ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「戸籍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「戸籍」に関する情報が集まったページです。

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
トランスジェンダーは「勤務フロアから2階以上離れたトイレ」の使用のみ認める──違法ではないのか
身体と戸籍上の性は男性、心の性は女性のトランスジェンダーE。女性として日常生活を送っていましたが、職場では「勤務フロアから2階以上離れた女性トイレ」の使用しか認められていませんでした。こちらが違法ではないかと争われた判例をご紹介します。(2022/7/5)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
LGBTQの人は「当社にはいない」は通用しない 人事担当が知っておくべき基礎知識
性的少数者の割合は約3〜10%。どの職場にもいる可能性があり、「LGBT? 当社にはいないよ」といったスタンスは通用しません。LGBTの人に対するどんな言動がハラスメントに当たるのか学び、職場の対応に関して行政ではどんな動きがあるのかも知っておきましょう。(2022/6/30)

見分けづらいケースが大半:
「パワハラ」と「厳しめの指導」の見分け方 3つの基準
パワハラの特徴に「注意、指導との境界線がはっきりしない」ことがあります。比較的要件がはっきりしているセクハラと異なり、パワハラは境が曖昧です。両者はどのように見分けられるでしょうか?(2022/6/10)

「めちゃくちゃイケメン」 GENKING、17歳のころのガングロギャル男姿がまるで“ちょっとやんちゃなキムタク”
ギャル男姿が似合いすぎる。(2022/6/2)

GENKING、“女性”に生まれ変わって5周年 「私を産んでくれてありがとう」と母親に感謝のメッセージ
GENKINGさん「時代は変わってきてるし、未来はきっと明るいはず」(2022/5/29)

華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
婚姻歴や前妻との子どもの存在を隠していたという夫。(2022/5/15)

「人生で1番幸せで穏やか」GENKING、交際5周年を報告 恋人に合わせて自分らしさ失っていた過去を反省
GENKINGさん「今はお弁当も全く作りません」(2022/5/6)

社労士・井口克己の労務Q&A:
事実婚の社員は「男性育休」を取得できる?
当社の男性社員が「交際中のパートナーが妊娠した」と上司に打ち明けました。夫婦別姓のために事実婚を検討していると話したそうですが、事実婚のケースにおいても育児休業を取得し、各種公的補助を受けることはできるのでしょうか。(2022/4/28)

PR:5人家族だと最大10万円分のポイント…だけじゃない! 家族全員の役に立つ「マイナンバーカード」のメリットまとめ
「マイナポイント」以外にも、活用できるシーンが色々あります。(提供:総務省)(2022/4/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「顰める」(2種類の読み方)
聞いたことはあるやつ。(2022/4/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「果無い」
ヒント:○○○い(2022/4/13)

【なんて読む?】今日の難読漢字「括れ」
ヒント:かっこいい(2022/4/12)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鹿尾菜」
ヒント:おいしい(2022/4/11)

【なんて読む?】今日の難読漢字「誘く」
「誘う」ではなく「誘く」。(2022/4/10)

【なんて読む?】今日の難読漢字「栄螺」
ヒント:おいしい(2022/4/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「躓く」
ヒント:○○○く(2022/4/8)

【なんて読む?】今日の難読漢字「抓る」
漢字で書くとこんな感じらしい。(2022/4/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「瑪瑙」
読める人は読めるやつ。(2022/4/6)

【なんて読む?】今日の難読漢字「慰藉」
戸籍の「籍」みたいな漢字。(2022/4/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「謄す」
戸籍謄本の「謄」。(2022/4/4)

小林麻耶&あきら。が離婚 句読点ない“4000文字超”の長文を掲載「騒いでいた方々離婚しましたよ」「魂では夫婦」
表面上の別れを主張しています。(2022/3/10)

