ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「戸籍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「戸籍」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「私と付き合った事で嫌な思いも沢山したよね」 GENKING、2ショット公開で恋人へ感謝のメッセージ
GENKINGさん「別れて、復縁して本当に良かった」(2021/5/6)

両親は実の親ではないのでは……? 思春期の悩み描く漫画「両親のかくしごと」のオチが壮大な斜め上
思春期あるある……あるある?(2021/4/5)

河合薫の「社会を阻む“ジジイの壁”」:
働く母に起きた“事件”──誤解だらけの「選択的夫婦別姓」と「家族の一体感」という呪い
五輪・男女共同参画担当相になった丸川珠代氏が、反対する文書に名を連ねていたことで「選択的夫婦別姓」が話題になっている。「名前」と「キャリア」は密接にかかわっており、働く女性にとって重要な問題だ。ある女性は、旧姓のまま仕事を続けていたことで、子どもにまつわるトラブルを経験したという。(2021/3/12)

校長「変わるべきなのは我々のほう」 男子校入学を希望する“ある生徒”をめぐる議論を描いた漫画に反響
本当の自分でいられる世の中になるといいな。(2021/2/17)

政府CIO補佐官が説く「デジタル改革」の具体像(3):
デジタル庁が「行政の縦割り」「神Excel」問題を解決?――霞が関が注目する「ベースレジストリ」とは
2021年秋に始動するデジタル庁創設など、政府のデジタル改革に注目が集まっています。デジタル改革の実現でどのような課題解決が期待されているのか。また、霞が関で注目されている「ベースレジストリ」を解説します。(2021/2/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国の春節は「Not Go To トラベル」〜帰省させず特典配布
昨春に新型コロナウイルスをほぼ収束させた中国で、再び感染者が増えている。中国政府は「民族大移動」とされる春節の帰省による感染拡大を危惧し、「Not Go To トラベル」キャンペーンともいえる、さまざまな支援を提供するという。「帰省しないで居住地にとどまる人」へどんな支援があるのだろうか。(2021/1/28)

本名が「美人」と書いて「みと」と読む 変わった名前の生徒からの悩み相談『アスクミ先生に聞いてみた』21時間目
キラキラネームじゃなくても自分の名前に違和感がある人はいるんですよね。(2021/1/25)

政府は負けを認め、反省の上にDXを一気に進める。民間企業はどうか――平井デジタル相が目指すもの
行政のDX推進を目指すデジタル庁設立の構想やそれに向けた法改正が急がれる中、デジタル改革担当相の平井卓也氏が目指す「日本のDX」はどういったものだろうか。話を聞いた。(2021/1/21)

「中年女性によるまんがタイムきらら空間」 経験者2組が語る「オタク同士のルームシェアって、実際どう?」
Twitterが得意なオタクはルームシェアに向いている。(2021/1/4)

「RPGみたい」「めんどくさい」 運転免許に旧姓を併記しようとしたら詰んだ 一体なぜ……?
手間や時間がかかる落とし穴にご注意。(2020/12/4)

Zeebraの妻・中林美和が離婚発表 「NiziU」リマら2女の親権を獲得
戸籍も中林さんのものに移るとのこと。(2020/11/2)

婚姻・離婚届に印鑑が不要になる? 最近の経験者からちょっと言わせてくれ
婚姻届と離婚届の両方を経験して間もないという小寺信良さんからの意見。(2020/10/19)

虐待を受け、殺したいほど憎んでいる母親を介護する相談者「どこかでまだ認めてもらいたいと思っている」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
人の気持ちって、なかなか整理がつかないもの……。(2020/9/7)

恋愛・結婚のかたち:
“3年おきに名字を交換する結婚”――「自分の姓」「相手の姓」どちらかでもない、第3の選択肢
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第5回は、「3年おきに離婚、相手の名字で再婚」という結婚をして“名字を交換”している夫婦に話を聞きました。(2020/8/9)

一律10万円給付はなぜ遅れた?:
政府CIO補佐官に聞く、行政のデジタル化が進まない理由と脱却のシナリオ
(2020/8/6)

恋愛・結婚のかたち:
婚姻届の代わりの住民票「妻(未届)」 “普通に結婚”したかったアラサー女性が事実婚を選ぶまで
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第3回は、「普通に結婚」するものだと思っていた30歳の女性が事実婚を選択するまでを聞きました。(2020/8/7)

