ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Egenera」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Egenera」に関する情報が集まったページです。

99.99%稼働保証のクラウド、イージェネラが基幹業務向けに国内でも
「PAN Manager」に定評があるイージェネラが99.99%という高い稼働率を保証するクラウドサービス「Xterity」を国内でもパートナー経由で提供、安価な災害復旧サービスも用意する。(2015/10/1)

「サーバ仮想化」導入完全ガイド
物理サーバを統合することでさまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化。その基本機能を解説した上で、製品に関する最新動向を紹介。さらに主要な製品や導入/運用時の注意点などをまとめた。(2012/12/4)

1つの窓口で管理することの理想と現実
vCenterでは限界も? 物理リソース管理に消極的なVMware
多種類の管理ツールの存在は、多くのIT管理者にとって苦労の種になっている。VMware vCenterは、物理リソースの管理も行えるよう拡張されるべきなのだろうか。(2012/6/22)

NECもPAN採用へ、クラウド基盤自動化でじわじわとPAN Everywhere構想が進む
NECがクラウド基盤の自動化・効率化を実現するPAN Managerを採用する。デル、富士通、HPに次いで4社目。異機種の仮想環境を一元的に操作できる単一のコンソールを目指す米Egeneraの構想が次第に実現に近づいている。(2011/10/19)

ユーザー側からの標準化で日本品質のクラウド環境を目指す
見えるクラウドを目指して、新日鉄ソリューションズ、大和総研、パナソニック電工インフォメーションシステムズのユーザー系IT企業主体で、アライアンスクラウド検証センターを開所(2011/5/18)

真のDRをどう実現する?:
ユーザー主導の基幹系クラウド、実現にまた一歩近づく
ユーザー系IT企業3社が立ち上げたクラウド同盟では、基幹系システムにも耐え得るクラウドの標準化を進めている。イージェネラの仮想化ソリューションがHPにも対応したことで、実現にまた一歩近づいた。(2011/4/26)

「寝ているサーバをなくしたい」── 一歩先ゆくユーザー視点の仮想化ソリューション
パナソニック電工インフォメーションシステムズは12月2日、富士通のブレードサーバ「PRIMERGY BX900」用の仮想化ソリューション、「PAN Manager Software」を販売・サポートしていくことを明らかにした。(2010/12/3)

リポート 仮想化構築・運用イベント:
真の実力を引き出す仮想化構築・運用術とは?
2010年7月27日、東京・秋葉原のアキバプラザホールにて、@IT情報マネジメント編集部主催のセミナー「第10回 @IT情報マネジメントカンファレンス 仮想化の真の実力を引き出す構築・運用管理術」が開催された。当日は、ユーザー企業の情報システム部門のトップによる基調講演と特別講演、そしてベンダによる自社ソリューションの紹介を行う各セッションが行われた。(2010/8/23)

Egenera BladeFrame導入事例
【事例】「仮想化システムを3週間で完成せよ」――スピード構築成功のウラ側
不正アクセスによるサービス停止を経験したゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)は、3週間で新システムを構築した。スピード構築こそがリスク軽減につながるというその発想はどのようなものなのか。(2010/3/26)

仮想化時代のビジネスインフラ(8):
仮想化のメリットを引き出す5つの条件
現時点ではコスト削減を主目的に仮想化技術を導入するケースが多いが、今後は多くの企業が、収益向上に向けてより効果的に活用するケースが増えてくるだろう。今回は、仮想化技術のメリットを十分に引き出すための前提条件をあらためて振り返っておく。(2010/3/18)

e-Day:
間もなく師走、「仮想化元年」を振り返る
年の初めに「今年こそ○○元年」と謳うのがメディアの常だが、その予想の当たりハズレは問わないこととして、結果からすれば、2009年は「仮想化元年」となったのは間違いない。(2009/11/25)

仮想化時代のビジネスインフラ(7):
ミッションクリティカルに仮想化は使えるか?
仮想化技術はミッションクリティカルシステムには使えない――そんな意見をよく耳にするが、本当にそうなのだろうか? 周りの意見や評判をうのみにせず、自ら調べ、考えれば、仮想化技術を生かす領域はまだまだ広がる。(2009/11/10)

仮想化ソリューションセミナー:
クラウド・仮想化に取り組む先進企業たち
9月25日に開催された仮想化ソリューションセミナーでは、仮想化・クラウドの取り組みについて、ユーザー企業による先進的な事例が紹介された。(2009/9/25)

仮想化時代のビジネスインフラ(6):
仮想化技術を生かし切るための条件
仮想化技術の本来のメリットは「使われていないリソースをプールしておき、必要なときに活用できる」ことにある。このメリットを生かし切るためには、IT資産を全社的に運用管理する体制が不可欠だ(2009/8/26)

ERPリノベーションのススメ(7):
いま、ERPを買うべき理由
企業にとって投資を絞り込みたい状況が続いているが、中長期的な視点でみれば、まさしくいまがERP導入・再構築の絶好のタイミング。ERP刷新をテコにすれば、システム構成のスリム化など、コスト削減のあらゆる可能性も見えてくる。(2009/6/18)

