ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電気ポット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電気ポット」に関する情報が集まったページです。

終了:【Amazonタイムセール祭り】4Kテレビや電気ケトルなど家電系まとめ
台所用品なども安くなってますよ。(2019/2/1)

調理もできる電気ケトル「クックケトル」登場 「スープパスタ」や「チョコレートフォンデュ」も
温度調節機能と「つぼ型容器ポット」がポイント。(2019/1/21)

ゆで卵やお茶を作れる電気ケトル「クックケトル」登場
生活家電などを手掛けるスマイルが、調理道具としても使える電気ケトル「LUCTUS クックケトル」を1月21日に発売する。ゆで卵やお茶を作れる。(2019/1/18)

可能性は無限大? スマホでなんでもスイッチをオン・オフできるガジェット「SwitchBot」がめっちゃ力技
タイマー機能もあるよ!(2018/11/9)

IoTっていうけど、何すればいいの?(1):
「IoT」とは何かを、あらためて考える
IoTを活用できるエンジニアになるための視点を取り上げる連載。第1回は『「IoT」とは何かを、あらためて考える』。「分かっている」という声も聞こえてきそうだが、あえて立ち止まってみよう。(2018/8/31)

蓄電・発電機器:
半分の時間で急速フル充電、シャープが住宅向け蓄電システム
シャープが住宅太陽光向け蓄電システムの新製品を開発。8.4kWh(キロワット時)のリチウムイオン蓄電池は急速充電に対応し、満充電にかかる時間を従来機比半分の約2.5時間に短縮した。(2018/5/16)

蓄電・発電機器:
ハンファQセルズ、住宅向けハイブリッド蓄電システムを販売へ
ハンファQセルズジャパンは、住宅向けハイブリッド蓄電システム「HQJB-Aシリーズ」を2018年4月上旬から販売する。電池容量5.6キロワット時(kWh)の蓄電池と、変換効率96.5%の高効率ハイブリッドパワーコンディショナーを組み合わせた。(2018/2/19)

これが「i pot」か 電気ポットの中にすっぽり入った自作パソコンに驚きの声
ただし弱点は廃熱。(2018/2/15)

デロンギの朝食向け家電「アクティブ シリーズ」にポップアップトースターが仲間入り
デロンギ・ジャパンは、朝食向けのデザイン家電コレクション「デロンギ アクティブ シリーズ」の新製品として、ポップアップトースター(CTLA2003J)を2月15日に発売する。(2018/2/9)

来年1月から販売:
お茶好きに需要あり? “1℃単位”で温度調節ができる電気ケトル
山善は“1℃単位”で温度調節ができる電気ケトルを販売する。(2017/12/21)

ギターを奏でるオーブンレンジ、バルミューダ「The Range」
バルミューダは、同社初のレンジ「BALMUDA The Range」を発売する。シンプルなデザインと操作性が特徴。さらに「少しキッチンを楽しくする」遊び心を加えた。(2017/9/6)

太陽光:
蓄電池を後付けできるパワコン、住宅太陽光の自家消費シフトに
パナソニックは、既存の住宅用太陽光発電システムに蓄電池を後付けできる「創蓄連携システム」を開発した。太陽光発電を導入してからでもパワコンを交換せずに蓄電池を設置でき、自家消費にシフトできる。(2017/9/6)

PTCジャパン Creo 4.0:
IoT、3Dプリンタ、ARを設計業務で手軽に活用できる「Creo」がもたらす未来
フィジカルとデジタルの融合をテーマに、「Creo 4.0」で実装済みの機能および間もなく提供される新機能について、米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が説明。さらに3Dプリンタ連携機能の一環として着手し始めている「トポロジー最適化」についても言及した。(2017/4/21)

スマートハウス:
住宅太陽光の創蓄連携を後押し、自家消費ニーズに応える新製品
パナソニックは住宅用の太陽光発電システムと蓄電池を連携させる創蓄連携システムの新製品「パワーステーションS」を4月から販売する。従来製品より3分の1に小型化し、施工性も大幅に改良した。住宅用太陽光発電の自家消費ニーズの流れや、ZEHへの活用を見据えた製品だ。(2017/2/22)

レトロなカラーとスタイルが魅力のキッチン家電「Toffy」
ラドンナがレトロなデザインとカラーリングを採用したキッチン家電シリーズ「Toffy」(トフィー)を発表した。トースターやコーヒーメーカーなど全6機種。(2016/11/21)

新人記者(ハラペコ女子)が行く:
なぜ2万5000円の高級トースター「バルミューダ」は売れるのか?
2万5000円と高級なのに、飛ぶように売れているトースター「BALMUDA The Toaster」。なぜ売れているのか? キーワードになっている“物より体験”とはどういう意味なのか? 購入者(※筆者の母)に聞いてみた。(2016/11/14)

バルミューダ、炊飯器発売へ 「新しいごはんの提案」
家電ベンチャーのバルミューダは、来年1月に炊飯器を発表する予定を明らかにした。(2016/11/8)

バルミューダ、トースターに続く新製品は「美しい電気ケトル」
バルミューダは、デザインにこだわった電気ケトル「BALMUDA The Pot」を10月中旬に発売する。(2016/9/26)

