ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新卒採用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

星野リゾート、新卒採用で地方居住者の比率高まる ついに5割を突破 星野代表が語った背景
星野リゾートが地方居住者の採用を強化している背景とは?(2024/4/19)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
トヨタやホンダ、日産の「データ活用人材」確保戦略は? 自動車業界の“裏側”に迫る【後編】
車載ソフトウェア市場の潮流が大きく変わり、データ分析人材の不足が深刻になっている。自動車メーカーはどのように確保しようとしているのか、各社の戦略を見てみよう。(2024/4/19)

「めっちゃ良い会社」「気遣いが染みる」 就活生に自社製品を贈るカゴメの取り組みが好評、その理由は
商品を受け取った人からは「気遣いが染みる」「めっちゃ良い会社」などの声が。(2024/4/13)

営業利益率50%超:
IT駆使し業界に新風 不動産マッチング「楽待」運営会社トップに聞く
8月で創業20期目になるファーストロジックの若手社長、坂口直大氏にインタビューした。(2024/4/11)

マスコミ業界へのマイナスイメージ 「昔ながらの文化」「全国転勤」を抑えた1位は?
キャムコムグループのインタツアー(東京都港区浜松町)が「業界別イメージ調査 マスコミ業界編」の結果を発表した。学生はマスコミ業界についてどのようなイメージを抱いているのか。(2024/4/9)

25卒の3人に1人が就活でチャットAI活用 普段利用も含めると6割に マイナビ調査
マイナビが2025年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した調査で、学生の3人に1人が就職活動においてChatGPT等の対話型生成AIを利用したことがあることが分かった。(2024/4/8)

ポストCookie総まとめ:
共通IDソリューションが導くポストCookie時代のマーケティング戦略
Google ChromeのサードパーティーCookie廃止が目前に迫り、広告業界は大きな変革期を迎えている。従来のユーザー追跡方法が制限される中、新たな顧客体験とマーケティング戦略を実現するために注目を集める技術が「共通IDソリューション」である。(2024/4/3)

製造業のシン・新卒採用戦略(2):
製造業が優秀な人材を獲得しづらい根本的な理由とは?
近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下している。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第2回は、優秀な学生獲得における製造業各社の連携の重要性を伝えたい。(2024/4/3)

「配属ガチャ」対策を進める企業が、一度立ち止まって考えるべきコト
「配属ガチャ」対策を進める企業が増えてきた。希望通りに働けることは良いことだが、配属ガチャ対策を進める企業は、今一度立ち止まって考えるべきコトがあるのではないかと、筆者は考える。(2024/4/1)

働き方の見取り図:
住友商事「学生が面接官を評価」 “選ぶ者”と“選ばれる者”の力関係が変わるワケ
住友商事が、学生が面接官を評価する制度を導入するという。学生優位の「売り手市場」の中、会社と求職者の力関係や、人事の役割に従来とは異なる変化が生じている。(2024/4/4)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(13):
従業員130人全員がデザイナー 社員6人の町工場が急拡大し続けているワケ
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は、創業70年以上の歴史を持ちながら、スピード感のある事業展開でベンチャーのような雰囲気もあわせ持つ、大阪府八尾市の友安製作所 本社オフィス兼工場を取材しました。(2024/3/29)

地場ゼネコンのDX:
「建設業のICT投資は今が好機」と語る、インフラDX大賞を受賞した地場ゼネコン「金杉建設」が抱く危機感とは
埼玉県に本社を置く地場ゼネコンの金杉建設は、ドローンや3Dスキャナー、ICT建機などのデジタル技術に早期に着目し、2015年から施工現場への積極的な導入と内製化を進めてきた。2023年2月には、その取り組みが評価され、「インフラDX大賞」の国土交通大臣省を受賞。これまでの挑戦とデジタル技術活用にかける思いについて、金杉建設 代表取締役社長 吉川祐介氏に聞いた。(2024/3/28)

QAで解説:
採用を頑張っても若手がどんどん辞めていく……企業が今すぐ確認すべき3つの要素
せっかく新卒採用を頑張っても、若手がどんどん辞めてしまい困っています。待遇も悪くないと思いますし、なぜこんなに離職が多いのか分かりません。若者の早期離職は、どうやったら止められますか?(2024/3/28)

