ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フリーマーケット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フリーマーケット」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、コロナ禍の春は「うまく乗り切れた」 「秋から5Gスマホ祭り」と宮内社長
ソフトバンクが2021年3月期第1四半期の連結決算を発表。宮内謙社長は売上高の大幅な落ち込みを予想していたが、テレワーク需要の影響やeコマースの好調で増収を維持できたとしている。秋からは5G端末の展開を本格化するという。(2020/8/4)

「買われている」「売られている」ともに3年連続1位! メルカリで最も取引されているブランドは?
意外なあのお店の商品です。(2020/7/14)

「絶対に作者だとバレてはいけない」――ゲーム感覚で楽しめる作品批評会「作者人狼」が楽しそう
これ絶対楽しいやつ〜!(2020/6/30)

「ソフトバンクはコロナの影響下でも成長できる」 宮内社長が株主総会で宣言
ソフトバンクが6月24日、第34回定時株主総会をオンラインで開催した。宮内謙社長は、1年前に約束した「業績の成長」と「高配当」を達成できたと胸を張る。通信事業では、ソフトバンク、Y!mobile、LINEモバイルの3ブランド体制を継続して他社への流出を防ぐ。(2020/6/24)

アルコール消毒液も転売禁止に 政令改正を閣議決定
政府は22日、アルコール消毒液の転売を禁止する政令を閣議決定した。個人や業者が仕入れ値を超える価格で転売すると罰則の対象になる。(2020/5/22)

スマホ決済5月のキャンペーンまとめ 3キャリア陣営だけでなく楽天やLINEも参戦
5月のスマホ決済キャンペーンも、「d払い」「PayPay」「au PAY」の3キャリア陣営によるものが多い。新型コロナウイルスの感染拡大によって、街中での決済利用を促進するキャンペーンは以前よりも減っている。5月から「LINEポイントクラブ」が始まった他、「楽天ペイ」もゴールデンウイーク総額100万ポイント山分けキャンペーンを行っている。(2020/5/9)

PR:これが超大手メディアの本気! ヤフーが新型コロナ対策支援に全力を出している理由とは
最新ニュース、検索、混雑情報に新型コロナ対策支援オークションまで充実。(2020/4/28)

PayPayのミニアプリに「PayPayモール」「PayPayフリマ」が登場
PayPayは、アプリ内で加盟店が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどを行える「ミニアプリ」に「PayPayモール」と「PayPayフリマ」を追加。アプリのトップ画面にあるアイコンから商品検索や決済が行えるようになる。(2020/4/2)

マスク転売、3月15日から禁止 違反には罰則
違反者に対しては懲役1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。(2020/3/10)

マスク高額転売、最高で懲役1年か罰金100万円に 3月15日から
政府は、購入価格を超える価格でのマスク転売を禁止し、違反者には1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金を科すと決めた。(2020/3/10)

「ダイヤわっさー入っとる」「虫どものように男を引き寄せる」 パワーワードだらけの宝石オススメ文がクセになる
コテコテの大阪弁だったり貴婦人目線だったり、商品の紹介文が変幻自在。(2020/3/9)

10〜50%の還元フィーバー続く スマホ決済3月のキャンペーンまとめ
3月のコード決済キャンペーンは、相変わらず3キャリア陣営の「PayPay」「d払い」「au PAY」が中心。3月はこれらに加えて「メルペイ」も指定店舗に限り最大50%を還元するキャンペーンを展開。ファミペイも、楽天ポイントを10倍付与するキャンペーンを実施している。(2020/3/9)

ヤフオク!とモバオクで「マスク出品禁止」 高額転売の防止策
ヤフオク!でのマスク出品が3月14日から当分の間、禁止となる。「フリマ(定額)」設定でないマスクが出品された場合に、出品削除などの対応をとる。また、フリマ(定額)設定で出品されたマスクについても、社会通念上、不適切な価格で販売したり、大量の出品をしたりした場合には削除などの措置を実施する。(2020/3/6)

