ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新卒採用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

三陽工業とダイキンに取材:
白髪のおじさんがキュートに踊る? 企業がTikTokをやってみて、分かってきたこと
TikTokで採用活動を行うのはアリなのか、本当に効果があるのか。大手空調メーカーのダイキンと、「おじさん」TikTokを運営する三陽工業に話を聞いた。採用広報のニュースタンダードを考える。(2022/5/27)

「3つの円」のフレームワーク:
「やりたいことができない」と新人が早期離職──防止のため、企業がすべきこととは?
新入社員の早期離職は、多くの企業において深刻な課題となっている。「やりたいことができない」と若手が離職してしまうのを防ぐために、企業は何をすべきなのか。(2022/5/27)

「人物重視」の新卒採用も激変?:
今話題の「リスキリング」が、学歴社会を終焉に向かわせると思えるワケ
コロナ禍がさまざまなビジネスへ大きな影響を与える中、人材活用にも変化の波が及んでいる。中でも話題のキーワードが「リスキリング」であり、これまで暗黙の了解でもあった「学歴偏重」の採用を変革する可能性がある。(2022/5/26)

離職率は20→2%に:
月400時間労働のブラック企業、平均残業4時間の超ホワイト企業に 大変革を支えた「3つの制度」とは?
2000年創業のシステム開発のゆめみ、一部の創業メンバーの当時の労働時間は月に400時間を超えていたという。離職率が20%超えの時期もあった。創業したばかりという状況はあるものの、ブラック企業と言っても過言ではない。そんな企業が改善を重ね、月165時間労働・離職率2%にまでたどり着いた。どのような取り組みがあったのだろうか? 変革の要となった3つの制度とともに振り返ってみたい。(2022/5/25)

連載「情報戦を制す人事」:
「数年ごとに、まるで違う部署への異動」でも、社員の納得感を得るには?
ジョブローテーションは「社員の納得」がなければ、離職やモチベーション低下につながりかねません。それでは社員の納得は、どのように得るのでしょうか。「入社2年で2部署」にローテーションする大手映画製作会社と、「役員も含む全社員が5年以内に異動する」大手家具小売業者のケースをご紹介します。(2022/5/24)

連載「情報戦を制す人事」:
「10年で3部署」は本当に“時代遅れ”なのか? ジョブローテーションについて、今こそ考える
「10年で3部署」のように、定期的な配置転換を実施し、従業員にさまざまな職務を経験させる「ジョブローテーション」。時代遅れと見る向きもあるようですが、本当にそうなのでしょうか。日本企業の現状を紐ときます。(2022/5/23)

8割以上が「必要」:
深刻なプロ人材不足 「業務委託」は救いの一手となるか
情報や技術のアップデートが年々早まる中、プロフェッショナル人材の不足が深刻だ。そんな中、業務委託への期待が高まっている。みらいワークスの調査では、83.4%の企業が「今後プロ人材の業務委託が必要になる」と回答した。(2022/5/20)

熱意を伝えられるか:
23卒就活生が感じる不安 「最終面接だけ対面で、うまく話せず」
学情が、2023年3月卒業・修了予定の大学生・大学院生を対象に、「就職活動への不安」についての調査を実施した。(2022/5/18)

学生の顔写真や評価など、個人情報約5800人分漏えいの可能性でエイチームが謝罪 「リンクを知っている全員が閲覧可能」状態に
エイチームの新卒採用イベントに参加した人などの個人情報5857人分が、外部から閲覧可能になっていた。最長で6年以上前から閲覧が可能な状態だったという。原因は同社による、米Googleの個人向けクラウドサービスの設定ミス。(2022/5/16)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
新卒年収4000万円も ファーウェイ「天才少年」を世界で公募開始
中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)は2019年6月、世界から「天才少年」を招聘すると表明し、以降、破格の待遇で中国のトップ大学から20代の新鋭をかき集めてきた。そして先月、世界に向け「学歴不問、5倍の年収」で天才少年の公募を開始。日本からも優秀な若手研究者が採用されるかもしれない。(2022/5/12)

