ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「米国防総省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「米国防総省」に関する情報が集まったページです。

製造業の国内回帰を促す:
GF、米国防総省との連携深める
GLOBALFOUNDRIESは、米国が半導体供給ラインの再構築を目指していく中で、米国防総省にとって信頼できるメーカーとしての位置付けを確保しようとしている。同社は、「複数の製造元を確保しながら、耐放射線チップなどの主要コンポーネントの製造を拡大することが可能だ」と主張する。(2020/7/10)

Samsung、米国防総省向け特別仕様端末「Galaxy S20 Tactical Edition」発表
Samsung Electronics Americaが米国防総省のニーズに合わせた戦場仕様のスマートフォン「Galaxy S20 Tactical Edition(TE)」を発表した。ステルスモードやナイトビジョンモードを備え、NSA標準に基づくデータ暗号化機能「DualDAR」を搭載する。(2020/5/21)

米国防総省がUFO動画を公開 パイロットが驚き叫ぶ様子まで記録
正体については「不明」としました。(2020/4/28)

体表面温度を測定できるSIMフリースマホ「CAT S61」発売 約12万円
兼松コミュニケーションズは、サーマルイメージングカメラで体表面温度を測定できるSIMフリースマホ「CAT S61」を2月から販売している。体表面温度の簡易チェックに利用でき、米国防総省のMILスペックに準拠した堅牢性も備える。(2020/4/6)

米Microsoftが落札した米国防総省のクラウド事業「JEDI」、Amazonの申し立てで一時停止に
米裁判所は、Microsoftが獲得した米国防総省の100億ドルのクラウド事業「JEDI」の進行を一時停止する判決を下した。Amazon.comの申し立てを認めたもの。(2020/2/14)

ピーター・ティール氏のPalantir、米陸軍の1億ドル超契約を獲得
ピーター・ティール氏が会長を務めるビッグデータ解析企業Palantirが、米国防総省のデータベース統合に関する1億ドル超の契約を獲得した。同社はGoogleが解約した戦場解析ツール開発プロジェクト「Project Maven」も獲得したと報じられている。(2019/12/16)

米海軍のERP移行事例【後編】
AWS障害やデータ漏えい事件があっても、米国防総省がクラウドを信頼する訳
米国海軍のERPシステムを政府専用サービス「AWS GovCloud」に移行したプロジェクトは、簡単な道のりではなかった。成功のヒントは緻密なプロジェクトマネジメントにあった。(2019/12/12)

プリンストン、UAGのiPad(第7世代)向け耐衝撃ケースを発売
プリンストンは、12月13日にiPad(第7世代)向けのURBAN ARMOR GEAR製METROPOLISケースを発売。米国防総省が定めた規格をクリアする耐衝撃性能を備えたフォリオタイプのケースで、角度調整に対応したスタンドも装備する。(2019/12/6)

KubeCon+CloudNativeCon North America 2019報告(2):
国防総省がKubernetesとIstioでDevSecOps基盤を構築、「ウォーターフォール文化を変える」
2019年11月にCloud Native Computing Foundation(CNCF)が米サンディエゴで開催したイベント「KubeCon+CloudNativeCon North America 2019」では、米国防総省がKubernetesの広範な採用を進めていることを明らかにした。(2019/12/5)

AWS、IBM、Oracle、Google、Microsoftが受注でしのぎ
米国防総省はなぜ「AWS」ではなく「Azure」を選んだのか 100億ドルのJEDI契約
米国防総省は、クラウドプロジェクト「JEDI」の契約先として、本命視されていたAWSではなく、Microsoftを選定した。その背景には何があったのか。(2019/11/26)

米国防総省の100億ドルクラウド事業「JEDI」はMicrosoftが落札
米国防総省のデータをクラウドで一元管理する100億ドル規模の事業「JEDI」をMicrosoftが落札した。最有力候補と目されていたAmazonは「純粋に製品を比較すれば結論が異なることは明らかだ」とコメントした。(2019/10/27)

プリンストン、iPhone 11シリーズ向け耐衝撃CIVILIANケースを発売
プリンストンは、10月中旬にURBAN ARMOR GEAR社製のiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max用CIVILIANケースを発売。米国防総省が定めた試験法規格に準拠し、TPUとPCの3層構造で端末を守る。(2019/10/9)

トリニティ、iPhone 11シリーズ向け「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売
トリニティは、10月中旬から米国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠したiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max向け「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売する。装着したまま充電できるスリムな設計で、端末デザインを損なわないクリア仕様となっている。(2019/10/8)

トリニティ、MILスペック準拠の「Apple Watch Series 4」向け防水ケース発売
トリニティは、米国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠した「Apple Watch Series 4(40mm)」対応の完全防水ケースを発売。IP68相当の完全防水・防塵仕様で、発売中の「Apple Watch Series 4(44mm)」と同様に水深100mをクリアする防水性能を搭載する。(2019/6/27)