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

【前編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠が「人事改革の失敗」から得た教訓 “働きやすい会社”を目指すのはやめて、どうしたのか
労働生産性を着実に向上させてきた伊藤忠商事。「働きやすい会社」を目指した人事制度改革の“失敗”を経て、現在はどのような戦略目標を掲げているのか。変革の裏側と、人的資本経営の真髄に迫る。(2024/3/25)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:採用や育成が課題のエンジニア、若手でも即戦力として活躍できる理由とは?
企業の人材不足が深刻化している。特に、専門的な知識やスキルが必要とされるエンジニアは、採用・育成面での課題が大きい。本資料では、「若手の即戦力化」に定評のある、エンジニアに特化したアウトソーシングサービスを紹介する。(2024/3/21)

小寺信良のIT大作戦:
就活の自己アピールにも生成AIの影 “就活ハック”はどこまで許されるのか?
企業の新卒採用者に対する調査によれば、履歴書やエントリーシートだけでは学生の個性やスキルの程度が分かりにくいということが課題になっているという。昨今はプレゼンスライドや自己PRビデオといった、デジタルポートフォリオの提出も好意的に受け止められている。しかし就活にも生成AIが浸透してくる可能性がある。(2024/3/19)

製造業のシン・新卒採用戦略(1):
学生が製造業を選ばなくなったワケ 「青田買い」から「青田創り」に発想の転換を
近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下している。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第1回は、製造業における新卒採用の現状と課題を見る。(2024/3/27)

建設業の人材動向レポート(53):
「建設業に就職した大学新卒者、10年で3割増加」大学/大学院新卒の就職動向を調査
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、文部科学省の「学校基本調査」から、2023年3月の大学/大学院新卒の建設業への就職動向を探った。(2024/3/15)

PCの累計生産台数5000万台突破目前! 「島根富士通」が出雲にある理由
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の子会社として、ノートPCやデスクトップPCの生産を担う「島根富士通」。2024年度第3四半期(2024年10〜12月)にもPCの累計生産台数が5000万台を突破する見通しとなった。これに合わせて、5000万台記念モデルの製作計画をスタートしたという。(2024/3/15)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
裏ワザ的「初任給40万円」が、会社を弱体化させかねないワケ
アパレルブランドを運営するTOKYO BASEは、3月12日に初任給を一律で40万円に引き上げることを発表した。しかし、80時間文の固定残業だが含まれる額だという。就労条件に対するリテラシーが乏しい新卒者に向けて額面のみを強調する同社の姿勢には、危うさを覚えざるを得ない。(2024/3/15)

エンジニアのキャリアを全力で応援:
PR:NECソリューションイノベータはなぜ「人的資本経営」を追求するのか
企業に所属するITエンジニアの多くは、技術を捨ててラインマネジャーに進むか、昇進を諦めて技術を高め続けるか、悩ましい選択を将来的に迫られることになる。NECソリューションイノベータはこの問題に、どのような考えと仕組みで取り組んでいるのだろうか。(2024/3/14)

不採用通知した企業「嫌いになった」、落とされた就活生85%が回答
志望度の高い企業から不採用通知を受け取った就活生の85%が、その企業を「嫌いになった」と回答ー。そんな調査結果を新卒採用支援、ABABAの研究機関「ABABA総研」が1日、公表した。(2024/3/2)

社長就活が広がる:
「社長と学生」のマッチングサービス 利用者がじわじわ増えている理由
新卒採用の広報活動が解禁される3月に突入した。人材獲得の手法が多様化する中で、「社長と学生」のマッチングサービスがじわじわ広がりつつある。どういった内容かというと……。(2024/3/1)

生成AIで新卒採用はどう変わる? 2024年以降に訪れる「3つのフェーズ」
3割の学生が、就職活動で生成AIを利用している──こんな調査結果がある一方で、企業の人事担当者の対応は必ずしも十分ではないようです。学生が生成AIをエントリーシート(ES)作成に活用した場合にどう対応すべきかなど、担当者が検討すべきトピックは複数あります。今後見込まれる3つのフェーズごとに、企業がどう対応すべきかを考えます。(2024/2/27)