「起業志望者」も採用する理由:
DeNAはなぜ「退職者」を新卒採用イベントに登壇させるのか
「退職」――この言葉はどちらかというとネガティブに受け取られがちなものだろう。しかし、退職者をあえて採用イベントに呼んで、語ってもらうという風変わりな企業がある。DeNAだ。(2022/5/9)

新卒採用担当者を対象:
新卒エンジニアに入社するまでに学んでほしいプログラミング言語 1位は「Java」
レバテックは新卒エンジニアを採用する企業の新卒採用担当者に、新卒エンジニアに入社するまでに学んでほしいプログラミング言語を聞いた。その結果、1位は「Java」が選ばれた。(2022/5/2)

社員月給も平均7.3万円増額:
コーエーテクモ、新卒初任給29万円に引き上げ 競合ゲーム会社の初任給は?
コーエーテクモホールディングスは各グループ会社の正社員を対象に、大卒初任給を5万6000円増額し、月額29万円にすると発表した。バンダイナムコエンターテインメントと並び、大卒初任給ではゲーム業界で最高水準になるとみられる。ゲーム業界では、カプコンも社員の年収を平均3割引き上げるなど賃上げが相次いでいる。(2022/4/22)

女性推進も重視:
23卒の就職先人気企業ランキング 文理問わず総合商社が人気
ダイヤモンド・ヒューマンリソースは23卒の就職先人気企業ランキングの結果を発表した。文理、男女別に人気企業TOP20を紹介する。総合商社や大手金融が人気を集めた。(2022/4/20)

23卒の学生に聞く:
就活生は結局、オンラインとリアルどちらの形式を望んでいるのか?
新型コロナウイルスの影響が長引く中、企業は新卒採用活動をリアルで行うか、オンラインで行うかの選択を迫られている。そんな中、学情が23卒の学生に「各選考ステップで、オンラインとリアルのどちらの形式を希望するか」を調査したところ──。(2022/4/12)

マーケティングやAI知識が上位:
リスキリング、20代の8割が希望 獲得したいスキル1位は?
新卒採用サイトなどを運営する学情は、20代の仕事観について調査を実施した。その結果、20代の8割がリスキリングに取り組みたいと思っていることが判明した。(2022/4/10)

ブンナビ学生調査:
23年卒の就職活動 「楽勝」「まあまあ」の学生は7割超
文化放送キャリアパートナーズは、2023年卒業予定の学生に、「23年卒ブンナビ学生調査」を実施した。23年卒の就職環境はどうなると思うか聞いたところ、「楽勝」「まあまあ」と答えた割合が7割を超えたことが分かった。(2022/4/8)

変化する学生生活:
「コロナ禍の学生はガクチカがない」はホント? マイナビ編集長が語る就活の今
「コロナ禍の学生はガクチカがない」は本当なのか。今の学生はどんな学生生活を送り、就活とどう向き合っているのだろうか。マイナビの高橋誠人編集長に、コロナ禍における就活生の現状を聞いた。(2022/3/31)

人とデータ、どちらも重んじた先に:
「獺祭」の旭酒造はなぜ、新卒給与を21万→30万円に引き上げたのか 社長が語る“異種格闘技戦への覚悟”
「獺祭」の旭酒造が、製造部の新卒の基本給を「業界では破格」の月額30万円に引き上げる。さらに今後5年で「平均基本給倍増」の目標を掲げているというが、本当に成り立つのか? 社長へのインタビューでは、「異種格闘技戦への覚悟」という言葉が飛び出した──。(2022/3/24)