「最高の注ぎ心地」を追求した電気ケトル「BALMUDA The Pot」
バルミューダは、電気ケトル「BALMUDA The Pot」を10月中旬に発売する。ブラックとホワイトの2色を用意しており、価格は各1万1000円(税別)。(2016/9/26)

0時スタート:
Amazon、1日限定でプライム会員向けのタイムセール 6000以上の商品が対象
アマゾンジャパンは、7月12日にプライム会員限定のタイムセールを実施する。(2016/7/11)

“ウェアラブル”の今:
家に帰ると、Wi-Fiルーターが家の明かりを灯してテレビをつけてくれる
先日我が家で、自分が家に帰ると、Wi-Fiルーターがそれを認識して、自動的に家の明かりつけて、テレビの電源を入れてくれる、という環境が作れた。しかも、驚くほど簡単に。(2016/5/28)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

電源用部品技術特集:
PR:設計しやすい非絶縁型AC-DCコンバータIC――電源設計ノウハウの蓄積でかなえた高効率と低ノイズ
複雑化する電源回路の設計は、一筋縄ではいかなくなった。そうした中で、高性能な電源回路を容易に実現するには、さまざまな工夫が施された優れた電源ICを使用するのが最良の策だ。そこで今回は“電源回路設計の知識や経験が少ないエンジニアでも、高性能な電源回路が設計できる”をコンセプトに開発された電源製品を紹介していこう。(2016/3/14)

電気ポットの水あかは○○で撃退!
(2016/2/10)

情シスに直談判(3):
PR:電力のムダ使いを駆逐してやる! 「プラグワイズ」を会社で使ってみた
冬真っ盛り。年が明けて、気持ちも新たに仕事に取り組もうと思った新人記者・スズキにまたしても魔の手が。暖かい執務室を取り戻すため、スズキの新たな戦いが始まったのだった。(2016/1/6)

タイヤ技術:
天然ゴム資源「パラゴムノキ」を侵す病魔を早期発見、ブリヂストンが新技術
ブリヂストンは、天然ゴムを産出する「パラゴムノキ」の病害の1つである根白腐病を簡易に診断する新技術を確立した。これまで、根白腐病であることを診断するのには、一定レベル以上の設備が必要で、総計3時間ほどの検出時間がかかっていたが、新技術は検査キットと電気ポットがあれば1時間以内で検査を完了させられる。(2015/12/1)

寒い季節に利用したい! 節約家のための湯沸かし術
(2015/11/5)

仏壇までラインアップ 懐かしいアイテムがそろうぷちサンプルシリーズ「じいちゃんばあちゃん家」がノスタルジックでやばい
仏壇のフィギュアが手に入るのは「じいちゃんばあちゃん家」だけ!?(2015/9/7)

cado×CLYTIAのデザインにほれた:
宅配の水を買う生活ってどんなもの? ウォーターサーバーを導入して分かったこと
水なんて水道水で十分だし、いざとなればペットボトルのミネラルウォーターがあるし……。そんな風に思っている人は多いと思いますが、ウォーターサーバーのある生活は、一度手に入れるとなかなか便利で快適でした。(2015/7/24)

保温時消費電力0.0ワットを実現した蒸気レス電気まほうびん「とく子さん」
タイガー魔法瓶は、蒸気レスVEまほうびん「とく子さん」の新製品2機種3モデルを発売する。上位機で「まほうびん保温」コースに設定すると、各所の消費電力をカットして待機時消費電力0.0ワットを実現する。(2015/7/21)

イオン「トップバリュ」からデザイン家電
イオンが「トップバリュ」からデザイン家電を発売。第1弾として電気ケトルなどキッチン家電5種類をそろえ、今後拡充する。(2015/3/3)

広田稔のMacでいこう(32):
20年来のWinユーザーをMacに乗り換えさせてみた
Mac初心者が気になるポイントはどこ?(2015/2/3)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(2):
エネルギー不要の技術あり、環境から少しずつ回収して使う
歩く、つかむ、触る……。このようなごく自然な行動が、微小なエネルギーを生み出す。これをすくい上げ、小型の装置に送る。これが「エネルギー・ハーベスティング」だ。配線コードが不要になり、クルマやビル、住宅などの使い勝手が一段と良くなる。スマートハウスにも必須だろう。技術開発が現在どこまで進んでいるのか、今後の展開は? 注目の技術に取り組む関係者にインタビューした。(2014/6/27)

日本酒117種類、ワンコインで“利き酒” 新潟にある「日本酒ゲーセン」が想像以上のワンダーランドだった
日本酒の利き酒がゲームセンター感覚で楽しめる? ネットで話題になっていた、「日本酒ゲーセン」こと「ていすてぃんぐGALLERY 越の室」へ行ってきた。(2014/4/7)

SOHO/中小企業に効く「UPS」の選び方(第1回):
意外と知らない「UPS」の基礎知識――もしもの停電から大事なデータを守るため
本連載では「無停電電源装置(UPS)」の基礎知識から、機器に合った製品をチョイスするための計算方法まで、順序立てて解説していく。第1回はUPSの用途と、つなぐべき機器、つないではいけない機器を紹介しよう。(2014/3/19)

