ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DoubleClick」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DoubleClick」に関する情報が集まったページです。

Google、広告サービスの「AdWords」や「DoubleClick」を改称し再編成
Googleが、広告サービス「AdWords」や「DoubleClick」の名称を変え、「Google Ads」「Google Marketing Platform」「Google Ad Manager」に再編する。デジタル広告の多様化・複雑化に対応する目的という。(2018/6/28)

「チケットぴあ」の会員データを広告配信の最適化に活用:
ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォームとのデータ連携コンサルティングサービスを提供開始した。(2017/12/13)

プレミアム枠に一括配信:
「GenieeDSP」から「DoubleClick Ad Exchange」へPMP入札が可能に
ジーニーは、「GenieeDSP」と「DoubleClick Ad Exchange」を接続し、アプリおよびWeb広告枠に対してPMP配信が可能になったと発表した。(2016/11/8)

アプリ内広告在庫の優先取引やプライベートオークションの利用が可能に:
ジーニー、「DoubleClick Ad Exchange アプリ内広告」の提供を開始
ジーニーは、Googleが提供する「DoubleClick Ad Exchange アプリ内広告」の取り扱いを開始したと発表した。(2016/7/12)

Twitter、GoogleのDoubleClickとの提携とTellApartの買収を発表
Twitterが、精彩を欠く四半期決算の発表と同時に、DoubleClickとの提携とマーケティング企業TellApartの買収を発表し、ダイレクトマーケター向けのサービス強化の姿勢をみせた。(2015/4/29)

Google、広告でもHTTPS化を推進
Google Display NetworkやDoubleClickパブリッシャーに配信される広告の大部分が2015年6月30日までに暗号化されると発表した。(2015/4/20)

日本国内で初:
インティメート・マージャー、Google「DoubleClick Bid Manager」の外部データパートナーに
3億超のオーディエンスデータを有する大手DMP専業のインティメート・マージャーは3月26日、Googleが提供するDSP(Demand Side Platform)の「DoubleClick Bid Manager」と連携し、データ提供を開始したことを発表した。(2015/3/27)

CPM課金での広告配信量増加:
adingo、自社が運営するSSP「Fluct」とGoogleの「DoubleClick Bid Manager」を連携
広告配信事業を展開するadingoは10月16日、同社のSSP「Fluct」と、Googleが提供するDSP「DoubleClick Bid Manager」との連携を開始したと発表した。Fluctの提携メディアは、DoubleClick Bid Managerから配信されるRTB広告を掲載できるようになる。(2014/10/16)

Google傘下のDoubleClick、Facebook Exchange参加を発表
DoubleClickのユーザーは、Bid Manager経由でFacebookの広告枠を購入できるようになる。(2013/10/21)

Google、ディスプレイ広告企業のInvite Mediaを買収
Googleがディスプレイ広告のリアルタイム入札システムを提供するInvite Mediaを買収し、DoubleClickのサービスを拡充する。(2010/6/4)

GoogleはSalesforce.comを買収すべきだろうか?
DoubleClickやAdMobなど、大規模な買収を繰り広げるGoogleの次のターゲットはどこだろうか。Microsoftに対抗するために、Salesforce.comを買収すべきという意見もある。(2010/6/2)

Google、次世代広告プラットフォーム「DoubleClick for Publishers」を発表
大規模パブリッシャー向け「DoubleClick DART」を「DoubleClick for Publishers(DFP)」に、小規模向けの無料サービス「Google Ad Manager」を「DFP Small Business」に、それぞれアップグレードする。(2010/2/23)

Google、ディスプレイ広告仲介システム「DoubleClick Ad Exchange」公開
DoubleClick Ad Exchangeは、ディスプレイ広告と広告スペースをリアルタイムで自動的に割り当て、検索広告プログラムとも連係する。(2009/9/24)

Google、コンテンツネットワークの機能を向上
DoubleClickのcookieをGoogleコンテンツネットワークに導入することで、新機能を追加する。(2008/8/8)

Google、傘下の検索マーケティング企業をPublicis Groupeに売却
GoogleはDoubleClick買収によって獲得したPerformicsを、Publicis Groupeに売却する。(2008/8/8)

