ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「誤発注」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「誤発注」に関する情報が集まったページです。

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
効率アップを目指す、プレマネが知っておきたい「任せるコツ、5選」
「できるマネジャー」ほど自分でやったほうが早いと考えるが、それではいつまでたっても状況は変わらない。(2019/9/12)

「ペットボトル持って歌ってる」 狩野英孝、「50TA」ライブグッズに“ミス発覚”で笑いの神様が降りてくる
こんなことある?(2019/8/3)

DMS2019:
ミスミの部品カタログがデジタル化しまくっていて、もう単純にカタログとかいえない域
ミスミは「第30回 設計・製造ソリューション展(DMS2019)」(2019年2月6日〜8日、東京ビッグサイト)に出展し、同社が提供するサービス「RAPiD Design」および「meviy(メヴィー)」を展示して紹介。近々解禁予定であるmeviyの新サービスも披露した。(2019/2/19)

製造業AR:
PR:AR時代へいよいよ突入した製造業、自社で取り組むなら今がチャンスだ
製造業でもいよいよARが普及し始めている。顧客の要望は多様化し、製品は複雑化した。顧客要望を細やかにかなえ、製品の付加価値をより一層高めていかなければならない。また、激化した市場競争を勝ち抜かなければならない中、疲弊しきった組織は、リコールや不正検査の温床ともなり得る。それらの課題を解決する有効なツールの一つとして今、ARが非常に注目されている。またARのビジネス活用について日本企業は、欧米と比較すると後ろ向きであるといわれる。これは、「取り組むなら今がチャンスである」ともいえる。(2018/12/19)

Alexa搭載スマートスピーカーでの買い物は全端末のわずか2%──The Information報道
AmazonのAlexa搭載スマートスピーカーの累計販売台数は約5000万台で、音声ショッピングに使われたのはその2%だと、The Informationが報じた。(2018/8/7)

「泥棒が家の窓割ってる最中でした(笑)」 ダルビッシュ、あわや強盗被害 ライブカメラが超ファインプレー
ライブカメラさんいい仕事する。(2018/8/6)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
安全? 危険? スマートスピーカーお騒がせ事件簿
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は少し趣向を変えて、過去にスマートスピーカー絡みで発生したトラブルや笑い話をまとめた。(2017/11/28)

緑のたぬき大量誤発注を「星占いのラッキーアイテムが緑のたぬきだらけ」作戦で解決する悪魔的天才現る
かに座のラッキーアイテムだけ「かにぱん」になっています。(2017/11/13)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(7):
債務不履行(さいむふりこう)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約に関わる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/10/10)

「回転椅子でグルグル回りながら電話をする高橋一生」 淑女の妄想爆発ハッシュタグ「職場の高橋一生」が今すぐ出社したくなる癒し力
幸せかよ。(2017/6/2)

謝るだけじゃダメ!:
誠意を見せつつ相手に納得してもらう「謝罪報告書」の書き方
トラブル発生時に提出する「謝罪報告書」。書き方一つでさらに相手を怒らせてしまったり、今後の対策を建設的に相談できるようになったりします。連載「エンジニアのためのビジネス文書作成術」、第4回目は「謝罪報告書」の書き方と、Wordの「表スタイル」を使って経緯や対策を見やすくするコツを伝授します。(2017/5/31)

刀剣乱舞で「信濃藤四郎・極」のデザインが変更へ 刀を所持した酒井忠勝と同名の別人を混同?
ほぼ同時代を生きた同姓同名の別人の甲冑がデザインされていました。(2017/5/1)

稚内のスーパーが240個のはずのケーキを2400個誤発注 → Twitterで助けを求める → 2時間で完売
3桁単位で買いに来る人も。(2017/3/3)

誰か助けたげてぇ! ツクモ池袋店が150個のPS/2ボールマウスを入荷する事態発生、まだ1個も売れず
マウス入荷担当は笑いながら逃亡。(2016/12/7)

交通事情で死ぬほどパンが余った北海道のパン屋さん 「おいパン食わねぇか」の呼びかけで大逆転売り切れを果たす
子どもたちもおいで〜。(2016/11/9)

おいしいだけではない:
世界中で毎日8万個 BAKEの「チーズタルト」が売れるようになった理由
国内主要都市やアジア各国で18店舗を展開するチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」をご存じだろうか。開業から数年経った今でもまだ店には行列ができている。実はこの商品の“源流”となるチーズタルトはほとんど売れていなかった。一体何が起きたのか。(2016/6/14)