スマホでスイッチオン→お湯がわく Wi-Fi電気ケトル
起きてすぐに熱いお茶やコーヒーが飲めて便利。(2014/2/24)

エネルギー管理:
長崎県が通年で12.4%の節電を計画、電力供給不安に加えて料金値上げに対応
2013年の夏は電力供給が不足する地域はない。だが、関西電力と九州電力は予備率が3%台であり、節電に積極的に協力する動きが出始めた。節電に協力する狙いはもう1つある。電気料金値上げへの対策である。(2013/5/16)

本田雅一のIFA GPCリポート:
薄型テレビは“プレミアム家電”になれるのか?
イタリアで開催されたIFAの「Global Press Conference」。4K2Kと並び、テレビの産業の立て直しに有効な手段として紹介されたのが、”プレミアム製品”という軸だ。(2013/4/30)

売れるのには理由がある:
空気を汚さず乾燥もしにくい、デロンギのオイルヒーターは温める概念が違う
デロンギといえばオイルヒーター、オイルヒーターといえばデロンギ。そこまでに定着し、他社を寄せ付けないオイルヒーターの定番中の定番だが、愛用される理由はどのあたりにあるのだろうか?(2012/12/21)

デロンギ・ジャパン、「デロンギ ケーミックス コレクション ブティック」シリーズに111月19日にコーヒーメーカーとトースターを追加
鮮やかなカラーリングが特徴の「デロンギ ケーミックス コレクション ブティック」に、電気ケトルに加えコーヒーメーカーとトースターが登場する。(2012/11/12)

散歩するガジェット:
電気がなければ発電したらいいじゃない 大型ソーラーパネルGOAL ZEROで24時間耐久に挑戦
今年も節電の夏が来るようです。そこで、キャンプや防災の視点で、ソーラーパネルで発電に挑戦してみた。散歩というより今回は合宿みたいな感じ。(2012/5/11)

売れるのには理由がある:
家電と伝統工芸の融合――開発陣の想いが込められた象印マホービンの炊飯ジャー「南部鉄器 極め羽釜」
象印マホービンが長年培ってきた技術を、いったん白紙に戻して開発された「極め羽釜」。困難の末にたどり着いた原点回帰の炊飯ジャー「南部鉄器 極め羽釜」。その発売までに至る道のりと、秘められたメッセージに迫る。(2012/5/1)

未来のサービスを見据えたモノづくり企業を目指せ!:
PR:データが人を幸せにする――M2M時代のデバイス開発に必要なDB要件とは
ハードウェアメーカーも、新しい社会インフラを見据えたサービス開発に乗り出すとき。では、高度なITインフラのノウハウが必要なサービス開発に適したソフトウェア実装とはどんなものだろうか?(2012/4/12)

ネット界に衝撃……「きのこの山」と「たけのこの里」が歴史的和解か
きのこたけのこ戦争――あの仁義無き戦いが新たな局面を迎えているようだ。(2012/3/22)

見た目はやかん、加熱は電気 やかんと電気ケトルが合体した「電気やかん」発売
やかんの持ちやすさと、スイッチを入れるだけでお湯が沸く電気ケトルの便利さが組み合わさった。(2012/1/16)

売れるのには理由がある:
省エネナンバーワン製品を巡る熾烈な開発競争に勝利せよ。タイガー魔法瓶の電気ポット「とく子さん」
親しみやすく分かりやすいネーミングの電気ポット「とく子さん」。だが、マイルドな名称からは想像できないような、省エネナンバーワン製品の名を巡った、しのぎを削るような開発競争があったという。電気ポット開発の裏で技術者は何を思ったのか。(2011/11/28)

オフィスでおみそ汁:
みそ汁サーバ「椀ショット」がオフィスにやってきた
寒い季節になると飲みたくなるのがアツアツのみそ汁。オフィスで飲むにはわざわざコンビニなどに行くしかありません。そんなみそ汁好きに朗報なのがマルコメの「椀ショット」。これでオフィスでも好きな時に手軽にみそ汁が飲めるかも。(2011/11/24)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
なぜ他社の数倍の価格で売れる? ダイソンの掃除機をバラバラにして考えてみた
他社の数倍の価格でありながら、多くの顧客に愛されているダイソンの掃除機。サイクロンという特殊な形状を持つ同社の掃除機だが、バラバラにして、その人気の秘密を分析してみた。(2011/11/10)

いざ東北へ:
移動コンビニ「ファミマ号」出動! 停電地域でも営業可能
300種類の品ぞろえと、冷凍や冷蔵などの販売設備を備えた「ファミマ号」が東日本大震災の被災地で営業を始める。(2011/9/8)

タイガー、電気ポット&保温弁当箱&加湿器を8月下旬に発売
タイガー魔法瓶は、蒸気が出ない電気ポット「蒸気レスとく子さん」と「まほうびん弁当箱」、ポータブル型加湿器「マイミスト」をそれぞれ8月下旬に発売する。(2011/8/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。