ヤフオク!、マスク転売禁止へ 14日から
ヤフーは新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄状態を受け、ヤフオク!でのマスクのオークション出品を一律禁止する。(2020/3/5)

サークルスペースで使いたい コイントレーが立てられて屋外でも会計しやすいキャッシュボックスが発売
同人誌即売会にサークル参加する時に大事なことは、1に新刊落とさないこと、2に会計周り。(2020/3/2)

「PayPayフリマ」で最大20%のボーナスを付与 3月4日〜31日
ヤフーが提供するフリマアプリ「PayPayフリマ」は、3月4日〜31日に「PayPay残高のお支払いが対象、PayPayフリマで最大20%戻ってくるキャンペーン」を開催。本キャンペーンは3月の「いつもどこかでワクワクペイペイ」として実施する。(2020/2/21)

「PayPayフリマ」で新キャンペーン 決済時に「PayPay残高」利用で最大20%還元
ヤフーが「PayPayフリマ」での決済時に「PayPay残高」を利用したユーザーに、決済額の10〜20%の「PayPayボーナス」を付与する。期間は3月4日〜31日。(2020/2/21)

無人で商品を発送できる「メルカリポスト」2020年夏に登場 全国のドコモショップなどに設置
メルカリで出品した小物商品をセルフサービスで発送できるキオスク端末が、2020年夏から設置される。全国のドコモショップや「メルペイ」加盟店を中心に、2023年までに5000箇所への設置を目指す。(2020/2/20)

“打倒クレジットカード”を目指すPayPay 2020年中に金融サービス提供へ
「PayPayはキャッシュレスにおける代名詞になりたい」とPayPayの中山一郎社長が意気込みを語る。2020年1月17日時点で、PayPayのユーザー数は2300万人超、加盟店申込数は185万箇所となり、決済回数は単月で1億回を超えた。2020年中に新たな金融サービスを提供する。(2020/1/18)

メルカリの独自データから判明:
クリスマス直前、フリマアプリで「紙袋」が大量に売れる謎 データから分析
クリスマス直前に中古の「紙袋」が大量に売れているという。メルカリの独自データから判明。謎の消費行動を考察する。(2019/12/23)

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。(2019/12/13)

調査研究が活発に:
欲しいのは「お金」よりも「承認」 フリマアプリで「承認欲求」を満たす人々、増加中?
11月に「メルカリ総研」を立ち上げたメルカリ。利用者が急増し、「不用品の売買」から脱皮し始めるフリマの調査研究に意欲的な姿勢を見せている。利益を追い求めず、承認欲求を満たす人の姿も見えてきた。(2019/12/10)

段ボールに詰めて送るだけ:
引っ越しの不要品、フリマアプリで売ってもらえる代行サービス 楽天など3社が提供
(2019/11/26)

引っ越しと同時に不用品をフリマに出せる新サービス「フリマ引越」 楽天などがスタート
取引不成立でも宅配型収納サービスでキープ!(2019/11/26)

引っ越しで発生した不用品を回収、「ラクマ」に代理出品 楽天など3社が共同で開始
楽天が、引っ越しの際に発生した不用品を回収し、フリマアプリ「ラクマ」に代理出品するサービス「フリマ引越」を開始。GLIDEとカラエトも協力する。ユーザーが粗大ごみを廃棄するコストを抑えつつ、資源の無駄を減らす狙い。(2019/11/25)

「その頃ぼくは天使に憑かれていた」 気鋭のイラストレーターと詩人が“黙示録的詩画集”を作った理由
『あの夏ぼくは天使を見た』(KADOKAWA)の詩人・岩倉文也さんに取材しました。(2019/11/24)