アニメイト・バンコク店、ドーナツのレシピ本を誤発注 無事に売り切って店長が満面の笑みを披露
おめでとう。(2016/6/12)

近大生協がミルクティーを10倍の600個誤発注するも学生の呼びかけで無事完売 当日の様子を聞いてみた
POP「盛大にやらかしました」。(2016/5/19)

9本のつもりが900本に コンビニの「商品を大量に誤発注」は本当にありえるのか? 発注システム上エラーやアラートがあるのではとの声
ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマートに聞いてみました。(2016/3/10)

ポッキーを胸筋で水平に挟むマッチョあらわる 2015年もTwitterで「ポッキーの日」ネタが大盛況
秋田のローカルヒーローも「きりたんぽ」を使ってまさかの偉業達成。(2015/11/11)

東証がみずほ証券に107億円支払い 誤発注問題、判決が確定
ジェイコム株式の誤発注問題で、東証がみずほ証券に賠償金107億円を支払う判決が確定した。(2015/9/4)

水曜インタビュー劇場(トースター公演):
ヒットの香りがプンプン漂う「ザ・トースター」は、どのようにして完成したのか
バルミューダの新商品「ザ・トースター」が注目されている。食パンなどが“しっとり感”を保ったまま、焦げる手前の焼き加減で仕上がるので、試食会に多くの人が殺到しているのだ。ヒットの予感が漂うこの商品は、どのようにして完成したのか。同社の寺尾社長に話を聞いた。(2015/7/1)

すごい偶然だなー(棒読み) 各地のアニメイトでお菓子が大量に余る事件発生→バレンタインなのでお客様にプレゼントします!!
仕方ないなぁ、もらってやるよ。(2015/2/13)

発注ミスで大量の在庫を抱える→家具にすればいいじゃない 缶詰×家具のブランドが立ち上がる
ピンチはチャンス。(2015/2/3)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスを成功に導くための「人の動かし方」
人を動かすためにはどうすればいいのか。1000人から10億人まで、規模別の人の動かし方を戦略PRの第一人者と「LINE」の仕掛け人が伝授する。(2014/11/19)

大学生協がポッキーを予想の10倍も誤発注→学生がすべて買い切るドラマが生まれる
北九州市立大学で生協と学生による新手のポッキーゲームが展開されました。(2014/11/12)

なぜ人は“動く”のか:
ユーザー数4億7000万人を達成――10億人を目指す「LINE」
世界の人口は約72億人。つまり、10億人を動かすとなると、世界の人々のうち、7人に1人の心をつかむ必要がある。そんな究極の状況を生み出すために必要不可欠な条件とは?(2014/9/19)

なぜ人は“動く”のか:
国内の認知度がほぼ100%――1億人が盛り上がるハロウィン
1億人ともなると、ほぼ日本の人口に匹敵する。「国民的人気」と呼ぶのにふさわしいような一大ムーブメントを生み出すには、どのような条件が求められるのか。さっそく事例を見ていこう。(2014/9/17)

なぜ人は“動く”のか:
東京マラソンでブーム再燃。日本のランニング人口は1000万人を突破
1000万人が動くということは、日本でいえば、全人口の10人に1人を動かす計算になる。当然ながら、時間も手間もかかる。方向性を間違えれば、とてつもない無駄足を踏むことにもなりかねない。(2014/9/12)

なぜ人は“動く”のか:
1日約100万人に「ネスカフェ」を広めるアンバサダーたち
「ミリオンセラー」ともいわれるように、100万は大ヒットを示す1つの指標である。それだけに当然ながら、一筋縄では動いてくれない。複雑さを増してくるメカニズムを掘り下げていこう。(2014/9/10)

なぜ人は“動く”のか:
1秒間に14万3199ツイート――Twitterの世界記録を更新した「バルス祭り」
「有料登録者数10万人突破!」「累計来館者10万人を達成」など、超えるべき“壁”としてとらえられることが多いのが、10万人という数字である。10万人の心をゆさぶり、行動を促すツボとは?(2014/9/8)

なぜ人は“動く”のか:
開始から10カ月で購読者数1万人突破――ホリエモンのメールマガジン
「1万人コンサート」「1万人動員!」など、大人数を象徴する数字として頻繁に登場する1万人。では、実際に1万人を動かすにはどのような条件を満たす必要があるのだろうか? 今回は、ホリエモンこと堀江貴文氏の有料メールマガジンを例に考えます。(2014/9/5)