行政サービスも提供:
イオン九州、「イオン島原ショッピングセンター」を3月18日にオープン
イオン九州は、長崎県島原市に「イオン島原ショッピングセンター」をオープンする。食料品コーナーや専門店のほか、島原市初の商業施設内窓口となる「しまばらん窓口 とるっと」を設置し、行政サービスを提供する。(2022/3/7)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
学歴社会是正へ「入試移民」「進学実績公表」「学力特待生」厳禁、中国当局の本気度
先日の大学入試共通テストは津波、刺傷事件、カンニング、過去最低の平均点と、歴史に残る混乱ぶりだった。中国では過熱する受験戦争、学歴社会を抑えるため、21年7月に宿題と学習塾の規制、22年1月に大学入試の競争を抑制する規制が発表。今回は、中国の“不公平”な大学入試制度と、1月の規制の中身を紹介する。(2022/2/3)

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」サービス開始 何が必要? どうすれば使える?
デジタル庁と厚生労働省が、新型コロナウイルスのワクチン接種の証明書として利用できるアプリの配信と運用を開始した。アプリの概要と、アプリの使い始め方を簡単に紹介する。(2021/12/20)

コロナ禍の「おうち結婚式」漫画 手作り感満載の挙式報告に「すてき」「胸が温かくなった」
神父と新郎は一人二役。(2021/9/9)

富士駅「いなりずし」(460円):
富士山の麓・東海道本線富士駅最初の駅弁が「いなりずし」になった理由〜富士駅弁・富陽軒
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは富士駅の駅弁「いなりずし」です。(2021/9/5)

喫茶店で出会った2人が婚姻届を提出→そこには常連さんや思い出の人々が…… オリジナル婚姻届を作ったレポート漫画に心が温かくなる
おめでとうございます!(2021/6/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
LGBT「無関係な企業」はない 「体は男だけど女子トイレ」問題と、淘汰される無知な企業
LGBTなどの性的マイノリティーの割合は、8.9%にのぼる。11人に1人と考えると、どの企業も「うちにはいない、関係ない」とは言い切れないのではないだろうか。企業が知っておくべき知識とは。(2021/5/28)

注意点は:
デジタル払い、前払い……新たな給与支払いの方法を押さえておこう
外国人労働者や非正規雇用者の増加に伴い、新たな給与支払いの方法が注目されています。ここでは、「デジタル払い」「前払い」について、労務・税務上の注意点を確認します。(2021/5/18)

「私と付き合った事で嫌な思いも沢山したよね」 GENKING、2ショット公開で恋人へ感謝のメッセージ
GENKINGさん「別れて、復縁して本当に良かった」(2021/5/6)

両親は実の親ではないのでは……? 思春期の悩み描く漫画「両親のかくしごと」のオチが壮大な斜め上
思春期あるある……あるある?(2021/4/5)

河合薫の「社会を阻む“ジジイの壁”」:
働く母に起きた“事件”──誤解だらけの「選択的夫婦別姓」と「家族の一体感」という呪い
五輪・男女共同参画担当相になった丸川珠代氏が、反対する文書に名を連ねていたことで「選択的夫婦別姓」が話題になっている。「名前」と「キャリア」は密接にかかわっており、働く女性にとって重要な問題だ。ある女性は、旧姓のまま仕事を続けていたことで、子どもにまつわるトラブルを経験したという。(2021/3/12)

校長「変わるべきなのは我々のほう」 男子校入学を希望する“ある生徒”をめぐる議論を描いた漫画に反響
本当の自分でいられる世の中になるといいな。(2021/2/17)

政府CIO補佐官が説く「デジタル改革」の具体像(3):
デジタル庁が「行政の縦割り」「神Excel」問題を解決?――霞が関が注目する「ベースレジストリ」とは
2021年秋に始動するデジタル庁創設など、政府のデジタル改革に注目が集まっています。デジタル改革の実現でどのような課題解決が期待されているのか。また、霞が関で注目されている「ベースレジストリ」を解説します。(2021/2/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国の春節は「Not Go To トラベル」〜帰省させず特典配布
昨春に新型コロナウイルスをほぼ収束させた中国で、再び感染者が増えている。中国政府は「民族大移動」とされる春節の帰省による感染拡大を危惧し、「Not Go To トラベル」キャンペーンともいえる、さまざまな支援を提供するという。「帰省しないで居住地にとどまる人」へどんな支援があるのだろうか。(2021/1/28)

