ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「受験生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「受験生」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:アイティメディア社員が子どものスマホデビューで「IIJmio」を選んだ理由
お子さんが中学校に入学されたことをきっかけに、スマートフォンの購入を決めたアイティメディア社員のYさん。契約する回線をどこにすべきか検討した結果、「IIJmio」に決めた。実際に20GBのプランを契約して3カ月ほど使った感想を聞いてみた。(2022/5/23)

「Paravi」の2021年度年間視聴ランキング 総合1位は『ドラゴン桜』、トップ5は?
プレミアム・プラットホーム・ジャパンが「2021年度 『Paravi』年間視聴ランキング」を発表。総合ランキング1位は阿部寛主演の「ドラゴン桜(2021)」だった。(2022/5/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「年収1000万でも苦しい」……貯金100万円未満の「高所得貧乏」が“倍増”している理由
このところ「世帯年収が1000万円を超える高所得者の生活は、優雅なものではなくむしろ苦しい」という価値観が広がりを見せている。年収1000〜1200万円世帯における“高所得貧乏”の増加は顕著で、その伸び率は前年比で倍増している。(2022/5/6)

元子役の谷花音「18歳になりましたー!!」 制度変更により成人に「もう大人の仲間入りやん」「時の経つのは速いわね」
選挙はOK、お酒はまだ。(2022/5/5)

学校選びのポイントも聞いた:
中学受験で支えになってくれた人 「塾の先生」「父」を抜いた1位は?
栄光は、この春中学受験をした受験生とその保護者に「受験生アンケート」を実施。受験を乗り越える上で精神的な支えになってくれた人1位は「母」という回答が7割を超えた。(2022/4/24)

木下博勝、息子が寮生活から帰宅でウキウキ「家が明るくなりました」 新型コロナの影響でオンライン授業に
大維志くん愛されてる。(2022/4/21)

地方受験生400人に調査:
オープンキャンパス、Web開催に「メリットある」9割に
入学試験のDXに取り組むサーティファイは、地方在住の受験生を対象に「オンラインオープンキャンパス」についての意識調査を実施した。その結果オンラインでの実施が一般化した場合、4割以上の受験生が「受験対象として考えていなかった大学を見るきっかけになる」と回答したことが分かった。(2022/4/20)

浪人を選んだ息子に「よく決めたね」 父から届いたLINEの優しさに「親ガチャSSR」の声
心強い言葉の下に、次こそ!(2022/4/13)

ジャガー横田、高校入学で親元離れた息子に愛情あふれる手紙 夫・木下博勝「僕までウルッとくる内容」
ジャガーさん「子どもの新たな門出を喜んであげなければならないのが親」。(2022/4/11)

木下博勝、息子の入寮を報告も子離れできず 「時々帰って来るって言ってんじゃん!」と諫められる
木下さん「だけど、帰宅してお前が居ない事が無かったから不安なんだよ」(2022/4/5)

AI・機械学習の独学リソース:
データサイエンス/AI/ディープラーニングの資格ガイド
AI/機械学習/データサイエンス関連で筆者が注目する、データサイエンティスト検定、G検定/E資格、統計検定、データサイエンス数学ストラテジスト、人工知能プロジェクトマネージャー試験という5つの認定資格や検定試験を紹介する。(2022/4/4)

528日間、作家に勉強を報告し続けた受験生が大学入試に合格するまで 「ラノベ化決定」「温かさ優しさに感動……」
やりとりに「ラノベ化しよう」とのコメントも。(2022/3/29)

始めから“100点”を求めないことがポイント――茨城県守谷市が全小中学校のオンライン授業をいち早く実現できた理由(後編)
東京のベッドタウンとしても知られる茨城県守谷市が、2021年8月25日から9月12日にかけて全ての市立町中学校において完全オンライン授業を実施した。オンライン授業を実際に行った際の様子と、そこから見えた課題を担当者に聞いた。(2022/3/23)

多くの学生が苦戦:
高偏差値大学は有利なのか エントリーシート通過率を考える
かつて経団連ルールと言われた「就活広報解禁」は、今、文科省ルールと名を変えましたが、就活学生にとっての最も大切な日であることに変わりありません。一方、すべての応募が上手く行く学生などほとんどいるわけではなく、誰もが苦戦するのが就活です。今、何をもって自身の進め方を顧みるべきか考えます。(2022/3/21)

ジャガー横田、息子を“見守る姿勢”に称賛の声 6度の不合格も「信じて待つ事しか出来ない」
ジャガーさん「努力、諦めない気持ちが実りなんだと改めて思います」(2022/3/20)

ジャガー横田の長男、“七度目の正直”で高校受験に合格 笑顔で結果報告の父に「ホント良かった」と祝福の声
よかった……。(2022/3/19)

