社の取り組みについて説明した。(2008/2/19)

Skype、開発支援パートナーの新制度に日独2社を認定
Skype本社の幹部が多数が来日し、Skypeの最新動向と新パートナー制度「Skype Approved Integrator」を紹介した。(2007/10/5)

仮想化の達人:
今そこにある選択――VMwareかMicrosoftか、それが問題だ
現時点で仮想化市場をリードしているVMware。そしてそれを追うMicrosoft、Citrix、オープンソースコミュニティー。現時点で仮想化技術を用いてサーバの仮想化を行うのならあなたはどんな選択をするだろうか。(2007/9/25)

Intel、新vProプロセッサテクノロジーを発表
Intelが高性能、低消費電力でセキュリティ機能を向上した、新vProテクノロジーを発表した。(2007/8/28)

AMD、DASH用テストツール「SIMFIRE」
3月に標準化団体DMTFが発表したPC管理技術「DASH」を普及させるためのテストツールをAMDが開発した。(2007/3/27)

拡大するEMC インフラ総合ベンダーとして勝負
売り上げに見るEMCの業容は、既にソフトウェア・サービスが全体の半数を超え、かつてのストレージ専業ベンダーとしての面影は薄れつつある。(2006/12/13)

一筋縄ではいかない「マルチベンダーシステム管理」――MSのモデリング構想の行方
Microsoftは他の大手ITベンダーと協力してSMLと呼ばれるマルチベンダーシステム管理テクノロジーの策定に取り組むことになった。SMLは同社製品の構成および監視機能の強化を図る上で要となるが、実現への道は平坦ではないだろう。(2006/9/25)

上司のためのストレージ・ネットワーキング (4):
ストレージ・ネットワークの管理
ストレージ・ネットワークの導入・構築の後には、運用・管理という作業が待っている。今回はストレージ・ネットワークの管理手法と、管理の内容について説明する(2006/8/26)

仮想化市場の勢力図を塗り替え、Xenとタッグを組むMSの狙い
XenSourceとMicrosoftは提携し、Windows “Longhorn” ServerホストでもXenEnterpriseホストでも、同等のパフォーマンスでXen対応Linuxを実行できる仮想マシンに取り組んでいく。これは両社共通のライバルVMwareとの戦いを進める上で大きなアドバンテージになるだろう。(2006/8/24)

IBM、自動化ソフトをオープンソースコミュニティーに公開
IBMはApache Software Foundationに対し、データセンターにおけるアプリケーションやトランザクションの問題検出/修復を自動化するソフトウェアを提供した。(2006/6/15)

Interview:
MS、新しいサービスデスク製品に注力
Microsoftは、拡大を続ける自社の「Systems Center」ツールシリーズにサービスデスク製品を追加する計画だ。同計画について、Microsoftのサーバ&ツール部門のボブ・マグリア上級副社長に聞いた。(2006/4/27)

情報資産管理とバックアップポリシー(5):
SAN管理ソフトウェアによる生産性向上を目指す
急激なデータの増加に対応するために計画的なストレージ環境の構築が間に合わず、さまざまなベンダのストレージ環境が混合してしまうケースも多いだろう。今回は、そのような、マルチベンダのストレージ環境を効率的・自動的に管理できるSAN管理ソフトウェアを紹介する。(2006/2/7)

Microsoft PDC 2005 Report:
Webサービス管理規格「WS-Management」共同提案
MicrosoftはIntel、NEC、Symantecなどのパートナーとともに、IT管理経費削減と複雑さの解消を図るWebサービス管理規格「WS-Management」を提案した。(2005/9/16)

Red Hatに勝てるか? ノベル、Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9を発表
ノベルは8月5日、基幹系業務向けのLinuxサーバOS「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」を発表、同日から提供開始した。国内販売を拡大するため、パートナープログラムにも力を入れている。(2004/8/5)

ITソリューションフロンティア:技術
メッセージ形式化によるシステム運用自動化の可能性
インターネットを介して膨大な数の利用者にサービスを提供する大規模なシステムが増加しており、サービス停止の影響は甚大で、これを防ぐシステム監視がますます重要になっている。本稿では、システムから発せられる膨大なエラーメッセージから、重大なサインを自動的に見分けられるようにするために必要な、メッセージの標準化について考察する。(2004/7/30)

SMI-S準拠の初の製品群発表
(2004/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。