仮想化時代のビジネスインフラ(5):
そのアプリケーション、本当に必要ですか?
中長期的にコスト削減が見込める真の“統合”を実現するためには、さんざん喧伝されてきた“サーバ仮想化”から目を離し、アプリケーションの無駄から見直す必要がある。(2009/6/4)

仮想化時代のビジネスインフラ(4):
仮想化で、コア業務に集中できる環境を作ろう
仮想化のメリットは「コスト削減」だけではない。近年、話題になっているユーティリティコンピューティングに近い体制を実現し、コア業務に労働力を集中させる「攻め」の手段として活用する方法もあるのだ。(2009/4/23)

ERPリノベーションのススメ(6):
不況に乗じて“勝てる”コスト構造を構築せよ
この不況も見方を変えれば、「現行システムをじっくりと見直す好機」ともいえる。目先のコスト削減に走ることなく、新技術の導入も視野に入れた、戦略的なコスト削減にじっくりと取り組んでみてはどうだろう。(2009/4/20)

e-Day:
Xeonボックスのパレードを締めくくった日本HP
一連のNehalem搭載サーバの発表を締めくくる格好で日本HPが自慢のProLiantサーバを投入した。市場のリードするProLiantは、経済が厳しい中でもその強みを十分発揮するだろうが、優れた管理ソフトウェアスイートの紹介がなかったのは残念だ。(2009/4/10)

e-Day:
デルの発表で触れられなかったこと
デルの第11世代サーバを話題に取り上げたが、米国では発表されながら、東京の記者発表会では触れられなかったものがある。米Egeneraの仮想化ソフトウェア「PAN Manager」のバンドルだ。(2009/4/2)

今年夏にもサービス事業者が登場?:
イージェネラ、共同利用型ディザスタリカバリを検証
(2009/3/13)

大和証券も期待を寄せるイージェネラの「N+1 DR」サービス
ユニークな仮想化技術で知られるシステムベンダー、イージェネラが、パートナーらと協業し、安価な災害復旧サービスに乗り出す。コスト抑制だけでなく、柔軟な運用も実現できる同サービスに企業も期待を寄せる。(2009/3/13)

仮想化時代のビジネスインフラ(3):
仮想化が拓くディザスタリカバリの可能性
ITシステムが被災した場合に備えて、即座に復旧できる体制を整えておくディザスタリカバリ。復旧期間を短くしようとすると等比級的なコスト上昇がみられる取り組みだが、仮想化技術はその合理的な実現にも大きく貢献する。(2009/3/9)

ホワイトペーパー:
サーバ仮想化とストレージ仮想化の相乗効果が、劇的なコスト削減を実現した
ベンダーロックを解消し、仮想化技術をフルに活用して挑んだサーバ統合&ストレージ統合が、ユーザー主体の構築/運用/保守を可能にした。劇的な運用コスト削減を実現した先進事例を紹介する(提供:パナソニック電工インフォメーションシステムズ)。(2009/2/10)

仮想化時代のビジネスインフラ(2):
「仮想化で収益向上」は経営層から提案せよ
仮想化技術を使えば、ITシステムのより効率的な導入、運用が可能になる。コスト削減はもちろん収益向上にも大きく貢献する。しかし一番大切なのは、「仮想化技術の活用」を、誰が提案し、誰が判断するか、ということだ。(2009/2/5)

仮想化時代のビジネスインフラ(1):
“自主性”なくして、仮想化技術は生かせない
仮想化技術は、コスト削減をはじめ、あらゆるメリットをもたらしてくれる。だが、その使い方を誤ればITインフラはいっそう複雑化し、かえって逆効果になる恐れもある。仮想化技術が浸透しつつあるいま、一番大切なのは、自ら考え、挑戦する姿勢ではないのだろうか。(2008/12/4)

SAPジャパン、アプリケーションへのアクセス権限管理の自動化ツールを提供
SAPジャパンは、アクセス管理プロセスを自動化、効率化するツールの新版を同日から提供すると発表した。 (2008/10/8)

東京にコンピテンスセンターを設立:
イージェネラ、SAPとの協業強化で事業拡大目指す
(2008/9/25)

社内にコンピテンスセンターを設立:
イージェネラ、SAPジャパンと協業
イージェネラはSAPジャパンと協業し、自社内にコンピテンスセンターを設立する。(2008/9/25)

SFAとグループウェアをSaaS形式で合体:
打倒Salesforce.com? ソフトブレーンなどがSaaS型SFA発表
(2008/9/19)

グリーンITや運用改善に効果大:
データセンターのサービス向上にはサーバ統合が不可欠
松下電工インフォメーションシステムズでは、サーバ統合の取り組みを通じ、物理的なスペースや消費電力の削減はもちろん、運用の標準化で運用効率やサービス品質も高まったという。(2008/5/12)