木下博勝、6度目不合格“長男の受験校の選び方がおかしい”批判に言及 「プロの方の指導で、受験校を決めました」
「自身の偏差値以上を受けたのは一校だけ」だったそうです。(2022/3/18)

「心配していました」「良かった」 木下博勝、6度目の不合格でインスタライブ中止していた長男の様子を報告
16日はライブ配信を中止していた木下さん。(2022/3/17)

9割以上が「受験させて良かった」:
小・中学受験をさせる理由、2位は「よりよい教育を受けさせたい」 1位は?
小・中学校受験に関する調査を実施した。小・中学校受験を意識している親は約4割だった。受験経験者の約9割は「受験させて良かった」と回答している。(2022/3/19)

木下博勝、長男の高校受験巡って一部報道に反論 記事と異なり息子は“親の言うこと聞け!が無い“と証言
また、子どもの近況について「受験から解放された」とも。(2022/3/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どうせだったら、副業で給与超え?
企業マインドを起業マインドに変えて、給料以上の収入を目指してみよう。(2022/3/10)

ジャガー横田長男、5度目入試も不合格で「嫌われている」 木下博勝「心が折れなければ人生何とか何とかなります」
木下さん「息子を信じて応援し続けます」(2022/3/9)

早大受験に挑む小倉優子、模試惨敗も仕事と育児の合間の勉強に不屈の意気込み 「残りわずか11ヶ月!!」「後悔しないように」
中学英語テストの残念な結果にもめげない心意気。(2022/3/8)

木下博勝、4度目入試も不合格長男の様子を報告「親ですが見習いたい」 今後の予定は明かさず
桜咲かず……。(2022/3/8)

木下博勝、高校受験に挑む息子が入試3度目も不合格に 「親としては、いつも味方で、どんな時も応援する立場」
ずっと見守り続けている木下さん。(2022/3/4)

木下博勝、高校入試3度目の挑戦へ向かう息子は「全くの平常心に見えました」 夫婦2ショットでエール
前日には愛あるメッセージを投稿。(2022/3/3)

高3の2月にかかった支出は「約173万円」 娘を育てる母の投稿が「日本の大学は高過ぎ」「無理だわ」と話題に
親ってすごい……。(2022/2/28)

「完熟フレッシュ」池田レイラ、“はかま姿”で大人の表情 父で相方の池田57CRAZYもメロメロ「可愛いね〜」
お姉さんになってきてる!(2022/2/27)

ジャガー横田の長男、2度不合格の“高校受験”を再スタート 「絶対大丈夫」「頑張れー!」とエール届く
がんばってほしい!(2022/2/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
琉球アスティーダの奇跡 夢を実現する志の力
創設3年でプロスポーツチームとして日本初の株式上場をはたした、琉球アスティーダスポーツクラブ。また、運営している卓球チームも初の日本リーグ優勝を果たした。なぜ、たった3年でここまで達成ができたのだろうか。(2022/2/24)

小倉優子、早稲田大学受験に応援メッセージ殺到 “3児のママ”の挑戦に「決意に感動」「子育てしながら尊敬です」
挑戦することがスゴい。(2022/2/22)

細田佳央太、逆立てヘアに太眉毛でイメチェン報告 「くせが強すぎて」「どうした」ファンの笑いが止まらない
池田、イケてるよ……。(2022/2/19)

早大は2年連続で:
私大志願者数最終速報 1位は近大、躍進したのは?
大学通信の協力を得てまとめた、私大の「55校志願者数最終ランキング」が判明した。近畿大が9年連続で1位となったほか、法政大や関西学院大の躍進が目立った。その理由は――。(2022/2/16)

全国で400校舎以上展開:
学習塾「武田塾」運営元の林尚弘社長、違法賭博発覚で辞任
学習塾「武田塾」を運営するA.verの林尚弘社長が同社の社長を辞任すると発表した。自身の違法賭博が発覚したため。林社長は同社社長に加え、武田塾の塾長職も辞任する方針を明らかにした。(2022/2/15)

志願者数は減少:
「国公立大志願者数」状況 人気の大学は?
主要国公立大学66校の最新志願者数の状況が明らかになった。コロナ禍から2年目となる今年は、大阪市立大と大阪府立大を母体に4月に新設される大阪公立大が人気となったほか、旧帝大では北海道大が倍率を上昇させた。(2022/2/13)

保護者に聞いた:
中学受験させる理由 2位は「個性にあった教育を受けさせたいから」、1位は?
POPERは、2021年度の中学受験直前の子どもを持つ保護者に、「21年度の中学受験実態調査」を行った。子どもに中学受験を受けさせようと思った理由の1位は「質の高い教育を受けさせたかったから」だった。(2022/2/6)