Google、アフィリエイト広告ネットワーク立ち上げ
DoubleClick買収で入手していたアフィリエイト事業を「Google Affiliate Network」として始動するとともに、AdWordsの新機能として、CPA管理ツール「Conversion Optimizer」を発表した。(2008/7/3)

DoubleClick、携帯広告サービスをGoogle AdSenseなどの広告ネットワークに統合
Google傘下に入ったDoubleClickが、同社のモバイル広告サービスを複数のモバイル広告ネットワークと統合した。(2008/5/1)

Google、DoubleClickのSEM事業売却
「検索と広告において客観性を維持するため」、検索エンジンマーケティング事業を売却する。(2008/4/3)

Google、DoubleClickの買収を完了
欧州委員会がGoogleによるDoubleClick買収を承認。これを受け、Googleはディスプレイ広告事業強化を目指した31億ドルの買収取引を完了した。(2008/3/12)

FTC、GoogleのDoubleClick買収を承認
米連邦取引委員会は、GoogleによるDoubleClick買収は市場競争を阻害するものではないとして、承認する意向を明らかにした。(2007/12/21)

米上院議員、GoogleのDoubleClick買収の徹底調査を要求
米上院議員はFTCに、この買収がオンライン広告市場やプライバシーに与える影響の精査を求めている。(2007/11/21)

合法サイトに偽セキュリティソフト広告――DoubleClickネットワークで発生
CNNなどの合法サイトで、偽セキュリティソフトの広告やポルノ広告が表示される問題が起きた。DoubleClickの広告ネットワークに不正な広告主が入り込んだためだ。(2007/11/13)

たらい回し式リダイレクトで詐欺サイトに誘導
Websenseによると、eBayからDoubleClick、AOLを経由させたチェーン式リダイレクトで詐欺サイトに誘導する手口が見つかった。(2007/6/29)

Google、DoubleClickを買収する理由を説明
検索広告の重要性が低下する中、ディスプレイ広告市場に参入することで、広告主、パブリッシャー、コンシューマーにより貢献できるようになるとしている。(2007/6/28)

MS、オンライン広告のaQuantiveを60億ドルで買収
オンライン広告企業の買収が相次ぐ中、MicrosoftがaQuantiveを買収。買収金額は、GoogleのDoubleClick買収金額の約2倍の60億ドルに達する。(2007/5/19)

Yahoo!、オンライン広告オークションのRight Mediaを買収
GoogleによるDoubleClick買収など、検索大手によるオンライン広告会社買収競争激化のなか、Yahoo!がオンライン広告オークション会社を買収した。(2007/5/1)

Googleによる買収でDoubleClick、消費者団体からの懸念に反論
GoogleのDoubleClick買収はプライバシー保護面で問題、との声にDoubleClickは、Googleのデータと照合することはできないと説明した。(2007/4/24)

米消費者団体、GoogleのDoubleClick買収反対でFTCに申し立て
米国の3団体が、GoogleのDoubleClick買収がプライバシー保護の面で懸念があるとして、米連邦取引委員会に申し立てを行った。(2007/4/21)

Google、DoubleClickを約31億ドルで買収
Microsoftなどとの買収合戦の末、GoogleがDoubleClickを買収する。買収金額は約31億ドルで、YouTubeの買収金額を大きく上回る。(2007/4/14)

DoubleClick、広告スペース売買の新サービスを発表
身売りの噂も出ているDoubleClickが、広告スペースの売り手と買い手を結ぶマーケットプレイス「DoubleClick Advertising Exchange」サービスを発表した。(2007/4/5)

米投資会社がDoubleClickを11億ドルで買収
DoubleClickがサンフランシスコの投資会社Hellman & Friedmanに買収された。(2005/4/25)

AOL、Doubleclickの広告管理プラットフォーム導入
AOLはDoubleClickと提携し、AOL傘下の全Webブランドに広告配信・管理ツールDFPを導入する。(2005/4/9)

DoubleClick、売却も含めて今後の選択肢を検討
インターネット広告配信大手の米DoubleClickが戦略の見直しを図っている。選択肢の中には売却も含まれているという。(2004/11/2)

DoubleClick、DoS攻撃で一時サイトダウン
約4時間にわたる大規模DoS攻撃は、DoubleClickのDNSサーバを狙ったものだった。その影響で、同社から広告配信を受けている大手サイトではWebページのロードが遅くなった。(IDG)(2004/7/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。