プリンストン、耐衝撃機能を備えたGalaxy S10/S10+用ケース4種を発売
プリンストンは、URBAN ARMOR GEAR製のGalaxy S10/S10+用ケース4種を発売。米国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G,Method 516.6 Procedure IV」をクリアする耐衝撃性能を備え、デザイン性や使いやすさも追求している。予想実売価格は4280円〜6980円(税別)。(2019/5/23)

耐衝撃性を備えたiPad mini(第5世代)用ケース URBAN ARMOR GEARから
プリンストンは、URBAN ARMOR GEAR製のiPad mini(第5世代)用METROPOLISケースを発売。ハニカム構造で高い耐衝撃性と軽量化を両立し、米国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」をクリア。カラーバリエーションはブラック、コバルト、マグマの3色を用意している。(2019/5/10)

Google、(他社のように)汎用の顔認識APIを当面は提供しないと宣言
「Project Maven」で米国防総省にAIと顔認識技術を提供することで批判されているGoogleが、技術およびポリシー上の課題を解決するまでは汎用的な顔認識APIを提供しないと宣言した。(2018/12/14)

ガーミン、MILスペック準拠のタフネスGPSアウトドアウォッチ「INSTINCT」11月15日に発売
ガーミンジャパンがGPSアウトドアウォッチを発売する。米国防総省が定める物資調達規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐水・耐熱・耐衝撃性能を備え、スマートウォッチとしての機能も充実している。3色展開で、価格は3万2800円(税別)だ。(2018/11/1)

Garmin、タフネスGPSウォッチ「Instinct」を300ドルで発売
GPSサービスのGarminが、耐久性重視のタフネススマートウォッチ「Instinct」を発売した。米国防総省MIL規格準拠の耐熱性、耐衝撃性、耐水性を備え、価格は299.99ドル(約3万3600円)だ。(2018/10/15)

トリニティ、MIL規格のApple Pencil/Apple Watch向けアクセサリーを発売
トリニティは、7月27日に米国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を備えたアクセサリーを発売。Apple Pencil専用キャリーケースとグリップケース、Apple Watch対応衝撃吸収ケースとスポーツバンドをラインアップしている。(2018/7/27)

Google、「AIの倫理原則」を公開 武器など人に危害を加える利用はしないと約束
米国防総省とのAI技術関連契約で社内外から批判されているGoogleが、AIに関する倫理原則を発表した。武器など人に危害を与える技術にAIを使わないとしており、ピチャイCEOは「これはコンセプトではなく具体的な基準だ」と語った。(2018/6/8)

「シリア攻撃後、ロシアのトロールが2000%増」──米国防総省
米連邦政府が英仏と共同で13日に行ったシリアへの空爆後、「ロシアのトロール(が2000%増加した」と米国防総省が発表した。「トロール」は、ロシア政府による虚偽プロパガンダを指すようだ。(2018/4/16)

米国防総省が市民のネット投稿を監視か? AWSの設定ミスで露呈
米国防総省が収集したと思われる個人のニュースへのコメントやSNSへの投稿などが、AWSのユーザーなら誰でもダウンロードできてしまう状態で、AWS S3のバケットに保存されていた。(2017/11/20)

まひした手にロボットアームで触覚を取り戻す! 米国防総省の研究機関が実験に成功
「まるで自分の手に触れられたみたい」とコメント。(2016/10/15)

松岡功の「ITニュースの真相、キーワードの裏側」:
なぜ米国防総省はWindows 10を採用したのか
「勝手にアップグレードされた」「なぜ強行するのか」などと、最近、Windows 10へのアップグレードについて大きな関心が寄せられている。そんな中、米国防総省が省内で使用している約400万台のPCのOSを、2016年内にWindows 10へ移行することを決めた。アップグレードをネガティブな目で見る風潮がある中で、なぜ米国防総省はWindows 10への移行を決定したのか。(2016/4/27)

ホワイトペーパー:
“米軍仕込み”のクラウドセキュリティガイドが公開 その気になる中身は
クラウドセキュリティに関するガイドラインを公開した米国防総省。その内容は政府機関だけでなく、一般企業にとっても大いに役立つ。その中身を見ていこう。(2016/4/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
“米軍仕込み”のクラウドセキュリティガイドが公開 その気になる中身は
クラウドセキュリティに関するガイドラインを公開した米国防総省。その内容は政府機関だけでなく、一般企業にとっても大いに役立つ。中身を見ていこう。(2016/4/1)

日本マイクロソフト、Windows 10導入で法人におけるセキュリティ強化をアピール
日本マイクロソフトが、米国防総省の導入事例を用いてWindows 10の高いセキュリティを訴求した。(2016/3/10)

Alphabetのシュミット会長、米国防総省の顧問委員会会長に
米国防総省がシリコンバレーのIT企業からの助言を受けるための顧問委員会を設立し、Googleを傘下に持つAlphabetのエリック・シュミット会長を委員会のリーダーに指名した。(2016/3/3)