政府は負けを認め、反省の上にDXを一気に進める。民間企業はどうか――平井デジタル相が目指すもの
行政のDX推進を目指すデジタル庁設立の構想やそれに向けた法改正が急がれる中、デジタル改革担当相の平井卓也氏が目指す「日本のDX」はどういったものだろうか。話を聞いた。(2021/1/21)

「中年女性によるまんがタイムきらら空間」 経験者2組が語る「オタク同士のルームシェアって、実際どう?」
Twitterが得意なオタクはルームシェアに向いている。(2021/1/4)

「RPGみたい」「めんどくさい」 運転免許に旧姓を併記しようとしたら詰んだ 一体なぜ……?
手間や時間がかかる落とし穴にご注意。(2020/12/4)

Zeebraの妻・中林美和が離婚発表 「NiziU」リマら2女の親権を獲得
戸籍も中林さんのものに移るとのこと。(2020/11/2)

婚姻・離婚届に印鑑が不要になる? 最近の経験者からちょっと言わせてくれ
婚姻届と離婚届の両方を経験して間もないという小寺信良さんからの意見。(2020/10/19)

虐待を受け、殺したいほど憎んでいる母親を介護する相談者「どこかでまだ認めてもらいたいと思っている」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
人の気持ちって、なかなか整理がつかないもの……。(2020/9/7)

恋愛・結婚のかたち:
“3年おきに名字を交換する結婚”――「自分の姓」「相手の姓」どちらかでもない、第3の選択肢
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第5回は、「3年おきに離婚、相手の名字で再婚」という結婚をして“名字を交換”している夫婦に話を聞きました。(2020/8/9)

一律10万円給付はなぜ遅れた?:
政府CIO補佐官に聞く、行政のデジタル化が進まない理由と脱却のシナリオ
(2020/8/6)

恋愛・結婚のかたち:
婚姻届の代わりの住民票「妻(未届)」 “普通に結婚”したかったアラサー女性が事実婚を選ぶまで
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第3回は、「普通に結婚」するものだと思っていた30歳の女性が事実婚を選択するまでを聞きました。(2020/8/7)

「友人として注意すべきか……」確証もないまま友人カップルの生活保護不正受給を疑う相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者の本音は“友情”か、それとも……。(2020/7/20)

「しょくいんがあらわれた!」 市役所のコロナ対策がまさかの「ドラクエ」「ジョジョ」パロディ 鹿児島市に話を聞いた
ジョジョ風の書き文字も。(2020/7/13)

日本女子大学、トランスジェンダーの女子学生を受け入れると発表 2024年度から
めでたい前進です!(2020/6/19)

加藤紗里、“離婚後300日問題”で民法改正を訴える 「加藤りりとしての保険証も作れない」「育ててるのは紗里なのに」
現在、子育て中の加藤さん。(2020/6/19)

前澤友作氏、今度は夫婦100組に100万円 「前澤カップル基金」スタート
ZOZO前社長の前澤友作氏が、全国の夫婦を応援する企画「前澤カップル応援基金」を始めた。アンケートに回答した夫婦の中から、抽選で100組に100万円を配布する。事実婚も含め、カップルそれぞれが1回ずつ応募できる。締め切りは6月14日午後11時59分。(2020/6/11)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国「感染リスク判定アプリ」、“病歴・飲酒・喫煙データ収集構想”に波紋
日本では開発の遅れが取り沙汰される新型コロナウイルスの「接触確認アプリ」だが、中国では2月初旬から運用が開始されている。ここでは中国アプリのこれまでと現状、第2波に備えた拡充構想とそれに対する市民の反応をレポートする。(2020/6/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。