AIで危険物判別、自動化ゲート、スマートレーン……関空、保安検査要員不足にあの手この手
保安検査員や乗客の案内スタッフらの人手不足が大きな要因で、関空は人工知能(AI)を活用した手荷物検査や、検査場への自動化ゲート導入など機械化で対応を急いでいる。(2024/2/19)

製造マネジメントニュース:
マツダが六本木に新拠点、異業種との共創や採用活動に注力
マツダは東京都港区六本木に新たな価値創造に取り組む仲間づくりの場「マツダイノベーションスペース東京」を開設した。(2024/2/19)

「オヤカク」5割が経験 Z世代と親の就職観ギャップは?
「オヤカク」とは、内定学生の保護者に対して同意の確認を行うことを言う。「内定確認の連絡」いわゆる「オヤカク」を受けたという人は52.4%と半数以上を占めたことが、マイナビによる調査で明らかとなった。(2024/2/16)

会社の「古臭いロゴ」を変えたら、何が起きたのか あるSaaS企業の事例
うちの会社のロゴって正直、ダサいんだよなあ──そんなふうに感じたことはないだろうか。あるSaaS企業では“古臭いロゴ”の変更とリブランディングを合わせて進めた結果、思いがけない結果につながったという。(2024/2/7)

今日のリサーチ:
「今の日本は男女平等?」に「そう思う」と回答した大学生は男性42%、女性22%――RECCOO調査
Z世代に特化したクイックリサーチサービス「サークルアップ」が実施した調査の結果です。(2024/2/4)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:DX推進やものづくりの柱となる、エンジニア人材確保のポイント
DX推進やものづくりの柱となるエンジニアの確保に向けて、多くの企業が取り組んでいるが苦戦しているのが実情だ。採用にはさまざまな方法があるが、現状で成果が出ていないのであれば、見直しを検討すべきだろう。その見極め方を解説する。(2024/2/2)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:3社の事例に学ぶ高卒採用の魅力、採用活動や定着率など多角的な視点で読み解く
社員の高齢化や若手人材の不足に危機感を抱いている中小企業を中心に、高卒採用への注目度が高まっている。その魅力がどこにあるのか、3社の事例から明らかにしつつ、中小企業が高卒採用に注力する理由を探った。(2024/2/2)

楽天、「みん就」を譲渡 約22億円で
楽天グループは、就活クチコミサイト「楽天みん就」を22億5000万円で譲渡する。(2024/2/1)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:自社の魅力をどう伝える? 高校生の新卒採用で取り組むべき施策とその実践法
高卒採用を成功に導くには、最新の高校情報を入手し、根拠のある採用戦略を立てるのは当然のこと、高卒採用ならではの特性を理解し自社の魅力を伝えていくことが不可欠だ。効果的な施策やその実践をサポートするサービスを紹介する。(2024/2/1)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:基礎から分かる高卒採用、知っておくべきルールや成果を挙げるためのコツとは?
大卒採用とは異なり、高卒採用には細かいルールやスケジュールが厳格に定められており、それらの決まり事に沿って採用活動を進める必要がある。そこで高卒採用の戦略/計画を立てるうえで押さえておくべき、基本的なポイントを解説する。(2024/2/1)

「就活に生成AI」7割の企業が肯定 学生にどんな使い方を期待している?
学生が就活で生成AIを利用することについて、約7割の企業が肯定的であることが、ベネッセホールディングスとパーソルキャリアの合弁会社、ベネッセ i-キャリア(東京都新宿区)が運営する「doda新卒エージェント」「dodaキャンパス」による調査で明らかとなった。企業はどのような使い方を望んでいるのか。(2024/1/30)

一方、採用側での利用は11.4%にとどまる:
約7割の企業が「学生の生成AI利用」に肯定的 ベネッセ i-キャリアが新卒採用の実態調査結果を発表
ベネッセ i-キャリアは、新卒採用における生成AIの利用実態に関する調査の結果を発表した。新卒採用業務に「ChatGPT」などの生成AIを利用している企業の割合は11.4%。約7割の企業が学生の生成AI利用について肯定的だった。(2024/1/29)