「友人として注意すべきか……」確証もないまま友人カップルの生活保護不正受給を疑う相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者の本音は“友情”か、それとも……。(2020/7/20)

「しょくいんがあらわれた!」 市役所のコロナ対策がまさかの「ドラクエ」「ジョジョ」パロディ 鹿児島市に話を聞いた
ジョジョ風の書き文字も。(2020/7/13)

日本女子大学、トランスジェンダーの女子学生を受け入れると発表 2024年度から
めでたい前進です!(2020/6/19)

加藤紗里、“離婚後300日問題”で民法改正を訴える 「加藤りりとしての保険証も作れない」「育ててるのは紗里なのに」
現在、子育て中の加藤さん。(2020/6/19)

前澤友作氏、今度は夫婦100組に100万円 「前澤カップル基金」スタート
ZOZO前社長の前澤友作氏が、全国の夫婦を応援する企画「前澤カップル応援基金」を始めた。アンケートに回答した夫婦の中から、抽選で100組に100万円を配布する。事実婚も含め、カップルそれぞれが1回ずつ応募できる。締め切りは6月14日午後11時59分。(2020/6/11)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国「感染リスク判定アプリ」、“病歴・飲酒・喫煙データ収集構想”に波紋
日本では開発の遅れが取り沙汰される新型コロナウイルスの「接触確認アプリ」だが、中国では2月初旬から運用が開始されている。ここでは中国アプリのこれまでと現状、第2波に備えた拡充構想とそれに対する市民の反応をレポートする。(2020/6/5)

なんて読む? 心が汚れていると読み間違ってしまいそうな文字が発掘され、一部クラスタが騒然
正解は「キ」。(2020/6/3)

母親から虐待を受け続けてきた相談者が訴える「母は人をふたり殺しているんです」!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
先週は「スペシャル・毒母〜娘と母の物語」特集。(2020/3/9)

スピン経済の歩き方:
新型コロナ感染拡大でも、日本が「中国人」を受け入れ続ける理由
日本国内でコロナウイルスの感染拡大が本格的に始まった。アメリカやオーストラリアなどは中国全土からの外国人入国拒否という対応をとったのに、なぜ日本は同じことができないのか。筆者の窪田氏は、できない理由として……。(2020/2/18)

総務省、日本が早急に取り組むべきサイバーセキュリティ対策を発表 近年のインシデントを踏まえ
総務省は、東京五輪・パラリンピックを前に早急に取り組むべきサイバーセキュリティ対策について緊急提言を発表した。提言にはIoTセキュリティや問題発生後の報告体制に関する5点の対策が盛り込まれた。(2020/1/28)

33自治体で「一部データが復旧不能」に――日本電子計算のIaaS障害、いまだに復旧見通し立たず
日本電子計算が提供する自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国53の自治体と団体で影響が出ている件について、同社は記者会見で「33の自治体で一部のデータが復旧できない状態にある」と明らかにした。(2019/12/16)

自治体IaaSの障害、全面復旧めど立たず 発生から6日目、「計画の大幅見直しが必要」
自治体向けIaaS「Jip-Base」で12月4日から障害が発生し、9日現在もサービスの大半が使えない状態が続いている。提供元の日本電子計算は復旧を急ぐが、「計画の大幅な見直しが必要」という。(2019/12/9)

自治体IaaSの障害、全面復旧は週明けに 「データ全消失」のうわさは否定
自治体向けIaaS「Jip-Base」で障害が発生し、全国約50の自治体のシステムに影響が出ている件で、日本電子計算が「12月9日の全面復旧を目指す」と発表。(2019/12/6)

自治体向けIaaSで障害、中野区・練馬区などに影響 原因はファームウェアの故障
日本電子計算の自治体向けIaaSで障害が発生し、東京都中野区などで税務処理や戸籍管理を行うシステムが利用できない状態となっている。(2019/12/5)

パスポートのネット申請、カード決済が可能に 北斎の絵、プラスチック化……変わるパスポート
かなり便利になりそう。(2019/11/27)

生後5日で里子に出した13歳の娘からの「会いたい」という連絡 うろたえる相談者の本音は……「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「会いたくない」。(2019/11/5)

