ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デュアルディスプレイノートPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デュアルディスプレイノートPC」に関する情報が集まったページです。

「その功績を等しくたたえたい」
モバイルコンピューティングを変えた10台の「殿堂入り」ノートPC
画期的な製品の登場によって、巨大産業は変化する。2006年以降に登場したクライアントノートPCで、その後のモデルに大きく影響した「記念碑」的な特徴を備えた10台を紹介する。(2016/9/10)

会場には懐かしすぎるモデルがズラリ:
日本の開発部隊が25年間情熱を注いだ“ThinkPad”の話をしよう――レノボ・ジャパン事業戦略説明会
2015年で創立10周年を迎えたレノボ・ジャパンが事業説明会を開催。事業戦略として掲げる「DREAM構想」とは?(2015/11/12)

せかにゅ:
カメラ付きの新型iPad、年内に登場?
「FaceTime」に対応したカメラ付きiPadが、今年の年末商戦向けに登場するかもしれないと情報筋が伝えている。(2010/9/14)

オンキヨー、デュアル液晶搭載ノート「DX」シリーズ新モデルを発売
オンキヨーは、デュアル液晶搭載ノート「DX」シリーズの新モデル「DX1015A4」を発表した。(2010/6/29)

2010年PC夏モデル:
デュアルディスプレイを搭載して復活した記念モデル──「libretto W100/11M」
東芝のラップトップPC発売25周年を記念して、人気のブランドが復活。デュアルディスプレイを搭載して柔軟なユーザーインタフェースを可能にした。(2010/6/21)

2010年PC夏モデル:
これはコンセプトモデルではない!──「libretto W100/11M」のデュアルディスプレイな使い勝手を試す
東芝が“ノートPC事業25周年”を記念して投入したlibrettoは、デュアルの液晶ディスプレイを搭載する斬新なモデルだ。その「自由自在」ぶりを写真とともに紹介する。(2010/6/21)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIブースで「Sketch Bookのコンセプト」を知る
COMPUTEX TAIPEI 2010が開幕して展示ブースも公開された。MSIブースで確認した「Sketch Book」続報と「GUS」の詳細、「3DMark 11」世界初デモを紹介する。(2010/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
MSIがタブレットPC「Wind Pad」やコンセプトモデル「Sketch Book」などを公開
COMPUTEX TAIPEI 2010は6月1日から始まる、が、前日から多数の事前発表会が行われた。MSIは、タブレットPCや立体視PCのほか、ユニークなコンセプトも披露した。(2010/6/1)

CeBIT 2010:
デュアルディスプレイノートPCでMSIが想定する意外な“使いかた”
CeBIT 2009で「なんか“DS”みたい」と注目されたASUSのデュアルディスプレイノートPC。今回はMSIから2モデルが展示された。その概要とコンセプトを聞いた。(2010/3/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2010年は6コア、2011年はFusionでPCが劇的に変化」――2009年最後のAMDイベント
Radeon HD 5000ファミリーが売れに売れてホクホク顔のAMDが、ユーザーイベントを実施。GPUはもちろん、CPUの今後について計画を明かし、CPUとGPUを融合したプラットフォームが着々と進んでいることをアピールした。(2009/12/20)

オンキヨーが工人舎と協業 2画面モバイルノートなど発売
オンキヨーが工人舎と協業。デュアルディスプレイ搭載機など高付加価値なバイルノートをONKYOブランドで発売する。(2009/12/10)

オンキヨー、デュアルディスプレイノートなど新製品3モデルを発表
デュアルディスプレイノートや370グラムノートが“ONKYO”ブランドで登場する。同社は、製品説明会で工人舎と協業する目的を説明した。(2009/12/10)

Twitterサーバ、バルスに勝つのも当然?
Twitterサーバが「バルス」の呪文に耐えた。だが日米のユーザー数の差を考えると、それも当然かもしれない。(2009/11/30)

デュアルディスプレイのモバイルノート、工人舎から7万円台で
10.1インチディスプレイ×2を搭載したモバイルノートPCが工人舎から。2枚のディスプレイを横に並べてマルチディスプレイとして使える。7万9800円。(2009/11/27)

モバイルPCで2048×600ドット:
10.1型デュアルワイド液晶を搭載した8万円切りノートPCが登場――「KOHJINSHA DZ」シリーズ
工人舎がスライド式の2画面液晶ディスプレイを搭載したノートPC「KOHJINSHA DZ」シリーズを投入する。販売は12月11日からの予定だ。(2009/11/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
「使う側にも作る側にもいいカンフル剤が来た」――DIY PC Expo 2009開催
アキバで最大級の自作PCイベント「DIY PC Expo 2009」が開かれ、近未来のアキバを彩るであろうさまざまなアイテムが一堂に会した。(2009/11/1)

Intel Developer Forum 2009:
うーん、どこかで見たような──IDFで登場した“クアッド”ディスプレイ搭載ノートPC
IDF 2009では、モバイルデバイスにフォーカスした発表も多数紹介されている。MIDが本格始動するのはいつになるのか?Showcaseのトピックも含めて紹介しよう。(2009/9/25)

サブディスプレイはどう使う?──レノボ「ThinkPad W700ds」“ながら見”レビュー
そのサイズに驚いた“ds”なThinkPadの速報はCESリポートで紹介しているが、今回はその実用性を検証。プロユースだけでなく“遊び”モードでもチェックした。(2009/4/16)

レノボ、デュアル液晶内蔵の高機能モバイルワークステーション「ThinkPad W700ds」
レノボ・ジャパンは、デュアル液晶ディスプレイを標準搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad W700ds」を発表した。(2009/2/25)

小寺信良の現象試考:
ポスト・ネットブック時代のパソコン
低価格ノートPC、いわゆるネットブックが登場してしばらくたち、その長所短所も認識されてきたようである。その“次”を狙う、ポスト・ネットブック時代のPCに求められる要件とは何だろうか。(2009/1/19)

2009 International CES:
将来はトリプルディスプレイも──Lenovoブースで“DS”なThinkPadに迫る
2009年のCESにあわせて多くのPCベンダーが新製品を発表した。ここでは、Lenovoの「かっこいい一体型」と「2画面ThinkPad」の開発コンセプトを紹介しよう。(2009/1/10)

2009 International CES:
「CES Unveiled」に次世代を担うPCが集合した
その年の注目製品が集結する「CES Unveiled」が米国時間の1月6日に始まった。CES直前に発表された最新のPCをチェックするチャンスだ。(2009/1/7)

2009 International CES:
始まる前から腹いっぱい──CES Unveiledを待たずに登場した「次世代Eee PC」
CES Unveiled開始に先立つこと1時間。ASUSは、2009 International CESの会場で新製品や開発中の“Eee”シリーズの説明会を行った。(2009/1/7)

Lenovo、デュアルディスプレイの大型ノートPC、薄型デスクトップ、ノートPCを発表
Lenovoが、スクリーン2枚を搭載した大型ノートPC、薄型デスクトップPC、薄型ノートPCなど複数の新製品を発表した。(2009/1/6)

Lenovo、デュアルディスプレイの「ノートPC」発表へ
Lenovoが2009 International CESで発表する「Lenovo ThinkPad W700ds」はディスプレイを2つ搭載。17インチのメインディスプレイの内側に10.6インチディスプレイを格納する。(2008/12/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。