運動部で身に付いたと思う「強み」 3位は「上下関係の理解」、2位と1位は?
マイナビは大学スポーツ協会と共同で、運動部学生を対象に、「運動部学生の就職に関する意識調査」を実施した。運動部学生に運動部の活動を通じて身についた強みを聞いたところ、1位は「礼儀・あいさつ」(81.0%)だった。(2022/3/22)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
ラインマンの育成術や電設業界の課題をETSホールディングス 東北送電事業部が解説
送電線の建設と点検に従事するラインマンの数は、全国で約1万人に上るが、そのうち、鉄塔に登って作業する人は約5700人で、電線に乗り出して作業する人は約3200人にとどまり、業界では人材不足が問題となっている。解決策として、ETSホールディングスは、新入社員の研修や労働環境の改善に注力している。(2022/3/25)

ここがおかしい:
外国人留学生の会社選びの決め手、2位「職場環境」、1位は?
外国人留学生就職情報サイト「リュウカツ」を運営するオリジネーターは、日本で就職活動中または日本の企業で働いている・働いていた外国人留学生に対し、「日本での就職活動に関するアンケート」を実施。その結果……。(2022/3/16)

日本航空の行方【前編】:
「希望退職を募集することになったら、私はJALを辞めます」 日本航空・菊山英樹専務
コロナ禍による国際、国内の旅客数減少が長期化して日本航空(JAL)は苦しい経営が続いている。経営破綻後に当時の稲盛和夫会長(現在は名誉顧問)から経営のやり方を巡って叱責された経験がある菊山英樹専務にインタビューした。(2022/3/8)

新卒採用は時代で変化:
まるで「就活版ネトフリ」? Z世代の価値観にマッチした「動画就活」が注目されるワケ
コロナ禍によって、企業の採用活動は変化せざるを得なくなった。面接はオンラインへ移行し、限られた情報から判別しなくてはならない状況となっている。そこで注目されているのが動画の活用だ。これはZ世代の価値観にもマッチしているという。企業と学生の双方が動画を出してマッチングを行うプラットフォーム「JOBTV for新卒」を提供するベクトルの在原氏に話を聞いた。(2022/3/8)

中小企業の救世主となるか:
タレントの肖像権ビジネスに商機 中卒だった元自衛隊員が、起業するまでの軌跡
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」は、参加企業に対してアンバサダーに就任したタレントの肖像をプロモーションに使用できる肖像権使用形態のビジネスを立ち上げた。アンバサダーには郷ひろみ、永作博美、市原隼人、滝川クリステルと豪華な面々が名を連ねている。中小企業のチカラの山下佳介社長に今後の勝算を聞いた。(2022/3/5)

パーソルキャリア調べ:
転職した人の平均年齢、2021年は若手層の割合が増加 理由は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」が、dodaエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約28万人の転職した年齢について調査を実施した。(2022/3/4)

4社に1社が「2023年の新卒採用を増やす」 最も積極的な業種は?
学情は、企業の採用担当者を対象に「2023年の新卒採用の人数」に関するインターネットアンケートを実施した。「増やす」と回答した割合が最も大きかった業種は?(2022/2/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
暗いコロナ禍に差した「光」 ANAとJAL、生き残るためのヒト投資
ANAとJALが、新卒採用を再開する。長いコロナ禍から、ようやく日常が戻りつつあるようだ。航空業界の雇用は、これまでも大きく世相を反映してきた。その経営判断が、航空業界で働く社員の人生を左右してきたとも言える。自身も元CAである河合薫氏が、解説する。(2022/2/25)

新卒採用の現在:
「なんとなく内定辞退」をどう防ぐ? 面接官に求められる“もう1つの役割”とは
「ウチは選考・内定辞退が多く、求める人材を、目標人数通りに採用できていない」──とある中小企業では、実は面接官が「人材の見極め」のみに注力。果たすべき“もう1つの役割”に気づけていなかった。(2022/2/22)

人材流出のリスクは?:
「副業」が課長になる条件!? 有望な人材は「外に出る」時代により高く羽ばたく
日本経済新聞が某大企業の人事政策を報じた。課長になる条件として、出向や副業といった外部の経験を必須とするという。こうした時代にビジネスパーソンはどう生き抜くのか。(2022/2/22)