PR:キウイの収穫量・時期、AIがピタリと当てます──日本の農業をデータで改革、ある農家の野望
(2019/10/16)

日本マイクロソフト、公共機関へのクラウド導入に本腰 専門部隊で「Azure」など訴求 「海外に追い付き、追い越す」
日本マイクロソフトが、公共機関へのクラウド導入に注力する方針を発表。「Microsoft Azure」「Office 365」「Dynamics 365」の展開を推進し、クラウド活用における米国・英国の公共機関との差を埋めることを目指すという。公共機関へのクラウド導入に特化した新部門を立ち上げ済みで、9月から活動を本格化しているという。(2019/9/24)

息子を失ったある家族の出来事 亡くなった家族のApple IDやGoogleアカウントは引き継げるか
「亡くなった息子のiCloudにアクセスしたいのですが……」──息子を失った夫婦が、クラウドに遺された生きた証を取り戻すために動いた。(2019/9/18)

石野純也のMobile Eye:
新バンドルプランで5G時代の差別化を狙うau 改正法への対応にも注目
10月1日の施行が決まった改正・電気通信事業法に、一番乗りで対応したのはauだった。KDDIは、8月28日に新料金プランの「auデータMAXプラン Netflixパック」を9月13日から提供する。同プランは、5G時代を意識した内容になっている。その狙いを読み解く。(2019/8/31)

子に「親と同じ名前」を付けることはできるのか?
付けないけど気になる。(2019/6/27)

「生理があがった女性と全く同じらしい」 GENKINGが“更年期”を告白、対処法は「毎月必ず同じ周期でホルモン注射」
性別適合手術後もいろいろと大変。(2019/6/26)

トランスジェンダー差別を指摘された東大教授が批判に応答 「執筆意図が明瞭に伝わるように書くべきでした」
東京大学関連教員有志から批判されていました。(2019/6/13)

GENKING、恋人との復縁を報告「離れて大切さに気付いて」 女性としての“初恋愛”を再スタート
おめでとうございます!(2019/6/8)

「ストロベリーナイト・サーガ」黒沢あすか演じる育児放棄クズ母に震えた6話 「知らないでしょ、私のそういう怖いトコ」亀梨和也はこれから何を知っていくのか
ネグレクト母と捨てられた息子の苦しみ、演技合戦も白熱。(2019/5/23)

「初めてのお使いよりドキドキ」「こえええええ」 中川翔子、免許取得後初ドライブがガチガチすぎてファン冷や汗
初心者はこんなもんだから!(2019/4/11)

本名が「王子様」だった男性が改名に成功し話題に 「これから親になる人は本当によく考えて」
自身で手続きを行い、正式に新しい名前へ。(2019/3/9)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

藤原道長は「ふじわら『の』みちなが」なのに、足利尊氏は「あしかが『の』たかうじ」でないのはなぜか?
「の」って何? という疑問をまるっと解決。(2018/10/31)

世界を「数字」で回してみよう(52) 働き方改革(11):
介護サービス市場を正しく理解するための“悪魔の計算”
今回は、寿命と介護について、恐らくは“世界初”となるであろう「悪魔の計算」を試みました。この計算結果を見て、あなたはどう思いますか?そして私が見いだした、「働き方改革」を行う本当の理由とは……?(2018/10/19)

GENKING、恋人との破局を発表 “女性”としての初恋愛は「高校生の様に新鮮で健全でキラキラ」
どんな事情があったのかな……。(2018/10/12)

サマータイム対応に、貴重なIT人材を費やすべきなのか
ただでさえ、不足しているといわれるIT人材。その貴重なリソースを、サマータイム導入に向けたシステム改修に費やしていいのか――。情報法制研究所(JILIS)のシンポジウムでそんな意見が交わされました。(2018/9/19)

「真摯に学びを求める全ての女性に門戸を開く」トランスジェンダー学生受け入れのお茶の水女子大学、会見で学長が語ったこと
2020年度から「戸籍上の性別は男性、性自認が女性」の学生も受け入れます。(2018/7/10)

1915年誕生「和文タイプライター」はいまだ現役だった! 日本の印刷を大きく支えた機械と人がつむぐ、103年後の言葉とは
いまでも戸籍や司法書士の関係者には現役で使われています。(2018/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。