IT企業が企画:
保護者が会社訪問? イマドキ「親子就活」の実態は
「親子就活」が知られるようになって久しい。東京のIT企業は内定者の保護者を会社に招待しオフィス見学ツアーを開催した。今どきの親子就活の実態とは?(2024/1/22)

今日のリサーチ:
大学生の大みそかテレビ事情
Z世代に特化したクイックリサーチサービス「サークルアップ」が実施した調査の結果です。(2023/12/30)

「職務給」の社員は「異動したら給与が下がる」のか?
業務内容を給与にひも付ける「職務給」を導入する企業が増えていますが、まずは管理職層からという流れになっており、一般社員層はこれまで通り職能給のままという企業が少なくありません。一般社員層の職務給はどのような状況になっているのでしょうか。(2023/12/28)

セキュリティニュースアラート:
原因はGoogleドライブの設定ミス エイチームが個人情報漏えいの調査結果を発表
エイチームはGoogleドライブのファイルの一部が外部からアクセス可能な状態にあったことを発表した。1369件の個人情報含むファイルに漏えいの可能性があり、対象者は93万5779人に上るとされている。(2023/12/25)

「SEMICON Japan 2023」で講演:
JASM、材料の国内調達を2030年までに「60%に引き上げ」
半導体関連技術の総合展示会「SEMICON Japan 2023」にて、「日本半導体産業の発展に向けて 半導体を取り巻く先端開発」と題した講演が行われた。本稿では、その中から、Japan Advanced Semiconductor Manufacturing(JASM)社長の堀田祐一氏と、Rapidus シリコン技術本部 専務執行役員 シリコン技術本部長の石丸一成氏の講演内容を紹介する。(2023/12/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
年末ジャンボ宝くじで人生逆転狙う心理を考える、振り返れば追い詰められていた
年末ジャンボ宝くじで人生逆転を狙う心理について考えています。(2023/12/21)

25年卒の就職人気企業ランキング 3位「集英社」、2位「講談社」、1位は?
2025年卒の学生に人気の企業はどこか。学情(東京都千代田区)が「就職人気企業ランキング」を発表した。(2023/12/15)

「大工」がいない 20年で半減、住宅業界はどうなる?
大工の減少が深刻化している。大工数は令和2年時点で約30万人、20年で半減しており、このまま減少が続くと、木造住宅の建設やリフォームなどに大きな影響が出る可能性もある。背景には、大工の高齢化と若者離れがあり、その課題に取り組む企業を取材した。(2023/12/12)

「年功序列を辞めないと日本企業は破綻」 人事の専門家が語る“本当に”取り組むべきこと
人的資本の開示、ダイバーシティー、サステナブルなど、多くの人事トレンドがあるが、人事領域の専門家は「トレンドと企業の現状はかけ離れている」と語る。日本企業が本当に取り組むべきこととは。(2023/12/8)

Z世代200人に聞いた:
「盛れないから人気」は間違い? SNS「BeReal」流行の本当のワケは……
BeRealが流行したのは「盛れないからではない」と考えるZ世代(大学生)が8割に上ることが、新卒採用支援事業を手掛けるRECCOO(リクー、東京都渋谷区)の調査で分かった。若者が考える、BeReal流行の本当の理由とは――。(2023/12/7)

大学1・2年生が選ぶ「就職したい企業」 「地方・国家公務員」を抑えた1位は?
大学1、2年生が就職したいと思う企業について、リスクモンスター(東京都中央区)が調査を実施した。(2023/11/18)

電動化:
電動化1.7兆円、ADAS1兆円へ、ソフトと半導体を強化するデンソー
デンソーは新体制での経営方針や技術戦略について発表した。2030年度に売上高7.5兆円を目標とする。このうち、電動化で1.7兆円、ADASで1兆円の売り上げを目指す。(2023/11/16)

24卒採用を「終われない」企業が増加 担当者は学生の何に不満?
マイナビ(東京都千代田区)が実施した「マイナビ 2024年卒企業新卒内定状況調査」によると、24年卒の採用充足率は8割を下回り、過去最低となったことが明らかになった。採用業務における課題とは。(2023/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。