JAL、23年度入社の新卒採用を実施 客室乗務職は20、21年度卒も対象
JAL(日本航空)は、2023年度入社の新卒採用を実施すると発表した。(2022/2/18)

22卒との違いは:
23卒学生が魅力を感じる企業 2位「給与、待遇が良い」、1位は?
i-plugは、2023年卒の学生を対象にした「働き方の価値観」に関する調査結果を発表した。魅力を感じる企業の特徴で、1位に選ばれたのは……?(2022/2/16)

「会社が社員を守る時代」の終焉:
OJT頼みな企業が多い中、メルカリが「博士課程進学支援制度」を発表した意義
社員の教育に関してOJT頼みの企業が多い中、メルカリが発表した新制度が話題を呼んだ。人生100年時代の今、重要性が高まる「リスキリング」だが、多くの企業ではなかなかそうした仕組みができていないのが現状だ。(2022/2/16)

働き方の「今」を知る:
謎マナー? ベンチャー人事の「給与・待遇にこだわる人と働きたくない」発言がここまで炎上したワケ
ベンチャー人事が「給与・待遇にこだわる人と働きたくない」と発言したツイートが話題に。いまだに給与や待遇など労働環境に関する質問はタブーとする風潮もあるが、それにしてもこのツイートはなぜここまで炎上したのか。(2022/2/10)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
“管理職を降ろされ不満噴出”を避けるには? M&A後の「等級・評価・報酬制度」統合のコツ
もともと管理職クラスの報酬を得ていたが、M&A後の新会社では報酬水準が下がってしまったという社員から不満が噴出──M&A後の「等級・評価・報酬制度」統合には、さまざまなリスクが付きまとう。失敗を避けるためのポイントを解説する。(2022/2/10)

弁護士が解説:
10月に入ってから内々定を“取り消し” 炎上したスタートアップは、どうすれば良かった?
2021年10月、スタートアップ企業であるBluAgeが、21人の学生に対して内々定を取り消し、波紋を広げました。「内定」「内々定」の法的位置付けと企業に生じる義務、本件が騒動となった要因について、向井蘭弁護士に聞きました。(2022/2/9)

やってみないと分からない:
就活生に贈る「自分に合ったIT企業の選び方」
「そもそもIT業界って何なの?」「どんな企業を選べばいいの?」「学生の間にどんなことをやっておけばいいの?」――複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回は、IT業界を目指す就活生に向けた「IT企業の選び方」を指南します。(2022/2/7)

「給与で会社を選ぶ人とは働きたくない」 人事担当の投稿が物議 “実名アカウント”の炎上リスク浮き彫りに
ある民間企業の人事担当者が、給与や待遇で会社を選ぶ人と働きたくないとしたツイートが物議を醸している。所属元と実名を明かしたアカウントでのこのツイートには、この企業が募集中の中途採用案件の待遇条件も相まって、賛否両論の声が挙がっている。(2022/2/4)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ポジウィル金井氏:
人事担当者こそ熟考すべき、「人生のイメージ」と「会社の方向性」
変わりゆく世の中で、人事はどのように採用候補者と向き合い、またどのように自分のキャリアを描くべきなのか──。キャリアに悩む人に向けたパーソナル・トレーニングを提供する、ポジウィルの金井芽衣氏(代表取締役)と、「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談した。(2022/2/2)

学情調べ:
地方企業のインターンシップ、学生の65.4%が「オンラインがあれば参加したい」 希望する仕事は?
学情が、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に「地方企業のインターンシップ」について調査を実施。65.4%が「オンラインで参加できる機会があれば参加したい」と回答した。(2022/1/31)

学情調べ:
学生が「UIターン」や「地方での就職」を希望する理由 2位は「家族と一緒に暮らしたいから」、1位は?
学情は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生に、「UIターン」について調査した。UIターンや地方での就職を希望する学生は38.7%と、コロナ禍初期と比べ16.9ポイントも増加したことが分かった。(2022/1/27)