PayPayかたる詐欺メールに注意 「加盟店募集」装い偽サイトに誘導
PayPayをかたる詐欺メールが出回っていると、フィッシング対策協議会が注意喚起。内容は、加盟店への登録やアカウントの更新を呼び掛ける連絡を装ったもの。本文中のリンクからフィッシングサイトに誘導し、IDとパスワード、携帯電話番号などの入力を求めるという。(2019/11/22)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
ヤフー×LINE、経営統合でこれから決済業界に起こること
ヤフーとLINEの経営統合で気になるのが、2社が提供しているモバイル決済の動きだ。PayPayとLINE Payが今回の事業統合で1つにまとまることはないだろう――というのが筆者の考えだ。こう考える理由の1つに、両者の統合後の姿が原時点で全く想像できない点が挙げられる。(2019/11/21)

PayPayフリマ、1カ月で100万ダウンロード突破 20%還元キャンペーンが奏功
フリマアプリ「PayPayフリマ」のダウンロード数が100万件を突破。11月に始めた大型キャンペーンが新規ユーザーの獲得につながっているという。(2019/11/15)

基板まで作る、町の電気店で売る:
そのSSDやSDメモリーカードは大丈夫?――データ復旧会社から見る容量偽装の今
容量を偽る“詐欺ストレージ”は、昔からちょくちょく物議を醸してきた。現在も根絶されていないどころか、バリエーションが増えてきているようだ。データ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」に届いた容量偽装ストレージから、今を読み解く。(2019/11/15)

スマホ決済 11月開催のキャンペーンまとめ
「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗でキャッシュレス決済をすると、5%か2%の還元を受けられる。そんな中でも、決済サービス事業者は、独自のキャンペーンを提供しているところが多い。今回は11月の主なキャンペーンや還元施策を紹介する。(2019/11/7)

ヤフー経済圏、主役はやはりPayPayか ZHD川邊社長「数年内に収益化」目指す
(2019/11/6)

「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」 ソフトバンク宮内社長、楽天の参入遅れにチクリ
ソフトバンクの宮内謙社長が決算発表会に登壇。10月にMNO事業に本格参入する予定だった楽天の基地局整備が遅れている件に触れ、「技術者は全員知っていた」「基地局整備は簡単じゃない」とコメントした。(2019/11/5)

「80年代ヤンキー部屋」や「ゲーム好き小学生部屋」を再現 「なつかし部屋再現展」がガチすぎたから想いを共有したい
うわあああああああああ(爆発)!(2019/11/2)

PayPay軸に「海外のプラットフォーマーに対抗」 ヤフー改め「Z」、川邊社長の狙い
「Zホールディングスは、注力するサービスにリソースを集中させ、一気に大きく成長させる。今の注力分野はPayPayだ」──同社の川邊健太郎社長はそのように意気込む。(2019/11/1)

「PayPayフリマ」「PayPayモール」で最大20%還元のキャンペーン開催 11月1日から
フリマアプリ「PayPayフリマ」とオンラインショッピングモール「PayPayモール」で、11月1日から電子マネー「PayPay残高」など最大20%相当を付与するキャンペーンが開催。「PayPayモール」では総額100億円相当を付与する。(2019/10/28)

今度は何日で100億円到達? 「PayPayフリマ」と「PayPayモール」で最大20%還元キャンペーン
これを機に新サービスも使ってみたくなる。(2019/10/28)

PayPayフリマ、PayPayモールで最大20%還元 メルカリ・メルペイなどに対抗
フリマアプリ「PayPayフリマ」とECサイト「PayPayモール」で、購入額の最大20%相当を電子マネーで還元するキャンペーン。PayPayユーザーが対象で、PayPayフリマ、PayPayモールの利用を促す狙い。(2019/10/28)

「PayPayモール」オープン ZOZOなど「厳選600社」が出店、最大16%相当の還元
ヤフーがECサイト「PayPayモール」のWeb版をオープン。同社の基準を満たした約600店舗が順次出店する。近く買収完了予定のZOZOが運営する「ZOZOTOWN」も加わる予定だ。(2019/10/17)