なぜ人は“動く”のか:
プリン約4000個を誤発注――ツイッターの呼びかけで完売
1000人――、人を動かすことを考えるときの最少単位。いざ動員を試みると決して容易ではない数字でもある。今回は、プリン4000個を誤発注したという実際の事例をもとに、1000人を動かす条件を探ってみたい。(2014/9/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(2):
「ジェイコム株誤発注事件」に見るシステムの瑕疵判断とその対応(後編)
ジェイコム株誤発注事件では、原告請求416億円を大幅に下回る107億円を損害賠償額として被告に請求する判決が下された。東京高等裁判所はどのような判断基準で判決に当たったのだろうか。東京高等裁判所 IT専門委員 細川義洋氏が解説する。(2014/6/16)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(1):
「ジェイコム株誤発注事件」に見るシステムの瑕疵判断とその対応(前編)
システム開発プロジェクトの7割が失敗するという昨今、「訴えてやる!」を回避するためには、どのような視点を持ち、何を行えばよいのだろうか。ベストセラー「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」の筆者であり、東京高等裁判所 IT専門委員として数々のIT訴訟に携わってきた細川義洋氏が、実際のIT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する。(2014/5/22)

Developers Summit 2014 リポート:
ベンダーよ、シェルパの屍を越えていけ 〜 細川義洋×山本一郎「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」
リスペクトなきプロジェクトには死が待っている―― 山本一郎さん(やまもといちろう a.k.a.切込隊長)と、東京地方裁判所 民事調停委員 細川義洋さんによるDevelopers Summit 2014の最終セッションは、雪の寒さとは違う意味で会場を震え上がらせた。(2014/2/21)

SCF2013:
「作図のためのツール」から「製造支援」へ――電気制御設計で活躍する電気CAD
“作図のためのツール”から、BOMや設計情報DBとの連携といった「統合型」へと進化する電気CAD。システムコントロールフェア(SCF)2013では、各社の電気CAD最新ソリューションが紹介されていた。(2013/11/19)

導入事例:
約200店舗向けに提供する「総務備品発注システム」を刷新 ライフ
ライフコーポレーションは、「総務備品発注システム」を約200店舗向けにサービス提供を開始した。(2013/9/26)

「ほっともっと」従業員が冷蔵庫に入って写真をTwitterに 「不適切な行為」と同社謝罪
ほっともっと店内で従業員が冷蔵庫に入って撮った写真などをTwitterに投稿していたとして同社が謝罪。バーガーキングも不適切な写真について謝罪した。(2013/8/3)

今度はバーガーキングで…… 炎上中の「バンズの上に寝そべってみた」写真についてバーガーキングが謝罪
写真のバンズは誤発注により「大量に廃棄せざるをえなくなった」ものだそう。(2013/8/2)

使い慣れたインターフェイスで違和感なく移行:
PR:同業他社との差別化を図るにはクラウドが必要だった
(2013/5/27)

ねとらぼ知ったかぶり:
ねこポッポ画伯がデザインフェスタ出展 「進撃の巨猫Tシャツ」も販売します
わぁい!(2012/11/9)

大量誤発注の焼きプリン 心やさしい京教生により無事完売
おやつにプリン、ごはんにプリン♪(2012/11/5)

元コンサル弁護士のIT業界・事件簿(2):
「軽過失だが比較的重度の過失」とは? 法律家が読み解く、ファーストサーバ事件報告書
元ITコンサルタントの弁護士が、「法律」という観点から、IT業界で起こるさまざまな事件について解説します。(2012/8/9)

ねとらぼ知ったかぶり:
ツインテールのためのイベント「ツインテールまつり」開催決定!
日本ツインテール協会がリアルイベントを仕掛けてきたぞー!(2012/8/3)

ねとらぼ知ったかぶり:
突然ですが新連載「日めくりねこまんが」始めました 第1作目「進撃の巨猫」乞うご期待
そうだ、ねこまんがを読もう!(2012/7/27)

誤発注で仕入れすぎたミルクティーにTwitterで「買ってあげて」 わずか数時間で完売
これは……同情マーケティング?(2012/7/24)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
為替に振らされながら指数は小動き
(2011/9/30)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
連日の値上がりや米3連休を控えた週末で上値も限定的
(2011/7/1)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
アナログ業務しかなかった職場をいかに変えるか 大宮工機
「わずかなIT投資で最大限の効果を」――。まさにこれを実践している中小企業が沖縄に存在する。便利なIT製品やサービスを見つけては矢継ぎ早に業務に取り入れていく。(2011/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。