組織文化を壊すリスクも?:
日本企業に使いこなせるのか 過度な「優秀な人材」獲得競争に覚える違和感の正体
昨今、ビジネス環境の変化に伴い、「優秀な人材」の獲得競争が激化している。一方で、いわゆる優秀な人材を獲得するのがゴールではない点に留意が必要だ。ケースによっては組織文化を壊してしまうリスクもある。(2022/1/26)

富士通、NTTも導入:
すぐにクビ? 休暇が充実? 日立も本格導入の「ジョブ型」 よくある誤解を「採用」「異動」「解雇」で整理する
何かと話題に上がるジョブ型雇用。過日、日立製作所が本格導入をぶち上げニュースとなった。さまざまなイメージが語られ、「すぐクビになる」といった悪評や、一方で「過重労働から解放される」「ワークライフバランスが充実する」といった声も聞く。いまいち実態のつかめないジョブ型を、よくある誤解とともに解説していく。(2022/1/21)

Q&A 総務・人事の相談所:
内定辞退が急増──やはり新卒採用は、対面の方がいいのでしょうか?
コロナ禍以降、新卒採用をオンラインで実施している企業。今年度は例年よりも内定辞退が多く、「対面に戻した企業の方が人気で、差が出てしまったのではないか」と悩んでいる。内定辞退を少なくとどめるにはどうするべきか? また、来年度以降の採用は対面式に戻すべきなのか? 人事コンサルタントが回答する。(2022/1/17)

学情が調査:
もうすぐ社会人になる学生に聞いた「テレワークの不安」 2位は「社内の人間関係」、1位は?
新卒採用サイトを運営する学情は、4月に入社を控える新社会人を対象に実施した「入社後のテレワーク」に関する調査結果を発表した。テレワークについてどう考えているのか。(2022/1/13)

イノベーション人材をピンポイントで狙える!?:
隠れた逸材発掘の最短ルート!? アート×ビジネスにも通じる採用テック「デザイン思考テスト」が想像以上に面白く合理的だった!
コロナ禍で世の中の常識やルールが大きくが変わり、DX推進やSDGsへの取り組みも求められるようになったことで、自ら課題を見つけて解決する“デザイン思考力”を備えた人材が求められるようになった。従来の選考では見つけづらい人材の採用を「デザイン思考テスト」で後押しするVISITS TechnologiesでCEOを務める、松本勝氏に話を聞いた。(2022/1/5)

22年の展望:
アイリスオーヤマ大山晃弘社長を直撃 売上高1兆円の目標にはこだわらず安定成長へ
アイリスオーヤマが、足元を固める安定成長に方向転換しようとしている。コロナ禍の影響などにより、部品の調達が当初予定した通りにいかなくなっていることなどが要因のようだ。22年以降の事業展開についてアイリスオーヤマの大山晃弘社長に聞いた。(2022/1/7)

学情調べ:
学生が「成長できそう」と思う企業の特長 2位は「若手に積極的に仕事を任せる」、1位は?
新卒採用サイトなどを運営する学情は1月6日、「仕事における自身の成長」をテーマに実施した調査結果を発表した。学生が「成長できそう」と思う企業の特長とは?(2022/1/6)

社員のウェルビーイングと企業の成長は両立するか:
ユニリーバが「サステナブルな働き方」で目指すもの【後編】
他社に先駆けて新しい働き方である「WAA」を導入したユニリーバでは、ワーケーションや副業の他、副業人材の受け入れも実施する。こうした先進的な人事制度導入を通じて同社が目指す企業像とは。(2022/1/14)

人材の流動化が進みそう:
NTT、高度デジタル人材を4倍増2400人へ 狙いは?
NTTの澤田純社長は、令和5年度までに高度デジタル人材を現状の4倍となる2400人に増強する方針を明らかにした。IT業界では、国内外で人材獲得競争が激化しており、ますます人材の流動化が進みそうだ。(2021/12/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。