PAN Managerソフトウェアを採用:
米Dell、Egeneraの技術でサーバ仮想化を強化
米Dellはサーバ仮想化関連の製品とサービスを大幅に強化する発表を行った。(2008/5/8)

CTCが仮想化事業を強化 2サービスを新たに提供
VMwareとパートナー契約を結ぶなど仮想化ビジネスに注力するCTCは、「FX Pool」「NV Pool」の2つのサービスを発表した。(2008/1/28)

イージェネラ、最大1152CPUを共有するブレードを発売
データセンターの運用を支援するイージェネラは、最新版ブレードサーバの販売を開始した。(2007/11/7)

仮想マシン環境最新事情(3):
イージェネラが進む「第3の道」
独自設計のブレードサーバに、I/Oを中心とした仮想化機能を結び付け、一般的なCPUとOSを用いながらも高可用性システムを実現し、金融機関などで人気を博してきたイージェネラ。同社は2007年に入って、XenやVMwareといったハイパーバイザの統合管理を実現すると発表した。その狙いは何か。設立者でチーフ・ストラテジー・オフィサーのヴァーン・ブラウネル氏に聞いた(2007/6/25)

イージェネラとNTTデータ先端技術が提携
イージェネラとNTTデータ先端技術は、仮想化技術を活用したデータセンター構築で協業する。(2007/6/19)

イージェネラがXenを統合、最大60%の価格引き下げで新市場開拓へ
仮想化技術で差別化するイージェネラが大幅な価格引き下げでユーザー層の拡大を狙うとともに、Xenを統合したソフトウェア製品「vBlade」も発表した。(2007/5/8)

必勝態勢で日本の仮想化市場に臨むXenSource、SCS、CTCの3社
先月、米XenSource、住商情報システム(SCS)、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の3社が戦略的協業を発表した。単なる仮想化製品の提供で終わらないことが予想され、日本における仮想化市場に大きな影響を与えると見られるこの発表の裏側に迫った。(2007/5/7)

AMD Ignite Tour 2006:
PR:AMD Opteron™がデータセンターの課題を解決する 「Ignite Tour」開催
日本AMDが初の企業向けイベント「AMD Ignite Tour 2006」を12月5日に開催。AMD Opteron™プロセッサの優位性が導入事例などをもとに解説された。(2006/12/5)

kabu.comの夜間市場システムにOpteronサーバ採用
(2006/10/24)

AMD、次世代Opteron発表
新しいOpteronは新ソケット「Socket F」を採用し、仮想化技術「AMD Virtualization」を搭載する。(2006/8/15)

Interview:
「Solaris」と「OpenSolaris」を語るSunのロイアコノ執行副社長
12月にSolaris 10の最初のアップデートを行うSunのロイアコノ執行副社長が、SolarisとOpenSolaris、それらへの支持の拡大、そして次期メジャーバージョンアップとなる「Solaris Next」について語った。(IDG)(2005/11/26)

Egenera、ブレードサーバでSolarisをサポート
Egeneraはx86ブレードサーバ「BladeFrame」で、Linux、Windowsに加えてSolaris 10をサポートする。(IDG)(2005/11/18)

SunとSavvisが「ユーティリティデスクトップ」で提携
データセンターサービスを提供するSavvis CommunicationsはSunと協力し、「Sun Ray」シンクライアントを用いて仮想コンピューティング環境を提供する。(2005/6/23)

金融機関が考える「オープンプラットフォームで留意すべき点」
VA Linux主催のイベントで、UFJISの蒲原寧氏がUFJ銀行のオープンプラットフォーム戦略とLinuxへの取り組みについて説明した。(2005/6/23)

「デュアルコアOpteron」発表会でAMD64の技術的優位性をアピール
ホテルで開催した発表会では、ベンチマーク結果やデモンストレーションを交えながら、エレガントな設計による真のデュアルコアプロセッサだとアピールした。(2005/4/22)

日本AMD、HyperTransport性能を高めたOpteron新製品
日本AMDは、SSE3ソフトインストラクションをサポートし、バス周波数を1GHzにしてHyperTransport性能を高めた「AMD Opteronプロセッサ」の新製品3種を発表した。(2005/2/14)

Linuxへの“敵意と配慮”入り交じる、Solaris 10発表イベント
オープンソース版のSolarisを1月末までにリリースし、「オープンソースベンダー」として売り込みをかけるSun。だが過去の経緯から、懐疑的なデベロッパーも多い。(IDG)(2004/11/17)

イージェネラ、日本ネットワーク・アプライアンス、日本オラクル、企業用グリッドを共同検証
イージェネラ、日本ネットワーク・アプライアンス、日本オラクルの3社は、企業用グリッドコンピューティングの共同検証を実施する。(2004/9/29)

ブレードと仮想化で携帯市場を開拓 Egenera
UFJなど金融機関をメイン顧客とするブレードサーバメーカー・Egenera。今後は、サーバの切り替えが進むと見られる携帯電話キャリアやコンテンツプロバイダに照準を合わせる。(2004/6/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。