ヤフーが「PayPayモール」オープン 最大16%還元、ZOZOTOWNが初出店へ
ストアを厳選しているのが売りの1つ。(2019/10/17)

PayPay残高がたまる「PayPayフリマ」のiOS版登場 「ヤフオク!」とも連携
ヤフーは、10月7日にフリマアプリ「PayPayフリマ」のiOS版を提供開始。キャンペーンなどを通じて電子マネー「PayPay残高」がたまる他、出品条件にマッチした「ヤフオク!」の商品を閲覧・購入できる。Android版の配信は10月末を予定している。【画像差し替え】(2019/10/7)

「PayPayフリマ」登場 売上金をPayPay残高にチャージ可能、1%還元も
スマートフォン向けアプリ「PayPayフリマ」(iOS)が登場。モバイル決済サービス「PayPay」と連携する。(2019/10/7)

新アプリ「PayPayフリマ」登場 価格交渉を簡単に、PayPay残高支払いで1%還元
ヤフーがPayPayと連携するフリマアプリを公開。(2019/10/7)

2年でユーザー数が30倍に:
フリマアプリも高齢化? 2年で30倍に増えたシニアユーザー 見えてきた「意外」な利用方法
楽天のフリマアプリ「ラクマ」がシニア向けの教室を開催。ラクマでは、シニアユーザーが2016年から18年にかけて30倍に増加しているという。メルカリも同様の教室を開催しており、フリマアプリにも高齢化の波が来ている。楽天の調査では、シニアの意外なフリマ利用方法も明らかになった。(2019/9/25)

ビジネス書の同人即売会が誕生 9月28日に東京都立産業貿易センター 台東館にて開催
デイリーポータルZ、ピコトン、きういはうす、現役高校生が出展予定。(2019/9/17)

誤配送やなりすましを防ぐスマート宅配ボックス「PacPort」登場
PacPortは、スマート宅配ボックス「PacPort」の先行販売をクラウドファンディングサービス「Makuake」で開始した。自社開発のスマートロックを活用し、誤配送やなりすまし受取を防ぐ安心・安全な宅配ボックスとして提供する。先行予約価格は通常価格から20%オフの3万9800円(送料・税込)。(2019/9/13)

保守サポートは受けられないことが一般的
「フリマサイト」で中古のネットワーク機器を買うのはありなのか?
オークションサイトやフリーマーケットサイトで中古のネットワーク機器を買うのは、ありかなしか。「グレーマーケット」と呼ばれるこうした販売チャネルを介した中古機器購入の利点と難点を紹介する。(2019/9/1)

メルカリ、19年6月期は最終赤字137億円 今後もメルペイなどに積極投資 山田会長「この1年が勝負」
メルカリが2019年6月期の通期連結決算を発表。売上高は前期比44.5%増の516億8300万円、営業利益は121億4900万円の赤字、最終利益は137億6400万円の赤字だった。20年6月期は「勝負の年」と位置付け、成長に向けた投資を加速させる。(2019/8/8)

PayPay、サービス開始10カ月で980万ユーザーを突破 “利用習慣の定着”が奏功
ソフトバンクの宮内謙社長が、8月5日の決算説明会で、決済サービス「PayPay」の進捗(しんちょく)について語った。PayPayの累計登録者数は、2019年8月5日時点で980万人を突破した。累計決済回数は1億回を突破。いずれもサービス開始10カ月での記録となった。(2019/8/6)

新サービスへの反響に応じたインフラの拡張が可能に
セブン銀行が「ATM受取」をオンプレミスでなくプライベートクラウドに構築した理由
セブン銀行は新サービス「ATM受取」のシステムをホスティング型プライベートクラウドに構築した。それまではオンプレミスのインフラを利用してきた同社がプライベートクラウドを選択した理由と、その効果に迫る。(2019/8/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。