保護者500人に聞いた:
中学受験を検討した時期 2位は「小学3年生」、1位は?
増進会ホールディングスは、19年〜21年に私立(国立・公立)中高一貫校を受験した子どもの保護者に、「子どもの中学受験に関する調査」を行った。中学受験をする目的で最も多かったのは、「質の高い教育を受けさせたかったから」だった。(2022/2/5)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
学歴社会是正へ「入試移民」「進学実績公表」「学力特待生」厳禁、中国当局の本気度
先日の大学入試共通テストは津波、刺傷事件、カンニング、過去最低の平均点と、歴史に残る混乱ぶりだった。中国では過熱する受験戦争、学歴社会を抑えるため、21年7月に宿題と学習塾の規制、22年1月に大学入試の競争を抑制する規制が発表。今回は、中国の“不公平”な大学入試制度と、1月の規制の中身を紹介する。(2022/2/3)

不景気で理工系が人気:
私大志願者数ランク速報 3位早稲田大、2位明治大、1位は?
コロナ禍で2年目となる大学入試。受験関連の分析に定評のある「大学通信」の協力を得て、私立大の主要55校の出願状況速報(別表)を検証した。志願者を減らす大学が多い中、人気を集める大学や学部には、受験生の意識の変化が反映されているという。(2022/2/2)

電子機器進化に対策追いつかず 海外でも後絶たぬカンニング
大学入学共通テストの問題が流出した問題で、関与したとみられる受験生の女性はスマートフォンを上着の袖に隠して試験問題を撮影したと供述している。電子機器を使った試験中のカンニング行為は過去にも起きており、有効な対策がないのが現状だ。(2022/1/31)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
スマートフォン悪用の「カンニング大作戦」登場 次はどんなITガジェットが狙われる?
カンニングで使われた、または使われそうなさまざまなIT技術について語り合ました。(2022/1/31)

ファミマ、「ファミチキバンズ」をリニューアル サイズもタルタルソースも増量
タルタルソースの量を1.2倍に、たまねぎを1.6倍に増量。(2022/1/31)

「情報」が国立大入試で必須化、6教科8科目制に 「大学教育を受ける上で必要な基礎能力」
国立大学協会が、2024年度実施の国立大学入学試験から「情報」を必須科目の一つにする方針を発表した。これまでの国語、英語、数学、理科、社会に加えて6教科8科目制になる。(2022/1/28)

「日本株式会社モデル」の弊害:
元ネスレ日本社長の高岡浩三が斬る 大企業がイノベーションを起こせない理由
ネスレ日本で「キットカット」「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」「ネスカフェ アンバサダー」などのイノベーションを実現してきた高岡浩三氏。後編では、イノベーションができない日本の大企業の問題点と、若い世代への支援について聞く。(2022/2/1)

元子役・谷花音、春から高校3年生に進級 「後悔したくないので頑張ります」と大学受験に向けた笑顔ショット
もう受験生になるのか……!(2022/1/26)

震災で落下した大量の“活字” 落ちずに残った活字を「おみく字」にする取り組みに「素晴らしい」と反響
活版印刷の記憶と物語を感じさせるアイテムに。(2022/1/26)

ものづくりを21世紀型に変える:
元ネスレ日本社長の高岡浩三が、ホリエモンの宇宙ビジネスに参画した理由
ネスレ日本で「キットカット」「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」「ネスカフェ アンバサダー」などのイノベーションを実現してきた高岡浩三氏。その高岡氏が、ホリエモンこと堀江貴文氏が創業した宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズのアドバイザーに就任した。宇宙ビジネスに参画した理由を聞く。(2022/1/28)

幾多のビジネスモデルを構築:
フィリップ・コトラーが認めた鬼才 元ネスレ日本社長の高岡浩三に聞く「サラリーマンが内部からイノベーションを起こす鉄則」
ネスレ日本の元社長兼CEOの高岡浩三氏。「キットカット」「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」「ネスカフェ アンバサダー」などの革新的なビジネスモデルを構築し、ネスレ日本の成長と高い利益率を実現した。高岡氏にイノベーションを起こすためのマーケティングについて聞いた。(2022/1/27)

コロナ禍でも増加:
パワーカップル世帯の動向 夫の年収1500万円以上でも妻の約6割は就労
近年、共働き世帯が増え、妻が夫並みに稼ぐ「パワーカップル」の存在感が増している。年収分布、世帯数の推移、夫の収入別に見た妻の就労状況はどうなっているのか。ニッセイ基礎研究所の久我尚子氏が解説する。(2022/1/23)

保護者に聞いた:
子どもが資格・検定試験を受ける目的 中高生は「入試に役立てるため」が最多、小学生は?
栄光は、小学1年生〜高校3年生の子どもを持つ保護者に、「小中高生の資格・検定に関する調査」を行った。これまでに資格・検定試験を受検したことがある子どもは、小学生で61.9%、中高生で91.6%にも上ることが分かった。(2022/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。