企業でも大いに役立つ
米国防総省が公開した“ミルスペック”な「クラウドセキュリティガイド」に書かれていること
サイバー攻撃の主要な標的としても知られる米国防総省が、クラウドセキュリティのガイドラインを公開した。その内容の中から、企業が参考にできそうなポイントを紹介する。(2015/12/4)

米国防総省の機関が“自然に近い触覚”のある義手を開発 SF作品の世界にまた一歩近づく
“近未来”がやってきた。(2015/9/16)

企業も学ぶべきデータ防衛の手法
米軍が選んだ「iPhoneにデータを残さない」ソリューション、VMIの安全性とは
仮想モバイルインフラ(VMI)は企業分野で普及の兆しが見えるが、米国防総省は以前から、仮想モバイルアプリケーションがセキュリティ強化に役立つと考えてきた。(2015/8/26)

米軍事規格に準拠、ICカードも収まる防水・防塵iPhoneケース
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性iPhoneケース「WATERPROOF IC CARD CASE」が登場した。(2014/6/5)

京セラの防水・防塵スマホ「TORQUE」国内投入 米軍事規格準拠
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性Androidスマートフォン「TORQUE」(トルク)を京セラが国内投入へ。(2014/1/27)

ビジネスニュース:
優勝賞金2億円! 米国防省がサイバー攻撃の防御プログラムの開発コンテスト
米国防総省の内部局であるDARPAは、サイバー攻撃を自動的に検出/防御するプログラムの開発コンテストを行う。コンテストは3年間にわたって行われ、優勝者には200万米ドル(約1.9億円)の賞金が授与される。(2013/10/29)

ビジネスニュース:
ムーアの法則はあと7年で終わる? 微細化の限界は7nmか5nm
米国防総省のディレクタによれば、ムーアの法則は早ければ2020年、遅くても2022年までに終えんを迎えるという。ムーアの法則は、あと7年も続くのだろうか。(2013/8/30)

攻撃は最大の防御?
米国防総省委員会、「サイバー攻撃への軍事作戦力を高めよ」
米国防総省の諮問委員会は「敵が仕掛けてくる攻撃に対して、米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘する。「サイバー攻撃能力を開発すべきだ」との主張も。攻撃は最大の防御となるか。(2013/4/16)

Microsoft、米国防総省から約6億ドルの契約獲得
米国陸軍、海軍、国防情報システム局の職員が、Windows 8、Office 2013をはじめとするMicrosoftの最新技術を導入する。(2013/1/7)

プロが使う脆弱性検査ツール「Retina」を企業に、ブロードとBeyondTrustが販売提携
米国防総省や大企業での採用実績が多い脆弱性管理製品「Retina」の企業版をブロードが発売した。(2012/11/16)

デル、米国防総省の基準も満たした堅牢仕様のビジネス向けUltrabook「Latitude 6430u」
デルは、14型ワイド液晶を搭載したビジネス向けUltrabook「Dell Latitude 6430u」を発売する。(2012/11/16)

米防衛大手ロッキードにサイバー攻撃 「SecurID」情報悪用か
米国防総省などを顧客に持つ防衛大手のLockheed Martinが大規模なサイバー攻撃を受けた。3月に米RSAから盗まれたSerurID情報との関連性を複数のメディアが指摘する。(2011/5/30)

米国防総省、兵士によるTwitter利用を解禁
米軍の兵士や職員は、国防総省のネットワークを利用してTwitterやFacebook、YouTubeなどを利用できるようになった。(2010/3/1)

ネットの力で気球を探せ――米国防総省がインターネット40周年記念ゲーム
国防総省の「Network Challenge」は、インターネットで情報や仲間を集めて、どこかに設置された10個の気球を探し出すゲームだ。(2009/11/2)

Dell、温度変化や湿度にも強い、堅固なノートPC発売
米国防総省の規格を満たす、政府や企業向けノートPC「Latitude XFR D630」が発売となった。(2008/3/5)

中国に“サイバー人民解放軍”、米国防総省が報告
中国のハッカーは熟達しており、20分でシステムに入り込んで情報を取得し、離脱することが可能だと専門家は言う。(2007/6/7)

米国防総省、省内PCからYouTubeなどへのアクセスを禁止
帯域確保のため、YouTubeなど人気12サイトへのアクセスをブロックするという。(2007/5/16)

「NASAハッカー」の米国送致が決定
NASAや米国防総省のコンピュータをハッキングしたとされる英国の男が、米国で裁判を受けるため、身柄を送致されることになった。(2007/4/4)

米国防総省攻撃「ゾンビキング」に懲役3年の判決
米国防総省や病院、学校のコンピュータを攻撃した犯人が、懲役3年と賠償金25万ドルの支払いを言い渡された。(2006/8/31)

米国国防省、医療情報システムにCACHEを採用
米Intersystemsは8月7日、同社が提供する多次元データベース製品、CACHEが米国防総省厚生局のCHCSに採用されたと発表した。(2006/8/8)

Google、政府機関向けビジネスを強化へ
Googleは米国防総省など、政府機関とのビジネスを拡大するようだ。同社の求人情報がそれを示している。(2006/4/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。